スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









成田国内線乗り継ぎ物語【福岡行き搭乗の巻】

Category : 国内旅行
ラウンジは保安検査場の外にあるので、あまり時間を潰しすぎると大変なことになる。それを忘れて出発ギリギリまで寛いでしまう人が沢山いるのではないかと思う。「よし、出発15分前だ。」と思ってラウンジを出たら、まだ保安検査場を通過していなかったということにもなりかねないので、出発25分前にはラウンジを出たいものだ。


2015JUL-NH2145-11.jpg
ラウンジ横にある階段を上り、長い長い通路を通って保安検査場に行く。


2015JUL-NH2145-12.jpg
GOLD TRACKと呼ばれるレーンがあるが、空いているためどこを通っても同じだ。保安検査場を通過するとまた一階に降りる。ずっと一階ならばありがたいが、そうは行かないところが成田だ。成田はどこへ行っても複雑な構造をしており、至るところに「付け足し」で作ったことを物語る証拠が見つかる。


2015JUL-NH2145-13.jpg
一階には広大なバス待合室が用意されていた。


2015JUL-NH2145-14.jpg
隣のNAGOYA行きに乗ってしまってもバレないんじゃないかと思いつつも、福岡行きのゲートをくぐる。頭の中で「自分の最終目的地は名古屋だ」と思っていたりしたら、乗るバスを本当に間違えてしまいそうだ。


2015JUL-NH2145-15.jpg
バスで走ること5分。僕の乗る福岡行き737は沖止めされていた。国内線への乗り継ぎが皆バスという不便さ。普通の人にとってはとても不便な空港だと思う。しかし航空マニアにとっては地上から成田の飛行機たちを撮影できる素晴らしい空港だ。


2015JUL-NH2145-16.jpg
コックピットウィンドウに眉毛(アイブローウィンドウ)がない新しい737だ。その昔、天測航法用に開けられていた窓が今では不要となったので閉じたのが新しい737の顔である。


2015JUL-NH2145-17.jpg
胴体の翼の上には非常口が2つ。「あ、(737の)800なのか」とこの時初めて気が付いた。最近、日本の国内線では乗る機種をあまり気にしない自分がいる。自分のことながらちょっと残念だ。


2015JUL-NH2145-18.jpg
その翼の上はこんなに広い非常口席となっている。ANAの737-800の非常口座席は異常に広い。A320も翼上に非常口が2つあるが、全然広くはない。「ここに座る人はさぞかし快適だろう」にと思い、僕はもう少し後ろの自席へと誘われていくのであった。

つづく。


スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。