スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









重すぎて離陸できません。(デルタ航空ビジネスクラス搭乗記)

Category : ビジネスクラス
No.1のドアを入り、Bコンパートメントのビジネスクラスを突っ切る。
「しまった。No.2のドアから入るべきだった」と、このとき気付いた。
アッパーデッキへの階段はNo.2ドアのところにあるのだ。

アッパーデッキの乗客は見栄を張らず、
「エコノミークラス」と書いた後ろ側のボーディングブリッジに進むべきである。

階段を上り、14席しかないプライベートな空間に入ると、何だか急にホッとした。
「この快適な空間で13時間過ごせば日本に帰れるのか。」と思うと、
張りつめていた僕の中の緊張の糸が、ふっとほつれた気がした。

僕の席は77A。
アッパーデッキ真ん中にあるドアの一つ後ろの席である。


201306_DL629-07.jpg
たとえ無造作でぶっきらぼうであっても、布団や枕が座席に置いてあるのが嬉しかった。
「ああ、ここ、小さいけど自分だけの部屋なんだ。」と。
僕は慣れない海外出張でとても疲れていたんだなぁと改めて思った。


201306_DL629-08.jpg
ボーディングブリッジの真上のため、なんだかよく分からない景色が広がる。
元々アッパーデッキは窓の位置が遠くて低いので、
このビジネスクラス席からは全くと言ってほど外の景色は見えない。
それでも僕はプライベート感たっぷりのアッパーデッキを選びたいと思っている。
それは座ったことがある人ならばきっと分かってくれるだろう。


定刻より少し遅れてプッシュバック。
実は離陸時、面白い出来事に遭遇した。
緊急着陸ほどではないが、僕にとってはこれまた初めての面白い出来事であった。

何と重量オーバーで離陸できないと言うのだ。

もう少し正確に話そう。
どうやら12000ftあるメインの滑走路が工事中らしく、
それと平行する10000ftの滑走路を使わなければいけないらしかった。
そうすると滑走路長が短い分、最大離陸重量が制限される。

コックピットから入った放送によると、
「最大離陸重量をオーバーしているため、ここで燃料を燃やし軽くしてから離陸します。」
とのことだった。

僕らの乗った747はRWY22Rの手前で20分くらいアイドル推力で燃料を燃やした。
「アイドルで燃やさずにフルスロットルで燃やせばすぐなのに…。」
と突っ込みたくなったが、そんなことをしたら乗客がビビってしまうだろうから、
チビチビとアイドルで燃やすしかなかったのだと思う。

ある程度燃やしたところで飛行機は動き出した。
滑走路にラインナップし、離陸滑走を開始した。

ここで。
機長から「重すぎて離陸できない」なんて言われると、
普通の人はこんな風に考えてしまうかも知れない。
「10000ftの滑走路では燃料満載のジャンボは離陸できないのか?」と。
「じゃあ燃料を減らしたところで、ギリギリの長さで離陸せざるを得ないのか?」と。
何となくそんな不安を覚えてしまうことだろう。

結論から言うと、それは間違いである。
10000ftの長さがあれば燃料満載の747は余裕で離陸できる。

問題は緊急時である。
飛行機にはV1(離陸決心速度)というのがあり、離陸滑走中トラブルが発生した場合、
V1を超えていなければ滑走路の範囲内で停止することができる。
しかしV1を超えてしまったら滑走路の範囲内で停止できなくなるから、
そのまま離陸を継続しなければいけない。

何が言いたいかと言うと、
必要な滑走路の長さと言うのは純粋に離陸するための長さだけではなく、
緊急時に安全に滑走路の範囲内で停止できる長さを加えて計算されているということなのだ。

つまり「重すぎて離陸できない」というのは、
V1到達前に異常が発生した場合に停止するための長さを考慮すると、
10000ftでは滑走路の長さが足りないという意味なのである。

だから実はあまりシビアに考える必要はなく、
10000ftの滑走路を目一杯使って離陸するという意味ではないから安心してもいい。

とは言うものの万が一、V1手前で異常が起きたら、
残された滑走路の長さは理論上は結構ギリギリの長さなわけなので、
それなりには危険を伴っていることは心に留めておきたい。

実はノーズギアが浮いた瞬間、
「あ、これで異常が起きても離陸するしかなくなった。」
と安心したのを覚えている。


201306_DL629-09.jpg
正常に離陸できた747はぐんぐん高度を上げた。

さて、次はお待ちかねの機内食だ。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









コックピット開いてます。(デルタ航空ビジネスクラス搭乗記)

Category : ビジネスクラス
これから日本に帰る。
行きは緊急着陸しちゃって散々だったが帰りはスムーズに行きたい。

と言いつつも、「帰りもトラブってくれたらまた儲かっちゃうのになぁ。」
なんて不謹慎なことを内心思っていたりもするから結構複雑だったりする。

帰りはビジネスクラス。
ビジネスクラスならどんなトラブルでも大らかな気持ちで乗り越えられそうだ。


201306_DL629-01.jpg
A34番ゲート前。
中部行きDL629便は15時55分発だ。
サマータイムになってから若干出発時刻が遅くなった。


201306_DL629-02.jpg
ジャンボがとても凛々しく見えるのは多分気分が高揚しているから。
ラウンジを早々に出てゲート前に行っちゃうところがそれを物語っている。


201306_DL629-03.jpg
引いて見た方が実は存在感があったりするから不思議だ。


201306_DL62<br />9-04.jpg
ここの空港の悪いところは窓に小さなドットがあること。
近づいて撮るとこんな風にドットにピントが合ってしまう。


201306_DL629-05.jpg
さぁ搭乗の時刻。
400人近い乗客でごった返すゲート前をスイスイ進める。
スカイプライオリティレーンにはまるで赤い絨毯でも敷いてあるかのようだった。


さて、ここからがまたしても悲劇、いや喜劇の始まりであった。
コックピットのドアが開いていたので、
僕はまたしてもコックピットへの突撃を図ったのだ。

「ハーイ、オレ、ヒコーキ大好きなんだ。実は飛行機のエンジニアなんだぜ。」

「ヘイ、ガイ、じゃあここ座れよ。」
「あ、写真撮らなくていいか?」
「おい、ちょっと待て、こんなのどうだ。」
(ラックにしまってあった自分の帽子を取り出して)
「これかぶれよ。サマんなるぜ!」

とまぁ言われるがままに帽子をかぶらされ、
左席に座って親指を立てて写真を撮られる羽目になってしまった。
Facebookでご覧の方々には、大変恥ずかしい姿をお見せしてしまったと反省している。


201306_DL629-06.jpg
どうやらデルタは出発前にコックピットに人を入れる、いや、入る人を拒まない体質があるようだ。
だからアッパーデッキに乗る際には勇気を出して突撃して欲しい。
「ヒコーキが大好きなんだ。」なんて言おうものなら、
ノリノリの雰囲気で写真を撮ってくれるだろう。
日本のガチガチな風土ではできない体験がきっとできるはずだ。
(テロ後のアメリカの方がよっぽどガチガチだと思っていたけど…)

ということで、帰国便は幸先の良い始まりとなった。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









世界で活躍できる人材ってなんだ?

Category : その他
とある日のとある新聞の社説。
到達度テストに関する内容である。

201306_ENG-01.jpg

これを読んで僕は
「世界で活躍できる人材って何だろう?」
と考えた。

英語が話せる人材のことだろうか?
それとも学校の勉強が良くできる人材のことだろうか?

僕はどちらも「否」だと思う。

まず英語について。
最近、幼少からの英語教育が流行っているが、
個人的には全くもって意味不明だと感じている。

ここは日本だ。
日本語しか使わない環境で、日本語と英語の区別もつかない幼児に英語を教えたところで、
世界標準の英語が身に付くとでも言うのだろうか。
せいぜい小学校に入る前に、ちょっと英単語を知っているくらいなものだろう。

では、学校の勉強が良くできる人材というのはどうだろう?
こちらはまだ議論の余地がある。
学校の勉強が良くできるということは、
様々なことを学習できるポテンシャルを持っているということだからだ。

ただし、学校の勉強だけできればいいはずがない。
世界で活躍できる人材に必要なものは、
まず真っ先に、その分野における専門的な知識と経験であると僕は思う。

ある商品を売り込むならば、その商品に関する深い理解と
その商品の開発や販売に関わった経験が必要である。

その土台を作るのが学校の勉強なのだが、
それはあくまでも土台であって、実際に世界で活躍できる人材になるには
やはり実務の経験を積む以外にないような気がしている。

その土台とやらを、
これまでの硬直的な入試をやめて「到達度テスト」で作るというのは
一体何をすることを指すのだろう。
僕には何のアイディアも浮かばない。
結局社会に出て身に付けるしかないのだ。


それにしても最近の「英語さえできれば世界で活躍できる」
などと言った短絡的な発想が見られるのは残念である。
(僕が英語ができないから逆ギレして言っているわけではない…。)

英語はあくまでも専門的な分野で議論をするためのツールに過ぎない。
ツールだけを磨いてどうすると言うのだ。
戦国時代で言えば、武術を磨かずに刀だけを毎日一生懸命研いでいるようなものである。
磨くべきものはその分野の知識と経験であり、
まずは母国語だけでもいいから世界レベルの知識と経験を積むことである。

前回ネタにしたマクドナルドの店員に、
「キミは英語がペラペラだから、ウチの海外事業を全て任せよう。」
とスカウトところで戦力になるはずがない。
英語ができたところで専門知識がなければ何の役にも立たないのだ。

英語は大切だ。
ツールだって磨かないと役に立たない。
しかしまずは専門分野でいかに知識と経験を積むかだ。
英語なんて後からでもなんとかなる。

バカな英語教育だけが先走る世の中にだけはなって欲しくないのと同時に、
入試がなくなり、一点を争って戦う気概のある高校生が
いなくなってしまわないか心配である。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









最も英語で苦労する場所

Category : 海外旅行
僕は特段英語が話せるワケではない。
いつも偉そうなことを言っているが、英語を話すのはどちらかと言えば苦手な方だ。

「あ、えっ~と、Sorry?」
って何度同じことを聞き直しているか分からない。
相手は、いい加減愛想を尽かしたくなる気持ちを抑えて、付き合ってくれてるんだと思う。
ビジネスの場面ではそんな心の広い相手がいるからこそ、僕は何とかやっていける。

しかし、僕が何ともできない場所がある。
それがここだ。

201306_MAC-01.jpg
マクドナルド。

店員が何を言っているのか全く分からず、
早く注文しなきゃいけないという後ろからのプレッシャーも手伝って、
僕は毎回パニック状態に陥るのだ。

各ハンバーガーの上の段と下の段に異なる値段が書いてあり、
それが単品とセットの値段の違いだということに薄々気付きながらも、
確認する勇気が出ず、下の段のセットと思われる料金を黙って払う自分がいた。


201306_MAC-02.jpg
出てきたのはこれ。
下の段の値段を払ったからポテトとジュースが付いてきた。
一応何とかなったわけだ。

どんなビジネスシーンよりもドキドキするのがファーストフード。
食べ物が出てくるのが早いだけなく、英語もとても早いのだ。

マニュアル化され誰でもできる仕事をマックジョブと言うらしいが、
僕がちゃんと注文できたらきっとグッドジョブ、いや、グレートジョブである。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









デルタ航空CRJ搭乗記

Category : 海外旅行
約1時間のトランジットでCRJに乗り換える。

201306_DLCRJ-00.jpg
こちらが別のターミナルビルのCゲートと呼ばれるエリアである。
CRJ、ERJなどの小型機専用になっており、地面と同じレベルになっている。


201306_DLCRJ-01.jpg
一応ボーディングブリッジがあり雨に濡れずに搭乗できる。
ところがボーディングブリッジの蛇腹部分と機体のカーブがマッチするはずがなく、
実際はブリッジと機体の間はスカスカだ。
なので写真がよく撮れる。


201306_DLCRJ-02.jpg
座席は一番後ろを指定した。
国際線では入国に時間が掛かるのでなるべく前の方の席に座りたくなるのだが、
CRJの乗客数は最大でも50人。
どこに座ろうがほとんど変わらない。
なので僕は一番落ち着く一番後ろを指定した。
この席はリクライニングできないが、僕はリクライニングなんて滅多にしないので全く問題はない。

前の座席が2席空いているのにも関わらず、トナリにまた太っちょのオジサンが来た。
中部-デトロイトでトナリになったファットマンよりはマシだが、
軽く肘掛を占領されるくらいの太っちょのオジサンであった。
「うわっ、またか!」と思いつつも2時間弱のフライトなので我慢するかと思った。

いや、でも座席を替わった方が絶対に快適だ。
出発前にクルーに「席替わっていい?」と聞いたら「空中でね」と言われたので、
ベルトサインが消えると同時に前の席に移った。

正解だった。
ベルトサインが消えると同時に前の席に移り、僕は足を横に投げ出して寛いだ。
CRJは特に狭いので、トナリがいるといないのとでは大違いなのである。

ちなみにCRJにはファーストクラスなどの洒落た席はない。
もちろんエコノミーコンフォートもあるはずがない。
なのでどんなステータスを持っていようがあまり関係ないのが実情だ。


201306_DLCRJ-03.jpg
一応飲み物のサービスがある。
プレッツェルだって出る。
僕は例のごとくスプライトを注文。


201306_DLCRJ-04.jpg
目的地は雨。
とても寒かった。

僕は遠くパリエアショーを夢見ながら、この街で3日間を過ごした。



いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。