スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









ハノイ国際線ベトナム航空ラウンジ【最もイケてるラウンジ】

Category : ベトナム航空
話がかなり飛ぶが、ハノイから帰国する前に寄ったのがハノイ国際線ターミナルのベトナム航空ラウンジだ。そのラウンジはとても新しくて綺麗だった。


2015AUG-HANNGO-11.jpg
入り口を見ただけで、これまで訪ねたベトナム航空ラウンジとは違うことが分かった。これは期待できるぞ。


2015AUG-HANNGO-12.jpg
受付にて航空券を手渡す。まだ早い時間とあって中はあまり人がいない。これはチャンスだ!


2015AUG-HANNGO-13.jpg
こんな雰囲気。これまでの中国風のラウンジと打って変わってオシャレでスタイリッシュな雰囲気である。


置いてある食べ物全撮りと行こう。

2015AUG-HANNGO-15.jpg
ハム類。


2015AUG-HANNGO-16.jpg
左はCooked Vegetableと書いてある。にんじんと緑色のはなんだろう?右はロシアンサラダと書いてある。へー、そんなもの置いてるのか。


2015AUG-HANNGO-17.jpg
ちょっとだけ怪しい食べ物。左はチキン、右はポークと書いてある。


2015AUG-HANNGO-18.jpg
温かいミールたち。試しに食べても良かったが、食事をした直後で満腹だったのでやめた。


2015AUG-HANNGO-19.jpg
こちらも温かいミールたち。


2015AUG-HANNGO-20.jpg
出た!フォーとその付け合せ。3ヵ所のラウンジに行って必ずフォーが置いてあったので、これはもうベトナム航空ラウンジの定番と言ってもよいだろう。


2015AUG-HANNGO-21.jpg
生野菜のサラダだ。左手には巻き寿司も見える。


2015AUG-HANNGO-22.jpg
ドラゴンフルーツ、バナナマフィン、ロールパンに食パン。


2015AUG-HANNGO-23.jpg
ドリンクのコーナー。確かコーヒーは別のところにあったかな?全撮りとか言って撮り忘れた。


で僕はというと。

2015AUG-HANNGO-24a.jpg
ミルク with シュガーってのがあったので飲んでみた。牛乳に砂糖を入れて飲むのがベトナム流、かどうかは知らないが、そんなものが普通に置いてあるということはベトナムでは牛乳に砂糖を入れて飲む習慣があるということだろう。

味はまるでバニラアイス。そりゃそうだ。牛乳に砂糖を入れればアイスの味になるに決まっている。飲んでみて、「あ、そうか、そうだよな」と妙に納得してしまった自分が恥ずかしかった。

さてまとめ。
首都ハノイの空港、国際線のラウンジは最高にイケていた。そこがショボかったら外国人から見たベトナムのイメージが崩れる。さすがにハノイばかりはベトナム航空も力を入れているのだろう。「外国人向けイメージアップ」の構図が簡単に読み取れた。元々新しくターミナルを作ったっぽいので綺麗なラウンジができるのは必然でもある。ハノイ国際線のラウンジを訪れてみて国内線のラウンジとの格差に驚くばかりだった。ひとつだけ行っていないのがホーチミンの国際線ラウンジだが、そちらも同じく綺麗なラウンジだと想像できる。

最初行ったのがハノイの国内線ラウンジ。実はその古めかしさにベトナム航空のイメージが一気に落ちた。そのあと、787とA350に乗って急激にベトナム航空のイメージが回復した。そして最後にハノイのラウンジでベトナム航空はやっぱりイケてるということを再確認した。

ということで今現在の僕のベトナム航空に対するイメージはいいままだ。最後にこのラウンジに入れて良かった。これでラウンジがショボかったら、僕は「ベトナム航空って機材ばかり新しいの入れて、ラウンジに全然力入れてないじゃん。そんなのダメだよ。」と思っていたはずだ。

ちょっと安心した。

ベトナム航空のラウンジを3つ使ってみての僕の率直な感想である。


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

スポンサーサイト









ホーチミン国内線ベトナム航空ラウンジ【ご飯系が充実!】

Category : ベトナム航空
前回に引き続きラウンジ特集。今回はホーチミンの国内線ターミナルにあるベトナム航空ラウンジだ。

ホーチミンの国内線ターミナルの中ははハノイと同じく古めかしい雰囲気だった。なのでここもオシャレなラウンジは期待できなさそうだ。僕はラウンジに食事の豪華さというよりも、空間として寛げるかということやスタイリッシュ感を求めている。置いてあるものは大体どこも同じ、特に欧米では食べ物系が少ない。アジアや中東には食べ物系の多いラウンジがまだまだ健在であるが、そもそも僕はラウンジではあまり食べない。だからラウンジの空間そのものを重視するのである。


VN238-202.jpg
こちらがラウンジの入り口だ。最初全然見つけられなくて困った。あっちだよってお姉さんに言われたが、「どこどこどこ?」とあたりをキョロキョロしてしまった。


VN238-203.jpg
入り口からしてオシャレ感がない。中国風である。いや、それがベトナム流なのか。中国とベトナムはよく似ている。言葉の抑揚も中国語とベトナム語はよく似ている。漢字こそ使わないものの僕は中国とベトナムの共通点のようなものを幾つか感じ取っていた。


それでは置いてあるもの全撮りと行こう。

VN238-204.jpg
手前から、スイカ、ドラゴンフルーツ、ミニバナナ、メロンだ。


VN238-205.jpg
こちらはチャーハン。お皿の上に盛り付けられてラップがかけられている。奥はスパゲティである。


VN238-206.jpg
こちらはパンやサンドイッチ類である。


VN238-207.jpg
フォーだ。ハノイにも置いてあったがフォーはベトナムを代表する食べ物なのだと実感した。


VN238-208.jpg
これらの具材をフォーに入れろということだろう。ホーチミンの街で行ったフォー専門店にもトウガラシとライムが置いてあったが、ここにも置いてある。日本で言うと、ご飯のジャーの横に梅干しや漬物、ふりかけが置いてあるのと同じなのだろう。

それで。

VN238-209.jpg
僕が取ったのはこちら。

アイツ、ラウンジでは食べないんじゃないのか?

「僕はいつもラウンジでは食べない」とか言っておいて、ガッツリ食べてるじゃないか!けしからん!とお思いのお方。大変失礼致しました。いや、今回ばかりは食べたかったのだ。朝に食べたフォーが少なかったのと、これから乗るA350の機内食じゃ絶対に少ないと思ったので、ここで食べておかないと後々絶対にお腹が減ると思ったのである。

ブログの趣旨からしたらはフォーの味見をしないといけないところだが、数時間前にフォーを食べている。しかも失敗している。だから大事を取ってやめた。その代りまだマシそうなチャーハンにしたのである。冷たいチャーハンだったが、冷めてもマシなのがチャーハンだろう。食べてみたら以外に美味しかった。お腹が減っていたというのもある。A350に乗るに当たり、とりあえずの腹ごしらえができたのでこれで十分である。

ベトナム航空のラウンジは食べ物が豊富だ。さすがアジア圏、欧米圏の簡素なラウンジとは違う。ラウンジには常にオシャレ感を求めている僕だが、今回だけは食べる目的だったので助かった。

チャーハンとフルーツを食べたらラウンジにいる意味はない。スタイリッシュではないラウンジ、しかもPCを使いにくいラウンジにいてもやることがないのだ。僕はA350の待つ搭乗ゲートへと急いだ。いつ搭乗が始まってもいいように…。

そしてA350の搭乗記へと続くのである。

もう一度A350の搭乗記を読む。 → 探し続けてやっと会えたベトナム航空A350



いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









ハノイ国内線ベトナム航空ラウンジ【インテリア古過ぎ】

Category : ベトナム航空
消化試合みたいになってしまうのが嫌だが、今回から3回、僕が経験したベトナム航空のラウンジを紹介したい。行った順に、ハノイ国内線ラウンジ、ホーチミン国内線ラウンジ、ハノイ国際線ラウンジの順だ。

まずはハノイ国内線ターミナルにあるベトナム航空ラウンジから。

VN259-181.jpg
その前に国内線ターミナルビル内の様子だ。随分と古びた印象である。


VN259-182.jpg
ラウンジに行く前に少しだけお土産屋さんに立ち寄った。何となく中国というか、いや、日本と言ってもいいかも知れない。ベトナムは文化的に中国、そして遠くは日本と非常に似通っている気がした。


VN259-183.jpg
こちららは怪しい食べ物。一体これは何なのだろう?


VN259-184.jpg
さあ、ラウンジに入ろう。おおっと、入り口からして何だか怪しい。


VN259-193.jpg
中に入ると結構驚愕。

古い、古い、古すぎる。

20年前のインテリアな感じだ。

中国のどこか変な空港のラウンジを彷彿させるオールドファッションな雰囲気にちょっとだけ萎えた。

それでは置いてあるもの全撮りと行こう。

VN259-185.jpg
スイカとリンゴ。


VN259-186.jpg
スイカとドラゴンフルーツ。ドラゴンフルーツは種がキウィみたいで、味もキウィの味が薄くなったような感じだ。


VN259-187.jpg
きゅうり?とキャベツ。いわゆるサラダである。


VN259-188.jpg
こちらは食パンとロールパン。


VN259-189.jpg
ハム類。


VN259-190.jpg
一番左のヤツは何だろう?それ以外、野菜と卵である。


VN259-191.jpg
重なっている皿はフォー。それ以外にお皿にご飯がサランラップをかぶせて置いてあり、手前の漬物みたいなやつを付けて食べるらしい。「ご飯ってどう食べるんですか?」と聞いたら「これをかけて食べます。」と手前の壺を指して教えてくれた。


VN259-192.jpg
ジュース類は珍しく缶で提供してくれる。最近はサーバーで提供される場合がほとんどのため、コソっとカバンに入れることが困難になった。ベトナムではまだ缶が健在なので、小型のスーツケースを持っている場合はコッソリ持って帰るのも可能である。ちなみに僕はカバンひとつできているので、重くなるのが嫌で持って帰ってはいない。昔はよくやっていたが、最近では貧乏くさい行為だなと思うようになったのでやめた。


VN259-194-1.jpg
で、僕が飲んだのはこちら。LEOという名の「ソルテッド・アプリコット・エナジー」。ポカリスエットのちょっと塩味がキツい感じの飲み物である。最初「うわ、なにこれ?」と驚いたが、少し飲むと「結構美味しい」。人間、すぐに適応できるところが凄いのだ。

ハノイのベトナム航空ラウンジは良くも悪くも古いラウンジで、オシャレ度が低い点を除けばそこそこ食べ物は豊富、ドリンクも豊富で意外とイケるんじゃないかと感じた。しかし、時間によってはとても混雑しており、その場合はVIPラウンジという近接したラウンジに行けと指示を受ける。混雑時にはどちらのラウンジも混雑しており、キャパシティの改善が必要だと感じた。

ただ、やっぱり見た目は大事で、見た目が古臭いと置いてあるものが豊富でも何だか萎えてしまうのである。


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









空港で垣間見えたベトナム人の特性

Category : ベトナム航空
ハノイの空港では国内線ターミナルへはバスで移動するのだが、最初そのバスの乗り場が見つからなかった。仕方なくインフォメーションで聞いた。そしたらビックリ。なんとお姉さんの英語が全く聞き取れないのである。

思い出せば機内のCAさんはちゃんとした英語を話していた。多少ベトナム訛りはあるものの、非常に聞き取りやすかった。しかし空港のインフォメーションのお姉さんはヤバかった。マジでヤバかった。最初から最後まで全く聞き取れないのだから。要するに人による発音の格差が激しいのである。

きっと日本人の日本人英語もこんな風に聞こえるんだろうなと思いつつも、少し前に読んだ「英語の害毒」という本では、日本人の発音は「世界で3番目に聞き取りやすい」ということが載っていた。そう考えるとまだ我々の英語の方がマシなのか。

ベトナム人の英語は聞き取りにくい

ということが分かった。もう一度聞いて「17」という数字だけ聞き取れたので、「17番のバス乗り場かな?」と思いそこに行ってみた。


2015AUG-NGOHAN-98.jpg
とりあえず外に出るとターミナル1へのシャトルバス乗り場はまっすぐ行って左との看板がある。そのまままっすぐ行ってみよう。実は写真には既に17番乗り場が写っているのだが、「まっすぐ行って左」という表現に少し惑わされた。すぐそこにあるのに気づけないのだ。


2015AUG-NGOHAN-100.jpg
少し待ったらバスが来た。これに違いない。ここでベトナム人の凄さを目の当たりにした。

とにかく列に並ばない。

10人も待っていないのに、順番を抜かしまくりだ。そんなに急がなくても乗れると思うのだが、我先にと人を押しのけて乗り込んでいく。僕なんて前から3人目くらいだったのに、抜かされまくって乗り込んだのは最後だった。

ベトナム人はどこか中国人との共通点を持っていると思う。ベトナムと中国は隣り合った国だから実際にそういう面はあるのだろう。中国人が列にちゃんと並ばないのは世界的にも有名な話。北京オリンピック前には「ちゃんと並ぼうキャンペーン」みたいなのを国家的に開いて、国民全体のマナー向上を目指したらしい。ベトナム人も全く同で、列に並ぶという概念を全く知らない国民性である。


2015AUG-NGOHAN-99.jpg
ターミナル1と呼ばれる国内線ターミナルに着いた。写真ではあまり分からないが、ターミナル1よりも古くて薄暗いターミナルビルだった。最初エコノミークラスのカウンターに並んでしまい「何か混んでるな、おかしい」と立っているお姉さんに質問したら「ビジネスクラスはああちらです」と写真のカウンターを教えてくれた。「おぉ、やはり空いている。」

たかだか十数分の出来事だが、ベトナム人の特性が2つも分かってしまった。旅をする意義というものはこういうところにある。ちょっとした出来事から、その国の人々の国民性や特徴が分かるからだ。最近やたらとグローバル化という言葉を聞くが、「グローバル化=英語が話せるようになること」では決してない。相手の文化を即座に理解しそれに順応することもグローバル化に必要な能力である。

発音が悪いからと言って怒ってはいけない。列に並ばないからと言ってケンカするのはナンセンスだ。笑って誤魔化し、すぐに受け入れる能力こそがグローバル化に必要なものなのである。


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









ハノイの国際線ターミナル到着時は写真撮りやすいです。

Category : ベトナム航空
ハノイ、ノイバイ国際空港は大きいながらも閑散としていた。きっとこの時間は空いているのだ。日本行き欧州行きとも深夜に出発するためその時間帯が混雑するはずである。


2015AUG-NGOHAN-92.jpg
乗ってきたA321。到着後に写真が撮りたい場合、ハノイの国際線ターミナルはなかなか撮りやすいと感じた。完全に直線的なターミナルビルであるしガラスは結構クリアだ。


2015AUG-NGOHAN-93.jpg
ベトナム航空A330-200。時々反射が入るものの撮りやすい。しかしまぁベトナム航空とは一回見たら忘れられない色だ。これを何色というのか。

「変な青」とし表現できず…。


2015AUG-NGOHAN-91.jpg
窓はクリアと言ったが実は結構汚れている。何だかペンキみたいなものが上から垂れているではないか。しかしそこを外せば綺麗に撮れるので全く問題はない。

僕が何を気にしているかと言うと、空港のどこからであれば機体全体が撮れるのかということだ。ときどき出発前に写真が上手く撮れない場合がある。窓が遠い、窓が汚れている、柱が沢山ありすぎる、出発時刻が夜などなど。

ブログ用に毎回どんな機体に乗ったのかちゃんと記録しておかないといけないので、出発前に写真が撮れないと結構焦るのだ。だから到着時に機体が上手く撮れるタイミングあるかどうかが非常に重要となる。到着地で撮るということが可能かどうか、それだけでも分かっていれば心穏やかでいられる。そのためにこうやって「ハノイの国際線到着時は撮りやすい」と記録を残しているわけである。


2015AUG-NGOHAN-94.jpg
かなり端の方に停められたので、とにかく入国ゲートまでが遠かった。ひたすら歩く。動く歩道があるのでまだマシだが、それでも遠く感じた。セントレアも毎回歩かされるがその比じゃない気がした。

入国はとても空いており1分も掛からず通過できた。機内でエントリーカードも税関申告書もが配られなかったため、「この国は何も必要ないのか?」と心配していたが、ベトナムへの入国はあっさりとスタンプ一つのみであった。そして一言も交わさずに入国。日本人はこういうとき得をしていると思う。どこに行くにも特に疑われたことがない。一度英国への入国で「0泊」とエントリーカードに書いて「A380に乗りに来た。すぐに帰る。」と言ったらきつく質問されたことがあるが…。


2015AUG-NGOHAN-95.jpg
手に持つ受け取りターンテーブルは薄暗いがとても広かった。僕はチェックイン手荷物なしの身軽な格好。ターンテーブルがまだターンする前に出られるスムーズさがたまらない。


2015AUG-NGOHAN-96.jpg
外に出ると、数軒のお店があった。ファーストフードにコーヒー店、乗り継ぎの暇をつぶすにはもってこいである。というのは国内線ターミナルが結構古くてさえないからである。ハノイにて国際線から国内線、国内線から国際線へ乗り継ぎをする場合、いずれの場合も国際線ターミナルの綺麗な環境で待った方がよいと感じた。


2015AUG-NGOHAN-97.jpg
外に出ると近代的なデザイン。ゲートは一直線にやたらと長いが、出発ロビー到着ロビーはコンパクトであり使いやすい。

さぁこれから国内線ターミナルへと移動しよう。僕はこれからホーチミンに向かう。ここからA350の物語が始まるわけだ。(もう全部出し切っちゃったけど。)



いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村









サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。