ANA石垣-那覇搭乗記

Category : 石垣空港
※本日をもって旧石垣空港がその役割を終了しましたが、
本記事はそのラストフライトや最終日の様子をお送りする記事ではありません。
お送りするのは約1ヶ月前の何の変哲もない石垣-那覇の搭乗記です。
あしからずご了承下さい。

まぁよくも1ヶ月、このネタでやってきたなぁと思う。
賞味2時間しか滞在していないのに、
ブログにするとえらく長い時間いたような気がするから不思議だ。
それだけ濃密な2時間だったと言うことだ。

さぁ中部に帰ろう。
とは言うものの直行便は取れず、那覇経由で帰ってくることにした。


20130209-ISG-OKA-00.jpg
16時発の便だ。
5分遅れを「遅れ」と言ってしまうところが日本らしい。
5分遅れは定刻だと僕は思う。


20130209-ISG-OKA-01.jpg
優先搭乗開始。
僕が旧石垣空港から出発するのはこれが最初で最後だ。


20130209-ISG-OKA-04.jpg
この距離なのにバスで行くのが謎。
日本らしいきめ細やかなサービスなのか、何かしら他の理由があるのか?


20130209-ISG-OKA-03.jpg
隣にはJALのB3がいた。
こちらは400。僕が乗るのは500だ。


20130209-ISG-OKA-05.jpg
むむっ、2本のピトー管の間にAOAセンサが付いている。
機首のどこにエアデータ系のセンサが付いているか、常に気にしてしまうところが完全に職業病。
僕はそんな仕事をしている。


20130209-ISG-OKA-06.jpg
後ろから乗り込めば良かったと後悔するも、僕の座席は3Aだ。
前方席なのに後ろから乗り込んだら、機内での人の流れを乱し超迷惑な客となる。


20130209-ISG-OKA-07.jpg
優先搭乗のバスは先に出発し、遅れて一般のお客を乗せたバスがやってくる。

5分遅れだったはずのこの便は定刻に出発。
スリル満点の離陸を行うべくRWY04に向けてタキシングを開始した。
幸いなことに着陸機はおらず、待つことなく滑走路に進入できた。

滑走路端で180度ターン。
おにぎり型のエンジンがうなりを上げた。
通常だと、エンジンのスタビライズを確認するなりブレーキリリースすることが多いが、
石垣空港ではフルスロットルにするまでブレーキリリースはしない。
少しでも滑走路を有効に使うためである。

ブレーキリリースとともに僕の体はグッと座席に押さえつけられた。

ディスタンスマーカー「2」のところでリフトオフ。
ディスタンスマーカーと言うのは滑走路の脇にある残距離を表す数字である。
滑走を始めると「8」→「7」→「6」などと減って行く数字が見られるアレである。

単位は1000ft。
つまりディスタンスマーカー「2」は滑走路の残距離が2000ftであることを表す。
2000ftは約600mだ。
1500mの滑走路を900m使って離陸したことになる。
離陸中止を考慮するととても妥当な距離であろう。


20130209-ISG-OKA-08.jpg
離陸するとすぐに右旋回。
程なく雲に突入した。


20130209-ISG-OKA-09.jpg
宮古島付近だと放送が入ったが、この雲じゃ下は全く見えない。
天気が悪かったことを憂いた。


20130209-ISG-OKA-10.jpg
石垣-那覇のブロックタイムは55分。
飛行時間は40分ほどだ。


20130209-ISG-OKA-11.jpg
瀬長島を左手に見ながらRWY36にランディング。
瀬長島に新しく出来たホテルを上空からこの目でしっかりと確認した。
一度泊まってみたいホテルである。


20130209-ISG-OKA-12.jpg
那覇空港に到着。
知識が乏しく、何の花かすぐに言えないのがダサいのだが、
この花を見ると那覇に来たんだなぁと思う。

1時間後の中部行きのスポットを確認し僕はラウンジに直行した。

正直、本当は今日3月6日の旧石垣空港最後の到着便に乗り、
明日3月7日の新石垣空港発の初便に乗りたかった。
しかし、理由(わけ)あって乗ることができなかった。

大変残念なことであるが、そのためにわざわざ1ヶ月前に旧石垣空港に飛び、
延々と旧石垣空港のネタを引っ張ってきたという事実もある。
僕としてはいつも見て下さる皆さんに、初便の様子ではなく
いつもの旧石垣空港の様子を見て頂いたことに意味があると思っていて、
それはそれで有意義だったのではないかと考えている。

もちろん全ては解釈論であり、自分の都合のいいように書いているだけではあるが…(笑)。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









旧石垣空港ターミナルビル送迎デッキから

Category : 石垣空港
レンタカーを返した僕は送迎デッキに急いだ。
自分が乗る飛行機はもう降りてしまったか。


20130209-ISGTMNL-21.jpg
レストランを通らないといけない送迎デッキ。
誰もいなかった。


20130209-ISGTMNL-22.jpg
反対側には駐車場が見える。


20130209-ISGTMNL-23.jpg
来た来た。
僕の乗るB737-500がやってきた。
何とか間に合ったようだ。

ちなみに僕はこれからこの飛行機に乗って那覇に飛ぶ。
中部への直行便が取れなかったのだ。


20130209-ISGTMNL-24.jpg
見ている方がハラハラする着陸。


20130209-ISGTMNL-25.jpg
白い煙を上げて見事に接地点に着陸した。


20130209-ISGTMNL-26.jpg
滑走路をUターンしてきた飛行機はまずあちら側へ。


20130209-ISGTMNL-27.jpg
90度回転し、


20130209-ISGTMNL-29.jpg
最後に315度くらい回転して停止。
ボーディングブリッジがないために滑走路の方向を向いて駐機するのだ。


20130209-ISGTMNL-30.jpg
完全に停止すると、こぞって色んな車が飛行機目がけてやってくる。


20130209-ISGTMNL-31.jpg
南国ムードバリバリのバスがタラップの前に停止。
スーパードルフィンにとても合うカラーだ。

これが僕にとって最初で最後の旧石垣空港の光景。
さぁ搭乗待合室に入ろう。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









海だって見たし@石垣島

Category : 石垣空港
新石垣空港から石垣空港への帰り道、僕はさすがに後ろ髪を引かれた。
何故なら南の島に来たというのに海を見ていないからだ。

僕は車を走らせながら、どこか海が見えるところはないか探した。
しかし海が見えるところを発見したところで既に遅い。
車はいきなり止まれないからだ。

後続車がいなければいい。
しかし僕は「わ」ナンバーの車にべったりとつけられていた。

曲がれそうなところでいきなりウインカーを出し、一か八かで曲がってみた。
後ろの車はさぞかしびっくりしたに違いない。


20130209-SEA-01.jpg
するとこんな風景に出くわした。
なんと、海が見えるではないか。


20130209-SEA-02.jpg
路肩に車を停め、海を見に行った。


20130209-SEA-04.jpg
うーん、期待したほど綺麗ではない。


20130209-SEA-03.jpg
どちらの方向を見ても大したことはなかった。


20130209-SEA-05.jpg
砂浜じゃないのがイケてないのか。


20130209-SEA-06.jpg
僕が曲がった道は小学校への入り口のようで、小学校の前にはこんなものが建てられていた。
小学校から出てくる車に怪しまれたのは言うまでもない。
オヤケアカハチ之像と書いてある。
ウィキペディアで調べると「15世紀末の豪族」と出てくる。


20130209-SEA-07.jpg
石垣島っぽい建造物もあった。

海だって見たし、特徴のある建造物も見た。
これで「観光した」と堂々と言える。

満足だ。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









旧石垣空港のターミナルビル

Category : 石垣空港
間もなく開港する新石垣空港。
開港してしまったらもう旧石垣空港には入れなくなるのだろう。
だから今日お送りする写真はとても貴重だ。
と勝手に僕は思っている。


20130209-ISGTMNL-01.jpg
到着ロビーを出ると石垣空港の文字。
古めかしさ満点のターミナルビルである。


20130209-ISGTMNL-02.jpg
少し引いて見るとまた味があっていい。


20130209-ISGTMNL-03.jpg
実はJAL側、ANA側と建屋が分かれていて、こちらはANA側。
やや新しい感じがする。


20130209-ISGTMNL-04.jpg
ではANAの出発ロビーから探索。
カウンターはこれだけだ。


20130209-ISGTMNL-05.jpg
搭乗待合室入口。


20130209-ISGTMNL-06.jpg
2階はレストランになっているらしい。
実は送迎デッキへはこのレストランを通らないと行けない仕組みになっていて、
何も飲み食いせず単にスルーするだけの人は少々気まずい。


20130209-ISGTMNL-07.jpg
そして到着ロビーはJAL側の建物だ。


20130209-ISGTMNL-08.jpg
今度はJAL側のチェックインカウンター。
JAL側の方が広い。
元々南西航空の領土だったことをよく物語っている。


20130209-ISGTMNL-09.jpg
JAL側の搭乗待合室入口。


20130209-ISGTMNL-10.jpg
これまた雰囲気のあるバーカウンター?だこと。


20130209-ISGTMNL-11.jpg
とても直接的な名前の売店に、、、


20130209-ISGTMNL-12.jpg
なんだかハッピーになれそうな、間接的な名前の売店。


20130209-ISGTMNL-13.jpg
時間の順序は前後しているが、到着ロビーの中だ。


20130209-ISGTMNL-15.jpg
そしてANA側の搭乗待合室の中。


20130209-ISGTMNL-14.jpg
搭乗ゲートはもちろん1つ。
カメラを向けている背の方向にANAの売店があり、そこそこのものは買えた。


20130209-ISGTMNL-16.jpg
最後に、外には新石垣空港開港の横断幕が…。
もう間もなくこの場所は石垣空港ではなくなると思うと、
初めて来たのにも関わらず悲しい気持ちにもなる。


「旧石垣空港を知らずして石垣空港の何が語れよう。」
そう思ったのが今回の賞味2時間の石垣旅行の発端だったわけだが、
何とか旅の目的は達成できたようだ。

石垣島に行ったのは2月9日のことだから、
もう1ヶ月近くこのネタでブログ記事を書いていることになる。
何の下調べもせずに来た割に結構楽めたんだなぁと、
ターミナルビル内の写真を並べながら思い返してみるのであった。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









新石垣空港、見つけた!

Category : 石垣空港
新石垣空港を求め国道390号線を東へ走った。


20130209-NewISG-02.jpg
結構走ったと思う。
僕の頭の中の地図よりも遠かった気がする。

やがて管制塔が見えてきた。
路肩に車を停め、望遠レンズで覗いてみた。
管制塔とレーダーが見えた。


20130209-NewISG-01.jpg
ここからは進入灯もよく見えた。
RWY04への進入灯である。
晴れていたら手前の畑と絡めて、とても情景的な写真が撮れそうだ。

では近づけるところまで近づいてみようではないか。
途中、新石垣空港へ曲がるところには工事車両がいて、
いかにもそちらに行ってはいけませんみたいな雰囲気を醸し出していたので、
僕は黙って行くのをやめた。
工事現場の兄ちゃんとケンカになっては元も子もないからだ。
今は一分一秒が大切なのだ。

新石垣空港方面へは曲がらずに真っ直ぐに進むと進入灯が近づいてきた。


20130209-NewISG-03.jpg
たいそう立派な進入灯が、3月7日から続々と進入してくる飛行機達を今か今かと待ち構えていた。
飛行機は写真の左側から進入してくる。


20130209-NewISG-04.jpg
道路を挟んだ向かいから見るとこんな感じだ。


20130209-NewISG-05.jpg
進入灯の下を潜り抜けるとすぐに空き地があったののでそこに車を停めてみた。
いつまで空き地か分からないが、車が十数台停められそうだ。

この写真では向かって右から飛行機は侵入してくる。
左端の小高くなっている土地が空港である。
周りからその様子をうかがい知ることはできなかった。


20130209-NewISG-07.jpg
もう時間がない。
すぐに戻ろう。


20130209-NewISG-06.jpg
青いシールの下に石垣空港と書いてある。
これが3月6日の夜に剥がされるわけだ。


20130209-NewISG-10.jpg
この場所から見るとこんな感じだ。
意外と遠いのだ。


20130209-NewISG-09.jpg
真新しい管制塔と海上保安庁の建屋。


20130209-NewISG-08.jpg
空港監視レーダー。
2基あるうちの1基はバックアップ用だと思われる。

このレーダーのおかげで、新空港開港後は管制効率がグッと上がるわけだ。
レーダーサマサマ。
拝んでおいても損はない。


石垣空港は効率が悪いというのは聞いたことのある話だったが、
一度訪れてみて、遅延する飛行機を見て、何故かと考えてみるとその理由が良く分かる。
「百聞は一見に如かず」とはまさにこういうことを言う。
自分の目で見て、疑問に思ったことを家に帰って調べる。
趣味から学ぶこともとても多いのだ。


ここで本当に時間切れ。
ここまで新空港に近づくことができたなら満足だ。
初便には乗りに来ることはできないけれど、その前に新石垣空港を一目見た。
それで充分ではないか。

僕は大急ぎで石垣空港へグランドターンバックした。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索