A350はそんなにすごい飛行機なのか。

Category : A350
今回はまとめということで、A350の特徴を述べたい。これらは全部雑誌記事の受け売りであるが、それなりに僕の感じたことも書いておく。

A350は787よりも後にローンチされたプログラムで、787に対抗しようとA350をいかに魅力的な飛行機に仕立てるかかなり努力をしている様子が見て取れる。

まずは複合材の使用比率であるが、787の50%に対しA350は53%(情報源により異なる)。微妙な差ではあるがA350の方が複合材の使用比率が高い。787よりも複合材を使用する部分を多くすることで、787よりも優れた機体であることをアピールしている。簡単に言えば複合材とはカーボン樹脂でできた材料のことで、金属よりも軽くて丈夫な点が優れていると言われる。


VN238-991.jpg
主に複合材が使用されている部分は胴体と翼であるが、胴体の作り方が787とは異なるのがA350の特徴である。787は丸い胴体を一体成型するのに対し、A350は従来機通り、4枚のパネルをつなぎ合わせて作る。

軽くて丈夫なところが複合材のウリであるが、胴体をつなぎ合わせるという点に大きな違和感を感じる。せっかく軽い重量で作ったのにつなぎ合わせる部分があったら、そこで重量を食われてしまうではないか。そこことを知った時、「A350における複合材の使用は、重量低減が目的ではなく先端材料を使っていることのアピールが目的なのではないか」とつい疑ってしまった。

続いてエンジン。エンジンの外見上の特徴は特になく、あるのはシステムの違いである。A350のキャビンへの抽気は従来機通りエンジンから取っている。ライバルの787はエンジン抽気はキャビンには回ってこず、インテーク防氷のみに使っているので、そこが大きな違いと言える。一方でA350ではエンジン抽気をインテーク防氷には使用していない。エンジン抽気を他に回すことはエンジン自体の推進力を低めてしまう方向に働くので、なるべく使いたくないというのが本音なのであろう。ただ、最も大きく寄与するキャビンに持って行ってしまっているのが残念な点である。


VN238-992.jpg
機首部は787が全て複合材であることに対し、A350は金属製だ。機首部は鳥が当たったりするため、複合材で作ってしまうと修理しにくくなるというのがその理由らしい。

胴体の製造方法、そしてエンジン抽気。その2つを見てもA350は意外に保守的な飛行機であることが分かる。よっぽど787の方が革新的な飛行機である。あらゆる新技術、新材料を詰め込んで市場に挑んだのが787で、それらを横目に見つつリスクになりそうな部分を排除して安全に設計したのがA350だとも言える。

後発故のメリットというか、エアバスはやはりしたたかなのだ。ボーイングに追いつけ追い越せでやってきて、やっと追いついたところでA380やA350という革新的な飛行機を出してきた。しかし革新的に見えて実は保守的な飛行機がA350なのであろう。A380はサイズ自体が革新的だったと言えるのだが…。

本当は「すごいぞA350!」とか言って終わりたかったけれども、調べてみたら並の飛行機だったというわけだ。でも僕が乗った時のワクワク感、ドキドキ感は並じゃなかった。

やっぱりすごいぞ!A350

う~ん、ちょっと無理があるな…。


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









ベトナム航空A350搭乗記、ついに最終回。

Category : A350
ハノイに向けてどんどん高度を下げていく。


VN238-91.jpg
青々とした水田がとてもきれいだ。日本の水田よりも鮮やな緑に見えるのは気のせいだろうか。稲の葉も時期によって青さが違うため、時期的なものがあるのかも知れないが、それでも窓から見える水田全てが鮮やかに見えた。


VN238-92.jpg
ハノイはベトナムの首都でありながら空港はド田舎にあるといった感じだ。ホーチミンの空港は見るからに都会の真ん中にあった。夜のネオンがとても綺麗だった。一方のハノイは街から若干遠いと思われ、まだ手つかずの自然が残る原野の中にある気がした。


VN238-93.jpg
無事に着陸。心地よい振動が伝わってくると同時にスラストリバーサーが掛かる。体がグッと前のめりになる。

僕のA350初飛行が終わった瞬間だった。

何とも感慨深かった。


VN238-94.jpg
滑走路を離脱するとクラシカルな機体が。727である。「何航空?何でここに?」色々と疑問が生じたが詳細は不明なままだ。


VN238-95.jpg
国内線のターミナルビルの前を通過する。


VN238-96.jpg
ホーチミン行きと思われる787-9がいた。前日にうっかり787に乗ってしまい、前後が逆になってしまったが、最終的には両方の機材に乗れたので結果オーライとしよう。


VN238-97.jpg
着いたところは何だか見え覚えのあるところ。往路の787で偉そうな人が乗ってきた場所である。A350はここにしか付けないのだろうか?


VN238-98.jpg
ぞろぞろと車が集まってきた。どうやらビジネスクラス専用のバスがあるらしい。


VN238-99.jpg
2時間のフライトを十分に堪能できた。一つ心残りなのは、CAさんに「着いたらコックピット見せてもらえませんか?」と頼んで、アッサリ断わられたこと。やはりコックピット見学へのハードルは高いと感じた。もしかしたら、到着後沖止めされるのが分かっていたため、バスに乗れなくなるからという理由で断られたのかも知れない。とにかく残念だった。


VN238-100.jpg
降機して何とかA350の全景をカメラに収めようと思ったが、グランドスタッフのお姉さんが近寄ってきて、「そっちいかないで!」と言われたのですぐにやめた。やはり定期便ではA350の姿をまともに見るのすら難しいのか…。


VN238-111.jpg
バスに乗せられターミナルビルまで揺られていく。斜め後ろからでも撮ろうと思ったが、機体の周りにはバスが取り囲んでいて、全くサマにならない状態であった。

と、まぁあれこれわがままを言ってみるものの、今回A350に乗れて本当に良かったと思う。今回の旅程はデルタのマイルを使って作ったが、結局A350の区間だけは約3万円を支払って乗っている。マイルで行った価値あるのか疑問であるが、それでも成果なしで日本に帰るよりは随分マシだろう。A350の他にも予定していた787には乗れたし、終わってみて考えれば予定外の出費はあったものの目的は十分に果たせたと言える。突然の機材変更にも、結果だけを見れば理想的な対応ができたわけだし、今回は自分に花丸を付けてあげたいと思っている。

たいへんよくできました、と。

ここまで読んでくれた皆々様、長々とお付き合いどうもありがとうございました。
とりあえず、おしまい。(でもベトナム航空搭乗記はまだまだ続くよ!)


↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









最新鋭機A350からベトナムの原風景を眺める贅沢

Category : A350
ホーチミンからハノイまでの機窓の風景は本当に美しい。「東南アジアの原風景がそこにある」といった感じだ。


VN238-81.jpg
川の名前は知らないが、河口に少し変わった形のデルタ地帯を作りながら南シナ海に注いでいる。


VN238-82.jpg
ホーチミンからハノイまでは最初陸上を飛行し、その後洋上、しかも海岸線に比較的近いところを飛行するため、地形がよく分かり見ていて飽きないのである。


VN238-83.jpg
ハノイに随分と近づいてきた。蛇行する川が多く、この辺りが大きな平地であることを物語っている。緑色に見えるのは皆水田だろうか。それとも単なる湿地帯だろうか。ベトナムの大自然の美しさを最新鋭機A350の静寂の中から見つめる。こんな贅沢はないと思った。いや、本当に自然が美しいのだ。


VN238-84.jpg
翼端のウィングチップは鳥の羽根を模して作られた空力的にも優秀な機構であるらしい。787のピンとはねた翼端もカッコいいが、クルンとカールしたA350も未来的なデザインで僕は好きだ。


VN238-85.jpg
何だか変な山々が現れた。えらくボコボコしている。周期的に波を打つような電波のような山々だ。


VN238-86.jpg
どうやらこの辺りはこの地形が多い。別のところにもボコボコした山を見つけた。日本では見られない風景である。何となく中国を連想させる地形でもある。


VN238-87.jpg
洪水であふれたのか元々濁った池なのか分からない。一見まだまだ貧しい国のように見えるベトナム。でもホーチミンはとても発展していた。ベトナムという国をもっともっと知りたくなった。今回のような弾丸旅行では、ベトナムの「べ」の字すら知ることが出来ない。本当はもっとゆったりとした旅程で来ないといけないのだ。


VN238-88.jpg
濁った池のようなものの向こうには高くそびえる山が・・・。何となく神秘的な光景である。。


VN238-89.jpg
機体はすでに高度を下げ始めている。遠くには比較的大きな川が見える。しかも合流する地点のようだ。


VN238-91.jpg
ハノイ、ノイバイ国際空港に向けてファイナルアプローチを開始した。外は田園風景。そこに濁った川が蛇行して走る。蛇行する川は何故こんなに美しいのか。

A350から見る機窓は本当に美しかった。ベトナムの大自然に魅了されてしまった。それは元々のベトナムの風景が綺麗だということもあるが、実はもう一つA350の窓のおかげという面も否めない。機材が新しくて窓に傷がないという以上に、窓がクリアなのである。

787の窓は電子シェードのせいなのか、若干色が付いており、可視光をそのまま通している気がいしないのだ。入る光を抑えて偏光している気がする。787の機窓の景色を見た目通り撮ろうと思うと、目で見た感じとは全く異なる絵ができることがある。A350ではそれがないので、外の景色がきれいに見えるというわけである。

787の電子シェードは完全に暗くしても外が見える反面、シェードを閉めていないときに都合が悪い。A350の通常タイプとどちらがいいのかは議論の余地があるが、僕は窓側に張り付いて景色を見たい人間であるので、純粋にA350の方が良いと思った。

A350の窓は大きくてクリア

A350のセールスポイントとして宣伝しておこう。


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









機内食と機内エンタメの話【ベトナム航空A350搭乗記】

Category : A350
往路同様、復路のホーチミン-ハノイでも途中軽い機内食が出る。僕の乗っている便は13時50分発。お腹が空くだろうと思い、実は乗る前にラウンジで少し腹ごしらえをしておいた。僕はラウンジでは食べない主義を貫いているが、機内食が少ないことを知っているため、さすがに今回はそれを見越して食べた。ラウンジの様子は後日紹介することとしよう。


VN238-71.jpg
機内食として出てきたのはパンの上になんか載ってるヤツ。こういうのをカナッペって言うのか?カナッペにしては大きい気もする。


VN238-72.jpg
「コーフィー?ティー?」と聞かれたため、迷わず「ティー」と答えた。すかさず「ベトナムティーを」と付け加えた。中部からハノイの便でコーヒーを飲んだら実は激マズだったのだ。ベトナム航空のレギュラーコーヒーは飲まない方がよい。

「ベトナムティーってグリーンティーですか?」と聞くと「そうです」と言うので飲んでみたら濃いジャスミン茶みたいだった?あ、アールグレイみたいだったかな? とにかく日本の緑茶みたいな味じゃなくて、ちょっと香りがあるお茶のイメージである。緑茶よりもうんと美味しかった。


VN238-73.jpg
外には南国らしく積乱雲が立ち上がっていた。ホーチミンは実はバンコクよりも南に位置する。ベトナムは南北に長いため南の地方は常夏。しかしハノイまで来ると香港とほぼ同じ緯度となるため弱いながらも四季がある。南北に長いところがどこか日本とよく似ている。


VN238-74.jpg
機内エンターテイメントシステムであるが、当初オフで初期画面でフリーズしていたのであるが、途中クルーの練習なのかONになった瞬間があった。5分くらいの短い間だったが画面をタッチすることができたのだ。もちろん日本語も選択でき、最新のシステムを搭載している様子が垣間見えた。


VN238-75.jpg
こちらはどこのエアラインでも最近よく見る画面である。

以前、このブログで目的地と出発地の左右の位置が、実際の地図上での位置関係と逆であると、非常に違和感を覚えるということを指摘したことがある。例えば日本から欧州への路線で、日本が左、欧州が右に位置すると何となく困惑する。今回、この画像を見て南北の経路の場合も非常に困惑すると感じた。緯線経線も何だか困惑を招く描かれ方だ。飛行機は必ずしも東西に飛ぶわけではないので、南北に飛ぶ場合にどんな風に表示したら違和感なく表示できるのか課題である。

航空機において、ヒューマンインタフェースというものは非常に大事だ。僕はパイロットのヒューマンエラー等には興味があるので、こういった誤解を招きそうな表示を見つけると突っ込みたくなってしまう性格なのだ。

記憶に新しいANAの宙返り事故は、ラダートリムスイッチとドアのスイッチを間違えるというヒューマンエラーが原因だった。同じ737でも500型と700型でその2つのスイッチの位置が変更されていたのである。前機種の500型に慣れたパイロットが、700型に乗ってドアのスイッチを回したところ、その位置にはラダートリムスイッチがあったというわけだ。

たかが個人用モニタ、されど個人用モニタ、まさかこのシステムによって飛行機が堕ちることはないと思うけど、誤解を招きやすいシステムは極力排除すべきなのである。

おおっと話題が逸れてしまった。まぁいいや。このまま終わっとけ。


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









ベトナム航空A350のエコノミークラス【え、プレエコないの?改善余地アリ】

Category : A350
せっかくA350に乗ったのだから、エコノミークラスのキャビンにも行ってみよう。


VN238-61.jpg
こちらは搭乗時に撮ったエコノミークラスの最前列である。なんとシートコンフィギュレーションは3-3-3だった。

前日に乗った787でもエコノミークラスは3-3-3だ。ならば胴体径のより広いA350の方が優位である。調べてみるとA350の胴体径は596㎝、一方の787の胴体径は574㎝である。キャビン径になるとA350が559㎝、787が546㎝である。ほとんど変わらないとは言え、それでもA350の方がキャビン幅は13㎝程度広い。それを9席で割ると一席当たり1.5㎝程度。これを広いと感じるかどうかは個人の感覚に依るところだろう。


VN238-62.jpg
反対側の列。ベトナム航空のコーポレートカラーであるブルーがまぶしい。まだまだ新しい機体はエコノミクラスも気持ちがいいのだ。

上空に行ってベルトサインが消された頃、もう一度エコノミークラスに行ってきた。このとき気付いたのが(乗ったときに気付いているが…)、A350にはプレミアムエコノミーがないことだ。787には2-3-2のプレミアムエコノミークラスがあった。この飛行機は将来的にはベトナムからの欧州線に使う予定らしいから、プレミアムエコノミーくらいはあってよさそうなのになかった。少し残念である。


VN238-63.jpg
このゾーンにはプレミアムエコノミーがあってもよさそうな空間であるが、オールエコノミー仕様であった。


VN238-64.jpg
一番後ろから撮影したもの。きっと飛行中はカメラを持って機内をうろつくだろうと思い、搭乗時に一部のクルーに「写真撮りまくるよ」と言っておいたので安心である、と思いきや、後ろのクルーには伝わるわけもなく、後ろまで行ったら何だか変な目で見られた。


VN238-65.jpg
前に戻ってきてビジネクラスを前から。巡航時に前から撮るのはなかなか勇気がいる。僕が通路に立ったりなんかしたら注目されてしまうからだ。しかし、皆が眠って居てくれたし、元々半分くらいしか埋まっていなかったため、非常に撮りやすかった。

A350のキャビンはビジネスクラスとエコノミークラスの格差が大きいと感じた。ただし、エクストラワイドボディのため、エコノミークラスに限って言えば787より幾分か広く感じることだろう。ただ、787にあるプレミアムエコノミークラスがないのがマイナスだ。長距離国際線を運航する機材なのだから、付いていてもよさそうなものである。

ビジネスクラスは完璧。

エコノミークラスは改善の余地がある。

というのが僕の率直な感想である。


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索