スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









海外エアラインの新機材に乗る旅はリスクを覚悟で行け!

Category : ベトナム航空
約1か月前の9月20日に、A350の運航便として成田に初就航を果たしたベトナム航空。そんなことを8月に知っていたらもしかしたら今回のベトナム旅行は計画しなかったかも知れない。

と言うのはウソだ。あの日成田に飛んできたA350は単なるタイプチェンジだからである。その後継続的にA350が成田線に投入されるとかそういう話ではない。突然タイプチェンジでやってきたA350に僕のスケジュールが合うわけがないし、来ると言っていたヤツが来ない場合だって充分有り得る。そこに照準は合わせられない。

僕が2ヶ月前に突然ベトナム行きを決行した理由は簡単である。ベトナム航空の最新鋭機A350と787に同時に乗れるからである。ベトナム航空のA350と787は期間限定でベトナム最大の国内線であるハノイ―ホーチミンに投入されている。やがてその2機種は国際線に使用されるため、きっとベトナム国内線では乗れなくなるだろうと想定した。ならば今乗っておくしかない。僕が旅行を実行した時点で、A350はカタール航空とベトナム航空でしか運航されていなかった。カタールは日本から遠すぎるがベトナムならばすぐに行ける。つまりA350に近場で乗れる大チャンスだったのである。


QR_A350.jpg
(カタール航空HPより)
僕はA350の本当の初便であるカタール航空の便に乗り損ねた。A350の商業運航初便はドーハからフランクフルトへ飛ぶ便だった。787ではあれほど意気込んで世界初の商業運航初便をゲットした僕が、同じくらい重要なA350初便に乗り損ねた。いや、乗り損ねたというよりは、あえて乗るのをやめたといった方が正しいかも知れない。それはやはりカタールが遠すぎたからである。

日本のエアラインの初便に乗る場合に比べて、外資系エアラインの初便に乗る場合は非常にリスクが高い。それは外資系エアラインについては日本で得られる情報が少ないからということと、日程が変更された場合に対応が難しくなるからである。

初便の日程は当初ビシっと決定されるものの、その後ふらつくことも多い。そして仮に変更された場合、現地まで行くための往復便も取り直さないといけなくなるし、宿泊だって変更する必要が出てくる。日本のエアラインの場合だって東京へ行くための新幹線と宿泊を変更する必要があるが、予約のしやすさや値段が違う。つまり外資系エアラインの初便に乗るのと、日本のエアラインの初便に乗るのとでは断然フットワークが違ってくるのである。何せカタールまで行くとなると往復で最低でも3日の休みが必要となるだろう。僕らは休みの日をコロコロずらせるほどヒマじゃない。

初便の話をしてしまったが、ここで今回の旅行に話を戻そう。今回のベトナム航空のA350は初便ではないが、初便ではないがゆえの難しさがあった。むしろ初便の方が簡単だと思ったくらいだ。初便は日程が近づけば何が何でもその日に飛ばそうとするし、機材変更などあり得ないからである。しかも初便はそれに乗る目的で来ている人ばかりなので、仮にキャンセルになった場合も処理が早いはずである。しかし、今回は何でもない通常の便。機材変更をする理由は自然に成り立つし、係員の対応も「なんでA350に乗らないといけないの?」的なものとなる。僕がこの旅行で苦労したのはまさにそこだった。

しかも今回はまだA350がベトナム航空に1機しかデリバリーされていない時期だったのが災いした。1機ダウンするともう乗る機材がないのである。そんなことすら知らず、もう2~3機入っているんだろうと勝手に信じ込んでいた僕はどう考えても無鉄砲だった。正直言ってこんな状態で弾丸旅行を組むのは無謀としか言いようがない。


A350Larg.jpg
(ベトナム航空HPより)
そもそもベトナム航空のHPに掲載されている画像は未だにCGだ。

787も導入当初は欠航が相次いだ。新機材の不具合は日常茶飯事。機材変更なんて当たり前の世界である。今でこそ普通に飛んでいる787も、導入当初は「乗りたくて乗りに行ったのに乗れなくて涙を飲んだ人」もきっといることだろう。新機材の導入当初というのはそれが普通なのである。

僕の場合も結果的に乗れたから良かったものの、あわや逃していたという可能性も捨てきれない。行く前にFlight Radar24やFlight Awareで飛行状況を調べてから行くべきだった。毎日ちゃんと飛んでいるかということは必ず調べておく必要がある。僕はそれすらせず、何機のA350がいるかも知らず、レジ(機体番号)すら知らなかった。直前に計画したというのもあるが、せめてそれくらいのことは調べてから行くべきだった。そしたら欠航や機材変更になったときの対応も早かっただろう。

今回得た教訓は、海外エアラインの新機材に乗る場合、

少なくとも数機が入った時点で、

トラブルが少ないことを事前に確認の上、

日程に余裕をもって行くべきである。

僕が1泊3日という旅程でA350に乗れたのはむしろ運が良かったとも言える。僕が行った日の直前の運航状況を見ると欠航したりディレイしたりしていた日がちらほらあった。運航される確率は五分五分と言ったところだ。本来は非常にリスキーな旅行であったことを忘れないでおきたい。

約2か月に渡りお送りしたベトナム航空搭記はこれにて終了したい。長い間同じネタで引っ張ってきたらページビューはガタ落ち、ポチの数も日に日に減ってきている。なるべくたくさんの記事を届けようと思い、見たことや感じたことを100%書いてきたつもりだが、読者のニーズとマッチしておらず独りよがりの自己満足な記事になってしまっていたことは否めない。ここへ来て改めてブログ運営の難しさを感じているところである。


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









今回のベトナム行きで得た教訓【ビジネスとエコノミーの境目】

Category : ベトナム航空
目が覚めたら紀伊半島。眠くて仕方がなかったが、朝日を浴びてオレンジジュースをもらったら少しスッキリした。地獄のフライトだったがもう終盤戦。あと30分もしないうちに到着である。


2015AUG-HANNGO-42.jpg
最初四国かと思ったが、高度の低さとその後すぐに伊勢湾に出たことから「これは紀伊半島だったんだ」と思い直した。


2015AUG-HANNGO-43.jpg
伊勢市付近だ。


2015AUG-HANNGO-44.jpg
こちらの短い滑走路を持つ場所は陸自の明野駐屯地である。


2015AUG-HANNGO-45.jpg
伊勢湾にそそぐ宮川河口だ。


2015AUG-HANNGO-46.jpg
セントレアへは南から進入する。大きなフェリーが見えた。


2015AUG-HANNGO-47.jpg
ほぼ快晴のセントレアに滑り込む。海も穏やかだった。ほとんど眠っていなかったが清々しい朝だった。


2015AUG-HANNGO-48.jpg
空港の島が見え間もなくランディングという頃、地面に自機の影が映った。エアバスA321の形がくっきりと地面に浮かび上がった。こんなの初めての経験である。朝日の角度が適切にないとこの現象は起こらない。夏の少し上がった太陽、そして南からの着陸で左側という幸運がもたらした自然の悪戯である。


2015AUG-HANNGO-49.jpg
ランディング直前まで影がついてくる。とても面白い光景だった。


2015AUG-HANNGO-50.jpg
朝の喧騒の中を国際線ターミナルへとタキシングする。


2015AUG-HANNGO-51.jpg
到着ゲートは19番。もっとも近いところを割り当ててもらえた。恐らくまだ東南アジア各地からの到着便が一つも到着していないからであろう。駐機している飛行機は前日にセントレアに到着し、そのままステイしている機体たちである。この後僕の乗ってきたベトナム航空A321は沖止めスポットにトーイングされるか、別のスポットに移されるはずである。往路がそうだったからである。


2015AUG-HANNGO-52.jpg
ビジネスクラスだったのに何だかかなり疲れていた。眠れないし、腰は痛いし、まるでエコノミーに乗って帰ってきた時のような疲労感だ。僕は8万マイルも払ってベトナム往復の航空券を取ったが、もしかしたらエコノミーで十分だったかも知れない。

787やA350のビジネスクラスに乗りたかったらお金を払って乗れば良いのだ。ハノイ―ホーチミンで片道3万円。往復で6万円。そしてベトナム往復はエコノミーならば4万5千マイルだ。4時間半の道のりならばエコノミーでも何とか耐えられそうだ。だから今回は4万5千マイルプラス6万円という選択肢もアリだった。しかも今回はA350に乗るために、マイルで取った航空券を捨てて3万円を支払っている。なおさらエコノミーでも良かった。

下手なビジネスに短距離で乗るならエコノミーで十分。

そう感じたベトナムからの帰路だった。


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









ビジネスクラスなのに地獄のフライト【ベトナム航空ハノイ-中部搭乗記】

Category : ベトナム航空
ハノイ国際線のベトナム航空ラウンジはとてもイケてた件は紹介した通り。

過去記事(2015/09/29):ハノイ国際線ベトナム航空ラウンジ【最もイケてるラウンジ】


ラウンジを早く出すぎて困った。ボーディングが全然始まらないからだ。搭乗券に書いてあるボーディングタイムは、ここハノイでは全くアテにならない。機体がA321なのだから15分前で十分なのに、僕は50分くらい前にゲート前に来てしまった。だって搭乗券にそう書いてあるんだもん。

例えばデルタの747の場合、搭乗券に書いてある通り、本当に50分前くらいから搭乗を開始する。いつもびっくりするくらい搭乗が早いからその感覚で行くと、大きく外されるので注意が必要である。まぁ機体規模を考えれば自然に分かるんだけれども。


2015AUG-HANNGO-31.jpg
深夜のハノイ・ノイバイ国際空港は活気に満ち溢れていた。人がたくさんいるのだ。深夜に出発便が集中しているからだろう。僕は足早に自分の乗る便のゲートを目指した。


2015AUG-HANNGO-32.jpg
僕の乗る便は0時15分発。東南アジアから日本に行く便は大体この時間に出発して、日本に朝到着する。この便の日本到着時刻は6時55分着である。


2015AUG-HANNGO-33.jpg
夜だと居るのか居ないのかよく分からないベトナム航空の色。暗すぎて全然写真が撮れない。

ここで僕はA321という小さな機体に4時間半揺られることに不安を覚えた。往路は日中のフライトだから良かったが復路は夜行便だ。ビジネスクラスとは言え、あのリクライニングで満足に眠れるのか…。眠れるわけがない。フラットになるならまだしも、あんな浅いリクライニングじゃエコノミークラスとさほど変わらないではないか。むしろエコノミークラスの窓側の方が壁に頭をつけられるのでよっぽどよく眠れるのではないかと思った。


2015AUG-HANNGO-34.jpg
その問題のシートだ。これで4時間半の深夜便。しかも到着前にはご飯が出るため起こされる。実質眠れるのは2時間くらいだろう。すると疲れた体にほぼ徹夜ということになる。ビジネスクラスなのに有り得ない地獄のフライトの始まりだった。

東南アジアからの日本を目指す便というはほとんどが深夜便であるのが辛い。深夜便で所要時間が短い便というのは睡眠時間が取れないからだ。シンガポールからの便でも所要時間が6~7時間、すると眠れるのは最大でも4時間くらい。シンガポールでも寝不足になると言うのに、ハノイは東南アジアのディスティネーションの中でも最も所要時間が短い路線だ。たとえフラットのビジネスクラスだとしても、満足に眠るのは不可能であろう。それでいてこのシートは反則だった。ただでさえ眠れないのに、このシートじゃますます眠れない。

ビジネスクラスの価値があるのか?

と僕は疑問を感じざるを得なかった。


2015AUG-HANNGO-35a.jpg
朝食のメニューを事前に配りオーダーを取る。どうやら和食が余ったらしく、「どちらでもいいので余ってる方を下さい」というと自動的に和食になった。

前席の人とクルーとの会話を聞いていたのだが、機内食が出るのは日本時間の4時半頃だと言う。ベトナム時間では2時半だ。つまり離陸してから2時間後に起こされるということになる。そいつはたまらないと思ったので、

「寝ていたら機内食は要らないです」

と言っておいた。機内食をパスしてでも長く寝ていたかった。日本に帰れば普段の暮らしが待っている。僕ん家では「徹夜したから昼寝します」は成り立たないのである。

寝なきゃ寝なきゃと思うと余計に眠れなかった。でも水平飛行になり、電気が落とされ、少し経ったら眠ったと思う。そして食事が始まる頃、一旦目が覚めた。耳栓をしている向こうから「カチャカチャと」食器が触れ合う音が聞こえたのだ。アイマスクをしていたためキャビンが明るくなったのには気付かなかったが、遠くの方で食事が始まってる気配がしていた。

僕も「お食事をお持ちしました」と声を掛けられた気がした。耳栓をしていたので声は小さかったが、小さいなりにも大きかったので、あれは僕に話し掛けたていたんじゃないかと思う。僕は聞こえていたが無視をした。もう少し眠りたかったからだ。そして再び眠りに落ちていた。体、特に腰が痛い。その腰をかばいながら、姿勢を頻繁に変えて必死で眠った。とにかく眠いんだけれど眠れず、しかしウトウトしながら時々目が覚めて姿勢を変えるというのを繰り返していた。

ビジネスクラスなのに辛すぎる…。

と嘆く声がずっと頭の中を回っていた。

A321の深夜便は要注意である。


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









ハノイの国際線ベトナム航空カウンターは21時近くまで開かないぞ!

Category : ベトナム航空
やっとベトナムから帰る便の搭乗記。

ホーチミンからA350で飛んで、ハノイに着いたら16時。僕の日本へのフライトは夜中の12時半。待ち時間は8時間もある。僕は何をして過ごしたらいいのだろう。

街に出て観光する元気などなかったので、ひたすらラウンジで過ごそうと思ったのだが、そもそもチェックイン自体が出発の3時間前とのことだったので、21時半まで空港のターミナルで過ごした。

とりあえずお腹が空くまではコーヒーショップでコーヒーでも飲んで過ごそう。時間があるのでブログの下書きでもしようではないか。僕はコーヒーショップに入り、写真の整理やブログの下書きをした。


2015AUG-HANNGO-01.jpg
お腹が空いてきたので出発階に行ってみた。まだ閑散としていた。


2015AUG-HANNGO-04.jpg
チェックインが始まる気配もない。そもそも僕の乗る便以外でもチェックインが始まっている便はなかった。


2015AUG-HANNGO-02.jpg
無理もない。この時間にチェックインを行ってるベトナム航空便はないからだ。いくつかベトナム航空のロゴが見えるが、全てがコードシェア便である。純粋なベトナム航空便は23時45分の仁川行きが最も早い便ある。つまり21時近くにならないとベトナム航空のカウンターはオープンしないのである。


2015AUG-HANNGO-03.jpg
深夜の出発便が並ぶ。プサンを除き全てが日本行きである。

ということで夕食を食べに一つ上の階に行ってみた。大きなレストランがあるらしい。


2015AUG-HANNGO-05.jpg
とりあえず何でもありそうなレストランだったので入ってみた。何となくチャーハンが食べたい気分だった。もうフォーはいい。かと言ってヘンテコリンなアジア飯もいらない。こういう時には中華料理を注文するのが一番だ。海外では困ったら中華。国ごとに微妙に味付けが異なるが、中華料理は国ごとの味のばらつきが比較的小さいと思っている。


2015AUG-HANNGO-06.jpg
僕がオーダーしたのはシーフードチャーハン。こういうものが食べたかったのだ。ベトナム滞在中、ホテルで食べたハンバーガーの次に美味しかった食事である。


2015AUG-HANNGO-07.jpg
まだまだ21時半までは時間があったのでホットチョコレートをオーダーした。とにかく時間を潰さないといけないので何かを注文するしかないのだ。

チャーハンを食べている間に写真を縮小するマクロを走らせておいた。あとは写真をアップロードするだけである。僕は旅先でも無駄な時間を過ごさないように時間の組み立て方を工夫している。そんなことを言っていたら疲れるだけなんだけど、旅の時間すら満足に取れない僕にはそれくらいのことをしないと回らないのである。


2015AUG-HANNGO-08.jpg
チェックインが始まり、僕はビジネスクラスのカウンターでチェックインをした。まだ時間が早かったので出国ゲートは空いていた。すぐにスタンプを押してもらい、ベトナムを出国した。

短いが濃密な滞在だった。次はラウンジで仕事だ。


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









ルネッサンス・リバーサイド・サイゴンに泊まった【ベトナム滞在記】

Category : ベトナム航空
先日コメントにて、「これほどベトナム航空をフォーカスし続けるブログもない」という趣旨のコメントをもらった。自分でも気づいてはいたが、確かにその通り。僕はベトナム航空の特集を8月の中旬から延々とやっている。ここまで同じネタで引っ張ることも珍しいと自分でも思っている。しかしネタが尽きないのだから仕方がない。もう少し引っ張らせてもらおうと思う。

同じネタを続けると、不幸なことにブログの順位が下がってくる。読者が飽き飽きしているのがよく分かる。一旦別のネタにシフトしてもう一度戻ってくるのも一つの戦略なのだが、そうすると話に連続性がなくなり、実は書きにくくなるという弊害が発生する。人気取りを優先するか、書き易さを優先するか難しいところだが、今回は一旦ベトナム特集を終えてから次の話題に行こうと思っている。

ベトナムの次の話題は、実は7月に乗ったタイ航空の787とA380。そして9月に乗ったデルタである。それらもきっと長丁場となると思うのだが、連続テレビ小説の類だと思ってどうか気長にお付き合い頂きたいものである。

さてベトナムの話題に戻ろう。今回から数回はベトナム航空ではなくベトナムそのもについて書きたい。

今回の宿泊で選んだホテルは、マリオット系列のルネッサンス・リバーサイド・サイゴン。その名の通り、サイゴン川のほとりに建つラグジュアリーホテルだ。


2015AUG-RenaissanecSGN-01.jpg
川の反対から撮れればホテルの全景が見られるはずだが、それは叶わずこんな写真になってしまった。外観からするにそんなに新しいホテルではないようだ。


2015AUG-RenaissanecSGN-02.jpg
一階のフロントの様子。そんなにラグジュアリー感はないが、コンパクトで清潔な空間である。

空港からホテルに着いたとき、タクシーの運転手にお釣りを渡すため、両替をしようとフロントに駆け込むと、「ご機嫌よろしゅうございますか?」という日本語が聞こえた。フロントに日本人の女性スタッフがいたのだ。僕の聞き間違いならばいいが、「ご機嫌よろしゅうございますか?」と声を掛けられるのは何だか変な気がした。「この人ホントにネイティブジャパニーズか?」とも思ったが顔も立ち振る舞いも完璧な日本人だったのできらく純粋な日本人なのだろう。変な声掛けだなぁと思ったのは僕の聞き間違いだったのだろうか。

焦っていた僕は突然の日本語に驚き思わず「日本語でいいですか?」と聞いてしまった。もちろん「どうぞ」と返してくれて、僕が握りしめた50万ドン札を小さなお札に両替してくれた。運賃を聞かれたので、「15万ドンです」と答えると、その中から15万ドンを分けて僕に渡してくれた。

僕は両替してくれたお金を数え直すことなく、タクシー運転手に15万ドンを渡して残りを財布に入れた。今考えたらかなり危ないことをしたものだ。海外での両替時には目の前でお金を数えるというのが鉄則だ。もちろん日本でも両替時には目の前でお金を数える。なのに僕は相手が日本人と言うだけで信用してしまいお金を数えるのを忘れてしまった。よっぽどホテルであるので騙されることはないのだが、確認を怠ってしまったことを少し反省した。

そんな余談はさておき。

日本人の女性スタッフはとても丁寧にチェックインの手続きしてくれた。セントレアのグラホちゃんとは雲泥の差だ。ホテルのサービスはエアラインよりも優れている場合が多い。下手なビジネスホテルでもえらく丁寧で気持ちのいい接客をしてくれるときがある。セントレアのグラホちゃんもそれくらいの接客をして欲しいものである。相手が何を欲しているか、マニュアルじゃ対応できないような接客を強化して欲しいと思う。


さぁ部屋に入ろう。

2015AUG-RenaissanecSGN-03.jpg
僕が選んだのはリバービューのお部屋。窓の外には川沿いに立っているネオンの看板がまぶしく見える。部屋はそんなに広くはないが、窓側にソファーがあるのが僕好みである。単なる椅子しかないホテルは嫌いだ。やはり寝転がれるソファーが欲しい。ベッドは就寝するところ。ベッドでゴロンと寝ると汚れる気がする。だからお風呂に入ってサッパリするまではベッドではなくソファーでゴロンとしたいのだ。


2015AUG-RenaissanecSGN-04.jpg
窓側から見るとこんな感じで、とても標準的な客室であるが、この標準さが落ち着くのだ。たまにスタジオスイートとかに泊まると、使い勝手が違って戸惑ったり無駄な行動が多くなったりする。標準レイアウトでの動きを体が記憶しているからであろう。


2015AUG-RenaissanecSGN-05.jpg
水回りだが、若干古びた感じは否めないが、ちゃんと清潔に保たれているため特に不満はない。


2015AUG-RenaissanecSGN-06.jpg
お風呂は若干狭くて痩せ形の僕ですら窮屈だった。僕はこの日の疲れを癒そうとお風呂にお湯を張ってみたのだが、横幅のせいであまり寛げなかった。シャワーを浴びるだけにしておくべきであった。

その他Wi-Fiの環境であるが、非常に良好でであった。ときどきホテルによってはWi-fi環境が悪くてネット接続が困難な時があるが、このホテル(少なくとも8階の僕の部屋)は問題なくネットに接続できた。

ルネッサンス・リバーサイド・サイゴンは総じて良いホテルだと感じた。冒頭ではラグジュアリーホテルと書いたが、泊まってみるとそこまでラグジュアリーホテルではない気がした。ただ、夜に行ったバーの雰囲気は良いし、フロントの日本人のスタッフの対応も良かったし、東南アジアで世界標準的なサービスが受けられるという点では、非常に安心感をもって泊まるホテルだと言える。メチャクチャ高級感を期待すると落胆する、しかしそこそこの高級感と安全、安心を期待するならばこのホテルはきっと正解だと思う。もう一つ、ドンコイ通りにも近いためどこに行くにも便利なホテルだ。

僕はこのホテルを自信をもっておススメする。


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。