エアアジアジャパン、魔の15分

Category : エアアジア
この記事は2012年9月30日に書いたものです。
現在とは状況がかなり変わっています。
従いまして、参考になる部分と参考にならない部分がございます。
その点をご理解の上、お読み下さい。
(2013年4月11日追記)


飛行機には「魔の11分」と呼ばれる時間帯があるのをご存知だろうか。
離陸時の3分、着陸時の8分、その合計11分間のことである。
この11分間に事故が最も起こり易いという意味で、「魔の」という枕詞が付いている。

エアアジアジャパンはLCCであるので、安全面を考慮して11分が4分だけ長くなっている。
と言うのは冗談で、僕が言いたいのは搭乗前の「とある15分」のことだ。

チェックインエリアに立ててあるホワイトボードをよく読んでみよう。

IMG_1026.jpg

と書いてある。

そうなのだ。
出発1時間前から45分前まではカウンターでしかチェックインができず
どんな善良な人でも1000円払わなければいけないのだ。
それが「魔の15分」と呼んだ理由である。

(2012年12月20日をもって、この制度は廃止されました。
カウンターでチェックインしてもお金は掛かりません。
2013年4月11日追記。)


何故そんないやらしいことをするのか?
客からのボッタクりが目的なのか?

いや違う。
恐らくこの制度の真の意図は、定時出発率を上げることであろう。
搭乗まで1時間を切ると余分に1000円払わなければいけなくなるから、
乗客には空港に早く来ようとするインセンティブが働く。

知っている人は、1時間前には必ず空港に来るだろうし、
知らなかった人でも、カウンターで1000円払わされることによって、
それが強いショックとなり、次からは早く来るようになるだろう。

こちらは同じようなことが書いてあるエアアジアから来たメールの記述だ。

AirAsia_RULE-02.png

ホワイトボードとは書き方がまるで違う。
この文章を読んで、
「搭乗1時間前からは1000円を取られること」が即座に読み取れるだろうか。
多分、すぐには読み取れないはずだ。
後から「あ、そうか」と気付くのがやっとであろう。

このような微妙な表現を使えば、必ず一定の割合で遅れて来る乗客はいるので、
エアアジア側も一便当たり数千円の不労所得を確実に稼げるのである。

乗客に空港に早く来るインセンティブを与え、自分たちも一定の収入を得ることができる。
この1000円に関して、エアアジアはよく考えたものだと思う。

さて。
この制度に対する処方箋。
この余分な1000円を回避する最善の方法は、
目覚まし時計を複数用意することでも、予定より1本早いバスに乗ることでもない。
WEBチェックインをすることだ。
僕はこの制度を知っていたので、何らかの理由で空港到着が遅くなった場合に備え、
プリントアウトした搭乗券を持ってきた。

プリントアウトするにも、インク代と紙代、そして手間が掛かるので、
WEBチェックインが最もコストの安い方法とはならないが、1000円余分に払うよりは随分とマシである。
インク代と紙代は、1000円を払わないための保険代と考えよう。
WEBチェックインをすることで「魔の15分」は確実に回避することができるのだ。


(2012年12月20日をもって、この1000円は廃止されました。
カウンターでチェックインしてもお金は掛かりません。
2013年4月11日追記。)



いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









ホットシートに騙されるな!

Category : エアアジア
エアアジアジャパンのホットシートは1200円で利用できるちょっと特別なシートである。

AirAsiaJapan-101.jpg

1200円は少し高いと感じてしまうが、
一般席の指定料金が300円であるので、追加料金を900円と考えれば少し気持ちが和らぐ。
ということで、この記事ではホットシートの追加料金を900円として考えることとする。

まずはシートマップから。
赤い座席が「空席」ではなく「ホットシート」である。

AirAsia_HOTSEAT-01.png
このように、1列から5列と非常口の12列、14列目がホットシートに割り当てられている。
(13列目は存在しない。)

ここでさっそく注意点。
「ホットシート=シートピッチが広い席」と考えがちであるが、それは大きな間違いだ。
確かに広いと言っても間違いではない。
ただし、シートピッチが広いのは1列目、12列目、14列目だけである。
2列目から5列目までは一般席と同じシートピッチだ。

AirAsiaJapan-38.jpg
ほら、2列目からは5列目からはこんな感じで狭い。

では何が特別なのか?
強いて言うならば「優先搭乗(エクスプレス搭乗)」があることだろうか。
しかし、先日の記事でも書いたように、成田空港での優先搭乗はほとんど意味をなしてない。
バスに早く乗れるだけで、それ以降は一般席の乗客とごちゃ混ぜである。
しかもバスの中で座るところを間違えると、
優先搭乗どころか最後に搭乗することになり、優先搭乗が仇になってしまう場合すらある。
もちろん前の方なので早く降機できるというメリットもあるのだが、
満席になっても180人乗りなので、降機が遅くなったとしてもたかだか数分だ。

WEBサイトを見てみると、
サービスのワゴンが早く来るので、早くサービスを受けられますなんてことも書いてある。
それもちょっと微妙だ。
一番後ろに座れば、後から来るワゴンでいち早くサービスを受けることができるし、
6列目に座れば、サービスの順番はホットシートの5列目とほとんど同じである。
しかも機内食を予約していればワゴンより早く届けてくれるのでますます魅力に乏しい。

なので2列目から5列目を指定すると、優先搭乗だけに900円を支払うことになる。
優先搭乗に900円は、さすがに高い。

ということで早々と結論、

ホットシートは1列目、12列目、14列目に座れ。

それ以外は価値なしかも…。


12列目、14列目は非常に快適である。
シートピッチは一般席の3倍くらいあるし、
元々座る人が少ないので一列丸々使用できることもある。
僕が乗った便では搭乗率が低かったせいもあって、
12列目、14列目に座っているのは僕以外誰もいなかった。

1列目、12列目、14列目を指定すれば900円の追加料金は結構安いと思う。
元々の航空券が安い分、追加料金が割高に感じてしまうが、
例えば、名鉄μスカイの指定料金が350円であることを考えると、
この広さで1時間~2時間900円ならば妥当な値段である。

エアアジアジャパンに乗るときには、
ホットシートという魅力的な名前に騙されることなく、
賢く座席を選びたいものである。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









エアアジアジャパン搭乗記(初便じゃないけど)

Category : エアアジア
バスが飛行機に横付けされた。
前のドア、後のドアともにタラップが付けられていたが、
雨が降っていたせいか皆前のドアから搭乗した。

AirAsiaJapan-30.jpg
ホットシートの優先搭乗権はどこへやら。
雨に打たれてタラップが空くのを待つ羽目になった。


AirAsiaJapan-31.jpg
福岡行にアサインされたのは1号機だ。
初便を逃してから53日、念願だったエアアジアジャパンにやっと乗れる。
とても嬉しかった。


AirAsiaJapan-32.jpg
CAさんにカメラを向けたら笑顔を見せてくれた。
なんだかこちらが恥ずかしい。
しかしいつしか僕も度胸がついたもんだ。
残念だったのは初便であったような合掌がなかったこと。
もう一人は見向きもしないで事務作業してるし。


さぁホットシートはいかがなものか。
赤いカバーが掛けれられているのがホットシートだ。
AirAsiaJapan-33.jpg
お、えらく広いぞ。


AirAsiaJapan-34.jpg
一般席はこんな感じ。
比べてみるとメチャクチャ狭い。


AirAsiaJapan-35.jpg
ホットシートを上から目線で。


AirAsiaJapan-36.jpg
こちらは一般席。
上から見るとその違いがなおさら良く分かる。


AirAsiaJapan-37.jpg
足だって余裕で組める。


AirAsiaJapan-39.jpg
トナリにはポップなフォントが特徴の2号機がいた。


AirAsiaJapan-40.jpg
僕が最後の搭乗者と思っていたがもう一台バスがやってきた。


AirAsiaJapan-41.jpg
A320は単通路でモニターがないので、CAさんがエマージェンシーデモを行う。
こんなところに置いたら持って帰っちゃいますよ僕。

プッシュバックは6時52分。
定刻より8分も早い出発であった。
タキシ―アウトは6時56分、RWY34Rを目指してノンストップでタキシング。
さすが朝早いだけある。
この時間は他のトラフィックが非常に少ないのでタキシングもスムーズだ。
エアボーンは7時5分。
タキシ―アウトから9分の超速離陸であった。

成田周辺はあいにくの雨、離陸後雲中飛行が続いた。

AirAsiaJapan-42.jpg
なんだかモヤモヤした外の世界。

ベルトサインが消えると機内サービスの開始だ。
僕は事前にミールを予約していた。

AirAsiaJapan-43.jpg
イケメン男性CAさんがこんな笑顔で持ってきてくれる。
(スイマセン、これ、ヤラセです。)


AirAsiaJapan-44.jpg
僕が予約したのは朝マックみたいな洋朝食セット。
コーヒーがついて650円。
若干高いと思ったが記念なので食べてみた。
期待していなかったせいもあって、結構美味しいと感じた。


AirAsiaJapan-45.jpg
「搭乗券、お持ちですか?」と言われて押しもらったのがこのスタンプ。
搭乗券は目的地まで捨てずにちゃんと持っておこう。


AirAsiaJapan-46.jpg
ミールは予約している人に優先的に配られる。
僕が食べ終わった頃にやっとカートがやってきた。


AirAsiaJapan-47.jpg
日曜日の早朝の福岡行きキャビンの様子。
ハッキリ言ってガラガラだ。
30人乗っているか乗っていないかだろう。
180人の定員に対し30人ならば搭乗率は17%である。
朝早い便なので仕方がないのかも知れないが、この搭乗率で大丈夫なのかと少し不安になる。


AirAsiaJapan-48.jpg
機内誌も一応ある。


AirAsiaJapan-49.jpg
しかし、本家エアアジアと共通誌のためオール英語。
この時点で大抵の人は開く気も失せる。
しかし英語の勉強にはもってこいだ。
日本のことも結構書いてあったりして、教材だと思って読めばそれなりに面白い。


AirAsiaJapan-50.jpg
非常口は上にハンドルがあるので、下から上にブラインドを閉める。


AirAsiaJapan-51.jpg
航路上はべったり雲で下の景色は全く見えず。
富士山が見えることを期待したが叶わなかった。


AirAsiaJapan-52.jpg
赤いエンジンもカッコいい。

福岡空港へはILSアプローチRWY16。
定刻より16分早い8時44分に到着した。
朝の便は遅れる要素がほとんどないため、定時就航率は相当高いはずである。
欠航のリスクはどの航空会社にもあるので、それを除けば出張等ビジネスにも十分使えると思う。

AirAsiaJapan-54.jpg
隣にはスターフライヤー。


AirAsiaJapan-55.jpg
反対側にはピーチ。


AirAsiaJapan-56.jpg
そして降機。
念願のエアアジア、遅くなってしまったがやっと乗れた。

さて、感想。
初便じゃないこともあって非常に冷静に乗ることができた。
悔しまぎれで言うわけではないが、初便ではその航空会社の本質を見ることができないと思う。
乗客もクルーもお祭りムードだからだ。
どちらも気分が高揚しているので冷静になれない。
だから今回はこうやって何でもないときに乗る必要性を改めて感じた。

機内はとても快適だった。
しかしそれは座ったのがホットシートであったことや、
ガラガラだったことが影響しているからだろう。
本来は一般席に座って感想を言うべきであると思うので、
これ以上、機内の快適さについて書くのはやめておく。

サービスについて。
これまで初便ばかり見てきたので、
「LCCと言えどもサービスは既存航空会社と変わらないじゃん」
という感想を持っていたが、今回のエアアジアのクルーには
サービスに対する気合のようなものを感じることはできなかった。

愛想とか言葉遣いとか態度とか、そういうものにはコストは掛からないので、
その辺りは全ては個人のモチベーションなんだろうなぁと僕は思っている。
LCCだから質を落としてもよいというのは違うと思う。
まぁそもそもLCCでは用事がなければクルーに声を掛けることはないから、
どうでもいい話なんだけれども。

ちょっと辛口なことを言ってみたが、
チェックインはちゃんとできたし、分かりにくいところはなかったし、
定刻通り運行されたし、機内食は美味しかったし、機内もとても快適だった。
別に取り立てて不満があるというわけではない。
これで100円、いや5000円~6000円くらいならば文句はない。
エアアジアジャパン、とてもいいぞ!


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









エアアジアジャパンの乗り方

Category : エアアジア
この記事は2012年9月24日に書いたものです。
現在とは状況がかなり変わっています。
従いまして、参考になる部分と参考にならない部分がございます。
その点をご理解の上、お読み下さい。
(2013年4月11日追記)


9月23日、エアアジアジャパンに初めて乗ってきた。
「何を今さら」って、それは100円キャンペーン運賃が取れたから。
100円なんだから乗らなきゃ損。
いや乗らなくてもあまり損しない。

まぁそんなことは良いとして、まずは搭乗直前までの乗り方について解説したい。
初めて乗る方の参考にでもなれば幸いである。

前泊したホテルから朝5時発のバスに乗り、5時10分成田空港第二ターミナルに到着した。

AirAsiaJapan-01.jpg
ターミナル北側のエアアジアのチェックインエリアはこんな感じだった。
もちろん人はいたが、いても10人くらい。
とてもガランとしていた。
僕の乗る福岡行きは飛行機は朝7時発なので、まだまだこれからと言ったところだろうか。


AirAsiaJapan-02.jpg
とりあえずホワイトボードをしっかり読んでみよう。


AirAsiaJapan-03.jpg
さぁ自動チェックイン機でチェックイン。


AirAsiaJapan-04.jpg
画面にタッチすると予約番号を入力する画面が出てくる。
しかし僕は家でWEBチェックインを済ませ、搭乗券をプリントアウトして持ってきたのでここで終了。
まねごとだけやってみた。


AirAsiaJapan-06.jpg
「僕、初めてなので何も分かりません」みたいな顔でフラフラしていたら、
この方に呼び止められて、搭乗券とそれ以外の部分を切り離してホチキスで止めてもらった。


AirAsiaJapan-07.jpg
こんな風に定規で切り離す。


AirAsiaJapan-08.jpg
ホチキスで止めて、はい、できあがり。

就航当初は、ここでこの作業をやらなかったがゆえに、搭乗時に切り離しの手間が発生し、
ものすごく時間が掛かったとテレビで報じられていた。
しかも定規を使わずに手で切り離していたらしく、かなり酷い状態だったそうだ。
今ではとてもスマートな手順になったものだ。


AirAsiaJapan-05.jpg
さて朝の便はどれだけあるかというと、ご覧の通り。
7時発の福岡行きの次は7時半の新千歳行き。
その後は11時半と、早朝便が行ってしまえば結構時間が空くわけだ。


AirAsiaJapan-09.jpg
時間が経つにつれてお客さんがやってきた。


AirAsiaJapan-13.jpg
6時に手荷物検査場が開くが、それまで皆さん座って過ごしている。
早朝なのに売店が開いているのは嬉しい限り。


AirAsiaJapan-10.jpg
特に用事はなかったが有人のカウンターにも行ってみた。
チェックインのゾーンの向かって右手奥に有人のカウンターがある。


AirAsiaJapan-11.jpg
なかなかそれらしい雰囲気。
ただしここに行くと難クセ付けて色々と巻き上げられることになる。
なるべく立ち入りたくないエリアだ。


AirAsiaJapan-12.jpg
放送は拡声器で行う。
ここ、エアアジアジャパンのチェックインエリアは到着ロビーの一部なので、
こういった方法しかアナウンス手段がないのだろう。


AirAsiaJapan-14.jpg
朝6時、手荷物検査場が開いた。
福岡行きの客が誘導される。


AirAsiaJapan-15.jpg
この場所で先ほどの紙にスタンプを押してもらう。
「え?なになに?この先にトイレはない?」
これは気を付けないといけない。
うっかり腹でも壊したりしたら大変だ。


AirAsiaJapan-16.jpg
スタンプを押された紙。


AirAsiaJapan-17.jpg
手荷物検査が終わると長い通路を歩いてテントに向かう。
「吹きっさらしにテント」と呼ばれた搭乗待合室(所)は一体どんなところなのだろう。
ドキドキ、ワクワク、胸が躍った。


AirAsiaJapan-18.jpg
角を曲がって、、、おっ、まだ先があるのか。


AirAsiaJapan-19.jpg
おぉスゲー。
ウワサ通りの「吹きっさらしにテント」だ。
ここに比べたら関空のピーチのプレハブなんて豪華邸宅のような施設だ。
ただし10月には新しい施設ができるそうで、このテントもあと少しで見納めである。
それまでに来れて良かったと思う。


AirAsiaJapan-20.jpg
運動会じゃないんだからさ。


AirAsiaJapan-21.jpg
そしてこちらは搭乗ゲート前。


AirAsiaJapan-22.jpg
トイレがないと書いてあったが、やはり緊急事態に備え一応用意はされている。
「青空」という響きは良いが、ここに入るには相当の勇気が必要だ。
よほどのことがない限り「乗ってからにしよ」と思わされる。


AirAsiaJapan-23.jpg
搭乗はホットシートのお客様、子供連れのお客様、お手伝いの必要なお客様から。
エアアジアには優先搭乗というものが存在する。
ホットシートは席が広い(最前列と非常口のみ)だけではなく優先搭乗という特典もあるのだ。
(ピーチ、ジェットスタージャパンに優先搭乗はない。)

実は今回僕はホットシートを予約した。(座席指定料金1200円。また後日解説。)
なので一番に搭乗。

AirAsiaJapan-24.jpg
なんてエグゼクティブなバスなんだ。
まさか自分一人だけ先に飛行機まで連れて行ってくれるのか。


AirAsiaJapan-25.jpg
と思ったら、ぞろぞろ人が乗ってきて、、、


AirAsiaJapan-26.jpg
結局こんな状態に…。

成田空港での優先搭乗とは、バスにいち早く乗れるだけのことである。
(ボーディングブリッジにある空港ならば、ちゃんと優先搭乗できると思うが…。)
バスの3つあるドアのうち、一番前のドアがタラップに最も近い位置になるので、
なるべく前の方に乗った方がいいのかも知れない。


AirAsiaJapan-27.jpg
隣からはクルーを乗せたバンが先に出発していった。
「ホットシートの人はこっちに乗せてよ。」


AirAsiaJapan-29.jpg
そして機体に到着。
優先搭乗の甲斐なく一番最後にバスを降りた。

つづく。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









「上空から目線の空の旅」@セントレア

Category : セントレア
今日はセントレアのイベント、「上空(うえ)から目線の空の旅」というトークショーを見に行ってきた。

語ってくれたのは、
航空ジャーナリストの秋本俊二さん、
公認サンタクロース兼初便マニアのパラダイス山元さん、
そしてセントレア寄席で有名な落語家の柳家三之助さんだ。

UEKARA-01.jpg

伊勢志摩フェアの途中で開催されたイベントで、
予定時刻の14時になっても始まらず、最初「あれ?オレ、日にち間違えた?」と思ってしまったが、
お三方がステージ裏に入っていくのを見て「おお、良かった良かった」と安心した。

伊勢志摩フェアの続きで座っている人が多く、
最初、修行の話で若干引き気味のギャラリーであったが、徐々に皆引き込まれていく感じであった。
僕はひとり、クスクス笑いながら聞いていた。
「乗り」が中心の話で僕にとってはまさに自分のテリトリー。
それはそれは楽しいトークショーだった。

UEKARA-02.jpg

柳家三之助さんが進行役、それにパラダイス山元さんが面白い話で応え、
秋本さんが真面目に解説、そして三之助さんも自分のエピソードを話すといった形式で進められた。

もちろん僕は充分に楽しめたのだが、ひとつ感じたことは、
やはり飛行機をテーマにしたトークショーは結構難しいということだ。
特に「乗り」のマニアックな話は難しいと思う。
聴衆のレベルが分からないからだ。
「修行?何それ?」、「ラウンジ?オレには関係ない。」
そんな反応にもなりかねない。
だから、手探りで聴衆の反応を見ながら進められるお三方の苦労が垣間見えた気がした。

さて。
実は今回はトークショーがサブでこちらがメインであると囁かれていた。
トークショーの後にクイーンアリスアクアを貸し切り、アフタートークショーが開催されたのだ。
フェイスブック(Facebook)で参加者を募集し、お三方とさらにディープなお話ができるという会だ。
開催時間は16時から17時までの1時間、15名限定のいわゆるお茶会である。
僕もそちらのアフタートークショーを一番楽しみに来た一人である。

UEKARA-03.jpg

サンドイッチとフルーツ、ポテトが取り放題。(話に夢中でほとんど食べられなかったが…。)
そしてこのデザートがメインで出てくるという豪華内容だ。(参加費用2000円。)
とてもボリュームがあり、僕はこれだけでお腹が一杯になってしまった。

アフタートークショーの中身はと言うと、
さすが皆さん飛行機が好きな方が集まっているということで、ディープな話が出るわ出るわ。
普段、飛行機中心の生活を送っていても聞けないような話が沢山聞けて僕は大満足だった。
もちろん「乗り」初心者でも皆さんの話を聞いているだけで楽しめると思う。

僕は「乗り」をテーマにしたイベントに参加した経験がないので、今日は本当に貴重な一日だった。
こうしたイベントを機にヒコーキを趣味とする人が増えればこれに勝る喜びはない。
こんなイベントをもっと開いてくれたらいいのにと思った。

また、今回はフェイスブック(Facebook)と連動させた新しい試みでもある。
SNSが切り開く新しい時代、
同じ趣味を持つ者同士が強固に繋がって行ける時代を予感させるイベントであった。

セントレア、ありがとう!!!
また参加するぜ!!!


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索