スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









成田空港デルタラウンジは眺望良好!

Category : 成田空港
実は成田からデルタに乗るのはこれが初めて。いや初めてじゃなかった。一度緊急着陸して成田発になっちゃったことがあったっけ。でも初めから成田を出発地とするのは初めてなので、もちろんラウンジに立ち寄るのも初めてである。


DL585-05.jpg
デルタのラウンジSKY CLUBは、丸くなったサテライトの上の階に位置している。このエスカレータを上って行こう。


DL585-11.jpg
入口は結構豪華だった。さすが成田、デルタが沢山飛んでいるだけある。


DL585-12.jpg
中もえらく混雑していた。そしてラウンジの規模も大きかった。あれだけ出発便が重なっていればこれくらいの客の入りになるのはうなずける。


DL585-13.jpg
なんとなく洒落た感じもして結構いい雰囲気のラウンジである。デルタのラウンジと言えば、青白い光で照らす冷たい印象のラウンジが多いが、ここ成田のラウンジは木のぬくもりを感じさせる心安らぐラウンジであった。


DL585-14.jpg
窓側には一つ置きにMACと何もないデスクが並び外を眺めながらお仕事ができるようになっている。


DL585-15.jpg
食べ物も米国よりも豪華な感じ。


DL585-16.jpg
巻き寿司にわさびが置いてあるところなんかはさすが日本だ。


DL585-17.jpg
さて、このラウンジの何がいいかって飛行機が見えること。手前にはデルタの777、奥には747と777が見えた。


DL585-18.jpg
そして別の方向を見渡せばユナイテッド王国。

尾翼だけで機種を言えるかな?

簡単です。

手前から787、777、777、747、747だ。これくらいならば余裕である。答えられなかった人、月刊エアラインを購読しましょう。


DL585-19.jpg
このラウンジはAランウェイに面しており、離陸機が目の前を上昇していく。エアチャイナのA330が豪快な水しぶきを上げて離陸していった。


DL585-20.jpg
続いてタイのA380が降りてきて慌てて写真を取ろうと思ったら、モンゴルの737が上がって行った。結構楽しめるではないか。っていうか、

眺望が良すぎて寛げないんですけど…。


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









一応客なんですけど、お友達じゃなくて。【日本語大丈夫か?デルタの地上係員】

Category : 海外旅行
僕はこれからミネアポリスに飛ぶ。本当は中部からデトロイトに飛びたかったのだが、2014年の冬スケジュールからデイリー運航ではなくなっていたので仕方なく成田に来たのだ。

ちょうどこの日は4月8日、成田のLCCターミナルのオープン日だったのが幸いしてターミナルビルの取材ができたのは良かったが、成田経由で座席提供数は多いとは言え、時期によってはアップグレードが取れないこともあるわけだから、やはり中部からダイレクトで米国に飛びたい気持ちは残る。新幹線で品川まで1時間半、品川から成田空港まで1時間。乗り換えを含めたら確実に3時間は掛かっている。随分と時間をロスしている気がする。


DL585-01.jpg
さて成田空港第一ターミナルビル4階。デルタは北ウィングの出発である。南ウィングから北ウィングへと通り抜けると、すぐにデルタのチェックインカウンターが見える。おお、これは分かりやすい。


DL585-02.jpg
早速SKY PRIORITYレーンでチェックインをしよう。

チェックインカウンターにて機内食について聞いてみた。「今から和食をオーダーすることは可能ですか?」と。何故ならばいつも和食をオーダーすると「売り切れたから変えてくれ」と言われるからある。事前にオーダーする方法もWEBからはよく分からず、チェックインカウンターで頼めば何とか融通してもらえるかな?と思ったのだ。

そしたらオフィスに電話をして確認をしてくれた。結果は「機内食の搭載は終わっており、パーサーに伝えておくので、もう一度機内で頼んでくれませんか?」ということだった。

その対応は問題がない。というかむしろちゃんとオフィスに電話で聞いてくれてとても嬉しかった。しかし、小さなことなのだが、僕を担当したデルタの係員の言葉遣いが問題だった。なぜそうなるのか?

「カウンターの○○です~。○○にお座りの○○様が、和食がいいって言ってるんですけどー」と。

オイオイ、その言葉遣いはないだろう。客の前で、

「和食がいいって言ってるんですけどー」

はちょっとマズくないか?自分の上司と話してるからって、電話だから客に敬語使わなくていいってわけじゃないでしょう。一応目の前にいるんだから「和食を召し上がりたいとおっしゃっているのですが」くらいにした方がいいんじゃないか?接客業やってるんだから最低限の敬語はマスターしようぜ~。客の前で「言ってる」って、それ、尊敬語の前に丁寧語でもないだろー。

どうして外資系のスタッフってっいつもそうなっちゃうのかな?予約センターに電話してもときどきメチャクチャ荒っぽい日本語を話す人が電話口に出て驚くことがある。実は一度SQに電話して、あまりに言葉遣いが酷かったから、「ちょっとその言い方はないんじゃないっすか?」ってクレームをつけたことがある。

英語にも敬語ってあるでしょ。敬語まで行かないにしても丁寧表現っていうか。日本である以上、英語を上手に話せる人でも日本語をまずちゃんと話しましょうよ。いつも思わされるが、外資系エアラインって日本語がなんかお友達風なんだよな。

心の中で「ブログに書こっと」とつぶやき、特に文句も言わずその場をやり過ごした。


DL585-03.jpg
出国するとすぐにデルタの777が見えた。お、これがオレの乗る777か。とゲートに行ってみるとどうやら違うようだった。それにしてもデルタがたくさんいる。写真に写っていないが四方八方デルタだった。


DL585-04.jpg
この時間、僕の乗るミネアポリス行きのほかにも、シアトル、アトランタ、ニューヨーク、デトロイト、シンガポール、ロサンゼルス、バンコクとデルタの出発便が続いている。

成田でのデルタの勢力ははっきり言って凄い。でも、だからと言って日本語変なのは困りますよ。


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









やっと787試験初号機に会えた!【ずぶ濡れのセントレア28番スポット】

Category : Boeing787
今日の夕方、時間が出来た。というか元々時間があった。金曜日は絶対にセントレアに行こうと決めていた。しかし天気予報はずっと雨、月曜から天気予報に変化はなかった。「金曜日は雨」という予報だけは変わらなかった。

朝方は諦めていた。この雨じゃどうにもならない。体もカメラもずぶ濡れだ。だから一眼レフは持たずに家を出た。しかし微かな望みに託してコンデジだけ鞄の中に入れた。もし雨が止んだら行こう。どこかで希望を捨てていなかった。

787の試験初号機はセントレアに永久にいるわけだから、いつでも見られるチャンスはあるのだが、やはり787好きとしてはいち早く見たい。28番スポットに停まっているのも6月29日までの1週間のみだから、何とかその間に見たいのだ。6月30日にはどこか知らないスポットに持っていかれてしまうから、きっと28番スポットに停まっているときよりは写真は撮りづらくなってしまうだろう。

もう一つのチャンスは7月7日の式典の日だが、平日というのが動き辛い。今週の土日も予定が詰まっているから、やはりチャンスは今日しかないのだ。

もう行くしかない。

20150626-ZA001-01.jpg
ということで僕は17時少し前、ミュースカイに飛び乗った。


20150626-ZA001-02.jpg
セントレア到着は17時18分だ。臨時駐車場のクローズは18時。余裕で間に合う。レーダーで見たらその時間は若干雨が弱まることが分かった。これはチャンスだ。


20150626-ZA001-03.jpg
しかしセントレアの天気はこの通り最悪。大雨が降っていた。レーダの小雨情報は嘘だった。


20150626-ZA001-04.jpg
しかしもうここまで来てしまったらどんなに雨が降っていても行くしかない。僕は急いで1階に降りて28番スポットへと向かった。


20150626-ZA001-05.jpg
傘を差して向かうのだが、雨が酷い上に予想以上に風が強い。傘なんて全く役に立たなかった。


20150626-ZA001-06.jpg
ときどき凄い風が吹いてくる。もう傘を差していても差していなくても一緒だった。靴の中は水でシュパシュパ。ズボンは全体が濡れているので、完全に色が変わり濡れていないようにも見えるのが悲しかった。


20150626-ZA001-07.jpg
28番スポットまではセントレアのターミナルビルを出て南(出口を出て右)に歩いていけば迷うことはない。こんな風に矢印もあるので、ここを曲がるしかないのだなとわかる。もうこの時点で787は見えているが、臨時駐車場はまだまだ先だ。


20150626-ZA001-08.jpg
臨時駐車場に到着。一応見学エリアということで案内板も出ている。このあたりがマニアにやさしいセントレアである。


20150626-ZA001-09.jpg
吹きっさらしの駐車場は途中歩いてきた道よりも風が強く、水たまりも凄かった。もうこれ以上進めないと思ったので、立ち止まって写真を2枚撮った。もちろんギャラリーは僕以外いない。こんな大雨大風の日に来るなんて、

僕みたいなヘンタイ

しかいないのだ。


20150626-ZA001-10.jpg

うーん787、カッコいい!!!

ボーイングのハウスカラー素敵!!!

ってホントに思ってるかどうかは怪しい。

少し遠目であったものの22日に到着したばかりの787初号機をこの目で見ることができた。そしてカメラに収めることができた。雨が酷くてどうにもらななかったが、何とか望みを叶えることができた。

正直言って今日来るべきじゃなかったと思っている。大雨&大風のせいで全身ずぶ濡れ。カメラもずぶ濡れ。下手したら壊れてしまうほどだった。(辛うじて壊れなかったが…。)

でも787初号機を見られたからよしとしたい。上手に写真を撮ることじゃなく、この眼で見ることが大切なのだ。自身の眼で見て確かめる。それが一番大事なこと。

なんて自分の行動を正当化してみるけど、やっぱり今日行ったのはマズかった。晴れた日に来れたらきっともっと素晴らしいアングルで撮れたと思う。

残念すぎるぜ!

だけど心のモヤモヤは晴れたぜ!


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









新幹線から成田エクスプレスに乗り換えるなら品川駅が断然便利!

Category : 国内旅行
品川駅で新幹線を降り、成田エクスプレスに乗り換える。


20150408_NEX-01.jpg
京急に乗り換えるのならば、上るべき階段は重要であるが、成田エクスプレスに乗り換えるのならば階段はどこでもいい。北口でも南口でも問題なく乗り換えができるので最寄りの階段を上って行けばいい。


20150408_NEX-02.jpg
右の方に歩いて行けばJRへの乗り換え口である。


20150408_NEX-03.jpg
改札を出るとすぐに成田エクスプレスのホームが見つかるはずだ。


20150408_NEX-06.jpg
成田空港方面は13番線である。15番線にも成田エクスプレスに乗るホームがあるので気をつけたい。それは下りのホームだ。ちゃんと13番線に降りよう。

これが東京駅だとかなり大変だ。東京駅の新幹線のホームと成田エクスプレスのホーム(地下5階)とは離れているため、移動距離が半端ない。そう考えると名古屋方面から新幹線で成田に向かう人は、

品川乗換えが断然便利

である。しかも品川駅では新幹線ホームと、成田エクスプレスのホームが非常に近いからなおさら便利である。


20150408_NEX-04.jpg
反対側のホーム14番線には何故か回送の成田エクスプレスが停車していた。(これに乗ったわけではない。)


20150408_NEX-05.jpg
成田エクスプレスは定刻どおり入線してきた。


20150408_NEX-07.jpg
乗り込むとこの通りガラガラ。東京から沢山乗ってくると思いきややはりガラガラ。成田エクスプレスは時間も掛かって値段も高いから、こんな低い乗車率になるのもおかしくはない。今では東京駅から1000円で空港に行けるようになったので、その3倍もする成田エクスプレスは他の手段を知っていれば極力選びたくない移動手段なのだ。


20150408_NEX-08.jpg
しかしさすが空港アクセス特急を代表する成田エクスプレス。車内装備は充実していて見ていて楽しい。ターミナルごとのエアライン案内も車内に出るので、降りる駅を間違えなくて済むのは成田に不慣れな人、また外国人にとっては非常にありがたいだろう。

成田エクスプレスは、少しばかりの乗客と、あふれんばかりの空気を乗せて成田へと疾走するのであった。


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票が入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









デルタ中部-デトロイト線の運休日のため新幹線で東京へ

Category : 海外旅行
今日から4月に渡米した時の話。

僕がセントレアから北米に行くとき、デルタのデトロイト線に乗るわけだが、その中部-デトロイト線が2014年冬からデイリー運航ではなくなった。搭乗時の2015年4月現在、週5便となってしまったのだ。今回僕が乗りたかった水曜日は運休日。週5便=週休2日、確率2/7の運休日に見事に当たってしまったのである。

最初、別のエアラインで行こうとも思ったが、復路はデトロイト-中部の運航日であったので、仕方なく成田からデルタに乗ることにした。成田発の北米行きは大体昼過ぎから夕方発。結構いい時間に出発してくれるのであるが、実はその時間帯の便に接続する中部からの成田行きがない。中部→成田の乗り継ぎ便は朝と夕方の2便のみなのである。

中部を昼の12時くらいに出発してくれる便があれば米国キャリアの北米行きには一番都合が良いのだが、そんな時間への成田乗り継ぎ便はANA、JALともになく、陸上移動を強いられるのであった。(昔は3便体制で昼の便があったが廃止された。)

仕方なく僕は新幹線で東京に出て、そこから成田エクスプレスで成田まで行くすることにした。


20150408_SHIN-01.jpg
11時3分発ののぞみに乗る。これに乗ると成田空港には14時くらいに到着できる。成田発のデルタ便は16時40分発。少し早いくらいであるが、この日はたまたま成田空港のLCCターミナルのオープン日であったため、早く行ってちょうど良かった。


20150408_SHIN-02.jpg
大きなスーツケースがあるので、1A(最後列の3人掛けの窓側)を取ったのだが、名古屋から乗った時にはこの状態。最も手前のが僕のスーツケースだ。何とか入れられたもののぎゅうぎゅう詰めである。新幹線には専用の荷物置き場はなく、実質最後列の後ろに入れるしかないのが実情である。

セントレアに乗り入れる名鉄ミュースカイ、関空に乗り入れる特急はるか、そして成田エクスプレスのように専用の置き場を設けて欲しいものである。最後列を取っても結局この状態では全く意味が無かった。むしろこの状態だとリクライニングが一切できず、最後列を取ったのは失敗だった。

最近では大きなスーツケースを抱えた外国人も新幹線に多く乗っているわけだから、スーツケースを置いておくスペースは絶対に必要だと思うのだが、JRは何を悠長に構えているのだろうか。


20150408_SHIN-03.jpg
東京まで出ると書いたが実際には品川で降りる。次回に書くが名古屋方面から成田空港へ陸路で移動する場合には品川乗換えが最も便利だ。


20150408_SHIN-04.jpg
品川に到着。品川では20分程度の乗り継ぎ時間があるので余裕である。僕は重いスーツケースを転がしてJR在来線ホームへと向かった。

嗚呼、唯一の北米直行便がデイリー運航じゃないという不便さ。困っちゃうぜ。

なんて言いつつも実は成田経由は有難かったりりする。何故ならデルタのアップグレードが取りやすいからだ。東海岸に行くのならば、経由地はニューヨーク、デトロイト、ミネアポリスと結構選べる。だからどれかの便にアップグレードの空席があればアップグレードが可能なのだ。中部-デトロイト線の3倍以上の座席提供数は非常に魅力的である。

不便さと引き換えにアップグレードのチケットを手に入れる。「そんなに悪くないディールだ」と内心顔を綻ばせながら東京に向かう僕であった。


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票が入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。