スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









さよならANK

Category : 国内旅行
2012年3月31日をもって、エアーニッポンという航空会社がなくなった。
ANAに吸収合併されたためだ。

先日のピーチの就航により、日本でも格安で飛行機に乗れる時代が到来した。
今後航空業界は、激しい競争にさらされていくことになる。
そんな中でANAは、ANKを吸収すれば子会社の事務的な経費が削減でき経営効率が高まると考えたようだ。


何はともあれ、
トビウオマークの日本近距離航空として始まった「エアーニッポン」がなくなってしまうことはとても寂しいことだ。

ということで、勝手にANKのフェアウェル特集をやってみることにする。
と言っても自分の乗ったANKのYS-11のラストフライトの写真を載せるだけだけれども…。
(これはあくまで自分にとってのANKのYSのラストフライトであり、
公式なANKのYS-11のラストフライトの記録ではありません。悪しからずご了承下さい。)


時は約9年前、2003年1月1日のANA一日乗り放題の時のこと。
僕は1万円で福岡-羽田-稚内-丘珠-函館-名古屋と5レグに乗った。
「そろそろYSの引退が近いし、ここで乗っておかないともう乗る機会はないかな?」と思い、
なるべく沢山YSに乗って名古屋に帰れないかなぁと思い付いたのがその旅程である。
5レグ中の稚内-丘珠、丘珠-函館の2レグがANKのYSになっている。

当時からメモリアルフライトにはもちろん興味はあったが、
「ラストフライトなんてどうせ取れないし」と何故かはじめから消極的だった。
あの頃は学生とあって、あまりお金がなかった。
当時住んでいた福岡から北海道を往復するだけで3~4万は掛かる。
バイト代が月4万円の大学生が、そんなに飛行機に投資できるわけがない。
だからラストフライトには消極的だったわけだが、
今となっては、本当のYSラストフライトに乗っておけば良かったと後悔している。
「オマエ、YSのラストフライトだぞ!乗らなくていいのか?」
と当時の自分に言ってやりたいくらいだ。
(ANKのYSラストフライトは2003年8月31日)

まぁ、当時としてはラストフライトでなくてもYSに乗れればそれで良く、
「一日乗り放題の1万円ポッキリでYSに乗れればラッキー」くらいにしか考えていなった。


僕にとってのYSはやっぱりANKのYS。
JACのYSよりもうんと愛着がある。
何故かと言われれば困ってしまうが、
ANAのYSでもなく、TDAのYSでもなく、JACのYSでもなく、とにかくANKのYSなのである。


マイナス8℃の稚内に、リュリュリュリュという甲高い音を響かせてYSが降りてきた。
レジはJA8772。
公式なYSラストフライトにも使用された機体である。
このとき、この機体がANK最後のYSになるなんてことは知る由もなく、
単純に「僕にとっての最後のYSはこのJ8772になるんだな」と思っていた。
後からラストフライトに使われたのがJA8772だと知ってとても驚いた。
モデルプレーンもあえて機番を選んで買ったくらいだ。


さぁ搭乗の時間だ。
凍てつくエプロンを歩いて搭乗する。
これがYSに乗るときの醍醐味である。
タラップを自分で持っているYSは必ずエプロンを歩いて搭乗となるわけだ。

20030101-41_01.jpg
最果ての地で見るYSは「過酷な環境でも頑張ってる」感があり、とても勇ましく見えた。


20030101-42_01.jpg
なかなか乗り込まずにYSをじっと眺めている人。
僕みたいにひたすら写真を撮っている人。
YS目的でここ稚内まで来ている人が沢山いた。


20030101-44_01.jpg
ロールスロイス、ダートエンジンと青白に塗り分けられたプロペラ。
メチャクチャうるさいが、それがYSらしさでもある。


YSはとても上昇率が悪い。
なかなか上がっていかない。
初めは「オイオイ大丈夫かぁ?」というくらいの低空飛行で、徐々に徐々に上がって行った。


20030101-59_01.jpg
丘珠に到着。
鼻が真っ黒なのがとてもカワイイ。


20030101-61_01.jpg
尾翼に描かれたANKの文字。
ANAグループでありながら、ANAとは字体が違うのがANKの特徴であった。

ここからは夜のためブレブレの写真しかなく、ブログには載せられないのだが、
この後同じ機体で函館まで飛び、僕にとってのANKのYSラストフライトが完結したというわけだ。


「さよならANK」と言うか、むしろ「9年前のさよならANKのYS-11」
みたいな特集になってしまったが、
今日3月31日に、機体は何であれ(引退した機体であれ)、ANKの特集をしてみて、
ANKがなくなるんだという認識を強く持てて良かったと思う。

もう「エアーニッポンによる運航」なんて言葉は出てこなくなるわけだ。
「アンク」なんて口にすることも昔話でしかなくなるわけだ。
改めてANKがなくなることに寂しさを感じる。

とは言え、別に母体のANAがなくなってしまうわけではない。
過去への決別は、新しい未来への躍進を意味するのだ。
よしっ。景気付けに一言。

さよならANK、頑張れANA! ! !



どうか押して下さい。やる気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

スポンサーサイト









ピーチの帰りはANAプレミアムクラス

Category : 国内旅行
本当はピーチの記事が終わった後に書こうと思っていた記事。
もう1ヶ月前の話になりますが、ANA710便のレポートをどうぞ。
(これを書くのを忘れてA380特集に入ってしまったのです。)


ピーチの初便の帰りはピーチには乗らなかった。
新千歳からANAでダイレクトにセントレアに帰って来た。

2011年10月26日の787香港初便以来、
飛行機に乗るとなれば全て何らかの初便だったので約5か月ぶりの普通の便だ。
「もう搭乗前に写真いっぱい撮らなくていいんだ」という安心感。
何だかとても「気がラク」だった。


CSC_7102.jpg
15時05分発、ANA710便中部行き。


DSC_7093.jpg
機種はB737-800。
800ならばウィングレットを入れた写真を撮らなくちゃいけなかった。
反省!!!
しかしまぁ737くんも目の上の窓がなくなって、随分とスッキリした顔になったもんだ。

年度末が迫っていたのでアッブグレードポイントを消化しないといけない。
だからプレミアムクラスの付いているB3を選んだ。

年度末になると、いわゆる駆け込み需要というヤツでプレミアムクラスが混み合う。
アップグレードは当日しかできないので、これが結構毎回ヒヤヒヤする。
空いててくれよ、と祈りながらの当日アップグレード。
この便のプレミアムクラスは満席だったことを考えると、
新千歳に着いてすぐにアップグレードして良かったと思う。
もう少し遅かったら多分席はなかった。

そう言えば昔、アップグレードポイントを使うためだけに乗るという本末転倒なことをやっていた。
7000円の席をタダでGETするために3万円払うという、どう考えてもおかしな行動。
毎年、平気でそれをやってたんだから恐ろしい。

仮にアップグレードポイントを使わなかったとしても何の損失もない。
しかし人間、7000円の価値があるものを捨てるなんてもったいないと思ってしまうのだ。

飲食店のクーポンもそう。
「200円引き」と書かれた券を渡されてしまうと使わないと損した気分になる。
家で済ませば安上がりなのに、何故かその券を使おうと食べに行ってしまう。
僕がアップグレード券を使いたくなるのは、それと全く同じ構造だと思う。

今回は運よく新千歳からの帰り道に使えたので良かったが、
もしピーチの就航がなければ、僕は3月に意味もなくどこかへ出かけていたはずだ。
7000円の券を消化するためだけに。


CIMG1025.jpg
737のプレミアムクラスはこんな感じ。
(これは別の日に撮ったもの)


CIMG1041.jpg
濃紺のシートに高級感を感じる。


プレミアムクラスに搭乗するとCAさんが挨拶に来てくれる。
実を言うと僕はあの挨拶が苦手なのだ。
「本日はプレミアムクラスヘのご搭乗ありがとうございます。」
なんて言われれると、何だかとても申し訳ない気持ちになる。
単なる照れなのかも知れないが、
僕はプレミアムクラスにお金を払って乗ったことがほとんどないから、
そんなタダ乗り客にもご丁寧に挨拶に来てくれて、
「あぁもうスイマセン、ホントに…」って感じなのだ。

もう一つ。
「いつもご搭乗ありがとうございます」と言われるのも苦手。
「全然乗ってないし」って自分で自分に突っ込みたくなる。
このフレーズはチェックインカウンターで必ず言われるワケだが、
いつも「僕、平(ヒラ)ですよ平。プラチナじやなくて平のSFCです」
と言い返してしまいそうになるのだ。
単なる社交辞令を真に受け過ぎなのだが、どうもお礼を言われるのが苦手な僕なのである。


定刻よりも早くプッシュバック。
新千歳空港RWY19Rを離陸し、そのまま南に向けて上昇を続けた。



CSC_7157.jpg
ちょっと前過ぎてうまくエンジンとウィングレットを入れられない…。


プレミアムクラスでは軽食が出る。
朝、昼、晩の時刻によってはお弁当が出るが、僕の便はおやつの時間だった。


DSC_7104.jpg
マグカフェと呼ばれるお菓子が配られた。


DSC_7106.jpg
せんべい。
南知多にある「えびせんべいの里」のせんべいだった。


DSC_7105.jpg
スコーン。


昼御飯が遅かったのでお土産に持って帰ることにした。
せっかくのプレミアムクラスだったのでスペシャルな紅茶でも頼もうと思ったのだが、
CAさんが何だか凄く忙しそうにしていたので、何故か「冷たいお茶下さい」と。
長距離国際線ならば遠慮しないのだが、2時聞程度の国内線だとどうしても遠慮してしまう。
「せっかく乗ったんだから贅沢しろよ」と言う自分と「別にいじゃんまたの機会にすれば」と言う自分。
大体後者が勝ってしまうのが悲しいところだ。


CSC_7152.jpg
途中、反対方向に矢のように飛んでいく飛行機に遭遇。
相対速度は2000km/h程度なので相当に速い。
そのときは機種は分からず、後から拡大したらANAのA320だった。


CSC_7154.jpg
ディセント開始。
雪をかぶった御岳山がよく見えた。


CSC_7151.jpg
木曽川と飛騨川の合流点。
下が木曽川。


CSC_7153.jpg
こちらは航空自衛隊岐阜基地。
木曽川の水面に反射する夕日が美しい。
(若干マイナス補正しているので実際はもっと明るい。)


CSC_7143.jpg
窓枠を入れるとこんな感じ。
787に比べて窓が小さい。


このまま名古屋空港の上空を通過し、ほぼストレートインでセントレアRWY18に着陸。
定刻よりも早い到着であった。

ピーチ直後に乗ったのプレミアムクラス。
言ってみれば国内線の最低レベルと最高レベルを同日に体験したわけだが、
やはり既存航空会社のワンランク上のサービスは気持ちがいい。

しかしLCCじゃ気持ちが悪いかと言われれば答えは否である。
LCCでも十分に空の旅は楽しめると思う。
そりゃあお金があれば、広くてご飯やおやつが出る席に座るけど、
あまりお金を使いたくない時はLCCに乗ったって構わない。
どうしてもプレミアムクラスじやなきゃダメなんてことはない。
もちろん、どうしてもLCCじやなきゃダメなんてこともない。
要はその時の懐事情(ポイント事情含む)や旅行の目的で乗り分けるだけなのである。



どうか押して下さい。やる気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









いにしえの名古屋空港(朝鮮民航)

Category : 名古屋空港
朝鮮民航。
今となっては高麗航空なのかも知れないが、この頃(20年前)はまだ朝鮮民航だった。
ハングルで「チョソンミンハン」と書いてある。
信じられないことに当時、旅行社が企画する北朝鮮へのツアーがあった。
大型連休前になると中日新聞に北朝鮮のツアーが載っていたのだ。

そのツアーでチャーターされたのがこれらの機体である。

AirKoryoIL62.jpg
IL-62と、


AirKoryoTu154.jpg
Tu-154だ。

朝鮮民航はこれ以外にも、IL-76がちょくちょく来ていた。
北朝鮮から松茸を運んできていたらしい、
確か皆「マツタケチャーター」なんて呼んでいたと思う。

旧ソ連機が降りてくると遠くから見ていてもすぐに分かる。
黒煙を吐いて飛んでくるからだ。

あれだけ当時の色々なコールサインと便名まで覚えていると言うのに、
何故か朝鮮民航のコールサインを覚えていない。

本当に何故だろう?
黒煙で分かるから無線を聞いていなかったのか?
まさか。
結構常連の機体だったからか?
そうなのか…?

今となっては強硬な国となってしまった北朝鮮。
当時は日朝間に比較的温和な空気が流れていたように思う。


どうか押して下さい。やる気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









EVAビジネスクラス(台北-中部)

Category : 海外旅行
最後のレグは台北-中部。
確か朝8時発の便だった。
僕らはパリから乗り継いでいるから良いが、
この便だけを使って日本に行こうとしている人たちは、一体何時に起きて空港に来ているんだろう。
桃園はそんなに台北市内に近い空港ではないので大変だ。


EVA-063.jpg
行きと同じくA330へのタイプチェンジを期待したが、残念ながらMD-90だった。


眠い目をこすりながら搭乗。

EVA-064.jpg
なんじゃこの座席は!!!
機内に入った瞬間に言葉を失った。
まさかの激古ビジネスクラスシートに愕然とした。
一気にテンションが下がった。
予想以上にイケてないシートだった。

しかし。
皮肉にも実は一番眠れたのがこの便。
僕は相当疲れていたんだと思う。
機内食もパスしてひたすら眠った。

眠れる、眠れないはシートのせいじゃないということが判明した。
人間、疲れていればどんなシートでも眠れるのである。


EVA-065.jpg
途中目が覚めて撮った写真。


Zzz…。


中部に到着。

中部発のEVAビジネスクラスのチケットが安い理由が分かった気がする。
もちろん欧州または米国行きならば、台北から先の便でのシートはある程度保証されるけれども、
中部-台北がこれならば、何となく、安くしておかないと怒る人が出るんじゃないだろうか。
いや、本当のところは分からないが、このときはそんな気がした。

最後のレグだけがショボかったのであって、別にEVAが悪いなんて一言も言っていない。
むしろ台北-パリ間のビジネスクラスはメチャクチャ良かった。
これまでの4レグを冷静に振り返ってみると、
やはりEVAのビジネスクラスは「買い」じゃないだろうか。

下手な欧州系のビジネスクラスで行くよりも断然安い。
サービスも良いし機内食も美味しい。
EVAサイコーだ!!!

おしまい。

4話にわたり読んで下さった皆様、ありがとうございました。


(これは2010年の旅行記です。)


どうか押して下さい。やる気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









EVAビジネスクラス(パリ-台北)

Category : 海外旅行
パリでの4日間の滞在を終え、シャルルドゴール空港ターミナル1にやってきた。

EVA-037.jpg

ターミナル1は古いが、僕はこちらのターミナルの方が好きだ。
円形のビルの真ん中を走るチューブが、とにかくカッコイイ。

細かいことを言わなければ、日本の空港のターミナルビルのデザインなんて皆同じだ。
羽田の2タミだって関空だってセントレアだって何となく鉄骨っぽい。
妙な表現かも知れないが「事務的」である。
空港としての機能が上手く果たせればいい。
そんな感じがする。

最近の空港はどこも同じ気がして若干つまらないところがある。
そんな中でこのシャルルドゴールのターミナル1は特別なデザインで、
「このチューブに乗るとどこに着くんだろう?」というようなワクワク感を持たせてくれる。
このターミナルビルは見た目だけではなく心理的にも美しいデザインであると僕は思う。


EVA-038.jpg
ラウンジはこのドアの向こう。
変な事務所に入っていくような感覚だった。


EVA-039.jpg
中はこんな感じ。
ハッキリ言ってB級なラウンジだった。


EVA-040.jpg
真ん中の円形の建物からは地下を潜って搭乗する便のサテライトに行く。
この丸みを帯びたチューブも印象的だ。このワクワク感がたまらない。

保安検査員の愛想の悪いこと。
フランス内でも特に空港職員の態度の悪さはピカイチ。
日本人の愛想の良さが特別に思える。
毎度、日本を飛び出すと「日本って特殊な国だよなぁ」という思いを強くする。
清潔さ、几帳面さ、他人への思いやり、どれをとっても世界一なのではないかと思う。


EVA-041.jpg
機材は当然行きと同じトリプルセブン300。
旅行が終わるというのにこれから始まる約半日のフライトに胸が躍る。
多分普通の人なら帰りの便は憂鬱なはずだ。
旅行が終わって日本に帰るだけなのだから。
でも僕ら飛行機マニアは違う。
最終到着地まで楽しみが続くのだ。


EVA-042.jpg
空港内にはコンコルドも展示されていた。
こんなに小さいの?と言うのが印象だった。


12時少し前、離陸。
すぐにランチの時間だ

EVA-044.jpg
アペタイザー。
僕はこのレバーみたいなのが嫌い…。


EVA-045.jpg
サラダ。


EVA-046.jpg
メイン。チキン


EVA-047.jpg
メイン。ラム肉。

メインはどちらも比較的美味しかった。
機内食は欧州系のエアラインよりアジア系のエアラインの方が圧倒的に美味しいと思う。


EVA-048.jpg
最後はフルーツとお菓子。
緑色のマカロンがフランスっぽく、かつEVAっぽい。


EVA-049.jpg
東向きのフライトは自転の方向に飛行することになるため、すぐに夜がやってくる。
まだ昼だが早々に陽が暮れる。

台北着はフランス時間の深夜、台北時間の早朝だ。
フランス時間に合っている体では早々に眠ることはできない。
結局台北までほとんど眠れなかった。


EVA-050.jpg
帰りの便は何と南周り。
東欧からインドへ向け一直線に飛行する。


EVA-051.jpg
お腹が空いたのでヌードルを注文。
ちょっと多かったので妻と分け合って食べた。薄味で美味。
実は隣の人が注文していたのを見て、羨ましくなって自分達も注文したのだ。


EVA-052.jpg
機内は結構のどが渇く。
スプライトと言ったらこれが出てきた。
黒松汽水。
名前は忘れたが、台湾で激マズの「黒松コーラ」みたいな飲み物を飲んだことがあるのでそのシリーズだろう。

眠れなくて悶々としているとき、パキスタンからインドに差し掛かる頃だった。
遠くの積乱雲には稲妻が走っていた。
ピカっと一瞬青白く光ると、周りの積乱雲の形が不気味に浮かび上がる。
稲妻は一箇所だけではなく、辺り一体が休みなく不規則に光っていた。
とても幻想的な風景だった。

眼下は快晴。
光が集まりから一本の線のようなものが出ていて、隣の光の集まりに繋がっている。
光の集まりの大小はあれど、全ての光の集まりが細い線で結ばれている。
まるで神経シナプスのようだった。
光の集まりはインドの都市、そこから道路が出ており、それが隣の都市へとつながっているのだ。
機内の静寂とは裏腹に眼下のインドでは深夜の喧噪が広がっているのだろう。
稲妻の下ではバケツをひっくり返したような雨が降っているに違いない。
それとは対照的に、照明が消された機内はとてもひっそりとしていた。


EVA-053.jpg
台北まではまだ6時間もある。
静寂な時間が過ぎていった。
なんて贅沢なのだろう。


EVA-054.jpg
インドからバングラディシュに抜ける。


EVA-055.jpg
夜が明ける前に朝食のサービス。
まずはフルーツから。


EVA-056.jpg
パンケーキの焼きマンゴー載せ。
温かいマンゴーは初めての経験だ。
意外にも美味しかった。
パンケーキはフニャフニャだけれども。


EVA-057.jpg
こちらはオムレツ。
朝からこのボリュームはないでしょう!


EVA-058.jpg
若干中国をかすめて香港あたりから海へ出た。
はやり中国の上空は堂々と飛べないんだろうか。


EVA-059.jpg
やっと夜が明けた。
まもなく台北だ。
ほとんど眠れなかった僕は少し憂鬱だった。


EVA-061.jpg
明るくなった機内。
よく考えるとこの2-2-2の配置は凄い。
普通トリプルセブンのビジネスクラスは2-3-2だ。
EVAは1列少ないのである。
シートのデザインは微妙かも知れないが、
エールフランスのA380よりも圧倒的に広かったようにも思う。
侮るなかれEVAのピジネスクラス。


EVA-060.jpg
台湾海峡を北進。
桃園国際空港はすぐそこである。


若干遅れて到着。
中部行きの乗継までは1時間を切っていた。

つづく。


(これは2010年の旅行記です。)


どうか押して下さい。やる気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。