デルタ航空747アッパーデッキで過ごす出発50分前

Category : デルタ航空
搭乗が始まった。747の場合は出発時刻の約50分前からの搭乗となるため、2時間の乗り継ぎ時間があったとしても実質1時間くらいしかない。


2015SEP-DL275-05.jpg
久々の747への搭乗とあってワクワクする。


2015SEP-DL275-06.jpg
ナンバー1ドアから入る。僕の席はアッパーデッキなのでナンバー2ドアから入る方が実際は近いのだが、ナンバー2ドアには事前搭乗の乗客がいる可能性が高いため、その辺を見極めてナンバー1ドアから入った。747メインデッキ(1階)のビジネスクラスはAコンパートメントとBコンパートメントに分かれる。写真はBコンパートメントの様子である。


2015SEP-DL275-07.jpg
階段を上がるとメインデッキとは雰囲気が大きく異なる空間が現れる。アッパーデッキのビジネスクラスの広いこと。横幅が中途半端なため、両側にしか座席を設定できない。そういう事情もありどうしても通路の幅が広くなってしまうのである。


2015SEP-DL275-08.jpg
僕の座席は77A。アッパーデッキの真ん中付近、非常口のすぐ後ろの席である。この座席が何故いいかは昔書いた別の記事に譲りたいが、77AもKもデルタ747で最もお気に入りの席である。


2015SEP-DL275-10.jpg
やはり747のビジネスクラス。空間が広いこともあり、サイドテーブルが大きい。往路にA330に乗っていたので、比べてみるとその差は歴然である。


2015SEP-DL275-11.jpg
足元のオットマンには一眼レフとノートPCを忍ばせておく。これくらいの小さなアイテムならば特に足を載せた時にも邪魔にならないので、いつも僕はこうしている。


2015SEP-DL275-12.jpg
一日遅れではあるが日本の新聞も配られる。僕は電子版の登録を行っていないので、海外に行くと新聞がまともに読めない。日本で何が起きているのか全く知らずに米国で生活している。そんなときに配られる日経新聞は浦島太郎状態の僕を日常に戻してくれる重要なサービスだ。


2015SEP-DL275-13.jpg
77列目のメリットはこのテーブルのような台。一番前の列にしかない特別なスペースである。要らなくなったものはここに置いておけばよい。毛布、枕、新聞、タオル、コップ、ナプキンなど、僕はあらゆるものをここに置いている。クルーが見つけ次第持って行ってくれるのでとても便利だ。


2015SEP-DL275-14.jpg
新聞を読み終わるとやっとボーディングブリッジが離れた。50分前の搭乗は時間を有効に使わせてくれる。ウェルカムドリンクを飲みながら日本の新聞を読む。日本に帰るためのウォーミングアップが終わった。

スポンサーサイト









僕が成田便を使うようになった理由【デルタ航空の中部-デトロイト線について考える】

Category : デルタ航空
今日から米国からの帰路の話。

今回の帰国便ではデトロイト-中部のビジネスクラスのアップブレード枠が満席だった。中部線で使われているA330のビジネスクラス席は34席。747の48席に比べて少ないからアップグレードが取りにくいのも無理はない。だから僕は中部線に空席が出るのを待つのを潔く諦め、成田経由で帰国することにした。

成田から帰るとなると選択肢は色々ある。東海岸からだとニューヨーク、デトロイト、ミネアポリス等が経由地の候補として挙がる。今回はたまたまデトロイト-成田にアップグレードの空席があったので、迷わずそこに飛び込んだ。これで往復ともビジネスクラスが確保できたというわけだ。


2015SEP-DL275-01.jpg
デトロイト-成田線の機材は747⁻400。ついこの前まで中部にも来ていたジャンボである。「もう二度と乗れないかな?」と思っていたのだが、成田に来ている以上乗るチャンスはいくらでもある。過去2回ほど、中部-デトロイト線のビジネスクラスがあまりにも混雑しているため、成田経由という選択を採っている。すると自ずと747に乗るチャンスが生まれる。何故747がいいかと言うと、アッパーデッキがどの機材よりも快適だからだ。


2015SEP-DL275-02.jpg
僕の乗るDL275便は成田行きなのだが、以前の中部線でもそうだったように日本以遠のフライトがおまけとして付いてくる。


2015SEP-DL275-03.jpg
その以遠フライトはマニラだ。中部のデトロイト線も以前は最終目的地がマニラだった。そんな理由でこの便にはフィリピン人が沢山乗っていた。


2015SEP-DL275-04.jpg
ゲート前にかなり前からスタンバイ。おかげでほとんど1番に機内に入ることができた。

僕が成田経由を好むようになったのは、成田発の方がビジネスクラスのアップグレードが取りやすいからだ。それに加えて運航曜日という要因もある。中部-デトロイト線はデイリー運航ではなくなってしまった。冬スケからはなんと週初、週末のみの運航で、月、金、土、日(日本発)の週4便の運航となってしまった。国際線はデイリーでないと非常に使いにくい。希望の曜日に戻って来られないことがあるからだ。特に現地滞在が週末を挟む場合、例えば水曜日に日本を出て土日を挟み火曜日に戻ってくるような旅程だと往復ともに中部-デトロイト線は存在しないのである。

セントレアの北米線はかなり厳しい状況だ。機材を縮小したことにより、ビジネスクラスの座席数が減った。ビジネスクラスから埋まる路線なのにそれが減ったということは、乗りたくても乗れない人がいるということだ。

乗りたい人の中にはアップグレード狙いの僕みたいなヤツもいる。正規でビジネスクラスの運賃を払う人、アップグレードを狙う人、それらの人達が中部線で予約が取れないとなると成田へとシフトする。すると中部線は本来獲得できる乗客数を失い、曜日によっては便の維持ができなくなる。するとデイリー運航ではなくなり、ますます不便になる。トータルの乗客数は変わらなないとすると、成田からの便を利用する人が増えれば、ますます中部線の乗客数は減り、最終的には路線廃止ということもあり得る。

僕だって中部を使いたい。成田まで出るのは面倒である。しかし既に曜日によっては運航されていない曜日があるからには成田まで出ざるを得ない。成田からはアップブレードもし易いので、僕には成田を積極的に利用しようとするインセンティブが働く。

この状況を改善するために簡単に思いつくのは、ビジネスクラスの「席数数」そのものを増やすことだ。エアラインによっては胴体中央より後ろまでビジネスクラスを設置している機材もあるので、デルタのA330もそうしてみたらどうかと思うのだ。以前、中部線のA330に乗ったとき、ビジネスクラスは満席なのにエコノミークラスはガラガラだった。数人の人が4人掛けの真ん中席を一列丸ごと使えるくらいの搭乗率の低さだった。

デルタはエコノミーの客を増やそうと努力するのではなく、エコノミーの何倍もの運賃を払ってくれるビジネスクラスの乗客を増やす努力をした方がいい。顧客を機材に合わせるのではなく、機材を顧客に合わせる戦略が必要なのではないだろうか。









空から大国アメリカを眺めると色んなことが見えてきた

Category : デルタ航空
快晴の空。遠くからでもデトロイトの空港ははっきりと見えた。


2015SEP-DL739-11.jpg
6本の滑走路を持つデトロイト、アメリカの大空港は滑走路を5本も6本も持っている場合が多く、日本との違いに驚かされるばかりだ。鉄道が未発達で国土が広くしかも土地が沢山あるアメリカならでは事情である。日本で最も滑走路が多い空港は羽田である。それでも4本だ。新千歳(千歳)も4本あるが、あそこは2本が航空自衛隊、2本が民間のため、実質4本と呼んでいいのかが疑問が残る。


2015SEP-DL739-12.jpg
空港を右手に見ながら一旦遠ざかる。トラフィックの少ない空港であれば、クルンと回って降りるという芸当が可能だが、何せひっきりなしに離発着が繰り返される空港であるため、ちゃんと並んで降りないといけないのである。


2015SEP-DL739-13.jpg
デトロイト近郊にある別の小さな空港の上空を旋回する。目を凝らすと大都市の大空港周辺には3つも4つも小さな空港が見つかる。これも航空大国アメリカならではの光景だ。日本の場合、大空港の周りにある空港はせいぜい1つであろう。


2015SEP-DL739-14.jpg
ここからデトロイト周辺の景色の観察。下は住宅地で池の周りにはプールのある家が目立つ。かなりの高級住宅街なのではないかと推測する。


2015SEP-DL739-15.jpg
幹線道路沿いには高層ビルが数棟建っている。日本では高層ビルが建つのはよっぽどの都会であり、かつ密集している場合が多いので、日本ではまず見られない光景である。


2015SEP-DL739-16.jpg
こちらはさっきとは違ってやや小さな家。プール付きの家は目につかないが、それでも日本の家に比べたらうんと大きな家である。


2015SEP-DL739-17.jpg
工場群だろうか。広い土地に背の低い建物がズラリと並んでいる。


2015SEP-DL739-18.jpg
こちらは家ではないと思うのだが、この細長い小さな建物はなんだろう。車が停まっているが、倉庫か何かだろうか?


2015SEP-DL739-19.jpg
空港周辺にも家が立ち並んでいる。プール付きの家が立ち並んでいた辺りに比べたら安そうな家である。しかし、この辺りに住んでいたら毎日飛行機を眺め放題だ。ただ、ほとんどの機体はデルタなのであるが…。


2015SEP-DL739-21.jpg
着陸間近になると地面に自機の影が映り始めた。駐車場を猛スピードで影が駆け抜けていく。

実はアメリカは日本のよう前向き駐車をする車は少ない。みんな前からガンと入れて、出るときにバックをするのだ。ほとんどの車がお互いに顔を向け合って停まってるいのが分かるであろう。これが日本ならばお尻を向け合って停まっているはずである。


2015SEP-DL739-22.jpg
芝生の上に737-900ERが長い影を作る。


2015SEP-DL739-23.jpg
影は接地までついてくる。

こうして着陸前に地上の風景を眺めてみるとアメリカの土地がいかに広いかがよく分かる。日本でプール付きの家なんて超お金持ちの家だが、アメリカでは「超」が付くほどお金持ちじゃなくても持てそうだ。また、マンションなどは郊外にほとんどなく、高層ビルも贅沢に土地を使って建っている。アメリカはどこに行っても土地が広く、狭い国土にひしめき合って暮らしている我々日本人からするととても羨ましく思える。

なんだか近頃、アメリカは実はとてもいい国なんじゃないかと思えてきた。最初の頃は、何でもデカいだけで不便な国だと思っていたが、最近では懐が大きくて、土地も広くて、全てにおいてスケールが大きい国だと思うようになった。アメリカで多少サービスが悪くとも、「アメリカだから仕方ない」と許せることもある。何だかアメリカにいると心まで大きく広くなりそうな気がするのである。









デルタ航空国内線でB737-900ERに乗った。

Category : デルタ航空
僕がアメリカ国内線で乗った実は自身初めての機体、それはB737-900だ。737シリーズの中で最も長い派生形である。900型は800型よりも2.6m長く、最大座席数は189人を誇る。ただ非常口数の都合上、最大座席数を800型より増やせないらしく、結果的に800型の最大座席数と同じである。ちなみにERタイプでは非常口を増やして最大数を201席にしたものもあるらしい。すなわち900で詰め込める最大旅客は約200席ということになる。737もこのサイズになるとさほど757と変わらないから驚きである(757は228席)。


2015SEP-DL739-01.jpg
外回りから撮れなくて残念だが、シートポットに入っている安全のしおりが737-900であることを証明している。しかもER。ERとは先にも少し触れたが、Extended Rangeの略で航続距離を伸ばしたタイプであることを意味する。カリブ海諸国などへの近距離の国際線でも使用されているタイプだ。


2015SEP-DL739-02.jpg
僕の座席は6Aのファーストクラス。まだ機体自体が新しいため、シートもピカピカである。ファーストクラスの列数が多いのもありがたい。シート数が多ければアップグレードされやすくなる。


2015SEP-DL739-03.jpg
737とは言え、ファーストクラスの列数が多いと何だか広く感じる。MD88やA320、A319にはよく乗るが、古いし何となく狭苦しく感じてしまう。A320の方が胴体径は大きいのだが、今回737-900に乗ってみて何だか737の方が広いと錯覚してしまった。それは胴体が長いために、シート設定に余裕を感じるからだ。


2015SEP-DL739-04.jpg
こちらはエコノミーコンフォート。4列が設定されている。


2015SEP-DL739-05.jpg
乗り継ぎはデトロイト。この日の天気は晴れで視程も素晴らしかったため、他のトラフィックがよく見えた。途中すれ違ったのが、ジェットブルーの、、、ん、詰まってしまう。僕の中で候補として出るのが、エンブラエル195、またはA321だ。前者だと思うのだがなんとなく顔が違う。しかしA321だとすれば果たしてジェットブルーのA321にシャークレットが付いていただろうか?両者は機体サイズが全然違うが、遠くから見たら相似形に近いので少し悩んでしまうのである。


2015SEP-DL739-06.jpg
ちなみに737-900の凄いところはモニタで普通にエンターテイメントプログラムが見られること。国際線のプログラムと変わらず、日本語で映画だって観られる。たかだか1時間半のフライトだったのでそれを楽しむ余裕はなかったが、例えばカリブ海へのフライトなど3時間を超えるような場合には、こういうエンターテイメントプログラムが重宝することは間違いないだろう。

900型を侮ってはいけない。737とは言え、ANAで運航されているボロボロの500型(スーパードルフィン)なんかとは世代が全然違うのだ。こちらは最新の機体、さながら国際線機材のようである。

最近プロダクトの進化が進むデルタ。ノースウェスト航空と統合したデルタ航空であるが、ノースワーストと揶揄されたノースウェスト航空のレジェントは消滅し、完全に新しいブランドへと変貌を遂げたのである。

ってたまにはデルタを褒めてみる。いや、ホント、ノースウェスト時代のイメージからデルタを嫌う人多いけど、乗ってみると意外といいエアラインですから。いや、ホントお世辞抜きで…。









今、サラダって言ったよね?

Category : 海外旅行
アメリカの食事はとにかく多い。基本的に一皿頼めばそれで事足りる。日本で食べるときのように「これだけで足りるかな?」と心配する必要は全くない。逆に一皿でも「全部食べられるかな?」と心配したくなるくらいだ。

「さぁ、昼ご飯の時間だ!」と日本でいうサービスエリアみたいなところに立ち寄ったときの話。運転してくれているアメリカ人が店をぐるりと見渡し、僕らに選択肢を挙げてくれた。「イタリアン、サンドイッチ、ステーキ、サラダ、、、」。

最初の3つまでは良かった。「イタリアン。うんうん、パスタとかいいよねぇ。」、「サンドイッチ。ん~昨日の昼にサブウェイみたいなお店で食べたからなぁ。」、「ステーキ。いいねぇ。でも値段高そう。」、そして最後の4つ目。「サラダ???え~今、サラダって言ったよね。それってステーキの付け合わせじゃなくて???」。誰もが耳を疑ったはずだ。

「サラダって何だよ」と。

そして「どうする?」と振られた人が答えた。「サ、サ、サラダ?っていいですねぇ。でもサラダだけ?」。「オーケー、サラダね。みんないいかい?」。皆一堂に頷いた。鶴の一声でサラダに決まった。運転手のアメリカ人は顔色一つ変えずに店に向かって進んでいく。僕らは後ろの方で「サラダって何スか?」とコソコソ話をしていた。サラダはサラダなのにも関わらず…。

恐る恐るお店に入ると、アメリカンな雰囲気が迎えてくれた。見た目はアメリカの普通のレストランだった。そしてメニューを眺める。写真がなくて申し訳ないが、サラダの写真がたくさん載っていた。そして隣のテーブルに運ばれる皿をチラリと見ると、大きなお皿にサラダが山盛り盛られていた。

やべー、ホントにサラダだ。

やっぱりサラダはサラダ、サラダはサラダだったのだ。「サラダって日本ではサイドディッシュですよ。」と言ってはみるものの、「へぇー」と言われただけでそれでおしまいだった。日本の食文化など何の説得力もなかった。


2015SEP_USA-01.jpg
そしてこちらが僕がオーダーしたベリーとほうれん草のサラダ。BerryとVeryを掛けたちょっと洒落た名前が付けられていた。ベリー系果実の甘みとソースの甘みがあり、全体的に甘いサラダだった。塩辛いのはチーズのみだ。

なるほど、サラダがサラダである理由が分かった。サラダを一人分の主食として食べるのだ。サラダ一皿で食事になってしまう凄さ。さすがアメリカだと思った。これは日本にはない文化だ。僕のサラダは一見デザート風であるが、他のメニューを見ると野菜の上に肉が乗っていたり、少し塩辛い味付けであったりと、ちゃんとした食事らしくアレンジされているものが多かった。

僕は甘い味付けに飽きてしまい、結局全部食べられなかった。それは量が多かっただけで、適切な量であればちゃんと食べられる。別に味が悪いわけではなかった。

いやはや、サラダだけで一食になるなんて思いもしなかった。しかし「サラダって何スか?」と僕が口にしてしまったのも無理はないと思わないか?そんな発想は僕らにはできないからだ。サラダはあくまでサイドディッシュ。僕らは頭の中でそう信じ込んでいる。この昼食はそんな常識を見事に打ち破り、新たな概念を植え付ける一食だった。


次の晩、今度はイタリアンレストランに行った。「イタリアンと言うからにはパスタとかピザが食べられる」と日本人の僕らは思ってしまうが、普通イタリアンレストランと言えば、日本でよく見られるパスタやピザが充実しているお店を指すわけではない。そういうものが食べたければ、「トラットリア」と呼ばれる一つグレードが低いところに行った方がよい。ピザが食べたいだけならば「ピッツェリア」という別カテゴリも存在する。英語のレストランに相当する「リストランテ」はやや高級なイタリア風総合レストランのイメージである。


2015SEP_USA-02.jpg
イタリアンレストランでもアメリカらしくステーキが用意されている。「なんて素敵なステーキなんでしょう」という冗談は良しとして、僕はイタリア料理屋に行っても周りの空気を一切読まずにこういうものが食べたくなる。黒焦げになっているように見えるが、これでも中身はちゃんとしたレア。ステーキハウスで食べたステーキよりも柔らかくて美味しかった。

日本ではちょっとカジュアルなイタリア料理屋さんに行くと、「パスタかピザかどっちか選べ」と強制的に食べるものを選ばされ、それがメインとして提供されるが、本当のイタリア料理屋さんでは、メインはメインでガッツリしたものを用意してくれている。しかもアメリカではステーキがメインに据えられているところが素敵(すてーき)だ。パスタなんて数えるほどしか種類がなく、そもそもサイドディッシュである。ちなみにこのお店にピザは存在しなかった。

まだまだ、僕の知らないアメリカの食文化。最初アメリカに行った時、「単に量が多いだけじゃないかよ!」と非難したくなるだけだったが、最近アメリカの食事が好きになってきた。味気ない、量が多い、不健康、そんなイメージが先行するアメリカ料理であるが、適度にアメリカナイズされた料理は、それはそれで面白く、こんな記事が一本書けるくらいのインパクトを与えてくれる。それが僕の頭の中の血や肉になっていくのである。









サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索