突然の機材変更でパニックに。それでも機材は787-9だ!【ベトナム航空787搭乗記】

Category : Boeing787
肝心のA350の搭乗記は出てくるかどうかは言えないが(Twitterでは既出だけど)、順番に787の搭乗記をお送りしたい。

787へはバスでの搭乗だった。スポットは沢山空いているのに何故かバス。意味がよく分からなかった。ビジネスクラス専用のバスに乗り、沖止めされている787へと向かった。


VN259-102.jpg
自信満々のドリームライナーの文字が腹立たしくも思えた。僕は「この日」ではなく「翌日」これに乗る予定だったのだ。「この日」はA350に乗りたかった。このままでは2日間とも787になってしまう。それではベトナムまで来た意味が全くないではないか。

レジはVN-A862。末尾の2が2号機であることを示唆している。そもそも僕はベトナム航空が何機の787とA350を保有しているかを知らなかった。リスクマネジメント的にはその時点でアウトだ。「よくそんな無鉄砲にベトナムまで来たな」。自分の準備不足を憂いた。


VN259-103.jpg
バスでの搭乗は厳しい。何が厳しいかって、機内に入る順序がバスのドアに近い順になってしまうからだ。一番に乗り込むことが難しくなると、誰もいないキャビン全景を撮影できない。頑なにドアの近くに陣取るのは非常に難しい、立っているだけで邪魔になるからである。そもそも立っている人なんていないし。もちろん1番に乗り込むことはできず、5~6人に先を越された。


VN259-104.jpg
おおっと、こんな場所で優雅に写真など撮っている場合ではない。


VN259-105.jpg
頑張って撮った。少し分かりづらいが787のビジネスクラスのキャビンはヘリンボーンタイプだ。全席通路側となる斜め刺し方式である。

写真を撮っている途中で気付いたが、オーバーヘッドストウェッジが全て閉まっている。通常であれば搭乗時には全て空いているはずだ。それは突然の機材変更で準備が間に合ってないことを如実に物語っていた。実はこんなときは千載一遇の大チャンスである。オーバーヘッドストウェッジが全て閉まっている状態でキャビン全景を撮れることは滅多にないからである。しかし僕はそのチャンスをモノにすることが出来なかった。


VN259-106.jpg
僕の座席は一番後ろの列、7Aである。ヘリンボーンの向きであるが、通路側に頭、窓側に足元、となる向きである。この向きは窓側列に座っても窓に遠くなる。そこがやや難点であると言える。


VN259-107.jpg
自席から窓の外を見る。A350に乗れないことで頭がまだパニックしていたが、787に乗ることも今回の旅行の第2の目的である。しかも787はダッシュ9。僕はまだダッシュ9にすら乗ったことがないのだ。ここで思考を停止させてしまったら8万マイルも払ってベトナムに来た意味がゼロになる。課せられたミッションを投げ出すわけにはいかなかった。

必死で頭を落ち着かせた。明日絶対にA350に乗れるから大丈夫。そう自分に言い聞かせた。平常心を保てない状況だったが、保つ努力はした。


VN259-108.jpg
半分やけくそになりながらそれらしい絵を探した。新聞配りのお姉さんを撮ったらサマになるかな?普段しないことをしてしまうところが、やはりパニクっている証拠である。


VN259-109.jpg
駐機していたスポットは何だか偉そうな建物の眼の前。787の大きな窓からは、社会主義国らしいベトナム国旗が不気味なくらいに旗めいているのが見えた。すると怖そうなニイチャンが建物から出てきて乗り込んできた。一体この建物は何なのだろう。VIP専用の搭乗ゲートだろうか。


VN259-110-1.jpg
ウェルカムドリンクをもらった。実は喉が渇いてヘトヘトだったのだ。このオレンジジュースの美味しかったこと。機材変更を告げられてから空港内を駆けずり回り、デルタに電話してやっとこの便に乗る決断ができたのだった。喉が渇いていることすら忘れていたが、オレンジジュースを飲んでやっと喉の渇きに気が付いた。少し心が落ち着いた。

しかし不安な気持ちは拭えなかった。この時点ではまだ翌日にA350に乗れる保証がないからだ。なんとか翌日A350に乗る方法を見つけてはいたものの、本当に乗れるのかは明日にならないと分からない。仮に乗れたとしても、いくら掛かるかも分からない。本当にそれが最適な解なのだろうか?僕は既に回らなくなった頭であらゆるシミュレーションをしていた。ただただ頭がグルグル回るだけだった。

つづく。


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









やっと787試験初号機に会えた!【ずぶ濡れのセントレア28番スポット】

Category : Boeing787
今日の夕方、時間が出来た。というか元々時間があった。金曜日は絶対にセントレアに行こうと決めていた。しかし天気予報はずっと雨、月曜から天気予報に変化はなかった。「金曜日は雨」という予報だけは変わらなかった。

朝方は諦めていた。この雨じゃどうにもならない。体もカメラもずぶ濡れだ。だから一眼レフは持たずに家を出た。しかし微かな望みに託してコンデジだけ鞄の中に入れた。もし雨が止んだら行こう。どこかで希望を捨てていなかった。

787の試験初号機はセントレアに永久にいるわけだから、いつでも見られるチャンスはあるのだが、やはり787好きとしてはいち早く見たい。28番スポットに停まっているのも6月29日までの1週間のみだから、何とかその間に見たいのだ。6月30日にはどこか知らないスポットに持っていかれてしまうから、きっと28番スポットに停まっているときよりは写真は撮りづらくなってしまうだろう。

もう一つのチャンスは7月7日の式典の日だが、平日というのが動き辛い。今週の土日も予定が詰まっているから、やはりチャンスは今日しかないのだ。

もう行くしかない。

20150626-ZA001-01.jpg
ということで僕は17時少し前、ミュースカイに飛び乗った。


20150626-ZA001-02.jpg
セントレア到着は17時18分だ。臨時駐車場のクローズは18時。余裕で間に合う。レーダーで見たらその時間は若干雨が弱まることが分かった。これはチャンスだ。


20150626-ZA001-03.jpg
しかしセントレアの天気はこの通り最悪。大雨が降っていた。レーダの小雨情報は嘘だった。


20150626-ZA001-04.jpg
しかしもうここまで来てしまったらどんなに雨が降っていても行くしかない。僕は急いで1階に降りて28番スポットへと向かった。


20150626-ZA001-05.jpg
傘を差して向かうのだが、雨が酷い上に予想以上に風が強い。傘なんて全く役に立たなかった。


20150626-ZA001-06.jpg
ときどき凄い風が吹いてくる。もう傘を差していても差していなくても一緒だった。靴の中は水でシュパシュパ。ズボンは全体が濡れているので、完全に色が変わり濡れていないようにも見えるのが悲しかった。


20150626-ZA001-07.jpg
28番スポットまではセントレアのターミナルビルを出て南(出口を出て右)に歩いていけば迷うことはない。こんな風に矢印もあるので、ここを曲がるしかないのだなとわかる。もうこの時点で787は見えているが、臨時駐車場はまだまだ先だ。


20150626-ZA001-08.jpg
臨時駐車場に到着。一応見学エリアということで案内板も出ている。このあたりがマニアにやさしいセントレアである。


20150626-ZA001-09.jpg
吹きっさらしの駐車場は途中歩いてきた道よりも風が強く、水たまりも凄かった。もうこれ以上進めないと思ったので、立ち止まって写真を2枚撮った。もちろんギャラリーは僕以外いない。こんな大雨大風の日に来るなんて、

僕みたいなヘンタイ

しかいないのだ。


20150626-ZA001-10.jpg

うーん787、カッコいい!!!

ボーイングのハウスカラー素敵!!!

ってホントに思ってるかどうかは怪しい。

少し遠目であったものの22日に到着したばかりの787初号機をこの目で見ることができた。そしてカメラに収めることができた。雨が酷くてどうにもらななかったが、何とか望みを叶えることができた。

正直言って今日来るべきじゃなかったと思っている。大雨&大風のせいで全身ずぶ濡れ。カメラもずぶ濡れ。下手したら壊れてしまうほどだった。(辛うじて壊れなかったが…。)

でも787初号機を見られたからよしとしたい。上手に写真を撮ることじゃなく、この眼で見ることが大切なのだ。自身の眼で見て確かめる。それが一番大事なこと。

なんて自分の行動を正当化してみるけど、やっぱり今日行ったのはマズかった。晴れた日に来れたらきっともっと素晴らしいアングルで撮れたと思う。

残念すぎるぜ!

だけど心のモヤモヤは晴れたぜ!


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









787試験1号機セントレアに到着

Category : Boeing787
最初に断っておくが、僕は今日セントレアには行ってない。記念すべき787の試験1号機(ZA001/N787BA)がセントレアに到着したというのに見に行かなかった。いつも787のイベントに立ち会えるほどヒマじゃない。

だから今日はダンマリを決め込もうと思ったが、久々に見た自分のメインのツイッターアカウント(いつもはニュース取得専用アカウントのみで情報取得し、メインのアカウントはブログ更新時のみ使用)を見ると、セントレアに到着した787の写真が山ほどアップされていたので、止むに止まれず更新しようと思った。伝聞形でもいいので今日の出来事を記事にしておこうと思ったのだ。

僕は今日、朝からソワソワしていた。朝起きるとFlight Awareからメールが来ており、787の初号機(BOE1)が無事シアトルを発ったことを知った。セントレア到着は12時半過ぎとなっていた。「ちゃんと飛んでくる」と思ったら嬉しいどころかむしろ悲しくなった。

「オレは乗り派だし」、「オレは787の撮りには興味ないし」と自分を誤魔化しながら午前中を過ごした。でもソワソワが止まらなかった。12時にFlight Radarを見ると、まだいわき沖の太平洋上を飛んでいた。到着まで58分となっていた。予定通りの13時着だ。

朝方は12時半頃に早着する予定だったのが元のスケジュールに戻っていた。セントレアの公式ツイッターも朝方は早着の可能性を示し注意喚起を行っていたが、再び13時着と伝えていた。どこかで速度を落として時刻調整をしたのかも知れない。何はともあれ、予定通りの到着時刻に、この787試験1号機のラストフライトにかける、ボーイングとセントレアの意気込みを感じた。

僕はセントレアが発信するUstreamで到着を見守ろうと思った。しかし僕のスマホから何故か繋がらない。とぎれとぎれになるどころか、すぐに画像が止まってしまうのだ。

しかし見られた瞬間があった。それがこの瞬間だ。

Screenshot_2015-06-22-13-01-57.png

まさに着陸直前のシーン。僕はこれが見られただけでも嬉しかった。この目では見ていないが、ネット配信を通じて787初号機の着陸を見られたのだ。たった1枚の静止画だったが、僕は救われた気がした。

着陸は13時1分、寸分狂わぬ到着時刻には正直驚かされた。RWYは18。北からの着陸だったため、滑走路を離脱するとターミナルビルの前を通ることなく28番スポットに行ってしまったのは残念だったが、それでもスカイデッキに集う航空マニアたちは、右側でも左側でもそれなりに撮影ができたであろう。スカイデッキには約1000人のギャラリーが詰めかけたそうだ。

28番スポットに停止する前には消防車による放水(ウォーターキャノン)が行われ、ラストフライトの到着を祝福した。まもなくタラップが掛けられ、ボーイングジャパン社長、セントレアの社長が3名のパイロットを歓迎した。タラップの下には「だだいま」と書かれた横断幕が掲げられ、ボーイング社側から787の生まれ故郷に帰ってきたことを示してくれた。

「ただいま」という言葉は今日という日に本当に相応しい言葉だ。ここから初めてドリームリフターで運ばれた胴体や翼が今まさに帰ってきたのだ。これ程までに感動的なことがあるだろうか。正真正銘、セントレアに里帰りした787は静止画で見ても感動的だったのだから、現地で見ている人はもっともっと感動していたに違いない。

4階のイベントプラザではUstreamで中継する画像が映し出され、送迎デッキで見るのを諦めた人、いや、ゆっくり室内で見たい人たちが画面に釘付けになっていたようだ。臨時駐車場も一部解放され、そして28番スポットの前から到着の様子を撮影できた。セントレアの公式ツイートによると臨時駐車場は18時まで開放していたようである。そして15時15分からはフェリーフライトを担ったパイロットのトークショーが開かれステッカーの配布やサイン会も行われた様子である。サイン会は途中で打ち切られてしまったそうである。

歴史に残る日、今日2015年6月22日。世界で初めて作られた787の初号機が生まれ故郷であるセントレアに帰ってきた日だ。数えてみると今日は初飛行した2009年12月15日から2015日目にあたる。2015年の今日が初飛行から2015日目。偶然だと思うが、何か因縁めいたものも感じざるを得ない。

ところで。787の展示方法はこれから決めるそうだが、28日までは今日フライトを終えた28番スポットに停められてようである。僕も週末にはセントレアに出掛け、一目見てこようと思っている。(行けないかも知れないけど。)

とりあえず今日は伝聞形だが、速報版として記念すべき787の到着を伝えたかった。リアリティのない内容で申し訳ない。しかしどうしても今日の出来事を書き留めておきたかったのだ!

おかえりなさい787!!!

今日は大きな声でそう言って締めくくろう。

(今日のブログを書くにあたり、セントレアの公式ツイート、そして僕がフォローしているBOEING FREAK@KBFIさんのツイートが非常に参考になった。ここに感謝したい。)


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









787の試験1号機セントレアへ寄贈!【一連の記事まとめ】

Category : Boeing787
セントレアに787の試験1号機が来る。ただ来るんじゃなくて寄贈。これからずっとセントレアにいることになる。これは凄いことだ。

以前このブログでも紹介した記事、「a yet un-named Japanese museum」とはセントレアのことだったのだ。

過去記事(2015/5/21):787を日本の博物館に寄贈へってどこよ!【FlyTeamの誤解】

って言うかどこにmuseumがあんの?これから作るのか?まぁ細かい話は置いておいて、報道を誰も否定しないところからして、787の1号機をセントレアに寄贈するというのはどうやら本当のようである。

当初は成田に置くとか所沢に置くとか、小牧に置くとか憶測が飛び回っていたが、僕としてはどこも違和感を感じていた。何故なら今書いた3つの土地は、787に全くゆかりのない土地だからである。

「小牧ならば中部地方でゆかりがあるんじゃないか」と思う方、多分その人は東海地方には住んでいない。この地方に住んでいる人ならばきっとわかるはずだ。「787がなんで小牧なの?」って。「小牧なんて全然関係ないじゃん」って。この違和感は地元民じゃないとわからないはずだ。事実が分かった今だから言えるのかも知れないが、寄贈先がセントレアと聞いて僕は妙に納得してしまった。「787」×「日本」となればセントレア以外思いつかないからである。

一昨日(6/16)の日経新聞朝刊に「787の1号機、中部空港へ」という記事が載った。

2015-787-RJGG-05.png
それを何気なくツイートしたらなんと300弱のリツイートを得た。僕的には大ヒットだ。単に誰でも見られる新聞記事の内容をツイートしただけなのに、300弱のリツイートをされたということは、皆の関心が非常に高いことをうかがわせる。皆、787の1号機をセントレアに寄贈するという事実にメチャクチャ驚いたのだ。

その後の月刊エアラインのツイートでなんと到着日と時間がわかった。

6/22(月)の13時着だ。

2015-787-RJGG-04.png

情報源は不明だがあの権威ある月刊エアラインがツイートするのだから信ぴょう性は極めて高いと思われる。このツイートのリツイート数はこの記事の原稿を書いている時点で300弱である。300程度リツイートされれば、航空業界では大ヒットであると言える。やはり関心が高いことをうかがわせる。

さて、これで日時が分かった。月曜日というのが痛いが、何とか都合をつけて駆け付けたいものだ。あとはセントレアの公式発表を待ちたいものだ、と書きたいところだったが、今さっき読んだ日経新聞にこんな記事が載った。

"中部国際空港は7月7日に関係者100人程度を招いて贈呈の記念式典を開き展示の場所や手法について具体的な検討に入る"

というものだ。どうやら6月22日は到着のみで、

7月7日に記念式典が開催される

ようだ。こちらは関係者のみとなるので、僕ら一般人には関係がなさそうではあるが…。

どちらにせよ6月22日が楽しみである。本当に来るんだよね?まだ信じられない僕であるが、たとえ見に行けないとしても、セントレアという787の母港に、製造されて飛んだ787の初号機が置かれることを本当に嬉しく思う。

何せ僕は787に並々ならぬ情熱を注いだ男だ。僕のツイッターアカウントはFlyFromRJGGである。「セントレアから飛び立とう」という思いをつけてアカウントを取った。当時は考えもしなかったが、今から考えるとなんだか787のことを言っているようだ。

名古屋に生まれ、名古屋で育ち、787をこよなく愛する者として、地元のセントレアに787が永久に保存されることをこれ程までに誇らしく思う人間が僕以外にいるだろうか?(←そんなのいっぱいいるって。)

オレも記念式典呼んでくれよ。

なんてのは冗談としても、

マジ嬉しい。

でもホントに来るんだよね?

まだちょっと信じられない僕である。


<<<追記>>>
このブログを更新した当日午前にセントレアがHPで公式に787を受け取ることを発表した。内容は以下のとおりだ。

セントレア公式ページ「787ドリームライナー飛行試験機(ZA001)がセントレアにやってくる」

15時からはパイロットのトークショーなんかもあったりして楽しそうだ。これはもう行くしかないでしょ。なお、到着スポットは28番のようだ。

2015-787-RJGG-06.png
その28番はここ。確かANA塗装の787試験機がセントレアに来たときもここじゃなかったっけ?

以上、記事まとめおわり。


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









787を日本の博物館に寄贈へってどこよ!【FlyTeamの誤解】

Category : Boeing787
数日前FlyTeamでこんなニュースが流れた。

『787初号機「ZA001」、日本に寄贈へ!? 早ければ5月末にも飛来へ』

内容を要約すると、早ければ5月末に787の初号機であるZA001(N787BA)が日本に飛来し、どこかの博物館に展示されるというものだ。FlyTeamの記事では、成田や所沢の航空博物館、小牧に作ろうとしている新たな施設が展示先候補として挙げられている。

そもそも787の初号機が日本の博物館に寄贈されることになったらそれは一大事だ。2号機、3号機はともにアメリカの博物館(それぞれアリゾナのツーソンとシアトル)に寄贈されているが、初号機はまだである。その記念すべき1号機が日本に寄贈されるとなれば、787の歴史にまた大きな1ページが刻まれることになる。これは787の大ファンとして黙ってはいられない事態である。

この記事の大元はALL THINGS 787という787をテーマにしたブログだ。

ALL THINGS 787 "ZA001 to be donated to Japanese Museum"

原文記事を読むと、FlyTeamの記事が的を外しているのがよく分かる。それが今日の記事を書こうと思ったきっかけである。

元々の記事の中では寄贈先は、

a yet un-named Japanese museum

とされている。

直訳すれば「まだ名付けられていない日本の博物館」となる。FlyTeamの記事では「博物館の名前はまだ明かされていない」となっており、原文の解釈を完全に間違えている。もし明かされていないだけならば、「unannounced」や「not disclosed」などを使うだろう。しかし実際には「un-named」だ。明かされていないのではなく、名付けられていないと解釈するのが自然である。

従って成田や所沢は既に名前が付いている博物館なので候補としてあり得ない。また小牧の施設も建設すらまだ始まっておらず、完成は2017年頃を予定しているようなので時期が全く合わない。

すると5月末に日本に飛来してどこに置くというのか…。謎が深まる。名付けられていない博物館ってどこよ。教えて!!!


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索