航空機開発の本当のところ【MRJ初飛行後に知っておきたいこと】

Category : MRJ
-初飛行は単に事の始まりなだけ-

先日、MRJがようやく初飛行した。ここまでの道のりは本当に長かった。初飛行の予定は5度延期され、「今度こそ確実」と思われた10月末という予定すら11月の今週に延期された。操舵部品を改修するとのことだったが、次々に延期を強いる逆境を乗り越え、見事に初飛行を果たした意義は大きい。

果たしてこれで順調に開発が進むのか。初号機のANAへの納入時期は17年の4~6月とアナウンスされており、あと1年半での納入となる。787の初飛行が2009年12月15日、納入が2011年9月25日だったことを考えるとその間、2年弱だ。またA350の例を見てみると、2013年6月14日初飛行、2014年12月22日。その間約1年半である。そう考えると初飛行から納入まで2年弱というのは妥当な線である気もする。

MRJが初飛行したと言ってもそれは始まりなだけで、これから最大の難関であるTC(Type Certification:型式証明)取得というプロセスが待っている。僕はそうそう簡単には進まないと思っている。TCの本場である米国に試験機4機を送り込んで、加速度的に試験を行ってしまおうというのが三菱の戦略であるが、経験の少ない日本企業が経験豊富な米国の土壌に行ったとしても、どれだけ早くTCを取得できるかというのはやや疑問が残る。欧米の機体のように簡単には行かないはずだ。

せっかくの祝福ムードの最中にトーンダウンする意見を言ってしまうのが申し訳ないが、典型的な飛行機の形をしていて、エンジンが付いていて舵が正しく動けば飛行機は飛ぶ。語弊を恐れずに乱暴な言い方をさせてもらえば、「とりあえず作った飛行機」が初飛行をするということはごく当たり前のことなのである。

航空機の開発に携わったことがある者ならば知っている。初飛行の後がいかに大変かを。飛行機を初めて飛ばすことと、飛行機を製品として世に送り出すということとの間には想像を超えるような高い壁が立ちはだかっているのだ。

飛行機が飛行機であるが故、飛んでみて初めて分かることが沢山ある。想定していなかった不具合が次々に発覚し、予想外の事象が次々に起こる。設計通りの動きをしない。思ったよりも性能が出ない。それを一つ一つ丁寧に修正していかなければならないのだ。

例えて言うならば、初飛行しただけの機体は中身のないプラモデル。外回りだけはちゃんとして見えるが、中身は意外とスッカラカンであることが多い。しかし製品となれば中身もちゃんと作られた精密なホンモノの飛行機なのだ。精密なホンモノの製品としてリリースするためには、飛行後に出た事象を全て潰していかないといけないのだ。


-初飛行用に仕立てた機体かも-

ここからは若干の想像の世界、それも悪い方への想像が入るが、初飛行を行った機体は、初飛行のためにだけに仕立て上げられた機体である可能性がある。初飛行を行った機体はそもそも未完成な機体であるということだ。「XXX」という装置がまだ取り付けられていないとか、「XXX」の部分はまだソフトウェアが組み込まれていないとか、「えっホント?」と言いたくなるような仕上がりで初飛行を行った可能性も大いにある。

2度目、3度目の飛行がいつになるか、その間がどれだけ空くかということでその辺りを見極めることが出来るはずだ。初飛行の数日後に飛ぶのならば、飛行機として結構完成していることを意味する。ここで1~2ヶ月空いてしまうと問題は深刻である。やはり初飛行しか出来ないような仕上がりであったということである。

2度目、3度目の飛行に限らず、次の飛行までの日数が空いてしまった場合は、大掛かりな改修を行っている場合が多い。ただ、飛行試験というものはそんなものなので、良識あるマニアの方たちは「全然飛ばねーじゃねーか」などと文句を言わないで頂きたい。「文句を言うならオマエやってみろ」ってな感じだ。

「航空機の開発」というものは大体が1回飛んで立ち止まり、1回飛んで立ち止まりの繰り返しである。立て続けに飛んだと思ったら数週間、はたまた数ヶ月ドックイン。そんなことはザラである。それがちゃんとした製品を世に届けるための正常なプロセスなのだ。


-全ては乗客の安全のため-

杭打ち偽装マンションの問題が未だに巷を騒がせているが、あの問題の遠因は顧客からの「納期厳守」という無言のプレッシャーにもあると思う。僕らは文化的に「納期を守らない会社はダメな会社」と思っている。誰が決めたわけでもなく、僕ら日本人の根底にある一種の考え方のようなものだ。しかし、納期ありきで物事を考える場合には、杭打ち不正マンションのように手抜きをされるリスクを顧客側が負わないといけないのだ。

その点飛行機は偉い。これまでにも何度納期を遅らせたことか。その都度、顧客に対してちゃんと説明をして納得してもらっている。そこには本来のモノづくりの正しい姿が現れているように思う。もし飛行機の世界で納期厳守が行われたら、その後飛行機事故が頻発することになるだろう。それだけ飛行機の開発というものは慎重に行われているのだ。飛行試験が遅れる、納期が遅れることはむしろそれだけちゃんと仕事をしている証なのである。

再度言うが、MRJが初飛行後全然飛ばないと文句を言ってはいけない。そんな人が周りにいたら是非とも言ってあげて欲しい。「アンタ、手抜きで作られた飛行機に乗りたいか?」と。手抜きが一切ないからこそ飛行機はこんなにも低い事故率で世界を飛んでいるのである。飛行機が乗り物の中で最も安全と言われるのは、納期ありきではなく、乗客の安全ありきで開発を進めているからである。冒頭に書いたTCの取得というのはちゃんと品質を守られて作られていますよというお墨付きなのだ。

その辺りの事情を理解したうえで、温かくMRJの飛行試験を見守って欲しいものである。開発が遅れるのは、会社に能力がないからではない、飛行機というものは将来の乗客となる僕らの安全を何よりも優先して作られているからなのだ。



スポンサーサイト









ザ・ドキュメントMRJ初飛行【着陸編】

Category : MRJ
小牧を離陸したMRJは右旋回をして遠州灘に向かった。何故遠州灘かというと、そこに自衛隊の訓練空域があるからだ。当初、初飛行を行う空域は小松沖の日本海か、遠州灘のどちらかとアナウンスされていた。それぞれG空域(日本海)、K空域(遠州灘)と呼ばれるエリアである。マニアの間ではフォネティックコードを使い、「ゴルフ」、「キィロ」なんて呼んだりもする。

G空域はK空域に比べて小牧から遠いことと、G空域は進出を含め比較的制約が厳しいことがあって、両者とも晴れていればK空域が選ばれると予想していた。11月11日の中部地方はおおむね晴れ。従って小牧から近いK空域が選ばれたというわけである。(推測だが)

K空域での様子はFlight Rada24で逐一観察していたが、時々機影を失った。電波の受信状態が悪いのか、ADS-Bのデータを発信しているMRJ側の装置(トランスポンダ)の状態が悪いのか分からないが、途中で完全に機影が消えた。「堕ちた?」なんて悪い予感も頭をよぎったが、まさかそんなことがあるはずがない。ちなみに僕が見た最高の高度は19000ftであった。20000ft近くまで上昇しているようであった。


20151111MRJ1STLFT-024.jpg
試験時間が1時間と聞いていたので、着陸を撮ろうとRWY34エンドに近い味美駅に向かった。昨日速報版をアップロードしたのはまさにこの味美駅からだ。

ここから歩いてRWY34エンドにあるエアフロントオアシスに向かった。途中、皆が撮らないような撮影スポットがないかどうか探索したが、味美駅自体が着陸経路の直上にあたるためRWY34エンドまで歩いていってもほとんどが着陸経路の真上ということになる。ある程度離れないと撮れないこともあり、歩いているうちにRWY34エンドに着いてしまった。


20151111MRJ1STLFT-025.jpg
エアフロントオアシスはいわゆる公園である。ここで皆、着陸を見ようとしているわけだ。歩道橋から見るとこの人だかり。とは言うものの、MRJの初飛行という世紀のイベントの人の入りとしては少な過ぎると感じた。全然大したことないではないか。


20151111MRJ1STLFT-026.jpg
歩道橋の上から撮影しないようにと警察官が2人歩道橋の上に立っていた。歩道橋の上から撮ろうとすると注意を受ける。下が道路だし、人が大挙して押し寄せて押し潰されるような事態になったら大変だからだ。皆、歩道橋の上から撮りたいはずだが、事故が起きてからでは遅いので、こういった対応は仕方ないことなのだろう。


20151111MRJ1STLFT-027.jpg
駐車場にはメーテレの中継車が来ていた。色々な人に声を掛けインタビューをしていた。


20151111MRJ1STLFT-028.jpg
降りてくるFDAで練習をする。露出は大丈夫か。飛行経路に障害物は入らないかと入念?なチェックを行った。(実際に撮影した場所はこの場所ではなかったが…。)

この時、情報が錯綜していた。飛行時間は1時間とのことだったが、既に1時間を過ぎている。そこに1時間半という情報が流れた。そうすると着陸時刻は11時過ぎとなる。11時少し前から、6000ftを北上してくるNo Call Signの機体をFlight Radarで確認していた。恐らくそれがMRJだと思われた。


20151111MRJ1STLFT-030.jpg
ナゴヤタワー(118.7MHz)に「JA21MJフォーメーションフライト」のコールサインが飛び込んできた。すぐに「Cleared to Land」(着陸を許可する)との交信が聞こえた。まもなく降りてくる。周囲では緊張が走った。ちなみに離陸するとき、コールサインは「JA21MJ」だが、着陸時には後ろに「フォーメーションフライト」というのが付加されていた。「フォーメーションフライト」というのは「編隊」という意味だ。2機以上が編隊を組む時にはそんなコールサインになることがある(筆頭のコールサイン+1,2,3となることもある)。


20151111MRJ1STLFT-031.jpg
まず飛び込んできたのはT-4。これが先に降りるのかと一瞬思ってしまったが、そんなわけはない。チェイサーは必ず本機よりも後に降りるのである。


20151111MRJ1STLFT-032.jpg
すぐにMRJの大きな機体が飛び込んできた。手に汗握る瞬間だった。これだけ近いと機体のスピードはかなり速く感じる。久々に滑走路エンドで撮る僕には難しく感じた。


20151111MRJ1STLFT-033.jpg
フレームアウトしないようにと、小さめに撮ろうとする心理が働く。トリミングなしだとやはり小さい。最大限にズームアップして寄れば、もっとカッコいいショットになったのかも知れないが、初飛行の状況下でそれをするのは勇気が必要だった。まずは無難に真横のショットを狙った。


20151111MRJ1STLFT-034.jpg
T-4との2ショットがここでも叶った。ずっとそばで飛んでくれるT-4はやはり頼もしい存在である。今考えれば、Mitsubishi F-2のチェイスでオール三菱として固めるという選択肢もあったとは思うが、戦闘機は遅い速度域が苦手なためKawasaki T-4が選ばれたのではないだろうか。戦闘機が旅客機のチェイスをすると、着陸時にかなりの高迎角になってしまい、ハッキリ言って危険なのだ。あまりに高迎角の戦闘機は見た目にも美しくない。


20151111MRJ1STLFT-035.jpg
向こう側にもMU-300が飛んでいる。T-4よりも機体は大きいが小さく見えるということはT-4よりも遠くを飛んでいるということである。

(ちなみに昨日からT-4がどうだこうだ言ってるが、T-4はブルーインパルスのことだ。厳密に言えばブルーインパルスがT-4なのだ。)


20151111MRJ1STLFT-036.jpg
ギャラリーの目の前を飛んでいくMRJ。タッチダウンの瞬間まで狙いたかったが、この位置からは不可能であった。着陸した瞬間、周囲からは拍手が巻き起こった。皆、初飛行のタッチダウンを見て「おめでとう」と拍手で祝福したのである。


20151111MRJ1STLFT-037.jpg
MRJの着陸からほんの少し遅れてNo.3チェイサーのMU-300が真上を通過していった。これらのチェイサーは一旦ローパスを行い順番に降りてくる。再び味美駅に向かおうと歩いている頃、MU-300が2機立て続けに降りてきた。「T-4は?」が降りてこなかったのを見ると、岐阜基地に帰ったのだと思われる。

着陸したのは11時5分頃。飛行試験の時間は当初の予定だった1時間から1時間半に延長された。無事飛行試験を終えたMRJは大勢のギャラリーの待つ小牧空港に舞い戻ってきた。この後、ドアが開けられ機長が手を振って降りてくるわけだが、そのシーンは見ることが出来なかった。

今回は比較的遠巻きに見ていたこともあり、全てを記録しレポートすることは叶わなかった。その点にやや物足りなさを感じている読者がいると想像しているが、いかがであろう。しかし僕ができるのはこれくらいだ。僕なりに全力を尽くしたつもりだ。たったの2回だけだが、これにてMRJの初飛行ドキュメントを終わりたいと思う。

僕が詳細にここに綴っていることは全て本当のことである。僕のブログを通じて当日見られなかった人達にこの感動と興奮を伝えられ、そして「初飛行はこんな風だったのだ」と詳細を書き記すことができたのは僕自身の喜びでもある。











ザ・ドキュメントMRJ初飛行【離陸編】

Category : MRJ
号外の速報版でも書いた通り、日本が誇るリージョナルジェット機MRJが初飛行を成功させた。2015年11月11日は歴史に残る航空記念日となった。

僕はその初飛行を見るべく、県営名古屋空港(以降、小牧と呼ぶ)に向かった。と言いたいところだが、やってきたのは名鉄小牧線の間内駅。そう、少し前から「空港へは来るな」なというお達しが出ていたので、少し外れた東側から見ようと考えたのだ。(本当の所はコーディネートしてくれた友人の言いなり)


20151111MRJ1STLFT-001.jpg
朝7時半、間内に到着。初飛行まで2時間もあったが、こんな時こそ不測の事態に備え時間に余裕をもって行動すべきだろう。


20151111MRJ1STLFT-006.jpg
間内駅から僕がやってきたのはこんな開けたところだ。小牧基地の北側にある畑である。


20151111MRJ1STLFT-003.jpg
反対側を見渡すとほら、こんな開けたところ。


地図で見るとすぐ分かる。小牧に一度でも来たことがある人ならば何となくイメージがつくであろう。

20151111_MAP1.png


さぁ、MRJ初飛行へのカウントダウン開始である。


20151111MRJ1STLFT-002.jpg
まず8時過ぎに飛んでいったのがこの機体であった。JAXAの「飛翔」(実験機)だ。無線を聞いているとどうやら天候調査のようだった。南に飛んでいったので初飛行も南へ飛んでいくと予想できた。


20151111MRJ1STLFT-004.jpg
朝のFDA出発便を使って練習開始。この位置からだと意外と高い。MRJも同サイズのため、これくらいの角度になるであろうことが想定された。


20151111MRJ1STLFT-005.jpg
続いてもう一機FDA。一つ前の写真と高度が違うのはこの機体がインターセクションディパーチャーで離陸しているところ(滑走路の途中から離陸すること)だ。まさかMRJがインターセクションで離陸するはずがなく、「こんな角度だったらいいのになぁ」と思ってもそれは無理な希望であった。理由は簡単、滑走路は長ければ長いほど安全だからである。


20151111MRJ1STLFT-008.jpg
航空自衛隊のC-130Hが上がった。こんなに大きな機体で、緩やかな離陸だったらなぁなんて思っても、それはFDAのインターセクションディパーチャー同様、叶わない希望である。

そしていよいよである。報道ヘリが上がり、チェイサーが上がる。9時前にはU-Stream中継が始まり9時頃ドアクローズ、そしてエンジンがスタートした。基本的にはエアバンド(航空無線)、U-Stream中継、そしてTwitterで情報を得た。月刊エアラインのツイートがとても的確で役に立った。無線を聞いていても、公の周波数ではエンジンスタートなどの内容は分からないため、Twitterはとても役に立った。一方でTwitterや無線ではMRJの現在位置がイマイチ分からない。だからそれはU-Streamに頼った。僕らは素晴らしいデジタル時代を生きているものだ。MRJの現在位置はU-Stream中継を使い、エンジンスタートなどのイベントはTwitterと使うといったように用途によって情報ソースを分けることにより、場内が見えなくても的確に把握することが出来るのだ。


20151111MRJ1STLFT-009.jpg
チェイサーと思しきMU-300(JA78MA)が離陸して行った。この機体は現在ではホーカー400とかビーチジェット400と呼ぶが、元々は三菱重工が開発した国産旅客機MU-300である。どうやらチェイサーも三菱勢で固めるようである。(以降、MU-300と記)


20151111MRJ1STLFT-010.jpg
そして次も同じくMU-300(JA30DA)が上がった。こちらは無重量実験用の機体である。Flying Laboratoryと機体にペイントしてあるのが読み取れるだろう。旋回シーンを撮ったら青空をバックに美しい空撮のような絵になった。


20151111MRJ1STLFT-011.jpg
離陸直前の撮影ポイントの様子はこんな感じだ。この撮影ポイントでのギャラリーは軽く500人を超えると思っていたが、ざっと見渡しても50人程度。若干拍子抜けであった。このポイントは朝は順光の環境なので、報道陣のいるターミナルビル側と比べても条件は良いはずである。なのにこの人の少なさは何だかもったいない気がした。しかし撮る方としては人が少ない方が都合が良い。いい場所を見つけたもんである。


20151111MRJ1STLFT-012.jpg
滑走路の反対側の遠くの方にレンズを向けると皆、思い思いの場所から狙っている。遠くに行くほど障害物が相対的に低くなり、飛行機も腹ばいにならずに済むが、僕のレンズは270㎜なのでそこまで遠くに行く自信がなかった。


20151111MRJ1STLFT-013.jpg
こちらが滑走路側。左側から中央の建物が邪魔だが、離陸上昇はバッチリ撮れそうだ。自ずと気合が入った。


ちょうど9時半に離陸許可が出た。コールサインは機体番号そのままだ。「JA21MJ」(ジュリエットアルファトゥーワンマイクジュリエット)。「Cleared for Takeoff」 (離陸を許可する)との交信に、にわかに緊張が高まった。

U-Stream中継が離陸直前に繋がらなくなった。アクセスがピークに達して処理できなくなったのだ。あれだけU-Streamで見てくれと言っておきながら、一番見たいシーンで繋がらなくなったら意味がないではないか。ただ、それがデジタルメディアの弱いところである。こんな時現場にいると、たとえ機体が見えなくても、チェイサーの位置などから最低限の状況がわかるからいい。やはり現場には勝てないのである。

離陸許可が出たからと言って、すぐに離陸するわけではない。チェイサーが自機の後ろに来た時点でタイミングを合わせて離陸を行う。これをエアボーンピックアップというのだが、エアボーンピックアップのタイミングはチェイサーの動きを観察するしか知る術がない。途切れるU-Stream中継とチェイサーの位置で離陸のタイミングを図った。


20151111MRJ1STLFT-014.jpg
東の方でホールディングしていたチェイサーが大きなベースレグを回って、滑走路の南から進入する。あと90度旋回すればRWY34の直線上に乗る。チェイサーはどうやら3機体制のようだ。MU-300が2機離陸して行ったが、残りの1機は何なのだろうか。


20151111MRJ1STLFT-015.jpg
来た!建物の向こうから一見黒く見える機体が上がってきた。MRJだ。僕は夢中になって機体を追いかけた。


20151111MRJ1STLFT-016.jpg
予想以上に離陸位置が浅い。つまり高度が高い。


20151111MRJ1STLFT-017.jpg
僕は必死でシャッターを切った。やや後ろから光が当たっているが順光だ。美しい。MRJは実に美しい飛行機だった。


20151111MRJ1STLFT-018.jpg
ちょうど僕の真横を通過した。引き続きシャッターを切りまくる。これ程興奮してシャッターを切ったことがかつてあっただろうか。


20151111MRJ1STLFT-019.jpg
どんどん高度を上げていくMRJ。真横を過ぎたあたりから僕の270㎜じゃ届かなくなってきた。この位置は僕のレンズでの限界位置であった。


20151111MRJ1STLFT-020.jpg
脚(車輪)は上げたままだ。格納してしまうと、万が一出なくなったら困るからである。初飛行ではギアを出したまま飛ぶのが伝統的であり、2回目以降のフライトで脚の格納試験を行うのが一般的である。


20151111MRJ1STLFT-021.jpg
どんどん遠くなる機体。僕はまだこの時点でチェイサーが張り付ていることに気が付いていなかった。いや、チェイサーがいるのはもちろん知っていたが、ファインダーギリギリでMRJを捉えようとしていたため、チェイサーがファインダーの中に入らなかったのである。


20151111MRJ1STLFT-022.jpg
少しレンズを引いてみた。そしたら隣を飛んでいたのはKawasaki T-4であった。Mitsubishi MRJのNo.1チェイサーがKawasaki T-4。実に面白い組み合わせだ。まさに日本を代表する航空機メーカーのツーショットである。その他2機のチェイサーMU-300と合わせ、全てが国産機での初飛行だ。

2機のMU-300は後ろからゆっくりついてきていた。MRJの上昇に間に合っていない感じがした。一方のT-4は片時も離れずMRJの隣で見守っていた。頼もしい光景だった。

はて、何故チェイサーがT-4なのだろう。T-4は自衛隊の練習機だ。民間機の初飛行に直接関係はない。理由は完全に推測だが、やはり自衛隊機は編隊飛行に慣れている、というのが一番の理由であろう。そして今回のパイロットは空自出身の方である。T-4の方がコーディネーションを取りやすいというのも想像できる。もっと言ってしまえば初飛行という大舞台をチェイス出来る機体が恐らくT-4以外にないのだ。思えば、先に開発が進んでいる航空自衛隊の輸送機XC-2のチェイスをやっているのはいつもT-4である。T-4にとってチェイスのお仕事など朝飯前なのだ。


20151111MRJ1STLFT-023.jpg
随分と上昇したところで右旋回。南へと進路を変えていった。

MRJは感動的な離陸を見せてくれた。思ったより機体は大きくて、それでいてエンジン音は静かだった。かくしてMRJは初飛行を成功させたのだ。

おめでとう、MRJ!

次回は着陸編をお送りする予定だ。











【速報】三菱MRJが初飛行!

Category : MRJ
速報!さきほど、MRJが初飛行を果たした。


20151111-mrj01.jpg
順光となる東側から狙った。いきなり出てきて焦った。


20151111-mrj02.jpg
MRJの上昇の姿。素晴らしい!世紀の離陸の瞬間である。


20151111-mrj03.jpg
なんとチェイサーはカワサキT-4。後ろに三菱のMU-300が2機後ろにくっついていたが、横を飛んでいるのはT-4だ。

まさにオールジャパン体制の離陸。僕は感動的なワンシーンに今まさに立ち会った。今フライトレーダを見てみると遠州灘を飛んでいる。1時間のフライトののち、また名古屋・小牧空港に戻ってくるらしい。

無事戻って来いよ!!!

とりあえず県営名古屋空港周辺から速報をお送りしました。










明日、MRJの初飛行、見に行きます!

Category : MRJ
今日11月10日の19時、三菱航空機から発表があった。

明日(11/11)の午前、MRJの初飛行を行う。

というものだ。

↓こちらがプレスリリース

MRJの初飛行実施日について


内容は、

---------------------
三菱航空機および三菱重工業は、次世代のリージョナルジェット機であるMRJ(Mitsubishi Regional Jet)の飛行試験機初号機による初飛行を、11月11日(水)午前に実施することとしましたので、お知らせ致します。

なお、飛行試験は、安全をすべてに優先させて実施し、今後の機体状況及び天候状況等によっては、予定が変更となる可能性もあります。
---------------------
というものである。

昨日まで希望的な観測から午後予想をしていたが、やはり午前の初飛行予定となった。僕の希望は叶わなかったものの予想通りの日にちなったということで、とりあえず嬉しい。

あとは飛ぶ時間である。小牧のトラフィックを見る限り、朝の8時半に一旦出発便が出払い、次に降りてくるのが10時15分だ。ということは8時30分~10時15分の間に初飛行を行う可能性が高い。

といことで、僕のつぶやきを載せる。

20151110TW01.png

と予測してみた。8時半ギリギリだと報道陣の動きとトラフィックが重なるので9時まではないと考えた。また10時というのは10時15分にトラフィックが降りてくるので、それまでに飛ばさないとマズいと考えた。というかその時間しかないんじゃないかと思っている。

もしくはメチャクチャ早い6時台後半とか7時とか。そうすれば小牧の全トラフィックの前に飛べる。しかし、もしトラブルが発生した時に小牧の朝のトラフィックを全部止めてしまうので、それはさすがにリスキーだろう。

ということで9時から10時の間で僕は予想。きっとマニア諸氏の大方の予想もその辺りであろうと思われる。

明日、MRJの初飛行、見に行きます!

世紀の航空ショーの目撃者になるのだ!










サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索