妄想膨らむスカイマークA330セントレア飛来

Category : セントレア
最近スカイマークのA330が福岡やらセントレアやらで訓練を始めたらしい。

今日、僕はセントレアから福岡へ飛んだのだが、
出発前にそのA330を偶然にも見ることができたのでレポートしたい。

セントレアに到着したのは9時10分過ぎ。
僕はまず本屋に立ち寄った。
週刊東洋経済を買うためだ。
航空特集号を買わないわけにはいかない。

それがいけなかった。

「まさか(A330)いないよねぇ」

と勝手に「いない」という読みを働かせていたことが間違っていた。
本を買い終え、エスカレータを降り、
ふと気になったのでフライトレーダー24を見てみると
今まさにスカイマークのA330が着陸しようとしているところではないか!

表示されていた高度は275ft。
表示は少し遅れているはずだから、ちょうど着陸したところだろうと思った。
僕は降りたエスカレータをすぐにまた昇り、
スカイマークのA330を見るべくスカイデッキに上がった。

A330は滑走路の南端にいた。


20140430_SKY01.jpg
そしてぐるりんと向きを変え、こちらに向かってきた。

一応間に合ったわけだが、
スカイデッキの先端で逆噴射バリバリの写真を撮ることはできなかった。
しかしこの角度で何とか見ることができたからまだ良かったかも知れない。

A330はスポットには入らず、
そのまま滑走路の北側(RWY18)に向かい離陸するようであった。


20140430_SKY02.jpg
A330はランウェイの手前でモタモタしていた。
フライトプランの入力等もあるだろうし、
流石にすぐには出発できないようだった。

僕の乗る福岡行きの出発は9時50分。
まだ25分あったが、モタモタしていたら優先搭乗に間に合わないと思い、
離陸シーンを撮るのは諦め、保安検査場に向かった。

機内では5月31日に向けた訓練がなされているのであろう。

もしかして、キャビンクルーはミニスカ穿いて訓練してる?
まさかねぇ。

しかしこうやって実際に連日訓練をしている機体を見ると、
5月31日がとても楽しみになってくる。
いや、僕は単純に機体と座席に対して興味を抱いているだけだ。
グリーンシートに座ってゆったりと寛ぐ自分を妄想している。
ミニスカを見たいなんて誤解されては困る。

ということで、
力強いテイクオフも見られず、
妄想だけが膨らむセントレアへのスカイマークA330の飛来であった。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









マイルとキャンペーン運賃を駆使して費用を最小化せよ。

Category : 国内旅行
マイル消化のために行く福岡日帰りの旅。
まずは旅程の復習だ。


2014APR-NHFUK03.png
4/30の中部-福岡と、5/31の福岡-中部である。

この旅程だと4/30の福岡-中部が足りない。
どこへ行ってしまったのか。

理由は簡単。
4/30の復路はマイルではなくお金を払って乗るから。

マイル旅行をするならば、その旅行の往復で取ってしまうのが最も手っ取り早い方法だ。
しかしそうしなかったのは、「GWはハイシーズンである」という理由による。
GWにマイルで往復をしてしまうと18000マイルも取られてしまうからである。

だから僕は片道をGWの4/30に使い、もう片道を5/31に使うことにした。
5/31はレギュラーシーズンのため、往復15000マイルで済む。
片道がハイシーズン、片道がレギュラーシーズンの時は、
足して2で割ったマイル数が適用されるため、
今回の旅行の使用マイルを16500(=(18000+15000)/2)マイルに減らすことができる。

あとは、4/30の中部-福岡のどちらの区間を有償で切るかだ。

朝はなるべく遅い方がいいが、遅すぎるとトンボ帰りになるからそれも困る。
そして少なくとも片道は必ずスターフライヤーに乗りたい。
セントレアに新規就航してからまだ一度も乗っていないからだ。

それでは早速4/30の中部-福岡を見てみよう。

2014APR-NHFUK04.png
8時ちょうどにスターフライヤー便があるが少し早い。
9時でも早い。
ということで9時50分発が適切だと判断した。

そうなるとスターフライヤーは復路で乗ることになる。


2014APR-NHFUK.png
おっと、ちょうどいい14時55分発にスターフライヤーがあるではないか。
復路は迷わずそれにしよう。

そして肝心のどちらを有償で切るかという話だ。
もちろん安い方を有償で切ることになるので、
必然的に往路の15710円の特割を買うことになる。

と決めてしまうのはまだ早い。
スターフライヤーに乗るのならばちゃんとスターフライヤーのHPも見ようではないか。


2014APR-SFJ01.png

なんと5月2日まで名古屋-福岡が約1万円。

これに乗らない手はない。
早速空席照会をしてみると、


2014APR-SFJ05.png
運がいいことに僕の乗りたい14時55分発の便に1席の空席があった。
これしかないと思い、早速予約した。

ANAのHPから取ったら大損していたところだ。
1万5千円と1万円の差は大きい。
スターフライヤーのHPをチェックして良かった。


ここで早速まとめに入ってしまうが、今回得た教訓は次の2つだ。

マイルを使うときは極力ハイシーズンを避け、

ハイシーズン以外に回せるのならば片道だけでも回せ。

大抵は単純往復で切らざるを得ないのが現実であろうが、
その時点でレギュラーシーズンに乗る予定があればそちらに回すのが手堅い。
そして、

コードシェア便は必ず相手先のHPも見よ。

コードシェア便は優位な航空会社側(今回はANA)で取ろうとすると高いので、
必ず劣位側の航空会社のHPも見ることである。
大抵は少しだけ安い運賃を提供していることが多い。
ただ有償で乗っているのにも関わらずマイルが貯まらないことになるが、
そこは安く上げるための機会損失と考えよう。
どうしてもマイルが貯めたいのならば優位側の航空会社で予約するしかない。

ざっとこんなところだ。

もし僕が何も考えず、4/30の単純往復で切っていたら必要マイルは18000マイル。
すると5/31を有償で乗ることになるので必要経費は13510円であった。
(画像はないが5/31の当該便の特割は13510円。)

この旅程にすることで1500マイルと約3000円を浮かすことができたのである。

ケチケチしてる と言わないで欲しい。

費用を最小化するゲームを楽しんでいる と言って欲しい。

一流の男は、スマートに最適解を探すのである。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









やべぇ、マイル切れそう。

Category : 国内旅行
米国を話題にした短編エッセイシリーズを続ける予定だったが、
ちょいと緊急事態なのでこちらを先行してやりたい。

-----------------------------------------------------

ふと気になってANAのマイルの有効期限を見てみたら大変なことに気が付いた。


2014APR-Mile01.png

やべぇ、今月末で2000マイル弱も切れる。

ということで急遽、旅行を計画することにした。
汗水たらして稼いだマイルを1マイルたりとも無駄にしてはならない。
せっかく貯めたマイルの有効期限が切れることほど悲しいことはないのだ。

たかが2000マイル切れるのをいちいち気にしていたら余計にコストが掛かるだけだ。
という意見もある。
セントレアまで行く交通費だって掛かるし、
どうせ僕のことだから、マイルを消化する以外にも何かひと捻り入れたくなって、
それに対するコストだって掛かるし。

それでもやはりマイルが切れるのは悔しくて、
僕はどうしてもどこかに出掛けたくなってしまうのである。

それで取った予約がこれ。

2014APR-NHFUK03.png
ルーティングについてはあれこれ頭を悩ませたのだが、
なかなかうまく繋がるところがなく、結局福岡の単純往復になってしまった。
(僕が急遽予約すると大体福岡になる。)

今の僕には、なるべく遅く家を出て早く家に帰るという制約条件が課せられている。
その条件下で、便数の少ないところに行こうとすると、トンボ帰りになってしまい面白くない。
かといって三角ルートで飛ぶにもセントレアからだと難しい。
そうすると、ある程度現地での時間が取れ、便数の多い福岡になってしまうのである。
札幌よりも便が空いているというのもある。

しかし良く見てほしい。
日付が4月30日と5月31日になっている。
どういうことか。

5月31日の意味を先に説明すると、
この日はスカイマークのミニスカフライトの初便の日だ。
その帰り道にマイルを使って中部に帰ってこようと思っている。

じゃあ4月30日は?
行きは分かるけど、帰りはどうするのかって?
それは次回説明しよう。

つづく。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









「ぬるい」は英語で何というのか。

Category : 海外旅行
米国滞在中、ある中華料理屋さんでワンタンスープを頼んだときのこと。


2014FEB-USA-01.jpg

えらく ぬるい ワンタンスープが運ばれてきた。
皆「ぬるい」と不満を言っていたのだが、
中国人に対して文句も言えず、アメリカだから仕方ないと言い聞かせ、
「まぁいいじゃんいいじゃん」と諦めながら飲んでいた。

後日、このエピソードをアメリカ人に話し、

「英語で『ぬるい』は何というのか。」

と質問を投げかけてみた。
もちろん「ぬるい」という英語表現を聞き出すため、
「ぬるい」という表現が包含するニュアンスを
「期待していたよりも温度が低く満足できない場合」という表現で伝えた。

すると2人が同時にこう言った。

Take it back!

なるほど、英語でぬるいは「Take it back」と言うのだ!
またひとつ勉強になった。
というのは冗談で、
「持って帰れ」と怒っているわけだ。
実にアメリカ人らしいジョークに、場は笑いの渦に巻き込まれた。

では真剣に、「ぬるい」は何と言うかというと、

Not hot enough

(発音は片仮名で書くと「ナラハリナフ」が近い)

実に簡単な表現に驚いてしまった。
しかし、この「enough」という表現が、
我々日本人にとって実に難しい表現であるということに
改めて気づかされたのである。

少し前に書いた「日本人は何故英語が苦手なのか」という記事で、
「日本人の英語」と言う本を紹介したが、
その本の中にも「enough」の使い方が日本人はなかなかできないという指摘があり、
特に「enough」を形容詞の後ろに置くという表現が苦手だと書いてあった。
(十分に熱いというのも、enough hotではなくhot enoughとenoughを後ろに置く。)

「ぬるい」の「not ~ enough」表現。
ダイレクトに表現できる単語のある日本語と、
否定形+語句を使って表現する英語。
このような発想の違いが我々の英語への壁を高くする。

しかし英語に限らず言語というものは、
そうやって一つ一つ場をこなしながら身につけていくものなのだろう。

これからはぬるいスープが出てきても、
堂々と「Not hot enough」と主張できそうだ。
ついでに「Take it back」と言えたのならば、
ネイティブスピーカーに間違えられること間違いなしだ。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









英会話を100%理解しているフリをする3つの方法

Category : 海外旅行
英会話は難しい。
僕は留学経験も海外滞在経験もないから尚更だ。
日本の学校の英語学習だけで英語を勉強してきた者にとって、
英会話というものは実にストレスフルである。
(ちなみに僕はTOEIC800点ありません。)

特に英語の本場、アメリカ人との会話は特に難しいと感じる。
アメリカ人は容赦なく英語をしゃべるからだ。
むしろタイとかインドネシアとか東南アジア系の人々との英会話の方が易しい。
英語を母国語としない人は結局は僕らと同じようなレベルだからである。

そして僕は専門的な仕事の話よりも、一般的な会話にストレスを感じる。
言ってることが100%分からないことだってある。
法律とか歴史とか、専門外の話は非常に苦しい。


僕よりもうんと英語を上手にしゃべる人がいる。
見ていると相手の言っていることを100%理解しているようにも見える。
しかし、後から聞いてみると「全然分からなかった」と言うのだ。
「え、ちゃんと相槌打ってたじゃないですか!」
と僕は驚くのだが、本人はそんなことはないと否定する。

僕自身で感じていることと、英語を上手に話す(ように見える)人を観察した結果、
どうしたら英会話を100%理解しているフリができるのかが大体分かってきた。
それは以下の3つだ。

① 分かったことだけ聞き返す

② 聞こえた単語に関する自分の知識をしゃべる

③ 冗談は理解できなくても笑う

それでは一つ一つ簡単に解説しよう。


① 分かったことだけ聞き返す

これは比較的簡単である。
例えば法律の話をしていたとしよう。
意味不明な会話の中で、「30000人の弁護士がいる」と相手が言ったとする。
このとき30000という数字が聞き取れたら、
「サーティータウザン?」とか言いながら頷くわけである。

数字を聞き返すのが一番やりやすくてよい。
聞き返すことで、単なる相槌よりもずっと好印象を与えられるし、
周囲はちゃんと話について行っていると勘違いするだろう。


② 聞こえた単語に関する自分の知識をしゃべる

これが3つの中で一番難しいと思うが、
相手の話の内容に関わらず、例えば僕が得意な「787」という単語が出てきたら、
「オレ、787よく乗ってんだよね。」
とその単語に関する自分の話をするのである。

話の脈絡に沿わない可能性があるが、「あ、ごめん」と一言断れば話は続いてくはずだ。
逆に話の脈絡に合っていれば、自分の得意分野に話をすり替えることもできる。
仮にそうなればしめたものである。

会話のキャッチボールができているように見せられるので、
これまもた周囲を勘違いさせることができる。


③ 冗談は理解できなくても笑う

これが一番簡単である。
皆が笑ったら自分も笑えばいい。

僕はアメリカ人の冗談を理解できた試しがない。
聞き取れないのだから仕方がない。

だから冗談を言ったと分ったらとにかく笑っている。
真顔でいたら、何だか変なヤツと思われるので一緒に笑えば仕舞である。

「え、何て言った?」と聞いても相手が紳士ならばちゃんと説明してくれるが、
何度もやるとうっとうしがられるので、とりあえず笑っておけばよいのである。


この3つさえ心得ておけば、かなり理解しているフリができるだろう。

考えてみて欲しい。
日本語でも例えば80歳のおじいちゃんの話はよく分からないことが多いし、
ましてや専門外であれば全く理解できない話だってある。

日本語ならば、

「理解できないのはアイツの話が分かりづらいからだ。」

と人のせいにしがちであるが、
これが英語になると

「理解できないのは自分の英語力がないからだ。」

と思ってしまうのが、我々日本人の悪い癖である。

100%理解するということにこだわらず、何となく
「これはこの人の昔話だな」とか、
「これはこの人の自慢話だな」とか、
それくらいが分かれば十分なのではないだろうか?

日本語で話をしていても我々は分かったフリをしながら話を聞いている。
それは英語でも同じなのである。

例え英語であっても臆することなく、

堂々と分かったフリをすればいいのだ。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索