ベルトサインオンに見る日本文化

Category : 国内旅行
僕らの乗った737は日本海上空に抜けた。

2012AUG_CTS-NGO-05.jpg
秋を感じさせる雲。
夏真っ盛りの本州だが、空の上はもう秋なのかも知れない。


2012AUG_CTS-NGO-06.jpg
この3次元の航跡表示は、いつ見てもワクワクさせられる。
僕にとっては結構なエンターテイメントプログラムだ。

「ポーン」、ベルトサインが点いた。
するとトイレに立つ乗客がいた。
「お座り下さい。機長に確認しますので少々お待ち下さい。」とちゃんと対応するCAさん。

日本のエアラインはルールに非常に厳格である。
ペルトサイン点灯中に席を立てば絶対に注意されるし、
トイレに入ろうものなら、「絶対に立ち入ってはなりませぬ」とばかりにドアを押さえられる。
これは日本人の真面目さを表しているという考え方もできるが、
僕は「日本には自己責任文化と言うのが根付いていないからだ」と考えている。

日本人は自分で責任を取らずに、何でも人のせいにしたがる習性があると思うのだ。
誰も責任を取りたがらない「無責任文化」と表現している人もいる。
我々は「リスクは自分で背負う」という考え方が少し弱い。
だから航空会社は、何かあったとき自分達のせいにされないよう、
ルールを忠実に守るのである。(と、僕個人は考えている。)
「我々はちやんと言いました。ルールを守らなかったのはお客様の方です。」と言わんばかりに。
それが先のベルトサインオン時の対応である気がしている。

海外エアラインでは、ベルトサインはあってないようなものだ。
ベルトインがオンになっても乗客は皆、何食わぬ顔をしてトイレに立っている。
誰一人注意しないし、そもそもクルー自身が立ってサービスを続けている。
以前タイ航空に乗ったときには、離陸滑走直前までクルーがギャレイで仕事をしており、
加速し始めた瞬間に「おっとっと」と慌てて着席したのを見たことがある。
海外エアラインでは大体そんなもんだ。
一方、日本の航空会社では離陸滑走寸前までクルーが立っていることなどまず有り得ない。

だが、必ずしもマニュアル通りのお役所仕事ではないところが、
日本のエアラインのきめ細やかなところでもある。
もちろん、CAさん個人の力量によるところもあると思うのだが、
トイレに行こうとする乗客に対し、ルールを守ろうと頑なに拒否するのではなく、
すぐに機長に判断を仰ぐところはなかなか柔軟な対応である。
(日常茶飯事で行われていることかも知れないが、実際に目撃したのは初めて。)
特に大きく揺れていなかったこともあり、すぐにベルトサインは消えた。

僕なら「ちょっとくらいいいよ」とルールを破ってしまいそうだが、
機長がベルトサインを消せば、ルールを破らなくて済むと考えたCAさんはプロ意識が高い。
ちゃんとルールを守った上で、乗客のリクエストにも応えているのである。
日本人のきめ細やかさと無責任文化の融合がなし得る業と言えよう。


2012AUG_CTS-NGO-07.jpg
飛行機はベルトサインオンのまま降下を続けた。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









足元はまるでプレミアムクラス

Category : 国内旅行
随分前のことになってしまったが、北海道旅行の帰り道。

2012AUG_CTS-NGO-00.jpg
帰りの機材はB737―800。
でも、プレミアムクラスの付いていない800である。
ANA WINGSによる運航であるので時刻表上では73Eというヤツだ。


2012AUG_CTS-NGO-01.jpg
座席は一番前を確保。
もしかしたら737で一番前の席は初めてではないか?
過去の記億が全くないのだが、一番前の席に座った僕は正直驚いた。
「えっ、最前列ってこんなに広かったっけ?」と。


2012AUG_CTS-NGO-02.jpg
この広さはプレミアムクラス級である。
1列目はビジネスマンに大人気の席と聞くが、
この広さを見て「こりゃよく乗ってる人は1列目を欲しがるわ」と納得した。

足を伸ばすのも組むのも、何ら不自由はない。
前に机がないこと以外は完璧である。
これで追加料金なしならば僕は間違いなくANAを選ぶ。
(LCCでは足元の広い席は追加料金を取られる。)
「今さら何を」と言われるかも知れないが、僕は最前列シートに感動してしまった。


2012AUG_CTS-NGO-03.jpg
隣には羽田行きのジャンボがいた。
羽田-新千歳は幹線中の幹線だから、オンシーズンはジャンボが飛んでも席が足りないくらいである。

5分遅れて出発。
たかが5分遅れて「遅れましたことをお詫び申し上げます」と言うところに日本のエアラインらしさを感じた。
ちょうど真後ろに外国人が座っていたのだが、
5分遅れを詫びる放送を聞いてどう感じたか聞いてみたいものだ。
ANAの定時出発に懸ける思いが伝わってきてとても心強く思った。


2012AUG_CTS-NGO-04.jpg
離陸後すぐに、この旅行で滞在していた支笏湖が見えた。
新千歳空港から支笏湖まではとても近く、車で40分くらいだ。
制限速度には注意して楽しくドライブしたいものだ(笑)。

つづく。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









支笏湖「水の謌」の贅沢なお食事

Category : 国内旅行
僕たちが泊まったプランは朝食和定食+夕食ブッフェの2食付プラン。
「水の謌」について今まで「ホテル」と書いてきたが、
館内を裸足で歩けることや、2食付きプランが標準であることなどから、
もしかしたら「旅館」と表現した方が良いのかも知れない。
ただし、旅館スタイルの部屋で食事を食べるスタイルではなく、
朝食も夕食もレストランに出向いて食べるスタイルである。
しかも食事がブッフェスタイルというのはかなり「ホテル」的である。
「ホテル」なのか「旅館」なのか定義が難しいところだ。

さて、夕食のブッフェから。
ブッフェと言っても、前菜とメインの2品はちゃんと提供してくれる「半分」ブッフェだ。

2012AUG_MIZUNOUTA2-19.jpg
じゃがいもの冷製スープ。(前菜相当、前菜のときもあった)


2012AUG_MIZUNOUTA2-20.jpg
洋食ブッフェと言っても実際は和洋折衷であるので、色々な味を楽しめるのが良い。
刺身にステーキにと、貧乏人丸出しの取り合わせ。
ブッフェの品目はそれほど多くはないが、どれも美味しく飽きを感じさせない。


2012AUG_MIZUNOUTA2-22.jpg
こちらがメイン。
色々説明してくれたが忘れた。
ウニとホタテとエビが確認できる。
濃厚なお味でとても美味しかった。


館内には洋食レストランと和食レストランの2つしかない。
とは言え、客室数からすれば2つで充分である。

2012AUG_MIZUNOUTA2-23.jpg
こちらは和食レストラン。
洋食ブッフェよりも緊張する雰囲気だ。


2012AUG_MIZUNOUTA2-24.jpg
まず食前のお飲物。
牛乳かトマトジュースを選べる。
写真は黄色いトマトジュース。
まるでフルーツジュースみたいに甘かった。


2012AUG_MIZUNOUTA2-25.jpg
和定食。
朝からとても量が多かった。
なんと、ご飯は炊き立てが専用のお釜で出てくる。(写真なし)
2人+子供1人では平らげられないくらいの量があった。


2012AUG_MIZUNOUTA2-26.jpg
上の定食セットの他に、こんなミニ鍋も用意されていて、朝から夕食のような豪華さだ。


2012AUG_MIZUNOUTA2-27.jpg
そして好きなだけご飯にかけて下さいと言わんばかりの珍味集。
「そりゃあご飯もお釜で出てくるでしょう」


2012AUG_MIZUNOUTA2-28.jpg
そして食後のデザートと紅茶。
部屋にコーヒーマシーンがあったので、普段はコーヒーと言うところをあえて紅茶と言ってみた。

ってな感じで満腹度150%くらいの朝食であった。


和食レストランは昼時にはうどん屋に変身する。

2012AUG_MIZUNOUTA2-29.jpg
夏だがあえて温かいうどんを注文。
スープカレーうどんだ!
一時期ブームにもなったスープカレー。
有名店の味を確かめたくて当時は札幌まで食べにいったものだ。
有名店のスープカレーはかなり癖のあるものが多かったが、
さすがにこのスープカレーは癖もなく非常にあっさりしたスープだった。
うっかり「カレーうどん」なんて言ってはいけない。
ちゃんと「スープカレーうどん」と言わないと。


レストランは2つであるが、一応パティスリーもある。

2012AUG_MIZUNOUTA2-31.jpg
館内からではなく外からアクセスするようになっている。


2012AUG_MIZUNOUTA2-32.jpg
買っていないので味はどうか分からないが、美味しそうなケーキが並んでいた。
その他お菓子、パンなどが売られていた。


2012AUG_MIZUNOUTA2-33.jpg
その他、滞在客以外にも買ってもらえるようなハンバーガー屋さんがあり、結構繁盛していた。


2012AUG_MIZUNOUTA2-34.jpg
シカ肉のハンバーガー。
なんと880円。
「えらく高いなぁ」と思ったがシカ肉なんて食べたことなかったので試しに買ってみた。
「シカ肉ってラム肉みたいにくせありますか?」と聞くと、
「いや、あんまりないですね。さっぱりした牛肉みたいな感じです。」と言われたので、
安心して口に入れてみたが、牛肉とさほど変わらず、
いや、少し物足りないくらいで、ちょっと期待外れであった。

以上、「水の謌」の食べ物紹介であったが、一つ難点を言えば、結構時間にうるさいところだ。
同じ時間に一斉にに客が来ると人数分の座席がないからだと思うが、
朝食と夕食の時間は事前に決めて言っておく必要がある。(「何時にしますか?」と聞かれる)
そこは「ここはホテルではなく旅館なのだ」だと思って割り切るしかない。
「お腹減ったらご飯食べに行こうっと」という気ままさはないと思わないといけない。

さて、僕がラグジュアリーホテルを測る度合いは、「どれだけ外に出たくなくなるか」である。
もちろんホテルの外にどれだけ観光スポットがあるか、という外的要因にも左右されるのだが、
基本的に外に出るよりホテルに居たいと思う度合いが高いほどいいホテルだと思っている。
「水の謌」はまさにそんなホテルだ。

部屋は広いし温泉は最高に気持ちいい。
ロビーは静かで寛げるしご飯も美味しい。
庭では足湯などが楽しめる。
支笏湖を朝夕と1回ずつ眺められればそれで満足だ。
「ずっと中で過ごそう」そう思いたくなるホテルであった。

館内、部屋、食事と三部作でお送りした「水の謌」特集であるが、
見た目通りの美しさ、見た目通りの快適さ、見た目通りの美味しさであると思う。
少々値は張るが「泊まる価値あり」のホテルだ。

今まさにこれを見て泊まりたいと思ってくれたり、
これから泊まろうと思っている人の検索に引っ掛かり、
参考になったと思ってもらえればとても嬉しい。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









支笏湖「水の謌」の素晴らしいお部屋

Category : 国内旅行
それではお部屋の紹介。
今回泊まった部屋は「展望バス付きガーデンビューデラックス」。
ベッドルームは板張り(フローリング)、そして和室部分は真ん中だけ畳のお部屋である。

2012AUG_MIZUNOUTA2-01.jpg
ベッドルーム。


2012AUG_MIZUNOUTA2-02.jpg
奥が和室。

和洋室と言えども全体的には和のテイストであり、
使い勝手の良い部分だけが洋になっているという感じだ。
和室にはソファーが置かれており、畳に座って過ごすようなスタイルではないところが超ナウい。

2012AUG_MIZUNOUTA2-04.jpg
そしてベランダが付いており、


2012AUG_MIZUNOUTA2-05.jpg
外に展望バスがある。(これは温泉ではないらしい。)


2012AUG_MIZUNOUTA2-06.jpg
和室部分にはなんとマッサージチェアも置いてある。


それでは水回りへ。

2012AUG_MIZUNOUTA2-08.jpg
洗面。ベッドルームから丸見えなのが難点だ。
普通、ここにカーテンやらブランドやらがあるのだが、どこを探してもなかった。


2012AUG_MIZUNOUTA2-09.jpg
歯ブラシはいつもコップに立てているので、歯ブラシ立てがあるのは嬉しかった。


2012AUG_MIZUNOUTA2-10.jpg
トイレ。
至って普通だ。


2012AUG_MIZUNOUTA2-11.jpg
お風呂は温泉ではないが、セパレート式であるので家のお風呂みたいに使うことができる。
まぁここまで来て温泉に入らず、部屋の風呂に入る人は少ないであろうが…。


2012AUG_MIZUNOUTA2-12.jpg
玄関横のクローゼット。

ここを開けると、

2012AUG_MIZUNOUTA2-13.jpg
作務衣風の室内着と足袋が用意されていて、裸足が嫌な人には足袋を履いて館内を歩くことができる。
室内着は女性用にとSSとSのサイズが1枚ずつ、男性/女性どちらも着れるようにとFreeサイズが2枚、
合計4枚用意されているのは嬉しい心遣いであった。


2012AUG_MIZUNOUTA2-14.jpg
コーヒーマシーンが標準装備。


2012AUG_MIZUNOUTA2-15.jpg
コーヒーは2杯まではフリーである。
小さなクッキーも置かれていた。


2012AUG_MIZUNOUTA2-16.jpg
結局使わなかったが、スチームが出るヤツ(だと思う)。


2012AUG_MIZUNOUTA2-17.jpg
湯呑が入っているだけなのだが、なかなか洒落ていたので撮ってみた。

といった感じで、何とも贅沢なお部屋である。
この部屋の面積は55平米だ。

ウチには小さい子供がいるので、広い部屋はとてもありがたい。
室内でも飽きることなく過ごせるからだ。
55平米という広さは大人にとっては無駄に広い気がするが、子連れならばちょうどよいと感じた。

僕はこういう雰囲気のホテルが大好きだ。
和洋のスタイルにこだわらず、快適性や利便性だけを追求するといったコンセプトが気に入った。

そしてこのホテルの一番良いところは、
エントランスとレストランを除く全てのエリアが裸足で歩けるところだ。
廊下から部屋に入るのに靴やスリッパを脱ぐ必要はないし、部屋から何も履かずに温泉に行ける。
季節が夏だからかも知れないが、裸足でペタペタと歩くのがとても気持ち良かった。
作務衣風室内着も大活躍。
それを着てご飯に行ってもいいから気が楽だった。

普通のホテル式であると、どうしても部屋ではスリッパを履いて過ごさなければならないから、
小さな子供連れだと結構不便である。(不意に寝転んだりするので。)
だからいつも僕は、部屋の中を裸足で歩けるようなホテルを探している。
ここ「水の謌」はまさにそんな二-ズにぴったりのホテルであった。
実によいホテルを見つけたもんだ。

次回はお食事について。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









支笏湖のラグジュアリーホテル 水の謌(みずのうた)

Category : 国内旅行
今回の北海道旅行では、支笏湖畔に佇む温泉リゾートホテル「水の謌(みずのうた)」に泊まった。
結論から先に言うと、このホテルは本当に素晴らしい。
あまりに素晴らしかったので人に教えないでおこうと思う。

いや、そんなことを言っていたら旅行記にならないので、
素晴らしいホテル「水の謌」をどんどん紹介しよう。

「支笏湖にはこんなに美しいホテルがあるんです!」と言うのを僕は伝えたいだけだ。
なので文章は少なめ、写真メインで行きたい。

2012AUG_MIZUNOUTA1-01.jpg
エントランス。
写真右側から坂を下りてこの看板の前で180度旋回して玄関に車を寄せる。


2012AUG_MIZUNOUTA1-02.jpg
こじんまりとした玄関が高級リゾートを感じさせる。
玄関前に車を停めれば、あとはお任せである。


2012AUG_MIZUNOUTA1-03.jpg
支笏湖の周りにそびえる3つの山をモチーフにした石のオブジェが迎えてくれた。


2012AUG_MIZUNOUTA1-04.jpg
チェックインのために水の回廊を通ってロビーに渡る。
すぐにロビーに着けないないところがまた憎い演出だ。
いい家は門から玄関が遠いのだ。


2012AUG_MIZUNOUTA1-07.jpg
回廊から外に出てここをくぐると宿泊棟のあるロビーだ。


2012AUG_MIZUNOUTA1-06.jpg
玄関を入ると暖炉が迎えてくれた。
ラグジュアリー感たっぷりである。

ウェルカムドリンクとともにチェックイン。
もちろんチェックインは座って行うことができる。

ここからは夜に撮ったもの。

2012AUG_MIZUNOUTA1-09.jpg
ロビーの真ん中にはこのように暖炉が置かれ、その周りにはクッションが並べられている。
究極の寛ぎスペースだ。


2012AUG_MIZUNOUTA1-08.jpg
下の本棚には様々な種類の本が置かれ自由に読むことができる。


オンシーズン真っ盛りであるので部屋は満室である。
しかし満室であることを感じさせないほど静かだった。
部屋数が50室強と少ないからであろう。
この暖炉の周りにも人が沢山いることはあまりなく、
混雑しているにも関わらず、全く混雑を感じさせない雰囲気がとても良かった。

2012AUG_MIZUNOUTA1-10.jpg
フロント前に置かれたソファー。
夜は本当に静かだった。


2012AUG_MIZUNOUTA1-11.jpg
こちらはバー。
夜11時頃に行ったが誰もいなかった。


続いてホテル全景。
昼間に撮った写真。

2012AUG_MIZUNOUTA1-15.jpg
テラスからレストラン棟を望む。
このパラソルはホテル内の店舗というものではなく、宿泊客が寛ぐためのもの。
ご飯を食べた後、ふらっと座ってふらっと帰っていく人達がちらほらいた。


2012AUG_MIZUNOUTA1-16.jpg
テラスから足湯を望む。
この小さな小屋が足湯「草々の湯」だ。


2012AUG_MIZUNOUTA1-12.jpg
お庭から玄関のある建物を望む。
右側にレストラン、左側に宿泊棟がある。


2012AUG_MIZUNOUTA1-14.jpg
上の写真から視線を左に移動させると小屋、そしてその奥には宿泊棟が見える。


2012AUG_MIZUNOUTA1-17.jpg
足湯付近からレストラン棟を望む。
ロビーは2階、全3階の造りだ。
敷地面積はそこまで広くはなく、どちらかというとこじんまりとしたホテルである。


続いて館内のパブリックエリアの紹介。

2012AUG_MIZUNOUTA1-18.jpg
トリートメントスパの入口。
Healing Spa Aqua blueの文字だ。


2012AUG_MIZUNOUTA1-20.jpg
こちらの「アクアバー」兼「ピローギャラリー」。
簡単に言えば「お水屋さん」兼「枕屋さん」だ。
ピローギャラリーでは、自分の体に合った枕を紹介、調整してくれる。


2012AUG_MIZUNOUTA1-21.jpg
「水の謌」だけあって様々な種類のお水が売られている。


2012AUG_MIZUNOUTA1-19.jpg
こちらがお風呂の入口。
右手に進むと温泉がある。

お風呂の写真はさすがに撮れなかったが、屋内のお風呂に加え露天風呂があり、
「さすがラグジュアリーホテル!」といった感じのお風呂だった。
泉質については知識を持ち合わせていないので語れないが、
入るだけでお肌がツルツルになるような感じだった。

写真に写っているのは休憩スペース。
マッサージチェアや雑誌も用意されており、入浴後のリラックスしたひと時を過ごすことができる。

ちなみに洗濯機や自動販売機もこのコーナーにあり、
自動販売機ではペットボトルの飲料が150円と、いわゆる普通の値段であった。
真のラグジュアリーホテルだからこそ、こういうところにも嫌らしさを感じない。


2012AUG_MIZUNOUTA1-22.jpg
若干分かりづらいが館内の案内図。
僕らは1階の下の方のゾーンにいる。

次回はお部屋の紹介と行こう!



いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索