スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









カーナビも間違えたクラーク博士(北海道旅行記)

Category : 国内旅行
真狩村のブーランジェリーJINを後にした僕らは再び車を走らせた。
着いたところはクラーク博士のいる羊が丘。


2013JUL-makkari-01.jpg
あれ?こんな小川流れてたっけ?


2013JUL-makkari-02.jpg
羊が丘ってこんな哀愁漂うところだったか?


あった、あった、クラーク博士の像だ!!!

しかし何か変だぞ。

2013JUL-makkari-03.jpg
オイ、細川たかしじぇねーか!!!

カーナビのヤツ、間違えやがったな。


2013JUL-makkari-04.jpg
唄う細川たかしの像って、なんだよそれ!
あ、分かった、そういうことか、ここに触ると歌が流れるんだ。


さて、気を取り直して、本当にクラーク博士のところに行こう。

2013JUL-hitsuji-01.jpg
あった、あった、羊が丘はこっちだ。


2013JUL-hitsuji-03.jpg
クラーク博士を見るのに、何と500円も取られるのだ。
細川たかしはタダだったのに。


2013JUL-hitsuji-04.jpg
おー!これぞ、ホンモノのクラーク博士像。


2013JUL-hitsuji-06.jpg
皆さん、こんな風に必ずポーズを取っていらっしゃる。
ここまで来ておきながら、ポーズを取らずに写真を撮ったらむしろ変だろう。
ほぼ全員がこのポーズで写真を撮って帰っていく。
僕も当然ポーズ付きで写真を撮った。


ところで、冒頭の細川たかしは何だったかというと、
どうやら細川たかしは真狩村出身らしいのだ。
それで真狩村には細川たかしの像があるというわけだ。

そんなことつゆ知らず、ひょんなところでもらった地図に
「細川たかしの像」と書かれているのを目指して行ってみたらアレがあったのである。

カーナビが間違えるわけないだろう。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









真狩村のうまいパン屋 ブーランジェリーJIN(北海道旅行記)

Category : 国内旅行
本当は、支笏湖畔でゆっくり坊主と遊ぶつもりだった。
晴れていれば…。

しかし3泊4日中、4日間雨。
雨が止んだ瞬間は一度もない。
本当に本当に、ずっとずっと雨が降っていた。

こんな旅行は初めてだ。
全く外に出られないなんて。

支笏湖が美しいだけに、本当に残念だった。
でもレンタカーを借りたのは正解だった。
雨が降っていないところに出掛けられるからだ。


2013JUL-JIN-01.jpg
向かった先は真狩村(まっかりむら)だ。

何があるかって、

2013JUL-JIN-04.jpg
それは、こんなに洒落たパン屋だ。
おおっと、パン屋なんて言ったら怒られるのだった、
洒落たブーランジェリーだ。


2013JUL-JIN-05.jpg
「ブーランジェリージン」と読む。


2013JUL-JIN-06.jpg
真狩村の何もない田舎道にいきなり出現するパン屋。
と言うか、知らなかったらパン屋であることに気付けないくらいだ。
しかし存在感のある黒い建物、その風貌がただのパン屋ではないことを物語っている。

こんなところにあるパン屋が何故美味しくてよく売れるのか僕には全く分からない。
どんなビジネスをしているのかとても興味のあるところだ。
どうやらホテルにも卸しているらしいから、店頭販売は売上のごく一部なのだろうか。

見た目からは分からないが、店舗はガラスのある部分のみで、
店内は2組が入ったら動けなくなってしまうくらいの狭さだ。
そこにこじんまりと数種類(10種類以下)のパンが置かれているだけである。
どうやって商売しているのかますます謎が深まる。

でもパンは美味い。
ハッキリ言って美味い。
パリのパン屋並みだ。
僕はパン素人だが、最近、美味いパンが分かるようになってきた。
妻がこのパン屋に行きたがった理由がよく分かる。

実はここも去年のリベンジを兼ねているのだ。
去年、水の謌に行ったときは曜日がこのJINの定休日と重なってしまい、
行くことすらできなかった。
だから今年こそは行きたいと思っていたらしい。


2013JUL-JIN-09.jpg
一番美味かったのがこのクロワッサン。
バターの効き具合が絶妙である。
何個でも食べられそうになる程、飽きのこないシンプルな美味さである。


2013JUL-JIN-08.jpg
黒いパンは、季節のパン、チョコレートとオレンジのパンである。
僕は実は柑橘系のパンが苦手。
クロワッサンの方が断然美味しかった。


ところで。
最近、自分のブログのログを見ていると、
「パリ旅行 パン」とか「パンデザミ」(パリの有名なパン屋のパン)
などの検索ワードで引っ掛けてくれる人がいる。
それらのキーワードで検索すると、下の記事がそれなりに上位に出てくる。

過去記事(2013/06/04) → パリのパン屋に行くだけの究極の旅

僕の専門はヒコーキであるのにも関わらず、
「パン」という専門外のキーワードで引っ掛けて見てくれるのは嬉しいことだ。
今日のブーランジェリーJINも
そのうち引っ掛けてくれる人がいるんじゃないかと期待している。

だから、たとえ専門外であっても気を抜いた記事は書けないのだということを、
肝に銘じておかなければならないと思うのである。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









微妙だが絶妙なスカイレンタカー

Category : 国内旅行
北海道旅行記はまだまだ続く。

新千歳空港で借りたレンタカーはスカイレンタカー。

2013JUL-SKY-01.jpg

スカイレンタカーはトヨタや日産とは違い、B級だから他より安い。
僕は沖縄や福岡に行くとスカイレンタカーをよく使っている。
そんなこともあって、新千歳でもスカイレンタカーで借りてみた。

実は、新千歳空港の敷地内にはレンタカー会社は一軒もなく、
全てのレンタカー会社がマイクロバス、または大型バスを使って、
空港から10分くらいの「レンタカー村」みたいな配車場所まで連れて行ってくれる。

レンタカーカウンターの前のベンチで座って待っていると、
ひっきりなしに色々なレンタカー屋のスタッフが迎えに来てくれる。

迎えに来てくれたスカイレンタカーのスタッフと運転手はヒドかった。
たまたま妻がその場所にいなくて全員揃っていないのが分かると、
「皆さんお揃いでなければ、次のバスで来て下さい。」
「バスは停車禁止のところに停まってますので、長い間停まっていられないんです。」
といきなり一撃。

「すぐ戻ってきますので」と言うと、「お揃いになってから来て下さい」と。
結局すぐに戻ってきたからバスに乗れのだたが、
バスに乗る前からいきなりの不愉快な対応で僕は半分キレていた。

しかもスーツケースをマイクロバスに載せるとき、
スタッフ(女性)が手伝おうとしてくれたのだが、
運ちゃんが出てきて、
「そんな重いもん、持たんでいい。腰悪くするぞ。」
とスタッフに一言。

っていうかオレ、「持ってくれ」なんて頼んでないし…。
そもそも「そんな言い方、客の前でするか?」って感じだ。
僕は爆発寸前だった。


2013JUL-SKY-02.jpg
でも出てきたのはこの車。
トヨタのプレミオ。
CUBEクラスで予約してこの車なら文句ナシだ。
(調べたらあんまり値段変わらないけど…。)
かなりオヤジ臭いがCUBEよりも高級感があるのが良い。

とりあえず、空港に迎えに来てくれた運ちゃんとスタッフのことは水に流し、
車には満足してお店を後にした。

一瞬、「二度とここで借りてやるものか。」と思った。
でも車にはちょっとだけ満足した。
実は沖縄でもスカイレンタカーで借りたとき、
ヴィッツクラスで予約していたらプリウスが出てきて嬉しかったことがあった。

スカイレンタカー、微妙だが絶妙なのである。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









洗濯の自由 ~旅先で洗濯をすべきか~

Category : 国内旅行
最近、というかGWのパリの旅行から、

旅先で洗濯をすることにハマった。

理由はただ一つ。
帰ってきてからが楽なこと。

旅行自体は楽しけれど、家に帰ってくると毎度毎度ヘトヘトである。
そのヘトヘトな状態で何が面倒かって、
スーツケースを開け、使用済の服をまとめて洗濯をすることなのだ。

もちろん1回では終わらない量なので、最低2回は洗濯することになる。
そうすると洗濯自体が面倒なこと以外にも、
ハンガーがないとか、干す場所がないとか、雨が降ってきたとか、
そういう諸問題が発生してますます面倒なことになることがある。

「翌日に回せばいいじゃないか」と言われるかも知れないが、
なるべく嫌なことは早く済ませておきたいので、どうしてもやってしまう。
これが結構大変なのである。


それで。

201307JUL-MIZUNOUTA-08.jpg
「水の謌」にはコインランドリー設備があった。
1回300円というのは少々高く感じたが、
今回どうしても洗いたいものがあったので、300円を払って洗濯してみた。

実は2回洗濯をした。
計600円。

あと、洗濯以外にも乾燥が必要である。
乾燥機は30分で100円だ。
1回目は少量だったので30分のみ(100円)、
2回目は沢山あったので1時間乾燥機を使った。(200円)
掛かったお金は合計で900円である。

ポイントは、

旅先での手間を増やす「洗濯」という行為を、

わざわざ1000円も払ってするかということだ。

それにどれほどの価値を見い出せると言うのか。


結論から言うと、

旅先での洗濯は積極的にすべきだ。

確実にその価値を見い出せる。
帰ってきてからが本当に楽なのだ。
帰宅後の洗濯はもちろん必要だが、少量かつ1回で確実に済む。

しかも家に帰ってきてからの片付けが非常に早く終わる。
洗って持って帰ってきたものを、
いつもしまってある場所にポンポンと放り込むだけで済む。
洗濯と合わせて確実に1時間以上を節約できていると感じるのだ。

旅先で手間と出費を増やす「洗濯」という行為。
その対価として僕らは時間の「自由」を手にしていることにならないか?

何だかパリ旅行の時に書いた、タクシーの話にも似ている気がする。
過去記事(2013年05月08日) → タクシーに乗って生み出す価値

旅先で使うお金は日常生活以上に価値を生み出すものなのだ。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









温泉の正しい入り方、でもどうすりゃいいんだ!

Category : 国内旅行
実はここに来て、温泉の入り方を初めて知った。

201307JUL-MIZUNOUTA-04.jpg
(この先が水の謌の温泉である。)

何となく今まで、体を洗ってからお湯に浸かるのがルールだと思っていたが、
ササっと体を流して入るのが流儀らしい。

理由は、温泉に入ってから体を洗った方が汚れが良く落ちるからだそうだ。
湯に浸かって肌を温めると、角質が落ちやすい状態になるという。
ただ、服を脱いですぐに湯船に入るのは衛生面で問題があるので、
ササっとシャワーで体を流して入るというのがルールらしい。
(そりゃ当たり前だ。)

そして、出るときも体を拭いてはいけないらしい。
なるべく自然に乾燥させた方が良いと言うのだ。
暑いからと言って、冷水でシャワーを浴びるのは言語道断である。
理由は温泉成分が肌にとどまるからだと言う。

ごもっともだと思った。

温泉は成分が命である。
ただ体を温めるだけではなく、温泉の湯に含まれる色々な成分を体にくっつけて
帰るのが最も効果的な温泉の入り方だ。

しかし、体を拭くなと言われても、拭かずに出たら脱衣所がべたべたになってしまう。
どうしたらよいというのか???

屋内風呂の中は自然乾燥するには湿度が高すぎるし、露天風呂に出たら寒くて風邪を引く。
とするとサウナで水だけ蒸発させるか?
いや、汗で温泉成分が流れてしまうから逆効果だ。
やはり体を拭かずに出るにはどうしたらよいのか分らない。

脱衣所にあった「温泉の入り方」という書き物の中にも
明確な答えが書かれていなかったように思う。
永遠のテーマになりそうだ。


さて、ここで水の謌のお風呂周りの施設について。


201307JUL-MIZUNOUTA-05.jpg
温泉の入口付近にはこんなリラックススペースが設けられており、
マッサージチェアに座ったり、本を読んだりして過ごすことが出来る。
ただ、この場所はエアコンの効きがあまり良くなく(他の場所と同じエアコンの効き具合)、
風呂上がりの体には少々暑く感じる。
もう少し冷やした方が需要が出るのではないかと思う。


201307JUL-MIZUNOUTA-06.jpg
こちらは枕ショップと兼用になっている水売り場。
色々な水が置いてある。

ただ、値段が高い。
買いたいと思わない。
水を買おうと思うには、それなりの理由が必要であると思う。
誰も買っているところを見たことがなく、全く需要がないと思われる。
本気で売りたいのならば、宣伝広告をもっと考えた方が良さそうだ。


なんだか注文を付けてばかりになってしまったが、
肝心の水の謌の温泉はというと、とても柔らかくてお肌がスベスベになる泉質で、
何度も何度も入りたくなる温泉である。
男性の僕でも湯から上がるとお肌がスベスベで何だか気持ちがいいので、
女性の方々にはもっと気持ちがいいと感じてもらえることだろう。

正しい温泉の入り方を守り、1日2回お風呂に入れば
きっと大満足で帰れることだろう。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。