スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









航空会社のサービスは国ごとに違うべきか

Category : エアアジア
昨年の今日8月1日、日本に3番目のLCCが誕生した。
最も遅く生まれたはずなのに、最も早く死んでしまった。

ANAとの合弁を解消したエアアジア。
ANAがエアアジアからエアアジアジャパンの株式を100%買い取り、完全子会社化して出直すそうだ。
来る10月26日に運航停止が決まっている。


20130801-02.jpg
一昨日の報道では、
新たな会社の名前は8月中旬に、運航スケジュールは9月下旬に決定し、
新しい会社での運航は12月末頃に開始する予定であるとのことである。
このロゴも見納めである。

さて。
僕がエアアジアジャパンの日本就航からずっと頭に引っ掛かっていたことがある。
それはこの本のことだ。
僕の読書録には2009年に読んだ本だと書いてある。


2009-041.jpg
「コークの味は国ごとに違うべきか」というタイトルの本。
グローバルな経営戦略について書かれた良書だ。

エアアジアCEOのトニーフェルナンデス氏はこの本の存在を知っているだろうか?
エアアジアはまさに、この本に書いてあるグローバル戦略を間違えたのだと僕は考えている。

一部の報道では、フェルナンデス氏は日本流のサービスを否定したとか、
自社システムでのネット販売にこだわったとか、そんな内容が強調されて書かれている。
恐らく報道の内容は正しい。

単刀直入に言えば、「フェルナンデス氏は日本での経営戦略を分っていない」のである。
日本はガラパゴスだと言われて久しいが、まさにその通りで、
日本でしか通用しない常識が結構ある。
それを知らずして、いや理解しようとせずして強引にエアアジア流を貫いたものだから、
結局撤退する羽目になってしまったのだ。


ネットの予約システムはフザケているし、

機内食は不味くて日本人好みではないし、

機内に飲み物を持ち込めないし、

クルーは茶髪で巻き巻き、とにかくガラが悪いし。


20130801-01.jpg

そして、Now Everyone Can Fly のキャッチフレーズ。

そもそも僕はこのフレーズに違和感を感じていた。
日本人をナメているとしか思えない。
このフレーズは東南アジアの低所得層に向けたメッセージなのだ。
我々の1/10くらいの収入しかない人達に向けた広告なのである。

何が「ほら、みんな飛べるよ」だ。
安くたって不便で感じの悪い航空会社には乗らないのだ。

エアアジアみたいな航空会社はそもそも日本では通用しないのである。
過去の記事でも僕はエアアジアに対して結構厳しい意見を持っていた。
今回の合弁解消で何となく自分の感覚が肯定されたような気分だ。

過去記事(2012/10/12) → ポスト「Everyone Can Fly」の時代
過去記事(2013/04/07) → ちょっと厳しすぎない?エアアジアって。

ピーチを見てみろ。
日本の文化に合わせて着実に進化して行っている。
ほら、あの吉野家だって現地に合ったメニューを展開している。

2004-001_yoshinoya_SHA.jpg
(2004年上海にて。)

地域に合わせたマイナーな経営戦略の変更は、何を売るにしても必要なのである。


トニーフェルナンデス、アンタの負けだ。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









ちょっと厳しすぎない?エアアジアって。

Category : エアアジア
ブログのコメントにも頂いている件。
僕も思うところがあるので書いてみたい。

エアアジアは機内の飲食物が有料である。
そんなことは知っている。
LCCならば当たり前のことだ。

僕が書きたいのは「飲食物が有料であること」ではなく、
「飲食物の持ち込みが禁止されていること」だ。
食べ物だけならまだ分かるが、飲み物もである。
機内では機内で購入したもの以外、飲むことすら許されていないのだ。

だから何か飲みたくなった人は、

20130331-drink-02.jpg
この冊子を開いて、


20130331-drink-03.jpg
このページから、何の代わり映えもしない飲み物を高値で掴まなければならない。

これについて、僕は単純な疑問を持っている。
「機内持ち込みを禁止にしたら、機内で飲み物を買うのか」と言うことだ。
答えは恐らく「ノー」だ。
誰も買わない。
1~2時間のフライトならば一切の飲食を我慢するであろう。
(機内が汚れるとか、ゴミを渡されるのが手間になるとか、
そういう理由があるのかも知れないが、どちらにせよ会社都合の理由である。)

僕はむしろ逆効果なんじゃないかと思う。
「飲食物の機内持ち込みは禁止されています」と放送で言うだけで、感じを悪くしていると思う。
「ケチくさいなぁ」といぶかしく思う人もいるかも知れない。
お腹が空いたなまらまだしも、喉が渇いたという生理的なものを禁止される筋合いはない。
何故禁止しているか納得のいく理由を教えて欲しい。

ちなみにピーチはジェットスターでは飲食物の持ち込みは禁止されていない。
いや、ジェットスターでは「温かい飲み物の持ち込みは禁止されています。」
と放送で言っていた気がする。
いずれにせよエアアジアは群を抜いて厳しい。

誤解しないで欲しい。
僕が言いたいのはエアアジアの悪口ではなくて、
「禁止です」の一言が「誰が機内で買うものか」という反感を生み、
エアアジアのイメージを落としてしまうのではないかということだ。

強硬路線はもうやめて日本では日本らしいサービスをしようよ。
エアアジアに対し僕はそんなことを思うのである。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









エアアジアの乗り方@セントレア

Category : エアアジア
さて、一通りセントレア発国内LCCの初便レポートが終わったところで、
エアアジアジャパンの乗り方を紹介したい。


20130331-NORIKATA-01.jpg
チェックインカウンターは駅から歩いてきて向かって右端にある。
この旗?幕?を目指して歩こう。
手前にはジェットスター、奥にはエアアジアのロゴが書いてある。


20130331-NORIKATA-03.jpg
あったあった、本当に端っこだ。
ただ、ここに用事がある人はチェックインしていない人か、荷物を預ける人である。
一番簡単な乗り方は、WEBでチェックインして家で搭乗券を印刷してくる方法だ。
ただ、「そんな面倒なことしたくない」と言う人はここでチェックインを行えばよい。
チェックインは有人カウンター、機械のどちらでも行うことができる。

「あれ?カウンターでチェックインすると1000円取られるんじゃなかったっけ?」
とまだ思っている人は沢山いるはずだ。
しかし、その制度は2012年12月20日をもって廃止された。

今は有人チェックインカウンターでチェックインを行っても無料である。
あの1000円は相当評判が悪かったのだろう。
恐らく、日本では通用しないサービスだったのだ。
強気なエアアジアは弱気に見える日本人に負けたのだ。


20130331-NORIKATA-05.jpg
チェックインが済んだ人、WEBチェックインを済ませた人は保安検査場に行こう。


20130331-NORIKATA-04.jpg
保安検査場の入り口にはこんなカウンターがある。
ここでスタンプを押してもらい、下1/3くらいの搭乗券を切り離して
ホチキスで止めてもらうと保安検査場の中に入れる。


ここで注意!!!
まだまだ便数が少ないセントレアでは、常にここに人がいるわけではない。
カウンターも常にオープンしているわけではない。
朝早く来すぎたりすると、エアアジアのスタッフはどこにもいないので注意が必要だ。
すなわち中に入れずイライラした時間だけが過ぎていくことになる。

あとはゲート前に搭乗券を持って並ぶだけだ。
ホチキスで止めてもらった搭乗券を剥ぎ取られて終了である。

セントレアでのエアアジアジャパン便の乗り方はこんなところだろうか?
これから乗る方のお役に立てれば幸いである。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









セントレア発エアアジアジャパン初便搭乗記(出発~到着)

Category : エアアジア
機内に乗り込み自席の29Aに向かうと、29Bに既に座っている乗客がいた。
隣は若い女性だった。
「ごめんなさい」と言いながら僕は席を立ってもらい自席についた。

初便に乗るといつも隣は報道関係者だ。
しかし珍しく一般客らしき女性。
機内で隣の人と話すのは結構好きであるので、話しかけようと思ったが勇気が出なかった。

変なナンパだと思われたら嫌だし、僕は報道関係者ではないので「取材です」なんてのも嘘になる。
僕が50才くらいになれば、「トナリの変なオジサンに話しかけられた」で済むが、
10才も違わないと思われる男性に話しかけたらやはり怪しまれる。
だからおとなしくすることにした。

いや、何がしたかったかって、インタビューがしたかったのだ。
飛行機に乗る頻度や、LCCを今後使いたいと思うかなど、
普通っぽい人になかなか聞く機会がないから、実はそういう話をしたかったのである。


20130331-JW-23.jpg
乗り込んでいきなり袋を開け記念品を撮影。
隣の女性はさぞかし、うるさく感じたに違いない。
あの狭い機内でひたすら取材チックなことやってるんだから。
今思うと「ゴメンナサイね」の一言くらいかけるのがマナーだったかも知れない。
しかし僕は女性に話し掛ける勇気が出なかった。


20130331-JW-25.jpg
雨が降ったりやんだりのセントレア。
飛ぶ前から「揺れます」と放送が入った。
CAさんやグランドスタッフが手を振って見送ってくれた。


20130331-JW-28.jpg
航路上はほぼ雲がべったり。
いつも初便は景色に恵まれない気がする。
少し残念だが、実はしめしめと思っていたりする。
景色を見ている暇がないのだ(笑)。


20130331-JW-29.jpg
僕は機内食を事前予約しておいた。
600円台で安かったのでビビンバをオンラインで予約しておいたのだ。
それをCAさんが持ってきてくれた。
LCC初便で機内食を予約なしで買うのはほぼ不可能。
過去の経験からそれは学習していたので、確実にゲットできる事前予約は必須である。


20130331-JW-30.jpg
で、出てきたのがコレ。
量がやたらと少ない。
大人なら2~3食は食べないとお腹が一杯にならない量だ。
ちなみに写真には写っていないが、コチュジャンが付いてくる。
味はまぁまぁ、いや、「美味しかった」とハッキリ言っておこう。


20130331-JW-32.jpg
小田切社長の放送に続き、CAさんから放送が入った。
なんと名古屋弁での放送である。


20130331-JW-26.jpg
これの宣伝放送だ。「しゃちほっこりパン」。

放送は「どえらいうみゃーもんでいっぺんたべてみやー」みたいな感じだったと思う。
完全にピーチの関西弁放送のパクリである。
前の方の座席からは笑い声も聞こえたがハッキリ言って失敗だと思った。

方言に必要なのはリアリティだ。
若い女性が今どき「うみゃー」などといったベタベタな名古屋弁を使うことはない。
自分ももちろん名古屋弁をしゃべるが、嘘くさい名古屋弁はやや耳障りである。


20130331-JW-31.jpg
報道陣はCAさんが何かする度にカメラを向ける。
これぞ初便の機内という感じだ。


20130331-JW-34.jpg
どえらいうみゃーって言うくらいだから買ってみた。


20130331-JW-36.jpg
中にホイップクリームが入っていると書いてあったが、どこにも入ってないではないか。
食べ進むうちに一番端に少しだけ入っていた。
これで200円。
初便じゃなかったら買っていない。


20130331-JW-33.jpg
取材合戦。
初便の機内は大体こうなる。


20130331-JW-37.jpg
福岡に近づくにつれて雲が切れてきたが、下はもやが掛かっていてほとんど見えず。
福岡は曇っていた。

福岡へは都心上空を通るRWY34ビジュアルアプローチ。
個人的には日本一好きなアプローチだ。

20130331-JW-38.jpg
11番スポットに到着。
13時56分、定刻より10分遅れの到着であった。


20130331-JW-39.jpg
乗客を見送る小田切社長にカメラを向けると、おとなしく微笑んでくれた。


率直な感想。
セントレアから国内LCCが就航したことはとても喜ばしいことだ。
僕たちの旅行回数が増えることは間違いない。

ただ、僕はどうもエアアジアが合わない。
いや、CAさんはセクシーでいいかも知れない。
でもそれは違うのだ。
スケベオヤジ以外、そんなものを目的にして乗っているのではない。

ちゃんと「しゃちほっこりパン」を買っているように見えるが、
僕が欲しそうなそぶりを見せているにも関わらず横を素通りだ。
目も合わせてくれず、進んでいくカートに対して「スイマセン!」って叫んで買った。
初便だから忙しいのは分かる。
でも、客の方を一度も見ないという態度は頂けなかった。

以前に乗った時も(初便ではない)同じ、何となくCAさんの態度がとても冷たかった。
これじゃ「所詮LCCでしょ」って言われてもおかしくない。
マレーシア仕込みか知らないが、日本には日本的なサービスがあることを理解して欲しい。
CAさんの態度然り、他にもエアアジアについてはもっと書きたいことがあるが、
時間の都合上、別の機会にさせてもらうことにする。


記念すべき初便であるが、あえて批判的に意見を述べさせてもらった。
正直に話すが、僕のエアアジア搭乗のサンプル数はたった2だ。
統計的に意味をなさない数であるというのは自覚している。
が、2回乗って2回とも同じような態度だと、
感情的に「やっぱりそうか」という気になるのは確かである。

セクシーなポーズなんか取ってないでちゃんとサービスしろよ。
そう思うセントレア発エアアジア初便であった。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









セントレア発エアアジアジャパン初便搭乗記(セレモニーから搭乗まで)

Category : エアアジア
ジェットスタージャパンの初便を見送った後、
僕が乗ったのはエアアジアジャパン初便の福岡行きだ。

ジェットスタージャパンの札幌行き、福岡行きが出発し、
実質3番目の出発となってしまったが、エアアジアジャパンとしては一応初便である。


それではセレモニーの様子から。

先にアップしたジェットスタージャパンのセレモニーは9時から、
保安検査場内8番ゲート前でセレモニーが開催された。

一方のエアアジアジャパンのセレモニーはその前の8時から、場外4階イベントプラザで開催された。
初便の座を奪われたからか知らないが、
どちらかというとエアアジアジャパンの方が気合が入っていた。


20130331-JW-02.jpg
まずは小田切社長の挨拶からだ。
しかし何となくこのお方、元気がない感じがする。
前の岩片社長はもっと元気なイメージだったよな、なんて思いながら聞いていた。


20130331-JW-03.jpg
続いて、愛知県大村知事からのご挨拶。


20130331-JW-04.jpg
そして大物、名古屋市河村たかし市長のご挨拶。
相変わらずの名古屋弁、強烈な毒舌の挨拶であった。
「LLCはどえらい安いがね。」
「政治家はみんなグリーン車乗っとるもんで、新幹線が高いのが分からんのだわ。」
そんなことを言っていた。

僕のブログでは時系列が逆になってしまっているが、
社長→大村知事→河村市長という順番はエアアジアもジェットスターも同じであった。


20130331-JW-05.jpg
これもジェットスターと同じであるのだが、
河村市長と大村知事が一緒に名古屋の国歌(?)である「燃えよドラゴンズ」を歌った。
大村知事は突然の指名に戸惑っていたようであるが、申し合わせてなかったのだろうか?
「え、歌うんですか?」という大村知事の驚きようが見ていて滑稽だった。


20130331-JW-06.jpg
そしておもてなし武将隊の登場である。


20130331-JW-07.jpg
全員集合しテープカットが行われた。


20130331-JW-08.jpg
キャンペーン運賃の宣伝ボードとともにテープカットだ。
オイシイシーンでは必ずこの宣伝ボードが写るように仕組まれている。


20130331-JW-09.jpg
テープカットの後はおもてなし武将隊のダンス。
テープカットと前後にダンスを入れる辺りも、ジェットスターと構成が非常に似ている。


20130331-JW-10.jpg
このガッツポーズなんだっけな?
一日に2回セレモニーを見ると頭が混乱して何をやっていたのか思い出せなくなる(笑)。


さて。
僕は8番ゲートでジェットスターの初便を見送り、
今度はエアアジアジャパンの出発する11番ゲートに来た。

小田切社長の挨拶は11時45分からとされていたが、
その前に報道関係者向けの「適当な」撮影セッションが開かれていた。


20130331-JW-11.jpg
誰に手振ってんのCAさん?


20130331-JW-12.jpg
って思ったらこのカメラアングル。

気持ちは分かる。
でもちょっとやり過ぎ感があって、見ている方が赤面してしまいそうになる。
これを報道局ごとにやってるんだからCAさんもさぞかし大変だろう。
もっと下から近づくテレビ局もいて、「そこまでやるか」と正直驚いた。

まぁエアアジアはそういうカラーで売ってるんだから仕方がないという面もある。
会社側としては狙い通りと言ったところだろう。
エアアジアのCAさんはそういう役回りをさせられるのだ。


20130331-JW-13.jpg
小田切社長の囲み取材。
やはり何となく元気がない気がする。


20130331-JW-14.jpg
おもてなし武将隊が登場して、乗客と記念撮影をしていた。


20130331-JW-15.jpg
謎の旅人フーとのフォトセッション。


20130331-JW-16.jpg
11時45分の小田切社長のご挨拶。
やっぱり何度聞いても元気がない気がする。
エアアジア、大丈夫か?
疲れてないか?


お、来た来た。
僕らの乗る機体がやってきた。
ほぼ定刻どおりの到着だ。
これで遅れることなく出発できそうだ。


20130331-JW-17.jpg
機番はJA02AJ。


20130331-JW-18.jpg
2号機に乗るのは初めて。
ポップなゴシック体のマーキングのヤツである。


20130331-JW-20.jpg
いよいよ搭乗だ。
朝8時から12時まであちこちで写真を撮り、はや4時間、
「やっと乗る時間が来た」というのが率直な気持ちだった。
客層は比較的若め。小さな幼児連れの乗客も目立った。


20130331-JW-21.jpg
ゲートをくぐるとエアアジアのスタッフ+おもてなし武将隊が迎えてくれた。
ここで記念品を受け取る。


20130331-JW-22.jpg
僕はこれで晴れてエアアジアの「初便」と呼ばれる便に乗り込むことができるわけだ。


何だか各所の思惑が入り乱れるセレモニーだったように思う。
河村たかし氏はあの場を借りて政治批判を行っているし、
テレビ局はローアングルからCAさんを狙っているし、
ついでにエッチなおじさん達は乗客の記念撮影の隙からCAさんばかり撮ってるし。
小田切社長は元気ないし。


「ん~何だかなぁ」
というのがセレモニーまでの率直な感想である。


つづく。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。