新千歳空港おススメのお土産【番外編-鮭フレークとミルクジャム】

Category : 新千歳空港
昨日で終わる予定だったお土産特集だが、もう少し写真が残っていたので紹介したい。


20141213_miyage-12.jpg
佐藤水産。有名な海鮮系のお店である。


20141213_miyage-13.jpg
そこで買って帰るのがこの鮭フレーク。スーパーで売っている鮭フレークなんか偽物だと思えてしまうほど、ここの鮭フレークは美味しい。白っぽいヤツで800円台、紅いヤツで1200円台。どちらもホンモノのホクホク感があってメチャクチャ美味しい。

おにぎりに入れたら超高級鮭握りの出来上がりである。コンビニで売っている200円近い高級おにぎりの鮭よりもうんと美味しい。予算に合わせて左右どちらかの鮭フレークを買って帰ってみて欲しい。きっと奥さんにも喜ばれるはずだ。


20141213_miyage-14.jpg
最後にこれ。NEEDSのミルクジャム。

結構品薄で、僕が買いに行ったときは残り2個だった。これをトーストに塗って食べると本当に美味しい。コンデンスミルク風のジャムはコーヒーなんかに入れても美味しいはずだ。ドロリとした濃厚な舌触りが病み付きになる感じでである。

ということで2品紹介したが、まぁそんなに大したことないお土産である。でもこの2つは典型的な土産じゃないところがまた良くて、さりげなく美味しいものだからお土産としても結構喜ばれるはずだ。


さて、最後に。
この特集を初めてから、実は変な友人に絡まれて、「アレが出てこない」とか「当然アレは出てきますよね」とか言われたので、若干自信をなくしてるところがあって、「何だよ、アイツ、みんな知ってるお土産紹介してるだけじゃねーかよ。」とか、「もっとレアで美味しいヤツ紹介しろよ~」とか、「オレの方が知ってるよ、アイツあんなお土産も知らないのかよー」なんて思われていそうで嫌なので、開き直って言わせてもらう。

っていうかね、僕がそんなにたくさん美味しいお土産を知ってるわけないでしょ。とりあえずお土産屋さんに行って、テキトーに自分の食べたことのあるお土産の写真撮ってテキトーに解説つけて、それらしく演出しているだけなんですよ。

今日の2品だってね、実は嫁さんから頼まれただけの物なんですよ。僕がそもそもミルクジャムとか知ってると思う?

そんな女子っぽいもの知らねーよ。

買ってきてって言われなきゃ絶対買わねーよ。



あ、しまった。こんなところでキレてどーすんだ?

一流の男は奥さんが喜ぶものを事前にリサーチして買って行く。そして「これ美味しいよ」とさりげなく渡すのだ。

ん?でもまてよ。僕のキャラ的に、事前にリサーチして美味しいお土産買ってくなんてちょっと変だよな。「なんでアンタこんなもの知ってんの?」って聞かれたらちょっと困る。逆に気持ち悪い。何かやましいことがあると思われそうだ。だからやっぱり奥さんに聞くのが一番いい。「新千歳で買ってきて欲しいものある?」。そう、一流の男は正直に無知をさらけ出すのだ。それが一番うまくいく。

あ、なんか変な話になってしまったが、結果的に全5回で書かせてもらった新千歳空港のお土産特集。是非とも参考にしてもらいたいと同時に、僕が知らない美味しいお土産を是非とも教えて欲しい。

よろしく。


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









新千歳空港おススメのお土産【五勝手屋の羊羹】

Category : 新千歳空港
これも結構おススメの北海道土産。正確には江差のお土産。つまり空港で言えば、函館のお土産である。


20141213_miyage-15.jpg
それは五勝手屋の丸缶ようかん。このレトロなパッケージが目印だ。恐らく新千歳空港では数か所で売られていると思うが、僕が買ったのは東急百貨店。実はどこにあるか分らなくて案内所のお姉さんに聞いた。意外と目立たない存在だ。


20141213_gokatteya-01.jpg
一つ取り出す。なんて綺麗なパッケージなのだろう。


20141213_gokatteya-02.jpg
プラスチックのキャップを開けてみると、羊羹の上にはザラメの砂糖がまぶされていた。


20141213_gokatteya-03.jpg
一番下の紙の部分をグイッと持ち上げるとこんな風に頭が出てくる。結構力がいるので手が滑って羊羹ごと机に「ぐちゃ」っとにならないように注意しよう。また力の掛け方が悪いと底面の紙が変な風に曲がって隙間から羊羹が染み出てくるのでこれまた注意したいところだ。


20141213_gokatteya-04.jpg
羊羹の周囲には糸が付いているので、付け根を切らずにゆっくり回して伸ばそう。この糸でもって押し出された羊羹を切るのである。この糸がこの羊羹のミソ。


20141213_gokatteya-05.jpg
切るとこんな感じだ。何だか超かわいい丸型羊羹の出来上がり。これをちまちまと爪楊枝で食べるのである。一本食べれば結構なボリューム。最後の方は「もういいかな?」って思えてくるほどである。そんな人にはもう少し短い棒が入っている5本入りの方をおススメしたい。

それで、肝心の味だが、僕はとらやの羊羹よりも好き。ツヤツヤしていないところが好き。何となくしっとりとしていて、純粋な小豆の味がする。とは言え、見た目通りの羊羹の味だが、老若男女問わずきっと喜んでもらえるお土産である。



いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









新千歳空港おススメのお土産【コーキーズの生クッキーは一押し】

Category : 新千歳空港
新千歳空港のおススメお土産特集、第三弾。僕が強くお勧めしたいお土産はこれだ。


20141213_miyage-06.jpg
コーキーズ(COWKEY'S)の生クッキー。眼の検査で使う「どこが開いてますか?」「上です。」っていうアレが目印だ。僕はいつもANA FESTAで買っている。


20141213_miyage-07.jpg
僕が必ず買っていくのは4種詰め合わせアソートボックス。8枚入りで1330円と、お値段は結構張るが、僕が自信を持って勧められる商品である。


20141213_miyage-16.jpg
4種類のアソートボックスを開けるとこんな風になっていて、


20141213_miyage-17.jpg
袋を開くとこんな感じ。

何となくクッキーに見えるが、実はフニャフニャしていて柔らかい。近いもので言うならばカントリーマアムみたいな感じかな?実際カントリーマアムよりも3倍くらい柔らかい感じで、随分としっとりとした感じに仕上がっている。そして、角切りのチョコやら何やらが入っていて結構食べごたえがあるのが特徴だ。

大体僕がこのお店の、この商品の前に行くと、オバちゃんに話しかけられる。「美味しいですよ~人気ですよ~」と。それで僕が「あ~美味しいですよね~、これ大好きなんですよ。」と言うと大抵オバちゃんは喜んでくれる。そこでオバちゃんと相思相愛。即購入となるわけだ。

「何か新しいの出ました?」と僕が聞くと、「これです」とオバちゃんは答えてくれた。


20141213_miyage-08.jpg
ホワイトマカデミアチャンクとやら。オバちゃんはさっそく試食の一袋をくれた。中には結構大きなマカダミアナッツが入っておりなかなか美味しい。「美味しいですねぇ。買います。」と即決して一袋を買い物かごの中に入れた。


20141213_miyage-18.jpg
オバちゃんに「写真撮っていいですか?」と一声掛けて、色々な角度から写真を撮らせてもらった。是非ともブログで紹介したかったからだ。

「実は僕、ブログやってて、紹介したいんですよね。」

と僕は正直に言った。するとオバちゃんはもう一つ僕に試食の袋をくれた。

ラッキー!!!何でも言ってみるもんだ。

「ブログで紹介する」という一言が、おまけの一袋に変わった。オバちゃんは僕のブログなんかきっと知らないだろうが、「もしかしたらこの人超有名なブロガーかも?」。そんな思いから親切に2つも試食の袋をくれたのかも知れない。

この新製品だけではなく、まずは元からある8枚入りのアソートボックスを騙されたと思って買ってみてほしい。きっと女子社員の中で人気者になれるちがいない。

「お土産のセンス、超よくなーい!?」

給湯室からそんな声が聞こえてきたらアナタも一流のサラリーマンだ。ただ、職場に買って行ける値段かどうかは分らないが…。


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









新千歳空港おススメのお土産【職場に買って行く編】

Category : 新千歳空港
北海道に行ったとき誰しもが悩むのが職場へのお土産。お財布の事情があるので、あまり高いものは買っていけない。でもあまりにもショボすぎると、「え~北海道なのにこれ~?」って言われる。しかもよく旅行に行っていることを皆が知っているのならば、それなりにインパクトのあるヤツを買っていかないと旅行通の名が廃る。白い恋人やロイズのチョコでもいいが、旅行通ならば、もう一ひねり欲しいものだ。

こちらの苦労も知らずに、給湯室で女子社員に、

「あの人って結構ケチいよね~」

「いつも旅行行ってんのにお土産普通だよね~」

なんて言われた日には一週間くらい寝込んで出社拒否してしまいそうだ。一流の男が台無しである。

北海道のお土産は比較的値が張る。美味しいものを買って行きたいのだが、職場に20人も30人もいたりすると、5000円分くらいは掛かってしまう。

「職場用5000円なんて出せないよー」

「せめて2000円で収まれば…」

というのが本音であろう。そこで僕がおススメする職場用のお土産を紹介したい。


20141213_miyage-09.jpg
ロイズのナッティーバー。ロイズと言えば生チョコや丸くて波々のチョコが定番だが、あの量じゃ一人分としてはちょっと物足りないと思う方は、このナッティーバーを是非とも買っていってもらいたい。

10本入りで756円。一人当たり75円程度である。30人の職場ならば2000円は超えてしまうが、それでも比較的安価な方である。

このナッティーバーのいいところは何といってもボリュームがあること。ナッツの入った縦長のチョコバーなのだが、一本食べれば結構お腹が膨れる。これまでクッキー一枚とか、チョコ一枚で済ませていた人ならば、考えられないくらいのボリュームアップである。白い恋人でも12枚で761円もするのだから、ほぼ同額の出費で満足度としては2~3倍くらいになるはずだ。またこれを買って行けば、「ロイズ=生チョコ」というイメージも変えられる。

「へ~、ロイズってこんなのあるんだ~」

と女子社員に思われればひとまずは成功である。


続いてお勧めしたいのはこちら。


20141213_miyage-10.jpg
白いブラックサンダー。中身はパッケージの通りだが、ココア風味のサクサクしたクッキー生地にホワイトチョコが掛けられたものである。

こちらもボリュームがあって結構満足できるお菓子である。そして、何となく北海道限定感があって、通(ツウ)っぽさを演出できることだろう。12枚で648円。20枚で1080円。1個当たり54円である。ナッティーバーよりもうんと安い。40人いる職場でも2000円強で済む。

ちなみにミニサイズというのもあり、そちらは12個入りで360円。1個当たり29円の計算だ。これならば30人の職場でも1000円弱で調達することができる。若干量が少なくなるが、それでもやはり美味しいので、満足してもらえること間違いないだろう。

アナタの買っていくお土産で、アナタは確実に値踏みされている。

いつもケチケチしたお土産を買ってくるヤツ。

そんなレッテルを貼られたときには旅行通の名が廃る。北海道らしい美味しいものを、いかに安く買っていくか。安くてもボリュームがあってお腹を満足させられればそれでいい。

是非とも僕が紹介したお土産を買って行って、

「あの人、何かお土産のセンス変わったよね~」

なんて給湯室で女子社員に言わせてみて欲しい。検討を祈る。


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









新千歳空港おススメのお土産【定番編】

Category : 新千歳空港
さて、ここで。
グルメブロガーが紹介する新千歳土産特集と行きたい。全4回にてお送りするつもりだ。

凄いのが出てくるわよー。

なんて期待させつつ、僕の趣味が色濃く反映された、超個人的なおススメ商品群になってしまうことを、あらかじめお許し頂きたい。今回は定番商品の紹介。僕が紹介するまでもない、誰もが知ってる美味しい北海道土産を紹介する。


20141213_miyage-02.jpg
これを知らなかったら日本人じゃない。そんな定番土産はやはり「白い恋人」。誰かがお土産を買ってきて、それが白い恋人だったら「え~白い恋人~?」と落胆する人はまずいないんじゃないかと思う。それくらいみんな好きなお土産。少し前に賞味期限問題で叩かれたけれど、その絶大なる人気に支えられて何事もなかったかのように復活を果たせたのはやはり知名度ナンバーワンのお土産だからだろうか。


20141213_miyage-03.jpg
じゃがポックル。

一時期なかなか買えなくて、買えるときは一人限定5個ならば、最大限に買って帰っていた。実は最近飽きちゃってなかなか買わなくなった。でもたまに食べると美味しいし、ぎっしりイモが詰まったようなその触感はなかなか忘れられない。一袋食べると、もう一袋食べたくなる、そんな定番土産である。


20141213_miyage-04.jpg
カリカリまだある?

比較的最近出てきた人気のお土産である。ちょっと辛い、いや結構辛いカレー味のえびせんは病み付きになる味だ。一時期よく買っていたが、最近少し飽きて買わなくなった。辛いおやつは子供が食べられないからあえて避けているという面もある。でももらった嬉しいお土産だ。


20141213_miyage-11.jpg
六花亭のマルセイバターサンド。

実は僕は子供のころ、レーズンとバターの組み合わせが嫌いでこれが食べられなかった。しかし、いつしか美味しいと思うようになり、北海道に行くと必ず帰って帰るようになった。最近では他のお土産に目が行ってしまい、買わなくなったけど、たまには買って帰りたいと思っている。


20141213_miyage-20.jpg
続いて北菓楼のバームクーヘン「妖精の森」。


20141213_miyage-21.jpg
しっとりとして少しオイリーな触感は何個でもツルンっと入っていく感じ。ツルンっと入っていくという表現が正しいかどうかは知らないが、パサパサした感じが一切なくスッキリと食べられるバームクーヘンである。


20141213_miyage-01.jpg
最後は定番、スナッフルズのチーズオムレット。


20141213_miyage-22.jpg
ふわふわの触感はこれまた何個もいける。でも次の日も食べたいので一日2個までと決めて食べている。チョコとチーズの半々に入ったやつヤツより僕はチーズだけのヤツを選ぶ。やっぱり一番ベーシックな味が一番美味しいのだ。

以上。

はい、この中で食べたことのないものがあるひと~~~~!僕が買ってお家まで届けますよ~。その代わり往復のヒコーキ代出して下さいね~。

っつーかほとんどの商品が本州で買えると思う。白い恋人なんか成田空港でも売ってるし…。それに結構なものが通販でも買えるはず。お土産ってのはその地に行ってしか買えないところに価値があるのに、どこででも買えたら全く意味がないと思いませんか?


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索