スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









ヴァージンへの憧れは幻想だった。【ヴァージンアトランティック航空搭乗記】

Category : ヴァージンアトランティック航空
到着前に何気なくナンバー2ドアの小さな小さなドアの窓をのぞいてみると赤いエンジンが2つ見えた。もちろん肉眼では見えず、カメラのレンズを入れたら見えたということだ。


2015JAN-VS901-71.jpg
4発エンジンの機体をこの角度から見るこの構図がソソる。ナンバー2ドアの小さな小さな窓からこの構図が撮影できることに最後に気付いて良かった。機体の全景もロクに撮れていないようでは、ヴァージンに乗った証拠にならないと思っていたからだ。窓の下の方に着氷してしまい、完璧な構図とは言えないものの、赤くペイントされた自国製ロールスロイスエンジンは、まさにヴァージンの象徴である気がした。


2015JAN-VS901-72.jpg
到着前、アンケートが配られた。「ヴァージンはいかがでしたか?」というものだ。他のエアラインでこの手のアンケートが配られたことはなかったので少々驚いた。こうなったら評価すべき点は評価をして、ダメな点はダメだとハッキリ言ってあげた方がいい。

僕はありのままの評価を書いた。キャビンクルーは外資系にしては普通以上かな?、ご飯は普通かな?、エンターテイメントプログラムは最悪だ、といった具合に。ハッキリ書きすぎた感があるが、大人を気取って全部「良い」を付けるより、子供の悪戯みたいにひたすら「悪い」を付けていくのも悪くはないと思った。いや、もちろんそんな子供じみたことをするはずはなく、本当に「悪い」と思った部分にだけ「悪い」を付けた。正直に自分の気持ちを書いただけである。


2015JAN-VS901-73.jpg
ロンドン到着前、20分程度遅れる旨のの放送が入った。ロンドン市街手前で2回ホールディングパターンを回り、ヒースローにアプローチするかと思いきや、滑走路手前でS字カーブ。ヒースローが随分と混雑している様子が見て取れた。

ヒースローへの到着、ヒースローからの出発はいつも遅れるという印象がある。滑走路が2本しかない上に、世界各国からもの凄い数のエアラインが乗り入れているのだから仕方がないのだろう。もうすぐ着くと喜んでいる体に、20分の遅れは1時間くらいの遅れのように感じた。2周目のホールディングの時、もう一周回るかなと思いホールディングから脱出したときの喜びはひとしおだった。

そしてその後のS字カーブ。「もう一回ホールディングかよ!」と思っところに反対側に旋回してくれたのでそれもまた嬉しかった。エコノミークラスではそんな些細なことが大きな喜びとなるのである。


2015JAN-VS901-74.jpg
長い長いフライトを終えてヒースローに着陸した。赤いロールスロイスエンジンは半日ぶりに止まり、次のフライトへしばしの休息をとっていた。

2015JAN-VS901-75.jpg
初めて乗ったヴァージン。しかし既に日本を去ってしまったヴァージン。もう乗る機会は本当にないのだろうか。

なんて名残惜しそうに終わるつもりだったがやめた。アンケートに書いたみたいにはっきり言いたいと思う。

正直言ってヴァージンなんてさほど良い航空会社じゃない。プレエコだからそんなことを言うのかも知れないが、恐らくビジネスクラスに乗っても同じことを思ったと思う。確かにヘリンボーンのビジネスクラスは当時としては最新だった。しかし各社が上級クラスの座席の開発やサービスの強化にしのぎを削った結果、ヴァージンのプロダクトは標準以下になってしまったのだ。

エンターテイメントプログラムにそれが顕著に表れている。なんと画面がタッチパネル式ではないのだ。プログラムの内容云々の前にタッチパネルじゃない時点でアウトである。今どきタッチパネルじゃないスクリーンなんてあるのか?時代遅れも甚だしい。

ヴァージンはデルタの方針に従って大西洋路線にシフトする?円安で客が乗らなくなった?日本の航空行政が日本パッシングを加速させている?巷ではそんな議論が盛んであるが、僕はここでハッキリと言いたい。

ヴァージンはそもそもの競争力をなくした。

だから日本から撤退するのだ。

ANAやJAL、BAが上級クラスのプロダクトやサービスを磨いた結果、イギリスで最も時代遅れのエアラインになってしまったのである。乗ってみて初めてそれが良く分かった。

ヴァージンの日本撤退を惜しむ世間の論調もあるので、ここまでグッとこらえて何とかヴァージンの良いところを見つけようと頑張ってきたが、僕にも限界がある。僕はヴァージンからお金を貰ってこのブログを書いているわけじゃないし、ヴァージンへの思い入れも特にない。だからハッキリ言おう。ヴァージンは皆が思っているほど良い航空会社じゃない。よっぽどANAやJALの方が優れている。

そう、僕が抱いていたヴァージンへの憧れは幻想だったのだ。

おしまい。
後味悪いけど。


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









プレエコじゃヴァージン乗る意味ない【ヴァージンアトランティック航空搭乗記】

Category : ヴァージンアトランティック航空
さすがに12時間もあると眠くなる時間がある。ウトウトしながらそのまま眠ってしまう。2~3時間くらいぐっと眠りたいところなのだが、この便が飛ぶ時間帯は日本時間の活動時間帯。到着時刻ごろにならないと強い眠気は襲ってこない。


2015JAN-VS901-61.jpg
ブログの下書きをしていたらアイスバーが配られた。辛い辛いエコノミークラスの機内で少しだけホッとできる時間である。
しかしすぐに食べ終わり、元の辛い辛いエコノミークラスが戻ってきた。ブログの下書きも2時間もやっていると随分と疲れてくる。しかし休憩しようにもプレエコではなかなか楽な姿勢を取れなくて、満足に休憩できないのである。


2015JAN-VS901-63.jpg
そんな中、機内の散策に出かけて一番後ろまで行ってみた。エアバス機はドアに大きな窓がないのが痛いところ。窓はあるものの小さすぎて外など見れやしないのだ。そんなときにコンデジならば軽々小さな窓に収まる。

そうして撮影したのがこれ。高緯度地方を飛行しているため太陽が常に夕陽のように見える。下の方でモヤモヤしているのは雲ではなくエンジンから出る高速気流だ。とてもパワフルな光景だった。(写真で見ると大したことないのだけれど。)


2015JAN-VS901-62.jpg
そして前の方に行ってみるとこんなバーがある。「プレエコの客はダメですよね?」と聞くと「申し訳ございません」と断られた。

くっそー!

プレエコじゃヴァージン乗る意味ないじゃん!

僕は肩を落としながら自席に戻った。


2015JAN-VS901-64.jpg
あと2時間だ。全行程の5/6が終わったということだ。ここまで来ると随分と気持ちが楽になる。


2015JAN-VS901-65.jpg
到着1時間半前に出される晩ご飯。日本時間で言えば夜食だ。僕は焼うどんをチョイスした。もう一つのチョイスはなんだったか忘れたが、やはり何となく日本食が食べたくなる。見た目は非常に悪い。味はどうか。まぁこんなもの。僕はデルタの焼きそばの方が好きだ。

そうこうしているうちに到着まで1時間を切った。

プレエコなんてエコノミーと一緒じゃん。

ヴァージンだろうがなんだろうが、プレエコも所詮エコノミーなんだな、という思いを強くするだけだった。


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









機内エンタメは最悪レベル【ヴァージンアトランティック航空搭乗記】

Category : ヴァージンアトランティック航空
ここでヴァージンの機内エンターテイメントプログラムを見てみよう。とりあえず日本語のものだけを紹介するが、全然パッとしないのだ。


2015JAN-VS901-43.jpg
1ページ目。


2015JAN-VS901-44.jpg
2ページ目。


2015JAN-VS901-45.jpg
3ページ目。


2015JAN-VS901-46.jpg
4ページ目。

ん~見たい映画が全くない。

っつーかそもそもタイトルが分からない。

「デルタと提携関係になったのならデルタのプログラムをそのまま載せてよ。」、なんてことを思った。そう考えるとデルタは非常に優秀だなと思う。普段映画を見ない僕でも見たい映画があるからだ。3本も4本も見ることはないが、エコノミークラスらならば2本くらい見れば随分と時間を潰せる。プレエコとは言え、シートが倒れない以上エコノミーと同等であるので、映画がないと結構辛いのである。

で、結局僕は映画は見なかった。


2015JAN-VS901-47.jpg
地図画面以外に見るものがないのは想定外だった。

じゃあ何をやっていたかって、ブログの下書きである。

一旦スイッチが入ると凄い。2時間で10本くらい書けるときがある。時間を持て余すのが嫌いな僕は、普段は時間がなくてできないことを機内でやるのだ。写真の整理から記事そのものを書く作業まで、一連の作業を高速でこなす。そのスイッチを入れるまでが大変なのだが、いったんスイッチが入り、乗ってくるとスラスラと書けてくる。

今回は正月休みにリニア鉄道館に行った時の記事をひたすら書いていた。その記事がリリースされるのは結構先になると思うが、もし覚えていてくれたら、「あ、この記事、ヴァージンの機内で書いたヤツだな?」と思ってもらえれば嬉しい。平時は子育てで自由時間もままならない僕は、実は長距離国際線の機内や旅先でブログ記事を大量生産しているのである。時間は有効に使うべきである。

とまぁ、ヴァージンの機内エンタメプログラムはショボかったのであるが、その分違うことができたのは良かった。あまりに映画が面白すぎて3本も4本も見てしまうようでは、ブログのネタ切れが起きてしまう。(いや、ネタはあるが記事が間に合わないという事態が起きる)。黒字倒産のようなことは避けたいので、つまらないエンタメというのは、僕にとってむしろ追い風なのかも知れない。

ということ、エンタメプログラムについてはご参考まで。
(日本から撤退したので、あまり参考にはなりませんが…。)


さて。ここでせっかくなので、アメニティキットを紹介しておこう。


2015JAN-VS901-48.jpg
プレミアムエコノミーのアメニティキットはこんな感じ。フェルトっぽい生地の結構かわいい入れ物に入っている。もしかしたらこれははビジネスクラスと同じものかも知れない。


2015JAN-VS901-49.jpg
中はこんな感じで、紫色の挑発的な小物がたくさん入っている。歯ブラシにボールペン、耳栓、アイマスク、靴下だ。最近は無駄なものを入れないエアラインが増えてきたように感じるがヴァージンも同じ。シンプルで非常によいセレクションであった。


2015JAN-VS901-50.jpg
機内はずっと真っ暗なままだ。どうせ西向きに飛べばすぐに暗くなるんだから暗くするのをやめて欲しいのだが、ご飯が終わると「はい、終了~!」みたいな感じで真っ暗にされる。これが非常に嫌いだ。何だかサービスしたくない感満点、「飯食った後は黙って寝ろ!」という意図が見え見えだ。

あまりに暗いと気分が滅入ってくる。ブログを書いていても、さすがに疲れてきて、しかも周りが暗いと何だかすぐに乗らなくなってくるのである。

僕は再び悶々としたモードに入り、残飛行時間が1分ずつ減っていくのをじっと眺めていた。


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









満席のプレエコ、ガラガラのエコノミー【ヴァージンアトランティック航空搭乗記】

Category : ヴァージンアトランティック航空
食事も終わり一息ついた機内はまったりとしていた。

2015JAN-VS901-41.jpg
プレミアムエコノミーは満席だ。


2015JAN-VS901-42.jpg
一方のエコノミークラスはかなりの空席があった。元々A340の短いタイプである300が一番長い600に変更されたのだから当然である。エコノミークラスの乗客は皆、思い思いに座席を変えていた。

僕も搭乗時、エコノミーが空いていることに気づき、クルーに「エコノミーに移ってもいいか?」と聞いていた。そしたら「構いませんが、お食事はどうしましょう?できたらお食事が終わるまでは…。」と食事前には移らないで欲しいと言われた。

そうは言うものの食事を待っていたらエコノミークラスの座席が埋まってしまう。だからベルトサインが消えると同時に僕はエコノミークラスの空席を探しに行った。僕が行ったときには既に遅かったようで、エコノミークラスの大移動がほぼ終わったところだった。ある人は後ろの列に移り、ある人は通路を挟んで反対側に移っていた。

僕は本当は真ん中の4席が丸々空いている席を探していたのだが、考えていることは皆同じだ。4席丸々空いている席は競争率が高い。僕が探しに行った時点でそんな席は存在しなかった。

「せめて窓側2席が空いていたら」という思いで探したが、やっと見つけた2席は他の席よりもシートピッチが狭い最悪の席だった。胴体は後ろに向かって細くなっているので、あるところから真ん中の4席は3席になる。そこの窓側席はどうなっているかというと、設置する角度がその前の列とは若干異なり、明らかに足元が狭くなっているのである。

しかしそこしか空いていなかったため、後ろの人に「ここって空いてる?」と聞くと「誰か座っていたけど、どっか行っちゃった」と言われたので、僕は一旦自分の荷物をそこに持って置いておいた。少しずるいが、とりあえず席をキープおこうと思ったのだ。

が、いったん戻り食事をすると、「プレミアムエコノミーでもいいかな?」とも思えてきた。窓側の2人掛けに座ったところで横になれるわけではない。せいぜい窓に背中をつけて体操座りをするくらいだ。ならば多少横幅やシートピッチの広い今の席に座り続けた方がマシかも。そう思い直し、キープしていた席から荷物を取り返してきた。

もしかして最初からエコノミーに座っていたら一列まるごと確保できたかもなんて思ったら悔しかった。プレエコだから随分とマシだろうと思った自分は考えが浅はかだった。

ここで教訓だ。

空いてる便はプレエコよりもエコ。

プレエコは、エコが空いてても常に満席。

今回、4人掛けのアームレストを全部上げて横になっている人を沢山見た。さらに、2人掛けでも頑張って横になって眠っている人も見掛けた。そんな風に横になれるのならプレミアムエコノミーよりも、断然エコノミーの方が良いではないか。足元や横幅が少し広いだけで基本窮屈なプレミアムエコノミーと、4人掛けを丸々使えるエコノミーでどちらが良いかと言われたら絶対に後者だ。

エコノミーですら満席のとき、初めてプレミアムエコノミーの優位性を感じることができる。僕は今回プレミアムエコノミーとエコノミーの「逆格差」を見て強くそう感じた。快適性を求めて「プレミアム」と称する何だか良さげな席を選んだが最後、そこは皆が快適だと信じて疑わない「井の中蛙な世界」だったのだ。

エコノミーにすべきかプレミアムエコノミーにすべきか。その見極めは非常に難しいが、一旦支払ったお金やマイルのことは潔く諦め、その機内で最も快適な座り方を選択すべきである。


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









プレエコはミールも別、でも期待外れ。【ヴァージンアトランティック航空搭乗記】

Category : ヴァージンアトランティック航空
僕の座席は23G。3人掛けの通路側だ。そのため窓がない。なので今回は機窓の写真がないのがとても残念である。しかも僕の座席はトイレの真横であるため、窓側列の人の窓から遠目に景色を見るということも叶わなかった。

離陸時も振動とGのみで離陸を感知するしかなかった。幸いなことに僕には高性能な加速度センサーが付いているからZ軸方向の加速度の変化を検知して、離陸したタイミングをピタリと言い当てることができた。

まぁそんな冗談はよしとして。


2015JAN-VS901-31.jpg
VS901便は新潟から日本海に出た。東京からの欧州便はほとんどが新潟から日本海に出るコースをとる。


2015JAN-VS901-32.jpg
まずはおやつと飲み物が出てくる。「スプライトください」と言うと、「スプライトはないのですが、レモネードならばあります。」と言われたのでそれにした。後から知ったのだがイギリスに行くと必ずソフトドリンクメニューにレモネードがある。イギリスで炭酸飲料のスタンダードと言ったらレモネードなのだ。

日本人のクルーが最低でも6人は乗っていただろうか。クルーの半数が日本人であった。通常外資系エアラインの1便当たりのクルー数は2~3名であるので、その倍以上乗っているというのは驚きである。その点、言葉が不安な人がイギリスに行く場合、外資系を選ぶならば、BA(Britsh Airways)をよりもヴァージンの方がよいということになる。しかし、この記事を書いている時点でヴァージンは日本路線から撤退してしまっているので、なんの参考にもならない情報だが…。


2015JAN-VS901-33.jpg
さて。
プレミアムエコノミーはエコノミークラスとは別のミールが提供される。メニューのブックレットも異なる。


2015JAN-VS901-35.jpg
ただ、日本語がどうも直訳っぽくて妙である。もっといい日本語訳をお願いしたいものだ。さすが挑発的なエアライン、英語をそのまま直訳して自信過剰な文面になってしまうところが凄い。


2015JAN-VS901-34.jpg
チョイスは「鶏のハーブクラスト」、「カツカレー」、「チーズマカロニ」である。どれもそれなりに魅力的に見えた。


2015JAN-VS901-36.jpg
でもこの中からならば、カツカレーだろう。しばらく日本を離れることだし、と思い日本的なものを選んだ。他の日本人もカツカレーをオーダーしている人が多かった。さすがヴァージン、日本人の好みをよく分かっている。

「スミマセン、少しこぼれてしまいました。」と挑発的に渡されたチキンカレー。えらく見た目が悪い。まぁでも味には影響ないだろう。と、一口食べてみたが、何だか熱いところと冷たいところにムラがあるし、カツのころもがフニャフニャの域を超えて全く別の食べ物みたいだし、非常に残念なプレミアムエコノミーの食事であった。

ヴァージンに乗れるという期待が大きかっただけに落胆も大きかった。カレー臭漂うキャビンに、テンションが一気に下がった。


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。