エアアジアは安いのか。

Category : エアアジア
今日、エアアジア・ジャパンの運賃が発表された。
ジェットスター・ジャパンと完全に競合する路線のため、
早速ジェットスターの運賃と比べてみたい。
(この記事のアップ後にジェットスターの値下げを知ったため、これは値下げ前の価格です。)

エアアジア・ジャパン    ジェットスター・ジャパン
成田-新千歳:4580円   4590円 (+10円)
成田-福岡:  5180円   5590円 (+410円)
成田-那覇:  6680円   6990円 (+310円)

と、エアアジアがジェットスターを下回る運賃を打ち出してきた。
先日4/20の記事(こちら)では、ジェットスターの最低価格保証は、
「競合他社に対し競争するのはやめましょう」というメッセージだと書いたが、
さすがにエアアジアは後発とあって、「裏切り」という行動を取ってきた。
インパクトを持って市場に受け入れられるためには、
自分たちが最低価格にならなければいけないと思ったのだろう。
囚人のジレンマ問題の最適行動である「協調」は作用しなかったというわけだ。

しかしエアアジアのやり方は、それはそれで正しいやり方である。
一度は「裏切り」の行動を取らないと、競争しているというメッセージを伝えられないからだ。
挑戦者が戦わずして負けを宣言することなどあるだろうか。
だから一度相手を負かすことによって、自分たちの存在を世に知らしめたのである。

今後予想されるのはジェットスターが再度値下げをしてきて、
価格下落が止まるという展開である。
相手の裏切りには一回のみの裏切りで返して、その後協調すれば、
結局は協調に戻れるところが囚人のジレンマ問題の素晴らしいところである。
相手を負かし続ける必要はなく、今後また仲良く手を取り合って生きていけばよいのだ。
(ジェットスターは同日夜、新千歳を4490円、福岡間を5090円、那覇を6590円に値下げ。)

これで3社揃い踏みをしたので、価格競争は落ち着くはずだ。
東京から札幌までは4千円台半ば、福岡までは5千円台前半、沖縄までは6千円台後半、
といったところで、日本のLCCの運賃は居心地の良いところを見つけた。
今後はキャンペーンでの戦いになるものと予想されるが、
どんなキャンペーンを打ち出してくるか、こちらも楽しみである。


さて、キャンペーンと言えば、
今日のエアアジアでも「5円」という就航記念運賃が発表となった。
ピーチは250円、ジェットスターは1円、エアアジアは5円、
という就航記念運賃が並んだわけである。

実はこのまま比較してはいけなくて、手数料を含める必要がある。
それを含めると、ピーチは250円、ジェットスターが201円、エアアジアが155円となる。
手数料を含めないと、一見ジェットスターが一番安いように見えるが、
手数料を含めると、実はエアアジアが一番安い。
なるほど、就航記念運賃は就航順になっているわけだ。


後発になればなるほど安くしなければ受け入れてもらえない。
だからエアアジアは安い。
これが今日分かった最も重要なことだ。
そしてもう一つ分かったことは、
新しい挑戦者が登場すると、必ず一度だけ運賃が下がるということだ。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









いとも簡単にファーストクラスに乗る方法

Category : 国内旅行
今日はJAL特集。
いとも簡単にファーストクラスに乗る方法を書きたい。
(と言ってもほとんどのマニアの方々が知っていることだが…。)
それは朝一のJAL中部-成田線にクラスJで乗ること。
ただそれだけだ。

ということで、2010年に乗った中部-成田線のビジネスクラスとファーストクラスを紹介したい。
朝一の中部-成田線はトリプルセブン300。
これをクラスJで予約するとどうなるか。
朝一の成田行きは国際線機材を使っているので、
前方のファーストクラス、ビジネスクラスが全てクラスJの設定になっている。
つまり追加料金1000円を払えば、ファーストクラスまたはビジネスクラスに乗れるわけだ。
方法は以上である。

しかし、どうやら予約時点では、
クラスJ運賃はビジネスクラスの席しか予約できない仕組みになっているらしい。
(僕はJGC会員ではない一般のマイレージ会員なので、ステータスが上の人は予約できるのかも知れない。)
なので、ひとまずビジネスクラスの座席を押さえておき、
ファーストクラスの座席が空いていたら当日空港で、または機内で交渉してそちらに移ることになる。


では成田へ。

DSC_0002.jpg
雨のセントレア。
737だらけのセントレアに長~いJALがいたらそれが朝一の成田行きだ。


DSC_0004.jpg
ビジネスクラスのキャビン。
この日2010年11月22日はガラガラで、エコノミーにはそこそこ人が乗っていたが、
ビジネスクラスに乗っていたのは僕を含め4人だった。
こんな短い路線にあえて1000円払って乗る人はなかなかいない。
というか、ほとんどが国際線への乗り継ぎ客であるので、
そもそも予約時点でクラスJなんてものを意識していないと思われる。
クラスJに乗っている人は、成田からビジネスクラスか、
僕みたいにそれを知っていて1000円払った人かどちらかである。


DSC_0007jal.jpg
いわゆるシェルフラットと呼ばれるシートだ。
なんとなくシートピッチが狭く感じなくもない。
ビジネスクラスはライフラットタイプになってからシートピッチが狭まる傾向にある。
後ろの座席の下に足が入るから、ギリギリまで狭められてしまうのだ。


DSC_0013jal.jpg
後ろから撮影したビジネスクラス。
若干ズームしたため圧縮効果であまり広く感じなくなっている。
しかしこの(ほとんど)誰もいないビジネスクラスは圧巻。
なんとも贅沢な空間だった。


DSC_0010.jpg
シートを倒したところ。
地面に対して180度になるわけではないが、一応フラットである。


さて、これからが交渉だ。
ファーストクラスの座席が予約時点で取れなかったので、
CAさんに「ファーストの写真撮ってもいいですか?」と聞くと、
「お席移られますか?」と逆に言われ「じゃあ喜んで」となったわけである。
交渉する間もなく座席移動に成功した。
「国際線でファーストクラスご利用の方に優先してご用意させて頂いているのですが、
クラスJで売っておりますのでお客様にもお座り頂けます。」
なんてことを言われた気がする。(正確な文言は間違っている可能性はある。)


DSC_0014.jpg
JALのファーストクラスに乗るのは初めてだったので、この広さには結構感動した。
1-1-1で並ぶ豪華シート。
1時間のフライトではあるがこの座席にプラス1000円で座れるのは格安中の格安である。


DSC_0019.jpg
こちらは完全に180度になる。


DSC_0024.jpg
前から見るとそんなにプライベート感がないように感じるが、
座ってみるとそこそこのプライベート感。
鼻くそをほじっていることくらいは隠せそうである。

フラットにして寛ぐ暇もなく成田に到着。
一瞬の夢見心地であっけなく僕の初JALファーストクラスは終わった…。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









世界一周のバリ旅行(デンパサール-バンコク)

Category : 海外旅行
世界一周最後のレグはタイ航空のデンパサールーシンガポール。
「よくまぁここまで計画通りにやってこれたもんだなぁ」と、
ングラライ空港のラウンジでは感慨深いものを感じていた。

CIMG6124.jpg
ングラライ空港のラウンジは建物の小ささや古さに比べると上質で、人が少ないせいもあってとても寛げた。


CIMG6126.jpg
何とラウンジからベランダ(展望デッキ?)に出ることができて、
見晴しは良くないものの飛行機を間近に見ることができた。結構珍しいと思った。
バンコクまでの機材はA300-600Rだ。
リゾート路線はあまり新しくない機材が充てがわれるのが普通である。

A300のビジネスクラスは一昔前のビジネネスクラスという雰囲気で、
シートピッチは狭く、今で言うプレミアムエコノミーくらいの感じである。
シンガポールのビジネスクラスと比べると雲泥の差があった。


CIMG6138.jpg
お食事の時間。
アペタイザー。
なんかマズそう。


CIMG6140.jpg
こちらはメインのエビ。
こちらも微妙だ。
リゾート路線のビジネスクラスは期待しない方が良い。
ということにこの時、初めて気付いた。
「最後のレグがこのビジネスクラスかぁ」と、若干凹みながらバンコクまでの4時間を過ごした。

しかし、さすがはビジネスクラスとあってクルーのサービスは良く、
その点ではさすがビジネスクラスであると感じた。
どうしてもシートや食事に目が行くが、
写真に残らないようなソフト面も重要なビジネスクラスの一面である


CIMG6146.jpg
降下を開始。
分厚い熱帯の雲を抜け、バンコク・ドンムアン空港に着陸した。
初めて海外旅行に出掛けた地、バンコクで世界一周の旅程を終えたのである。

(なんだか今日は処理をしたPCが違うからか写真の圧縮度合いが良くない。
同じ設定にしてあるはずなのに何故なんだ???)



さて、少しお話を。

僕が初めて海外旅行に行ったのは大学4年生の頃だ。
2001年のことである。
卒業旅行にバンコクに行ったのが初めての海外旅行だった。
このご時世、随分と遅い初海外だと思っている。

それから海外旅行にハマり、とりあえず近場で個人旅行の練習をした。
もちろん毎回エコノミークラスに乗っていたのだが、
乗る度にビジネスクラスヘの憧れが募っていった。
「いつかビジネスクラスに堂々と乗ってみたい」そう思うようになっていた。

初めの海外旅行から4年後の2005年、僕は結婚をし妻と新婚旅行に出掛けたわけだが、
夢だったビジネスクラスでの旅行を、
世界一周という大旅程で叶えることが出来た達成感はとても大きかった。

今考えると、海外発券という手段を発見したことが大きな一歩だったと思う。
何度も言うがタイ発のビジネスクラスで一人40万円だ(当時)。
その安さが僕の背中を押したのは言うまでもない。
一人40万円の旅行でも大変な金額であることは問違いないが、
結婚のどさくさに紛れてしまえば大した金額ではないのだ(笑)。

この世界―周は作る段階が一番面白い。
スターアライアンスの時刻表を見ながら、
エクセルにオリジナルの旅程を打ち込んでいく過程がとても楽しかった。
ストップオーバーやトランジットの回数制限がある中で、
最大限にルール活用していかに回数を稼ぐかを考えるのがパズルを解くような知的興奮を誘った。

ただ、1つ僕が思っているのは「これで世界一周と言えるのか?」と言うことだ。
僕の作った旅程は、北半球を弾丸のように飛んで日本に戻り、
その後はルールの隙間を突いて日本を周遊し、上海とバリに行っているだけである。
何をもって世界一周とするかは考え方次第だが、
経線を全てまたいだだけの世界一周を、堂々と世界―周と言えるかが若干疑問に残るところである。

まあ本人が満足できればそれで良いとしよう。


ここまで読んでくれた皆様、ありがとうございました。
何とか世界一周のネタを出し切りホッとしているところです。


(これは2005年の旅行記です。)


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









世界一周のバリ旅行(滞在)

Category : 海外旅行
ヴィラでは無料で自転車を借りることができる。

CIMG6005.jpg
近くをサイクリングしてみた。


CIMG5999.jpg
一面のライステラス、手付かずの自然が残る美しいバリの田舎の風景が広がっていた。
前回の旅行まで、バリでは整備された人工的な自然ばかり見ていたのでとても新鮮だった。

しかし。
道がまっすぐではなかったり三叉路があったりして道に迷いそうになる。
しかも幹線道路に出ると歩道が穴だらけで車道を走らなければいけないものだからメチャクチャ怖い。
身の危険を感じたので30分位で戻らざるを得ない状態になった。


CIMG6009.jpg
当時、ヴィラの周りには本当に何もなく、食べるものに困った。
ヴィラ内でバーベキューをオーダーすることもできるのだが、毎日やってられるわけがないので、
結局は外に食べに行かなければいけなかった。


CIMG6066.jpg
周りに何もない代わりに、ヴィラのRV車をククシー代わりに使えるのだが、
当然空いてなければ使えないわけで、その点で若干の不便さを感じた。
仮に車が空いていて「じやあ17時に」と言うと、逆にその時間に拘束されてしまうので、
贅沢を言っているようだが、それも嫌だった。
リゾートではあまり時間に拘束されたくないのである。
やはり泊まるところは、周りにそこそこの数のお店があるところがよいと思った。


その一方で、この手のヴィラのいいところは、毎朝朝食を作りに部屋に来てくれるところだ。
大型ホテルの生温いバイキングではなく、アツアツのインドネシア料理が食べられるのが嬉しい。
前日にリクエストしておくと、指定した時間にリクエストしたメニューで
部屋のキッチンを使って調理してくれる。
調理に多少時間がかかるので、僕らは朝食のチャイムを目覚まし代わりに使っていた。
代表的なナシゴレン、ミーゴレン、ブブールアヤム(おかゆ)、パンケーキなど、
どれもー回は食べておきたくなるメニューが並んでいた。


CIMG5949.jpg
ナシゴレンと、


CIMG5947.jpg
ミーゴレン。

朝からこのボリュームで、朝食と言うよりも完全にブランチである。
これがまた美味しいこと美味しいこと。


CIMG6118.jpg
この時期(日本の冬)はバリは雨季で毎日このようなスコールが降る。
今まで日本の夏にしかバリに行ったことがなかったので、スコールがとても新鮮だった。
本当にバケツをひっくり返したような雨が降る。
ただし降っている時間は30分もないくらいで、すぐに上がり夏の日差しが戻ってくる。

日本の冬に南国で過ごす幸せ。
なんと言ってもそれが一番贅沢なことだった。


(これは2005年の旅行記です。)


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









世界一周のバリ旅行(プール付きヴィラ)

Category : 海外旅行
確か2001年、初めてバリに行って以来、バリが気に入って毎年必ず行っていた。
第一印象はとても大事で、僕のバリの第一印象はメチャクチャ良かった。
「こんなに素晴らしいところが地球にあるのか?!」と当時は思ったほどである。

6年くらいの間、毎年行っていただろうか?
その後パッタリ行かなくなってしまったのは、あるホテルで部屋の広さを巡ってトラブルになり、
何となくバリヘの気持ちが遠のいてしまったことによる。
その一件はまた別の機会に旅行記にすることにしよう。

当時、「チェックインバリ」というサイトが僕らの良きガイドとなっており、
そのサイトを使ってホテル選びをしていた。
色んなホテルの紹介が写真付きで載っていてとても参考になるサイトだった。


CIMG6011.jpg
チェックインバリを見ながら、そして雑誌を見ながら決めたのがBANJAR(バンジャール)というヴィラ。
プール付きのヴィラで、新しくて比較的安いところというのが僕らの条件だった。
また、前年にAHIMSA(アヒムサ)というヴィラに泊まりとても気に入ったので、
それに良く似たヴィラがあれば、というのが更なる絞り込みの条件だった。

当時、発展著しかったスミニャック、クロボカン辺りのヴィラが良いと思っていた。
スミニャック、クロボカン界隈はバリで一番洒落たエリアで、
当時、新しいホテルやヴィラの開業ラッシュが起きていた。
そんな中で僕らが選んだのがこのBANJARだ。
値段が比較的リーズナブルなのも決め手だった。
当時の値段で1泊215ドルだった。(今は値上がりしていると思われる。)

ヴィラの中はこんな感じ。


CIMG5942.jpg
真剣に泳げる広さはないものの、一応プライペートプールがあり、


CIMG5936.jpg
オープンキッチン、オープンリビングになっている。


CIMG6093.jpg
そして夜はとてもムーディーだ。


CIMG6015.jpg
しかし、寝室は若干安っぽい感じが否めない。


リビングのソファーに横になってうたた寝をするのが気持ち良かった。
ちょっと暑くなったらプールに浸かって涼をとり、熱が冷めたらまた昼寝。
目が冴えたら、持って行った本を読んだりしながら、部屋に篭もり切りの生活を送った。
部屋から出ないこと、若しくはホテル敷地から出ないこと、
これぞリゾートでの一番贅沢な過ごし方だと僕は思っている。

つづく。


(これは2005年の旅行記です。)


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索