スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









葬式に行くより分娩室に行こう。【747ラストフライトを斜め向きに語る】

Category : Boeing747
航空業界は今、747ファイナルの話題で持ちきりである。
3月に各地で行われたイベント、
そして3/31のラストフライトに向けて最高潮に盛り上がっている。

一方僕はと言うと、747に関しては全くと言っていいほど熱が入っていない。
むしろ冷めていると言った方がいいかも知れない。

理由はたった一つ。
最近、第二子が産まれたから。
747で盛り上がろうにも、家庭が大変過ぎて盛り上がる余裕がない。

だから産まれる前から僕は心を鬼にして、
747ラストフライトには一切の情熱を傾けないことに決めた。
イベントの情報など全く知ろうともしていないし、
もちろん3/31のラストフライトに乗るつもりもない。

飛行機に乗るどころか、最近はTwitterやFBさえ見る暇がなく、
本職も半分以上休んでいる。
新聞も流し読み、テレビなんか全く見ていない。
それくらい忙しい。


ANAの747のラストフライトに興味を示さないことについて、
「航空マニアとして失格なんじゃないか?」
と自問自答を続けた時期もあったが、
今では吹っ切れて「勝手にやってちょうだい」ってなもんだ。

航空業界の妙な747に対する盛り上がりを見て、僕は思うところがある。
何を皆、747みたいな未来のない機体で盛り上がろうとしてんのかと。
787みたいな新生児の方がよっぽど未来があるぞと。
古いものを偲ぶより新しいものに世話を焼く方がよっぽど楽しいではないか。
だから僕は初便には乗るけど最終便には乗らない。

老健施設と産婦人科でどちらが生命力に溢れているかって、そりゃぁ産婦人科だろう。
葬式か分娩室かどちらがめでたいかってそりゃ分娩室に決まっている。

ラストフライトに乗りに行くのは、

黒い服を着て葬式に行くようなものだ。

ファーストフライトに乗りに行くのは、

白衣を着て分娩室に入るようなものだ。

「おいおいそこまで言うか」とお思いの方。
さすがに僕も言い過ぎたと思う。


本当の心の内を明かそう。
実は、本当は、オレだって747ラストフライトに乗りたいんだよ。
航空マニアとしてラストフライトには乗りたいんだよ。
初便ゲッターって言ったって最終便にも乗りたいんだよ。

でも家族を置いては行けないんだ。
今は助けが必要な時期なんだ。

僕は決めたんだ。
今回だけは趣味よりも家族を大切にするって。
だから僕は747ラストフライトには乗らない、乗らないんだ。

たかがひとつ、航空イベントに参加できないくらいでバチが当たるわけじゃない。
747ラストフライトに乗らなくったって僕の人生が変わるわけじゃない。
今は新しい命の方がよっぽど大切なんだ。

だから僕は747ラストフライトには乗らないんだ。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









夏空とANA747

Category : Boeing747
外に出てすぐにターミナルビル内に戻った僕は、送迎デッキに上がってみた。

那覇空港の送迎デッキはお金がいる。
なんと100円だ。
しかし100円で得られるものはほとんどないと言ってよい。


20130918-OKA-02.jpg
保安上の理由だと思われるが、撮影できるところがここしかないのだ。
ちゃんと「撮影スポット」と書いてあるところが大変親切である。(←皮肉です。)
ここ以外の場所はフェンスに近づくことすらできず、金網が邪魔で撮影は不可能である。


20130918-OKA-03.jpg
その唯一の撮影スポットから747を撮ってみるも、何だか冴えない。


20130918-OKA-06.jpg
ANAの747にはやはり夏空が似合う。
閑散としたゲートはやや不満だが、747を写すという意味では逆に良かったかも知れない。
となると後ろのソラシドの尾翼が少し邪魔だった。


20130918-OKA-04.jpg
ノーズのアップ。
この2階席には結構憧れるのだが、エコノミー(普通席)の2階席は一度乗れば十分だ。
窓が上を向いているから、とにかく外が見えにくい。
空いている便でプライベートを味わうのなら2階席はとても良いが、
混雑している便の2階席は意外と窮屈である。


20130918-OKA-05.jpg
実に大きな尾翼だ。
大きな尾翼は大きな方向安定を生む。

JAL123便、御巣鷹山の事故のとき、この垂直尾翼が落ちてしまったのだから、
方向安定を失ってしまうのには無理はない。
ダッチロールと呼ばれる横の連成運動に陥ってしまうのは必然であったのだ。

失礼、ANAの747の話で暗いJALの話を出してはいけない。



さぁ、用事が済んだので保安検査場に行こう。

20130918-NH484-03.jpg
那覇空港には一応、プレミアムレーンがあって、
エリートな僕は、混雑する一般レーンを尻目にスムーズに進むことができる。
ってか一般レーン、全然混んでないし…。


20130918-OKA-08.jpg
間もなく僕の乗ってきた747が羽田に戻る。
夏空とANAの747。

さっきも書いたが、やはり747には夏空が似合う。
沖縄の夏空とのコラボレーションが、最後の747に与えられた舞台なのだと思った。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









ANA747搭乗記【まだ夏空の沖縄へ】

Category : Boeing747
ANAマイチョイス9月号。

20130918-NH125-42.jpg
7月に乗ったとき、ソフトドリンクがないと嘆いた記憶は新しい。

過去記事(2013/08/09) → ジュースが売ってない!(ANA国内線搭乗記)


20130918-NH125-44.jpg
やはり今月もソフトドリンクではなくアルコールであった。
お金を出してお酒を飲む人はいるが、無料のソフトドリンクがある中で
あえてお金を払ってまでソフトドリンクを飲もうと思う人は少ないのだろう。
密かな男の愉しみだった有料ソフトドリンクがなくなってしまったのは残念な限りだ。

ちなみに売りに来たのはハーゲンダッツのアイスクリームのみ。
こうやって有料メニューを沢山取り揃えているのだから、
もっと売りに来れば皆買うと思うのに、何故売りに来ないのだろうか?

「リクエストベースじゃ誰も買わないよ」と言いたくなるのだが、
実際は何か意図があるのだろうか?
元々あまり搭載してしていないから、売り切れないように出し渋っているのか、
それとも元々売る気がないのか。
イマイチ有料メニューの戦略が見えない…。


20130918-NH125-48.jpg
島が見えた。大きな島だ。
自信はなかったが沖縄本島だと直感した。(まもなく名護市、奥に見えるのは伊江島)
飛行機は既に降下を開始していた。
「サービスとは何か」とうテーマで隣の方と話し込んでいたため、
沖縄まではあっという間だった。


20130918-NH125-49.jpg
サンゴ礁の美しい島。
地図で調べたら津堅島という島だった。


20130918-NH125-50.jpg
沖縄本島の南側に出た。
とするとRWYは36である。
ここまでくると右側はパーフェクトである。
陸地は全て右側、RWY36 のILSコースに乗る最後の旋回も右旋回である。
右側に糸満の丘、那覇市街並みのを見ながらの直線進入は、最後のエンターテイメントである。


20130918-NH125-51.jpg
「那覇に来たんだ」と思わせるこの花が僕は大好きだ。
花にピントを合わせ、背景の飛行機をぼかすのが定番だろう。


20130918-NH125-52.jpg
背景をぼかさない純粋な747のノーズもしっかり撮る。


次の飛行機まで1時間半ほどあったので、一旦外に出ることにした。
一応沖縄の空気を吸っておこうと思ったからだ。
いつもはターミナルから出ないが、本州は随分と秋めいてきたから、
沖縄がどれだけ「まだ夏」なのか確認したかったのである。


20130918-NH125-53.jpg
出口まで行く間に広々とした通路がある。
送迎デッキに出るよりも、ここからの眺めの方が良い。


20130918-NH125-54.jpg
長いコブに萌える。
ダッシュエイトが上に載っているトリプルセブンみたいなものだと考えるとこのコブはやはり凄い。


20130918-NH125-55.jpg
「空港から出てはいけない」と言うのがパラダイス山元氏からの教えではあるが、
国際線ターミナルへの連絡バスに乗ったりするのは良さそうであるので、
僕は教えを守ったつもりでいる。

そう、飛行機に乗るための旅行では観光しては行けないのだ。
そんなことをするお金があるのならもう1レグ乗るべきだ。
だから誘惑の多い外には出ない方がいい。


20130918-NH125-56.jpg
目の前には日本最西端の駅、ゆいレール「那覇空港」駅がある。
そしてその隣には日本最南端の駅「赤嶺」駅がある。
嗚呼、何という誘惑だ。

でも僕はそんな誘惑には目もくれず、すぐにターミナルに吸い込まれていくのであった。

つづく。



いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









ANA747搭乗記【想い出になる前に】

Category : Boeing747
知らなかったが、羽田-那覇線は紀伊半島までは陸地沿いを飛ぶのだ。
もっと沖合いを飛んでもよさそうに思えるが、よくよく地図を見てみると、
東京から那覇までの最短距離は結構本州の陸地沿いなのである。

退役間近で「クラシック」なんて呼ばれてもおかしくない747-400ですら、
GPSでもFMSでも何でも持っている今ドキの飛行機なので、VOR伝いに飛ぶ必要は全くない。
つまりあえて陸地沿いを飛ぶ必要はない。
一瞬、「無駄な距離を飛んでいるのでは?」と思ってしまった僕だが、
地図を見て、決して無駄な飛び方をしているわけではないということを初めて知ったのである。


20130918-NH125-24.jpg
セントレアだ。
この500人乗りの機内の中で、
まさか今日この空港に戻ってくる人間はいないだろう。
僕はこの飛行機の中で、今日の最終目的地がセントレアであるただ一人の人間だと確信をした。


20130918-NH125-25.jpg
知多半島もこんなにくっきり見える。


と、やっと朝食の時間である。

20130918-NH125-26.jpg
プレミアムクラスの楽しみはやはりプレミアムGOZENである。


20130918-NH125-27.jpg
にゅうめんとおかずの組み合わせであった。
やさしい味で朝食にはぴったりだった。


20130918-NH125-28.jpg
食後はいわてまりと呼ばれるクッキーにきのこポタージュだ。


さて、ご飯も食べ終わり、ホッと一息ついたところで、
この一番前の座席について一言。


20130918-NH125-31.jpg
この席はハズレだと思う。
一番前の座席は左右1席のみで、とてもプレミアムな席なのであるが、窓がとても遠いのだ。
写真が撮りにくいのが一番の難点である。
747に乗るなら僕は2列目以降に座りたいと思った。


20130918-NH125-30.jpg
さて、雲が出てきたところで下を見るのはやめ、機内散策に出掛けることにした。
退役前にキャビンの写真は是非とも撮っておかねばならない。


20130918-NH125-33.jpg
こちらはAコンパートメントのプレミアムクラス。
747のAコンパートメントは他の機種にはない特別な空間だ。
この先細りの空間こそが747最大の特徴である。
747に乗るというのなら、このAコンパートメントかアッパーデッキのどちらかだ。


20130918-NH125-29.jpg
1Rのドアより。


20130918-NH125-34.jpg
2番目のドアの部分からのキャビンを眺める。
別にどうってことない…。


20130918-NH125-35.jpg
3番目のドアの部分からのキャビン。
こちらも別にどうってことない…。

なので一番後ろまで行くのはやめた。
ただ「どうってことない」と言いつつも、
一目で古いと感じさせるのがオーバーヘッドストウェッジである。
カクカクした感じがクラシックな風合いをよく出していると思う。

機内散策に出掛けて、一つ後悔していること。
それは2番目のドアから翼の写真を撮らなかったことだ。

2番目の窓はシェードが閉められており、開けて撮るのもはばかられたため諦めた。
前回旅の恥はかき捨てと書いたが、さすがに皆が前向きで座っているところに
一人で窓を開け、中腰で窓の外を撮る勇気が出なかったのである。


20130918-NH125-36.jpg
アッパーデッキにももちろん上がってみる。
国際線では上級クラスにアサインされていることの多いアッパーデッキではあるが、
国内線仕様のダッシュ400では全てが普通席である。
このゾーンのみでダッシュエイトQ400の定員以上を詰め込めるのだから、
ダッシュ400のコブは凄いのだ。


20130918-NH125-37.jpg
螺旋階段ではない直線階段がダッシュ400の特徴だ。
登るとトントントンと軽い音がするのが何とも心地良いのである。
毎度この階段を上る度に「航空機は軽い」と思わせてくれるのだ。

機内探索はこれにて終了。
あんまりウロチョロするとCAさんに目を付けられるから嫌だなと思ったので、
階段を降り、僕は席に戻った。

ANAの747が想い出になってしう前に、僕は何とか義務を果たした気がした。

つづく。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









ANA747搭乗記【NOと言える客室乗務員】

Category : Boeing747
いつもなら真っ先に搭乗するところだが、
今回は空席待ちを掛けていたので乗るのが遅くなった。


20130918-NH125-16.jpg

コブを横から見ると何だか熱帯魚みたいだ。

せっかく747に乗るのだから、この際747に関する特徴は全て記録に残しておきたいと思った。
もちろん機内も然りで、本当は誰も座っていないプレミアムクラスのシートが撮りたい。
しかし、乗り遅れた今日ばかりはそれは諦めた方がいいだろう。
そう思って乗り込んだら、3列目のシートが2つ空いていた。


20130918-NH125-17.jpg
ラッキー。
とりあえず1枚だけ写真を撮った。
周りの目が気になるが旅の恥は掻き捨てだと僕は思っている。
撮りたいものは撮るのだ。
ちなみに僕の席はそのひとつ前の2列目、2Kだ。

羽田空港は北風運用。
那覇行きの便はDランウェイRWY05から上がる。
この便は確実に右側がオイシイ。
何故なら那覇までの航路上、常に右側に陸が見えるからだ。

僕は空席待ちの余り物にも関わらず2K、偶然にも右の窓側をゲットすることができた。
今日の天気なら富士山が見えるのは間違いない。
秋晴れの空がANA747への久しぶりの搭乗を祝福してくれているようだった。

離陸すると直ぐに右へのヒネリが入る。
180度旋回し機首を西に向けた。


20130918-NH125-18.jpg
今上がったばかりの羽田空港だ。
34Lにアプローチしている機体が見えたりして、にわかに興奮した。


20130918-NH125-19.jpg
三浦半島上空からは遠くに富士山が見えた。


20130918-NH125-20.jpg
芦ノ湖と富士山。
実に美しい湖と山のコラボレーション…。


20130918-NH125-22.jpg
雪を頂いていない富士山もそれなりにサマになる。
優美な印象から力強い印象に変わるのだ。

富士山を撮っていたら、ひょんなことから隣の女性と会話が弾んだ。
こんなことは正直言って珍しい。
初便のドンちゃん騒ぎのときですら、隣の人と会話をすることはあまりないと言うのに、
何でもない便で会話が弾むのは100回に1回あるかないかだろう。
いや、僕の経験では200回に1回くらいだ。

海外のホテルでコンシェルジェをしていたという女性。
とても興味深いサービスの話を聞くことができた。
CAとコンシェルジェのサービスで決定的に違うのはどんなところか。

コンシェルジェにNOはない。
客のリクエストに対し全てをYESで返さなければいけない。

一方のCAのサービスにはNOがある。
もちろんそれは客室の安全を守るためだ。
機内では強い態度でNOと言わなければいけないこともある。
しかし彼女たちは、NOと言わなくても良いところでNOと言っていないだろうか。
私たちには「断る力」があるのよと言わんばかりに。

2009-036.jpg
(本文とは一切関係がありません。)

マニュアル通りにサービスをする客室乗務員と、
マニュアルがそもそもないコンシェルジェという職業。
両者を比較してはいけないのかも知れないが、
ともにサービス業の頂点と言われている職業でもある。
話を聞いていて、両者には歴然とした差があると感じた。

先日も僕はこんな記事を書いた。

過去記事(2013/09/22) 
→ ベストセラー「伝え方が9割」を機内サービスに適用する。


「機内販売の商品はあいにく売り切れております。」
「お手数ですが、こちらのハガキでお申し込み下さい。」
と言い残して去っていくCA。
「ないものは仕方がない」と言わんばかりの態度は、
そもそもサービスとして成り立っているのか疑問を感じる。
何とも傲慢な態度にも映る。

厳しい競争を勝ち抜いてCAになった彼女たちは、一般的に

美しく才能のある女性

の代名詞とされている。

「CAと合コン」。

残念ながらこの響きに、多くの男性諸氏はソワソワしてしまうことだろう。

「CAのマナー教室」。

この響きに「私もあんな素敵な女性になりたい」
と思わず参加してしまう女性は多いだろう。
彼女たちは男性、女性問わず憧れの存在なのだ。

しかし現実はどうか。
このところ気が利くサービスを受けたことがない僕は、
CAの存在価値に疑問を感じている。
彼女たちは機内で一体何をやっているというのか。

先日ヤフートピックでも話題になった記事で、こんな勘違い(元)CAもいる。
ファーストクラスの担当だったらしいが、
この記事を読むと、一般の客を見下していると思われる発言が非常に目に付く。
皆、こんな女性たちに憧れているのかと思うと「オイ、目を覚ませ」と言いたくなる。

ファーストクラスに乗る人が機上で読む本リスト

まぁこの記事の感想はあえて書かないとして、CAのサービスの話に戻ると、

有料メニュー、機内販売が欲しいと言えば、
基本的に「申し訳ございません。売り切れております。」だ。
その前に、そもそも売りに来ないことの方が多かったりもする。
僕は「売る気あるの?」と毎回聞きたくなる。

最近は子供の機嫌を逆撫でするような行動だって目に余る。
と言うか、そもそも子連れの親のニーズが全く掴めていないと感じる。

子供が眠そうにしているときにちょっかいを掛けてどうするつもりなのか?
そっとしておいて欲しいのに・・・。
刺激されたらせっかくの眠気が覚めてしまうではないか。
親にとって子供が寝てくれることが機内で一番嬉しいことなのだ。

7月の新千歳からの帰りの便ではオモチャを選ばせて貰えず、
年齢に合わない乳児用のオモチャを渡された。
カゴに沢山オモチャが入っているのにだ。
ウチの子はそこまで小さくない。
何だかテキトーに扱われた気がした。

ジュースをもらうとき、息子を抱っこしているにも関わらず、
蓋もせずに無造作にテーブルに置かれた時もある。
手が当たってこぼれたらどうしてくれるのか。

子連れで飛行機に乗ることが多くなった今、
彼女たちの気の利かなさには本当にガッカリさせられる。


僕は最近、CAが何のために乗っているのか理解できなくなってきた。
ベルト着用の確認か?
手荷物の収納状況の確認か?
ダメダメダメを連発する機内アナウンスか?

そうだ。
緊急脱出のときにはきっと勇ましい姿を見せてくれるのだろう。
しかしそんなシチュエーションには一生遭遇しないことの方が多い。
厳しい訓練の成果は、残念ながら発揮する機会がほとんどないのだ。

「結局、茶汲みだ」と言われる所以はそこにある。
結局、彼女らのメインの仕事はお茶汲みなのだ。
だから、お茶しか汲んでくれないCAさんに期待する僕らが間違っている。
自分の中でそういう結論に達した。

僕らが思っているCA像は単なる虚像なのである。


僕が隣席の女性とまさかこんな話をしたわけではないが、
コンシェルジェという職業の話を聞いて、
家に帰って僕が思ったことはここに書いた通りである。
ちょっと嫌味を書きすぎただろうか。(反省…)

サービスについて話し込んでいるうちに自機は浜松沖を通過した。

つづく。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。