目の前をアプローチ機が通ります。【スミソニアン航空博物館別館】

Category : 博物館
スミソニアン博物館別館ウドバーヘイジーの魅力は、ダレス国際空港へのアプローチが間近で見られることだ。NYやLAXなどよりはトラフィックは少なめだが、アメリカ合衆国の首都を目指して世界各国の様々なエアラインが飛来する。ロケーション的にも非常によく、RWY01Rへのアプローチ機が目の前を通る。

僕はどうせなら大きな飛行機が撮りたいと思い、展望デッキ行きのエレベータを仕切っているオジさんに聞いてみた。「A380とか、おっきいヤツって何時頃来ますか?」と、そしたらスマホアプリのフライトレーダー24で調べてくれた。オジさんは「ダレスへのアプローチ機はお手のもの」といった感じで、ダレスに飛来するA380の便名を覚えてしまっていた。

「AFxxxはどうだ?」「ダメか、まだ出発したばかりだ」「じゃあBAxxxはどうだ。」と便名を入れていく。するとBA(英国航空)のA380がアプローチをしている最中だった。「いいかい、ここに表示されているのはターミナル時刻だ。だから5分くらい早い時間がここを通る時間だ」と親切にも教えてくれた。あと10分はかかりそうだったので僕は館内で待った。この日は雨で少し肌寒かったのである。


2015SEP_UH-61.jpg
BAのA380がやってきた。入口を背にして右から左へと飛行機は進入する。


2015SEP_UH-62.jpg
機体が大きいせいかとても速度が遅く感じる。この巨体でこんなに遅く飛べるのか?というくらいの速度だ。


2015SEP_UH-63.jpg
周囲はウドバーヘイジーの駐車場であるので時々ポールが気になるのだが、うまく外せばそれなりのアプローチショットが撮影できるだろう。


2015SEP_UH-64.jpg
森の中に吸い込まれていくようなBAのA380。晴れていればもっと美しい色が出たのにと思うと残念であった。


2015SEP_UH-65.jpg
続いて降りてきたのはBrussel AirのA330だ。ブリュッセルエア?何だか聞きなれないエアラインだ。サベナベルギー航空の方がしっくりくる。調べてみるとどうやら昔のサベナらしい。月刊エアラインにきっと書いてあっただろうが、僕は読み飛ばしていたんだと思う。いかんいかん、真剣に読まねば…。


2015SEP_UH-66.jpg
オーストラリア航空の777-200はきっとウィーンからの到着だ。エンジンナセルの水色が可愛い。


ここから先はユナイテッドが続いた。

2015SEP_UH-67.jpg
737-800。いや、900ERだ。何故なら翼の上の非常口と一番後ろのドアの間にもう一つどあがあるから。900ERは乗客数に対してドアが少なすぎるため、ここに一つドアを設けたのである。(非常脱出ができない。)


2015SEP_UH-68.jpg
こちらは757だ。日本にはなじみの薄い757であるがアメリカでは767よりも見かける頻度が高い。デルタも持っているしアメリカンも持っている。御三家全てが国内線の主力機として757を運航している。757も随分と古くなってきたので後継機がそろそろ計画される頃である。


2015SEP_UH-69.jpg
最後は767。

天気が悪いのが非常に残念であるが、ここウドバーヘイジーは博物館だけではなく、飛行機ウォッチングをする場所としても素晴らしい。もちろん館内についても、ワシントンD.C.にある本館よりも展示が豊富であり機体が大きい。コンコルドやB707(B376-80)も近年の旅客機として置いてある。そして外を見れば大型機が沢山降りてくる。これ以上の航空スポットは他にはないのではないだろうか。ワシントンD.C.を訪れた際には是非ともウドバーヘイジーに足を伸ばしたいものだ。

スポンサーサイト









エノラゲイを見てムカつきますか?【日本人の歴史観を問う】

Category : 博物館
次の飛行機。


2015SEP_UH-51.jpg
それはこのピカピカな飛行機。名前はB-29。そしてこの飛行機には「エノラゲイ」という名前が付いている。何を隠そう、これが広島に原爆を落としたアメリカ軍の爆撃機である。ちょっと聞くが、

「今ムカっときましたか?」

そこがポイント。何がポイントか分からない人もとりあえず読み進めて欲しい。


2015SEP_UH-53.jpg
翼は広くて胴体はスリム。知らなければ「美しい航空機だ」と言ってしまいそうになる。しかし僕らの頭の中には「エノラゲイ」=「原爆」という図式があるため、「美しい」というよりも「不気味」な飛行機といった印象の方が先に来る。この異様なオーラを放つ全身メタルな航空機はあの日あの時間、広島に原爆を落としてテニアンに帰って行った。それを思うと何だかとても複雑な気持ちになった。

さてここで僕らの歴史観について考えてみよう。

ズバリ言ってしまおう。エノラゲイを見ても僕らはムカつかない。「アメリカのことを憎い」と感じない。この飛行機を見て、「アメリカ人こんちくしょう!!!」と思うだろうか。恐らく大半の人は特段の感情を抱かないであろう。何故何も感じないのか。それは、単刀直入に、僕らが反米教育を受けていないからである。冒頭に書いた質問はそういう意図だ。

話題を変えて、従軍慰安婦の問題についてはどうだろう?僕らは韓国などに対して「悪いことをした」と思う気持ちになるだろうか?これについてはその時の世論にも流されてしまいそうだが、大半の人は「悪いことをした」と思っているのではないだろうか。その時の国と国との関係によっては「悪いとは思わない」と思ったとしても、ぼんやりと「戦争で日本は相手国を苦しめたのかも知れない」と思う人は多いはずだ。自信を持って「日本は100%悪くありません」という人は少ないはずである。

僕らが社会科で受けている教育とは、原爆を落とした敵国アメリカを悪とせず、日本が愚行を行った相手国を思いやる教育である。つまり戦争の相手を責めずに自らを責める教育なのだ。その「いかにも日本的な歴史教育」に対してうがった見方をすれば、僕らは、

自虐的な歴史教育を受けてきた

とも言える。


2015SEP_UH-52.jpg
さあ、もう一度エノラゲイを見てみよう。この飛行機がアナタの反米感情に火をつけるだろうか。恐らく否だ。僕らに染みついているのは、人の意見によって見方がガラッと変わるような生半可な歴史観じゃない。代々脈々と受け継がれてきた伝統的な歴史観なのである。世界で唯一原爆を落とされた国の中であってもアメリカのことを悪く言う世論は生まれない。実に不思議である。

僕はこの自虐的な歴史教育こそが、極端な軍事アレルギーを生んでいると思っている。日本は戦争で負けた相手に寛容になりすぎ、勝った相手には遠慮しすぎている。戦後アメリカによって軍事力を奪われたにも関わらずアメリカを慕っている。つまり「いい人」になりすぎているのだ。「いい人」になってしまった以上、戦争については正論しか言えなくなる。「戦争」という悪のキーワードを聞いただけで「ダメダメダメ~」となる。

ある意味、そのハッキリとした姿勢は素晴らしいとは思うが、周りの国に比べるとその優等生ぶりは半端ない。子供に例えれば「ケンカ」というキーワードを聞いただけでケンカの存在自体を否定しまうような優等生である。現実問題として「ケンカ」くらいするだろう。しかし優等生はケンカしている友達を助けるのも「ケンカはダメだからダメダメダメ~」となる。

集団的自衛権に関する法案整備を「戦争法案」と決めつける世論が僕にはとても気持ち悪く映る。どうしてそんな極端な解釈を生み、多くの人々がそれに迎合するのか。しかし集団的自衛権に見る人々の行動や考え方こそが日本特有の軍事アレルギー思想なのである。野党は日本人の軍事アレルギーに付け込み、「戦争法案」だとはやし立てる。大袈裟すぎるキャンペーンなのに人々は真剣に「戦争法案反対!」と応じる。実に滑稽な姿である。

もっと中立的な見方はできないものか。エノラゲイを見て「なんだこのクソ飛行機」とムカつけるくらいの精神の方が正常な気がする。原爆で何人の人が死んだか。それを憎く思わないのが自虐的歴史教育の結果だ。日本人ってやっぱり「いい人」過ぎるんじゃないか?









悲運の超音速旅客機コンコルド【スミソニアン博物館別館にて】

Category : 博物館
前回から引き続き、最新の旅客機を紹介したい。(誤解のなきよう。博物館にある中で新しい旅客機という意味。)


2015SEP_UH-46.jpg
誰もが知る超音速機、コンコルドである。コンコルドは英仏が中心になって開発した人類史上初の超音速「旅客機」だ。マッハ2で飛行し、普通のジェット機が7~8時間掛けて大西洋を横断するところを、僅か3時間で横断してしまうという凄い乗り物である。


2015SEP_UH-47.jpg
尖った機首がコンコルドの特徴だ。丸みを帯びたデザインでは音速を超えることはできない。音速で飛ぶことにどのような障害があるのかというと、それは衝撃波である。飛行機が前進すると自分の前方に空気の壁ができる。音の速さで進む空気の壁である。飛行機が音速以下であればその壁は邪魔にはならないのであるが、音速を超えようとするとその空気の壁を突破しなければならなくなる。ここで大きなエネルギーが必要となる。

その空気の壁を突破するためにコンコルドは莫大な燃料を使用するわけであるが、そのコストと乗客が負担する料金が見合わずに、残念ながら航空輸送の概念を変える超音速旅客機にはなれなかった。細々と運航していたものの、2000年、パリで起こした墜落事故の後に全機が運航停止となり、復活せぬまま今に至っている。あの事故はコンコルドが悪いわけではなく、先発機が滑走路上に部品を落としたのが原因なのであるが、そろそろ退役かと言われていた矢先の出来事だったために、事故が退役を加速させてしまったことは否めない事実である。悲運ではあるものの、退役は時間の問題でもあったのだから、やがて来る退役が若干早まっただけなのかもしれないが…。


2015SEP_UH-48.jpg
近過ぎて全景が入らない。しかしコンコルドは予想以上に小さい飛行機である、というのが僕の印象である。胴体はとても細い。そして窓は異常に小さい。これで全席ファーストクラスというのだから驚きである。普通ならクレームもんである。普通の飛行機の半分の時間で到着する特急料金としてファーストクラス料金を払うのだと言えばまだ納得が行くが、こんな狭い機内で過ごしたところで、現代で言うファーストクラスの優雅な気分は味わえないはずだ。


2015SEP_UH-49.jpg
当時の夢の超音速旅客機が博物館でしか見られない歴史の産物と化した。ほとんど売れず、後継機は作られず、短命だったプロジェクトである。

その後、超音速機の開発は少なくなった。研究自体は行われているものの実用化に至る機体はまだ出てきてない。コンコルドの開発後、「高速移動」よりも「大量輸送」が流行ったという背景もあるが、超音速機は発生させる衝撃波で陸上を飛べなかったり、コスト高で採算が合わなかったりと、やはりそれなりの理由がありそうである。

多少スピードが遅くても安い亜音速機を選ぶ消費者心理は分かる気もする。例えば「名古屋-東京の所要時間は3分ですが、運賃は10万円です」と言われたらアナタは乗るだろうか。どこぞの初便マニアみたいに、乗ってみようと思う人はいるかもしれないが、普及はしないであろう。新幹線の10倍もの値段を払うからには、それなりの価値が必要である。1時間40分掛かってもいいから1万円で移動しようと思う人が多数を占める以上、「3分で10万円」の運賃は成り立たないのである。

技術はあるはずなのに実現しないものは世の中にたくさんある。それはどこか僕らのニーズに合わないものなのだろう。夢の超音速旅客機コンコルドは目立つ存在ではあったのだが主役にはなれなかった。とてもカッコ良くて足が速いんだけど、ずんぐりむっくりで鈍足な747の方がよっぽどモテた。もしかしたら天は二物を与えなかったのかも知れない。









最新旅客機ボーイング707に出会う【スミソニアン航空博物館別館にて】

Category : 博物館
続いてこの博物館きっての「最新」旅客機を紹介したい。博物館となると展示されているのは古い航空機ばかり。一度も飛んでいる姿を見たことがない飛行機がズラリと並んでいるのは、それはそれで勉強にはなるが、やっぱり新しくて自分に馴染みのある飛行機を間近で見たいものである。となるともうあの飛行機しかない。Boeing707だ。Boeing707ならば僕だって見たことがある。乗ったことはないが、この目で見たことはある。しかも何度も。


2015SEP_UH-41.jpg
これぞボーイングの顔である。近年のボーイング機の歴史はここから始まったと言っても過言ではない。いや、過言というか、まさにこの旅客機から始まったのだ。「この顔をしているボーイング機を3つ言え」と言われたらアナタは言えるだろうか。707、727、737だ。この顔を見たらピンとくる人は航空マニアとしてそれなりに修業を積んだ証拠だ。707から始まり787へ。数字を7で挟むボーイングの旅客機はこの顔からは進化してきたのだ。


2015SEP_UH-42.jpg
カラーリングは現在のハウスカラーとは似ても似つかないカラーリングだが、これがBoeing707のれっきとしたプロトタイプ機なのである。


2015SEP_UH-44.jpg
尾翼にはBoeing707という機種名が刻まれている。実はこの飛行機、正確にはBoeing707ではなくBoeijng367‐80と呼ばれる機体である。「707じゃなくて367?なんで?」と言っても実際にそうなのだから仕方がない。Boeing707の原型はBoeing 367-80なのだ。ちなみに後ろの「-80」の部分を取って「ダッシュエイティー」と呼ばれるのが一般的である。

それでBoeing367-80とBoeing707はどう違うのか。そもそもBoeingはジェット旅客機を作るつもりはあまりなかったと言ってもいい。当時はジェット機の黎明機であまりジェット機に乗りたいという人がいなかった。航空会社としても「レシプロ機の次はターボプロップ機かな?」と思っていたくらいで、「まぁ、ジェット機はもう少し先でもいいでしょ」と考えていたらしいのだ。なのでボーイングが開発しようとしたのは給油機だった。当時、高速で飛行する戦闘機に給油するのはジェット機が最適だった。それで旅客機でコケたら給油機で生きていこうという軽いノリでBoeing367-80の開発を進めたのである。(軽いノリかどうかは知らないが…。)


2015SEP_UH-43.jpg
エンジンは4発。後退角の付いた翼は見るからに早く飛べそうである。そして当初のもくろみ通り、Boeign367-80は米軍に給油機(タンカー)として採用され、名称をKC-135に変えた。KC-135であれば知っている人も多いだろう。随分と老朽化が進んでいるが、米軍の給油機と言えばKC-135と言っても過言ではないくらい有名な給油機である。まもなくKC-46(767の給油機型)にその座を譲ろうとしているが、まだまだ現役で飛べる米軍タンカーである。

KC-135として採用された後、結局Boeing367-80はBoeing707として旅客機になる。そしてここで歴史的にもあまり類を見ないことが行われる。胴体を太くしたのだ。Boeing707は3-3の座席配置の単通路機だ。3-3配置を実現するためにはBoeing367の胴体径では少し足りなかった。そこで胴体の直径を6インチ(15cm)だけ太くして3-3配置を可能にしたのである。


2015SEP_UH-45.jpg
すなわち、このBoeing707と書かれた飛行機と実際のBoeing707とでは胴体径が15㎝違うことになる。知らなかった人は多いはずだ。KC-135とBoeing707を比べてもBoeing707 の方が胴体が太いのだ。さすがにこの機体を見て「量産型の707の方が太いじゃん」という人はいないと思うが…。

見ただけ気付いたという人はどうか教えて頂きたい。









世界で最も美しい旅客機スーパーコンステレーション【スミソニアン航空博物館別館にて】

Category : 博物館
さてさて続きは今日紹介する機体の中でも最も有名な飛行機だ。


2015SEP_UH-31.jpg
その名もロッキードL-1049、スーパーコンステレーションだ。「コニー」という愛称で親しまれたとても美しい形状の旅客機である。元々コンステレーション計画は、ハワードヒューズの掛け声の下、北米大陸の西から東へノンストップで飛べる機体の開発から始まった。その後胴体を延長することでこのL-1049スーパーコンステレーションと呼ばれる機体が作られた。米軍の輸送機としても採用されその名称がC-121である。(旅客型のスーパーコンステレーションが展示されていなくて非常に残念だ。)


2015SEP_UH-34.jpg
見よこの美しい姿を!くびれた胴体に三枚尾翼。馬のように整った顔立ち。そして長い脚。この飛行機が「最も美しい旅客機」と呼ばれる理由がとてもよく分かる。何だろう、このソソるフォルムは。スーパーコンステレーションには言葉では語り尽くせないような妖艶な美しさがあるのである。


2015SEP_UH-32.jpg
前胴体部をアップで見てもとても美しい。脚がすらりと長いのだ。長い脚は空港でのオペレーションを難しくするだけだが、そんなことどうでもよく思えてくるくらいに美しい。しかしこの機体で88人乗り、現代で言ったらMRJくらいのものなので、それでいてこの足の長さは反則とも言える。

スーパーコンステレーションは日本のエアラインには採用されなかったが、日本にも海外のエアラインが飛ばしていた。前回から紹介している古い飛行機となると、子供のころに読んだ飛行機の図鑑で見かけたくらいだ。しかし「ユンカース52」や「ストラトライナー」より圧倒的に「コニー」には馴染みがある。直接見たことはないけれど、コニーには何故だかとても親近感が湧く。きっと子供の頃からこのスタイルに魅了されていたせいだろう。僕はコニーのセクシーな姿を間近で見ることができて本当に嬉しかった。

と締めくくろうと思ったが、よくよく読み直してみると「セクシーだセクシー」だと言っているだけなことに気が付いた。これじゃ、女性の外見ばかりを見て中身を全く見ていないただのエロじゃないか。そんな批判にさらされそうなので、少し解説を書いておきたいと思う。

スーパーコンステレーションは当時の北米大陸横断最短時間記録を打ち立てたスピード重視の飛行機だった。今となっては大したことのない速度であるが、当時2300マイルを6時間57分で飛行したのは画期的だった。スピード狂のハワードヒューズが手掛けただけのことはあり、同世代のストラトライナーやDC-4と比べて20%も速かった。もちろんキャビンは与圧されていたので、他の飛行機は勝ち目がなかった。かくしてスーパーコンステレーションは高速長距離輸送の女王に躍り出たのである。

優美な姿とスピードを武器に世界を魅了したスーパーコンステレーション(一つ前のコンステレーション含む)。この機体は見た目だけではなく性能でも当時の最高水準であったのだ。

ちょっと解説足りませんかね?









サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索