スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









ピーチ就航経緯

Category : ピーチ
ピーチ・アビエーションは日本初の本格的LCC(ロー・コスト・キャリア)と言われている。
設立は2011年2月10日、ANAが33%を出資する形で設立された関空ベースの航空会社である。
設立当時はA&Fアビエーションという社名であったが、
5月24日に現在のピーチ・アビエーションという社名に変更された。

LCCと言えば僕はスカイマークが筆頭に来ると思っているが、
スカイマークは若干レガシーキャリア風な部分を残しているので、
本格的LCCというのならばやはりこのピーチなのだろう。

ピーチは8月23日、関空-新千歳、関空-福岡に就航すると発表しその価格が注日された。
発表された運賃は、

関空-新千歳: 4780円~14780円
関空-福岡: 3780円~11780円

というものであった。
運賃の下限は大手と比べてかなり安いが、上限は大手の早期割引運賃と同じくらいの値段である。
運賃に幅があるのは便の空席状況によって変動するためで、
空いていれば安く、混んででいれば高いという単純な需要と供給のルールに従っている。


ピーチはWEB予約を基本とし、コールセンターでの予約は1便当たり1050円を取る。
さらに座席指定は有料である。
この辺りが大手と大きくことなるところだ。
スキー、スノーボード、サーフボード等の荷物を持って乗り込む時には
4000円程度の受託手荷物料を取られるので、
結局大手で行った方が安かったということにもなりかねないので注意が必要である。

文章で書いても分かりにくいと思われるので、料金一覧。えいっ。

peachtariff.png
運賃は2種類のみ。
予約方法で各種料金が異なる点も面白いところである。


またキャンペーン運賃として、片道250円というものが発表され、相当な注目を浴びた。
激安キャンペーンはLCCの広告方法の常套手段であるが、
予想を上回るキャンペーン運賃に誰もが驚いたことだろう。
福岡地下鉄の1区間料金が250円であるので、それと同じ値段で関空から福岡に飛べることになる。
まさにピーチのコンセプトである「空飛ぶ電車」を連想させるキャンペーンであった。


しかし、ピーチは滑り出しでズッコケた。
12月27日15時に予約を開始。その日、WEBサイトにアクセスが集中し、
「全然繋がらない」、「繋がっても先に進めない」と苦情が殺到したのだ。
FacebookのPeachのサイトには苦情のコメントが多数寄せられた。
中にはまだ飛んでもいないのに「もう乗らない」といった書き込みも見られ、
苦難の滑り出しを予見させられた。
「WEB予約でもコストを削っているのがよく分かる。安全面は大丈夫なのか?」といった
安全面に関するコメントも見受けられた。

僕も予約開始日当日に予約をしたのだが、サイトには繋がるものの、
必要な情報が入力できないトラブルに見舞われ、予約を完了させるのに相当な苦労を強いられた。
最初は日本語サイトに繋がったのだが、途中から英語のサイトに変わったり、
自分の誕生日がどうやっても入力できず、偶然入力できた誕生日で先へ進まざるを得なかったり、
クレジット決済をする際に有効期限が2011年しか選択できずに困ったりと、
不具合だらけのWEBサイトに呆れ返ってしまったのを覚えている。

年が明けて1月5日、250円キャンペーン運賃の予約も時間限定で開始されたが、
その際にも同様の苦情が殺到した。
しかし通常運賃の発売時と異なったのは、
「250円で買おうと思うのなら、繋がらなくても当然だ」
という冷静な意見が少なからず見られたことだ。

例えば、百貨店のバーゲンでは全員が全員バーゲン品を買えることはない。
航空券も同じで、アクセスが集中して繋がりにくくなるのは当然である。
ただ、WEBサイトに繋がり、250円運賃にまだ空席があって、
それをちやんと選択しているのも関わらず、
次のページ以降に進めなくて時間切れになってしまうというのは問題だと感じた。


ピーチのWEBサイトの脆弱さが予約開始とともに露呈してしまったことで、
3月1日の就航が心配されたが、蓋を開けれ見れば何のことはない、
飛行機を止めてしまうような大きなトラブルはなく、
就航初便としてはとても好調な滑り出しだった。(と思う。)

1号機は11月10日に日本に到着しているので、
就航まで充分な訓練期間を取ることができたようだ。

ピーチ就航までの経緯はそんなところである。
がんばれ、ピーチ!!!



どうか押して下さい。やる気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

スポンサーサイト









ピーチ、新千歳空港にて

Category : ピーチ
初便の復路である新千歳-関西には乗らなかったが、
搭乗ゲートの様子だけは見ようと思い、1番ゲートにやってきた。


DSC_7077.jpg
1番ゲート前はこの人だかり、ゲート前に行くのも一苦労。


DSC_7073.jpg
出発予定時刻は9時35分となっていたが、
ゲートが開く気配もなく、皆、黙って辛抱していた。
新千歳空港ではチェックイン機のトラブルがあったと聞いたので、
その影響で遅れていたのかも知れない。

「なるほど、こんな雰囲気なのか」とゲート前の空気を感じた後、
遠くの空いているベンチに座って、目の前をタキシーするピーチを撮ろうとスタンバイした。
本当はいち早くラウンジに入って、ブログをアップしたかったが、そこはじっと我慢。
「ピーチの姿をカメラに収めるまでは退散しないぞ!」と固く心に誓ってタキシーを待った。

なかなか出発しない。
もう10時を過ぎた。
何やってるんだろう?トラブってんのかなぁ。

写真整理をしながら待っていたので、
「もしかしたらもう通り過ぎちゃった?」
と段々心配になってきた。
1番ゲートに行ってみると、乗客は全員乗り込んだ後だったが、飛行機はまだそこにいた。
「やっぱりまだ出発してないよね。」
と安心して、元いた場所に戻りスタンバイしていた。

当初の出発時間から遅れること1時間。
遠くの方にピンクの尾翼が見えた!
来た来たー!!!


CSC_7089.jpg
ピンクが眩しい!!!
ポップなデザインがいかにもLCCという感じだ。
朝、関空で見たピーチよりよりピンクが濃かった気がする。(そんなわけはないのだが…)
しかも紫っぽい色も入っているのか。
自分で撮った写真をじっくり見てみると、初めて気付くことも多い。


CSC_7090.jpg
機首部アップ。
なかなかいい色だ。

初便レポートにも書いたが、ピーチはとても良い航空会社だった。
ホントに良かった。


10時半過ぎ、僕はひとりピーチを見送り、
そしてANAのラウンジに篭ったというわけである。



どうか押して下さい。やる気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









ピーチ初便搭乗記

Category : ピーチ
日本初の本格LCCというピーチが今日、関空-新千歳、関空-福岡に初就航を果たした。
その初便である関空-新千歳に乗ってきたので、その様子をレポートしたい。
就航までの経緯はまた後日語るとして、まずは肝心のフライトレポートだ。

DSC_6891.jpg
朝5時に起きて、5時半にロビーにやってきた。
報道陣の多さに圧倒される。


DSC_6901.jpg
チェックインは全員自動チェックイン機で行う。
若干トラブルがあったと言うが、僕に限ってはスムーズに行うことができた。


DSC_6895.jpg
5時45分チェックイン開始と聞いたが、
それよりも前の時間にバーコードをかざしたらチェックインできた。


DSC_6896.jpg
バーコードをかざすと、こんな薄っぺらいレシートが出てくる。
これぞLCCのカタチ。


DSC_6915.jpg
午前6時。さあ、セレモニーの開始だ。
井上社長、パイロット、CAが出てきてズラリと並んだ。
後ろには「I flew 1st. I fly peach.」の文字が。
何だかどこかで聞いたことのある語感だ。
やっぱりANAがバックにいるからだろうか。


DSC_6913.jpg
井上社長の挨拶。
関西らしいLCCを目指すなんて挨拶をしていた。
(写真撮影に必死で話の内容をよく覚えいていない…。)
セレモニーは社長の挨拶のみ。
挨拶もかなり簡素化されている。さすが本格的LCCだ。


DSC_6916.jpg
振り返るとこの人だかり。
ANAの787デビューフライトのとき並にごった返していたと思う。


DSC_6922.jpg
いざ、保安検査場へ。


DSC_6926.jpg
ここが搭乗口。
最初見たとき信じられなかった。
関係者用のドアのような感じだ。


DSC_6924.jpg
保安検査場の中にはお土産店もあった。


DSC_6933.jpg
いざ搭乗開始。
ドアを開けたら暗い階段があった。
何これ???
こんな経験は初めてだ。


DSC_6935.jpg
階段を降りると今度は暗いトンネルがあった。


DSC_6939.jpg
暗いトンネルを抜けるとそこには明るい空間が。
記念品を手渡されニンマリ。
「ピーチの記念品は有料」なんてウワサもあっただけに安心した。


DSC_6940.jpg
前の方の人は左から、後ろの方の人は右から搭乗。
前の人と後ろの人は別々にバスに乗っていく。


DSC_6943.jpg
待合室は完全なるプレハブ社屋。
こんなにコストを削減していたとは驚きだった。


DSC_6947.jpg
便名は手書き。
後ろにはシートマップが。


DSC_6952.jpg
シップ行きのバス。
「まさかバスで新千歳まで行かないよね?」と思ってしまった。


DSC_6954.jpg
バスはなんと、一度一般道に出て再び制限エリアに入る。
いや、それともの搭乗口が初めから一般道のエリアなのか?


DSC_6960.jpg
シップに到着。
パイロットとCA達が出迎えてくれた。


DSC_6965.jpg
真新しいJA801P。
リース機であるが、ツールーズから運ばれてきた新造機である。
機首部には数日前に決定した1号機の愛称「Peach Dream」の文字が描かれていた。


DSC_6966.jpg
ウイングレットの下から。
A320の一番カッコいいショットだと思っている。


DSC_6968.jpg
ピーチのいいところは後ろにもタラップが付けられること。
海外では当たり前だが日本では珍しい。
いや、初めてかも知れない。
だからバスが前後2手に分かれているのだ。


DSC_6970.jpg
後ろから乗るのはとても新鮮だ。


DSC_6978.jpg
ウワサのシート。
ANAのA320の166席に対し、ピーチは180席。
かなり狭いと言われているが、いかがでしょう?このシートピッチは。


DSC_6977.jpg
実際座ってみると全然狭くない。
いつもと同じシートピッチですと言われたら信じてしまいそうだった。
膝が当たって身動きが取れないと思いきや、結構余裕があったと思う。
ちなみに僕の身長は170cm、痩せ型である。僕が小さいからだろうか?


DSC_6976.jpg
皆の搭乗を待っている状態。
最近ではドアクローズまで電子機器を使えるようになったので、
堂々とこのような写真を撮れるようになった。
嬉しい。


DSC_7000.jpg
関西空港は06Rから離陸。
ベルトサインが消えると、この通り報道陣が一斉に動き出した。
一つ上の写真と良く似ているが、これは搭乗時の写真ではない。
ベルトサイン消灯後の写真だ!


DSC_7010.jpg
中部地方に差し掛かるとアルプスの山並みがとても綺麗だった

ちなみに。
ドアクローズが7時14分。
プッシュバックが7時18分。
エアボーンは7時30分であった。

約20分遅れの出発といったところだろうか。
もっと混乱するかと思いきや、意外とスムーズに行ったと思う。


DSC_7012.jpg
後ろからカートが現れ、サービス開始。
いきなり注文の嵐。
さらに報道陣で身動き取れず。
僕は後ろから3番目の席に座っていたのだが、
僕のところに来るまでにも10分くらいは余裕で掛かっていた。


DSC_7025.jpg
CAさんが持っている端末が面倒臭そうだった。
普通にお金を授受すればすぐに終わると思うのに、何だかやたらと時間が掛かっていた。


DSC_7065.jpg
メニューはこんな感じだ。
結構充実している。
「次に乗るときは何を食べよう」そう思わせるラインナップだ。
裏にはドリンクのセットメニューが載っていたが写真を撮り忘れた。(詰めが甘い…)


DSC_7032.jpg
もちろん僕はオススメのピーチデニッシュを注文。300円だ。
かなり美味しかった。しかしこのパンで300円は高い!
いや、記念、記念。


DSC_7036.jpg
佐渡島の先端。
今日は天気がとても良かった。


DSC_7038.jpg
一息ついたところで記念品の中身を確かめよう。


DSC_7041.jpg
中身はタンブラーとハンカチだった。(大きな箱はタンブラーが入っている箱)


DSC_7050.jpg
機内サービスは引き続いて行われている。
もうこの時点で東北地方。
刻々とディセンド時刻が近づいている。
報道陣に向け「サービスができませんので、どうか通路を空けて下さい」と何度も放送が入っていた。


DSC_7048.jpg
男鹿半島。


DSC_7055.jpg
綺麗な雪景色。
この富士山型の山、弘前の岩木山だ。


津軽半島を過ぎたあたりからディセント開始。
やむなくサービスは終了してしまった。
一部の人はサービスを受けられなったと思う。
あの報道陣の多さからしたら無理もない。
CAが笑いながら「結構頑張りました!」と言っていたのが印象的だった。
クレームを付ける人もおらず、皆好意的だった。


DSC_7064.jpg
新千歳空港はRWY19Lに、9時1分ランディング。
そこからタキシーをしてスポットに入ったのは9時10分だった。
定刻は8時50分着なので20分ディレイだ。
初便であるのでそれくらい遅れても全然不思議ではない。
結構頑張った方だと思う。


DSC_7067.jpg
降機はボーディングブリッジ。
一番前の仕切り板にはPeachのロゴが。


DSC_7069.jpg
1番スポットで翼を休めるJA801P。
1番スポットというのがLCCらしい。

すぐに折り返しのMM102便となり関空に戻る。
定刻は9時20分。ターンアラウンドは30分だ。
既に20分遅れており、さらにここでも遅れるだろうから、後ろの便に遅れが発生するのは必至だろう。


さて。
搭乗を終えて、率直な感想。
はっきり言ってピーチは良かった。
お世辞抜きで良かった。
今回は初便ということで1万5千円という上限の価格を払っているが、
例えば7000円とかで乗れればかなりいいと思う。
これはイケると思った。

インターネット予約のときに炎上していたような混乱は今日はなかった。
もっと混乱すると思ったが意外とあっさり飛んだし、
機内でも、機内販売が全員に行き渡らないことはあったものの、それ以外は何の問題もなかった。
もっと荒れることを予想していた僕は、
「あれ?普通の初便じゃん」と逆に拍子抜けしてしまったほどだ。


ピーチのここまでの道のりは平たんではなかったはずだ。
予約開始時、WEBサイトに繋がらない、
繋がってもバグだらけという不具合に泣かされた人も多いはず。
それでもこうやって無事初就航を果たせたことは、
僕も嬉しいし、きっとピーチ社員も歓喜の声を上げていることだろう。

今後、ピーチは関空をベースとして、
日本国内線と近距離アジア路線へ就航することが決まっている。
3月25日には関空-長崎線、4月1日には関空-鹿児島線に就航する。
その後5月8日にはソウルヘ。
今年の第二四半期には沖縄、香港、台北へとその翼を広げる予定だ。
ピーチの今後の飛躍を期待したい。



どうか押して下さい。やる気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









ピーチ就航前夜

Category : ピーチ
明日のピーチ初便に乗るために、僕はひとり関空にやって来た。
名古屋から新大阪までは新幹線。


CIMG5334.jpg
そして新大阪から関空までは特急はるかに乗って。


2012-0229-201356993.jpg
「はるか」とはなかなかいいネーミングだと思う。
綾瀬はるか、井川遥、そう言えばJALの元社長も西松「遙」だった。
大きく広がる空をイメージさせる、男でも女でもどちらにも合う名前だ。



DSC_6884.jpg
関空の改札を出て左に曲がってはいけない。
日航ホテルのある右側に曲がるとピーチのチェックインカウンターがある。
エアロプラザへの回廊にはピーチの旗が両脇に吊るされ、明日の就航を祝福していた。


DSC_6876.jpg
ひっそりと静まり返るエアロプラザ。
ここに自動チェックイン機が置かれていた。


DSC_6868.jpg
自動チェックイン機は写真に写っている側に3つ。そして反対側に3つだ。
「えっここ?」と、予想以上に小さなチェックインカウンターだった。
エスカレータ横にあるのは手荷物預かり所。
これまた簡素な作りである。


DSC_6887.jpg
木陰からみるとこんな感じ。


DSC_6870.jpg
そして近づいて時刻表を見てみると、、、札幌へ3便、福岡へは4便が飛ぶ。
しかし何とも簡素な時刻表だこと…。


DSC_6869.jpg
エスカレータの奥に行くと保安検査場があり、乗客はここで手荷物検査を受け、
このエアロプラザからバスに乗って搭乗するらしい。
ドアの隙間から中をこっそり見たら、、、
誰もいなかった。


DSC_6888.jpg
ということで、ピーチ就航前夜はPeachで乾杯!!!
明日が楽しみだ!
ちゃんと起きれるかな???



どうか押して下さい。やる気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。