スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









羽田空港で国際線から国内線に乗り継ぐ方法【外国人には難しいかも】

Category : 羽田空港
羽田到着後、入国手続きを済ませ荷物を受け取って到着ロビーに出た。


2015JAN-NH85-01.jpg
そして右の方向に歩いて行くと、このような乗り継ぎ専用カウンターがある。


2015JAN-NH85-02.jpg
ここで再度手荷物を預けて国内線ターミナルへと移動するわけだ。国際線ターミナルと国内線ターミナルが別々となっている羽田は、成田以上に乗継が不便であるかと思いきや、意外と動線はスムーズで歩く距離も長くなかった。

と言うのも、乗り継ぎの処理は、全て到着した国際線ターミナルで完了するからだ。そしてそのままバスに乗り込むだけである。(日本人レベルでの話。外国人のレベルでの話は後述。)


2015JAN-NH85-03.jpg
こちらが保安検査場入口。国内線ターミナルへ移動する前に保安検査場を通過する。そしてここを通過したら1階に降りる。


2015JAN-NH85-05.jpg
1階はバス待ちラウンジになっており、ここで国内線ターミナル行きのバスに乗り込むわけだ。

僕がウロウロ写真を撮っていたら、外国人に話し掛けられた。「オレはどうしたらいいんだ?」と。その外国人は右も左も分からない様子だった。JALの札幌行きのチケットを持っていたので、「JALのロゴが入ったバスを待てばいいよ」と教えてあげたのだが、そこがどうやら分かりにくいらしい。

実は僕も羽田の国際線から国内線に乗り継ぐのは初めてで、ANAとJALのバスが存在することをこのとき初めて知ったのである。羽田の国内線ターミナルはJAL側(ターミナル1)、ANA側(ターミナル2)と分かれているため、バスは2つ必要なのは当然なのであるが、初めて使う外国人にとってはそんなこと知るわけがないので、結局よく分からず「オレはどうしたらいいんだ?」となってしまうわけである。


2015JAN-NH85-04.jpg
バス待ちラウンジにANA、JALのバスの時刻表が2つ掲げてあるのも混乱の原因である気もする。しかもバスはANAのバスであっても南ウィング、北ウィングと2つの停留所に停まるので、これまた初心者には難しい乗り継ぎとなっている。

羽田の事情をある程度知っている人ならば推測がつくわけだが、全く事情を知らない外国人にとっては羽田の乗り継ぎは結構難易度が高いかも知れない。JALへの乗り継ぎならばJALのバスに乗ればよいので、まだ簡単な方なのだが、例えばスカイマークやスターフライヤーのチケットを持っていたらきっと困り果ててしまうに違いない。

羽田国際化が著しく進んでいる昨今であるが、乗り継ぎと言う観点からはまだまだ改善が必要な羽田空港国際線ターミナルである。


2015JAN-NH85-06.jpg
やがてバスが到着し僕は国際線ターミナルの1階からバスに乗り込んだ。所要時間は10分程度と比較的時間が掛かると感じるが座っていれば着くので、さほど不便さは感じない。むしろバスの中から飛行機が見えるため、ワクワクするバスの旅であった。


2015JAN-NH85-07.jpg
バスで国内線ターミナルに到着。あとは国内線に乗るのと同じだ。

日本人目線、しかも羽田の事情をよく知る目で見ると国際線と国内線のターミナルが別々になっている割には乗り継ぎはよく考えられており、予想していたよりも簡単であった。ただし僕に話しかけてきた外国人の状況を見るに、外国人にとっては分かりにくい乗り継ぎなのかも知れない。

羽田国際化によって各地から羽田経由で海外へ、そして海外から羽田を経由して国内へと利便性は抜群に高まったが、乗り継ぎのしやすさから言えば、優れているとは言えない。これは後付けで拡張していく空港の特徴であるから目をつむるしかないのか。

国際線便数の多さからすれば羽田は非常によい空港である。しかし乗客の動線から考えると世界の空港に比べやや劣る感じがある。ターミナルビルが別であるため、その点は改善することはできないが、表示等分かりやすさを追求して真の国際線空港になって欲しいと願うばかりである。


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









初めての羽田空港国内線乗り継ぎ

Category : 羽田空港
新千歳-羽田搭乗記の続き。

南下するにつれ雲が切れてきた。
雪の量も減ってきた。


2014FEB-NH58-24.jpg
NH58便は羽田に向け、ディセントを開始した。


2014FEB-NH58-25.jpg
しかし千葉県にはまだ沢山の雪が残っていた。

羽田空港へはRWY34RへのILSアプローチ。
房総半島をぐるんと回って羽田の南から進入する。

風もほとんどなく非常に安定したアプローチで羽田空港に着陸。
北ピアの53番ゲートに到着した。
羽田の第二ターミナルは、第一ターミナルとは異なり、
出発客と到着客が混じらないようにできている。


2014FEB-NH58-26.jpg
スロープを降りて到着階へと誘われる。


2014FEB-NH58-27.jpg
大きなガラス窓の外には787が3機隣り合って駐機している光景が見られた。
少し前までは787が3機もいたら「おおっ!」となってしまうのだが、
既にANAは25機を超える787を保有している。
今となってはありきたりの光景なのだ。

これから僕は伊丹に乗り継ぐ。
そんな僕はどうすればよいかと言うと。


2014FEB-NH58-28.jpg
ここに行けば案内をしてくれる。
係員に搭乗券を見せ、ピッとスキャンを行う。


2014FEB-NH58-29.jpg
エレベータが行ってしまったのでこの秘密の階段を上っていくことにした。
階段を上ると出発階に出られる。


2014FEB-NH58-30.jpg
この自動ドアを通り抜ければ、いつもの出発ロビーだ。
伊丹行きへの乗り継ぎとはたったそれだけのことである。
ただし南ピアへの乗り継ぎはバスで連れて行ってくれるようであった。

というわけで、一旦外に出ることなく見事出発ロビーに入ることができた。
羽田滞在の時間はたった50分。
そんな短いこ時間でもやるべきことがあったから、
乗り継ぎの手続きは非常に重要な関所だと考えていた。

乗り継いでみれば何てことはない、案ずるより産むが易しだたったというわけだ。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









羽田空港ファーストキャビン宿泊記【その2】

Category : 羽田空港
僕は恐る恐るキャビンの中に入ってみた。
チェックインしたのは22時頃だったが、まだ乗客はまばらだった。


20130917-FC-11.jpg
ここは入口を入ってすぐ左手のビジネスクラスのエリアである。


20130917-FC-12.jpg
手前に見えるのも奥に見えるのもビジネスクラスだ。
部屋全体がベッドになっている。
ドアはもちろんなく、天井からブラインドを下ろす仕組みである。


20130917-FC-13.jpg
Wゲート前から。


20130917-FC-14.jpg
ここが僕の部屋、いや僕のキャビンだ。
このようにキングサイズのベッドに丸テーブルが一つ置いてあるだけの
非常にシンプルな造りである。


20130917-FC-15.jpg
ハンガーは2つ。
丸テーブルの上に置いてあるのは、
TVのリモコン、ティッシュ、アンケートの紙だ。


20130917-FC-19.jpg
部屋にはこれだけのものがそろっている。
左上からセキュリティボックス(ベッド下)のカギ、IDカードキー、ヘッドフォン。
パジャマ、バスタオルとフェイスタオル、歯ブラシである。
歯ブラシは無料だが、髭剃りは有料(100円)だ。


20130917-FC-16.jpg
テレビは32型が串刺しになっている。
もちろん音声は出ず、チェックイン時に貸してくれるヘッドフォンで聞く仕組みだ。
ちなみにアダルトチャンネルはなかった(はず)。
男性諸氏にとってアダルトチャンネルは結構重要だったりするから一応記しておく。


20130917-FC-17.jpg
部屋からの眺め。
前の部屋にはまだ乗客はおらず、とても静かな状態だった。
ドアはビジネスクラスのように上からではなく、横から閉める蛇腹タイプだ。


20130917-FC-18.jpg
部屋の前からXゲートの入口を見る。
何となく陰気くさい感じは否めないが、そういうホテルなんだから割り切ろう。


20130917-FC-20.jpg
部屋の説明が書かれた紙が丸テーブルの上に置いてある。


20130917-FC-21.jpg
部屋の上部はこんな風に空いてる。


20130917-FC-22.jpg
下もこんな風に空いている。
だから音が非常に良く聞こえる。
23時を過ぎると沢山の乗客達が乗り混んできて、非常に騒がしい状態となった。


20130917-FC-23.jpg
こちらが大浴場の入口。
大浴場の入口はいわゆる洗面になっている。


20130917-FC-24.jpg
一応、コインランドリーもある。


20130917-FC-25.jpg
こちらはパブリックスペースにある自販機。
レンジでチンして食べるスナック類は小腹がすいた深夜などには大助かりだ。


お風呂上り、ジュースでも買おうとフロント付近に出てきて驚いたことは、
女性が非常に多かったことだ。
しかも若い女性が非常に多かった。

23時頃はこのホテルのチェックインラッシュの時間と思われ、
フロント前に並んでいる半数が女性だった。
もちろんキャビンは男女別なので正確に男女比率を把握することはできないが、
23時頃のサンプリング調査を信用するのならば、男女比は限りなく1対1に近いはずだ。

それだけ女性に支持されているホテルであるということに僕は正直驚いた。
確かにフロントやラウンジなどのパブリックスペースの雰囲気はとてもいいし、
部屋だって綺麗だ。
ほどよいお洒落感と清潔感が女性にも支持される理由であると感じた。

続いて部屋についてだが、カーテンを閉めても当然音は聞こえる。
0時を過ぎてもお風呂に入る人は沢山いるので、
スリッパで歩く足音がとても良く聞こえる。
またカーテンを閉める音も大きく、その他くしゃみやせき、
荷物を整理する音だってもちろんよく聞こえる。
そして一番気になるのはいびきである。
特に前の部屋、横の部屋の音は非常に大きく聞こえるので、ハッキリ言って気になった。

僕は12時過ぎに消灯したのだが、このままだと絶対に眠れないと思ったので、
フロントに耳栓をもらいに行った。(耳栓は無料)
そしたら音が全く気にならなくなり、
一気に眠気が襲ってきて朝の5時までぐっすり眠れた。
これには自分でも驚いた。

正直、眠る前は「こんなところ二度と泊まるか」と思った。
「倍払ってもいいからエクセル東急に泊まりたい」と思った。
でも起きてみたら、「エクセルホテル東急の半額以下なら泊まってもいいかな?」と思えた。

今後使うかどうかは分からないが、
ひとつだけ言えることは、かなり神経質な僕でもちゃんと眠れるホテルであるということ。
心からはお勧めしないが、コストパフォーマンスは良いし、
空港に前泊し早朝便に備えるという目的は確実に果たせるホテルであると言える。

一度泊まってみる価値はある。
そう言い残しておこう。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









羽田空港ファーストキャビン宿泊記【その1】

Category : 羽田空港
前から泊まろうと思っていた羽田の準カプセルホテル「ファーストキャビン」。
夜の中部発羽田行きに乗った僕は、その晩ファーストキャビンに泊まった。

中部地方に住んでいる僕は、羽田発の初便に乗るときにとても困る。
初便は早朝発のため、疲労等を考えると、
羽田エクセルホテル東急に泊まらざるを得なくなり、
毎回とても高くついてしまうのだ。

前日の新幹線での移動を含めると、
羽田発の便に乗るためには2万5千円程度の費用が掛かる。
しかも新幹線で行くとなると、品川から京急に乗り換えなければならないため、
時間だってそれなに掛かるわけだ。

そこへ上手い組み合わせが出現した。
「JALの中部-羽田便」と「ファーストキャビン」の組み合わせである。
20時45分中部発という絶妙な出発時刻と、
羽田にダイレクトアクセスできるという時短効果、
そして第一ターミナルに着くと同じフロアに宿泊施設があるという利便性である。

いつかくるはずの重要な羽田発初便のために、
僕はこの組み合わせを事前検証する必要に迫られていた。

「JALの羽田線+ファーストキャビン」の組み合わせならば、
新幹線+羽田エクセルホテル東急よりも40%ほど費用を安く上げられる。
この40%という費用節減効果がどれくらい体に負担を及ぼすのか、
事前に検証しておくことはとても有意義だと考えたわけだ。


20130917-FC-01.jpg
ファーストキャビンはJALの到着する第1ターミナルのちょうど中央1階にある。
到着ロビーから階段を上り下りせずにアクセスできるのが嬉しい。


20130917-FC-02.jpg
フロントはとてもカプセルホテルだとは思えないほどお洒落な雰囲気だ。
フロントには誰もいないように見えるが、
「写真を撮ってもいいですか?」と聞いたら気を利かせてしゃがんでくれた。
それともフロントのニイチャンは顔出しNGなのか…。


20130917-FC-03.jpg
フロント前のベンチ。


20130917-FC-04.jpg
そして奥はラウンジ(共同スペース)となっている。
新聞や自動販売機、パソコン、充電器などが置いてある。


20130917-FC-05.jpg
チェックインが終わり、首にぶら下げるタイプのIDカードを貰った僕はドアの前に立った。
ここが男性用キャビンの入口である。


20130917-FC-06.jpg
ここにカードをピッとすると自動ドアが開く仕組みだ。
女性が間違えてここにピッとしているのを見たが、全く開かないのを見て安心した。
当たり前のことだが、男女別々のカードキーは非常に安心である。


20130917-FC-07.jpg
中に入ると真っ黒に塗られた廊下が出現。
何だか迷路に入り込んだような気分だ。


20130917-FC-08.jpg
どうやらこのドアがキャビンへの入口らしい。
V、W、X、、、とゲート風になっている。
中は一体どうなっているのか。
期待と不安が高まる。


20130917-FC-09.jpg
ドアを開けると、今度は白に塗られたキャビンが出現した。


20130917-FC-10.jpg
これがキャビン内の平面図である。
定員は101名とかなり多い。
大きなキャビンがファーストクラス、小さなキャビンがビジネスクラスだ。
エリア(ゲート)ごとにアルファベットが付けれれており、
部屋は例えばX13のように番号が振られている。


値段を言うのを忘れていた。
部屋代はファーストクラスが5900円、ビジネスクラスが4900円である。

僕の観察した限りではファーストクラスはさすがに人気で、
8割程度の部屋が埋まっていたように思う。
一方のビジネスクラスは1~2割程度しか埋まっていなかった。

両者の違いは部屋ベッド以外のスペースがあるか否かだ。
ファーストクラスは丸テーブルが用意されていて、荷物を整理したりできる床がある。
一方、ビジネスクラスは部屋全体がベッドで、
天井はかなり高いものの普通のカプセルホテルと同様の構造である。

1000円の差ならば僕はファーストクラスを選びたいが、
本当に寝るだけならばビジネスクラスで割り切ることも充分可能であると感じた。

さて、次回はもっと詳しく見て行こう。



いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









MD-90について語、、、れない。

Category : 羽田空港
ANAの747の次は、JALのMD-90について語りたい。
「間もなくいなくなる度合い」ではこちらの方が切迫している。

と言ってもコイツもなかなか手ごわい。
僕はANAの747以上に、コイツには乗ったことがないのだ。
もちろん名古屋にも来ていたのだが、あまり乗る機会に恵まれなかった。

DSC_jonan16.jpg
スラーっと長い胴体がMD-90の魅力だ。
リアエンジンが故、後ろに重心があるので必然的に翼も後ろに行く。
それがまたこの飛行機をスラーっと魅せることに一役買っている。

乗るという観点からこの飛行機の特徴を一つ上げると、やはり前方が静かなこと。
離陸時には後ろの方からかすかにエンジン音がするだけだ。
上空に上がると風切音が優位になるのでさほど静寂性は感じないが、
それでも低速域での静寂性は際立つものがある。
エンジンが翼下に吊り下げられた飛行機から乗り比べると、本当に、驚くほど静かだ。


DSC_jonan17.jpg
テイルコーンのぺっしゃんこ具合もMD-90の特徴である。


DSC_jonan18.jpg
数えたら、MD-90への搭乗回数はJAS時代を含めて7回。
「結構乗ってるじゃん」とも思ったが、語れるレベルではないと思う。

このMD-90のラストフライトは多分乗らない。
JAL系のメモリアルフライトはあまり得意ではないのだ。

「ANAやLCCばかりではなく、たまにはJALにも乗れよ」と自分に言ってやりたい。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。