福岡空港で国内線から国内線へ乗り継ぐ場合どーしたらいいの?

Category : 福岡空港
「地上係員のお姉さんに話し掛けて、再度X線検査を受けなくてもいいようにしてもらわないと」と思いながら降機すると、僕の名前を呼ぶホークスのユニフォームを着たANAのお姉さんがいた。

どうやら成田から連絡が行っていたらしく、彼女が僕を中部行きのゲートまで連れて行ってくれると言う。「僕のやって欲しかったことをしてくれた!」と嬉しくなっていたら、その場所でずっと待たされた。「全員が降機してからお連れします。」と彼女は言った。「ここで待ってないといけないんですか?僕、ゲート分かるんで一人で行きましょうか?」と言うと「それはできないです」と言われた。

何だか変な話である。僕は「一応」コネクションがタイトな人。なのに全員が降機するまで待たないといけない。降機には10分くらい掛かることもある。それでは意味がないではないか。(実質遅れはないのでタイトではないが…。)

はじめ全員降機してからという意味が分からなかった。おそらく彼女一人しか便の到着担当がいなかったため、自分の仕事を果たしてからという意味だったのだろう。途中、別の地上係員が来てくれてその係員と交代することが出来たので良かったが、何だかとても不思議だった。

僕は当初から地上係員のお姉さんに次の区間の航空券を見せて、そこでさよならするつもりだった。何故、係員同伴でゲートまで行かないといけないのか。僕は何もそこまで望んでいない。地上係員に迷惑を掛けるつもりなどさらさらないのだ。

とは言うものの、交代要員が来てくれたので、僕はホークスのユニフォームを着たお姉さんと3番ゲートまで歩いて行くことになった。

僕はお姉さんを早く解放してあげないといけないと思った。僕は「僕(3番ゲート)わかるんで、一人で行きますよ。ここまででいいです。」と何度も断った。それでも彼女は頑なに「いえ、一緒にお連れします。」と言う。どうやら責任を持って連れて行かないといけないらしい。「なんででしょうね?」と問うと本音がポロっと出た。「私もわかりません…」。

そんなことを言っちゃうところからして、彼女はかなり下の立場であることが想像できた。ホークスのユニフォームを着ているし、見た目も大学生みたいだ。もしかしたらアルバイト係員なのかも知れない。彼女は自分の判断で仕事をすることが許されない立場なのである。

何だかとても申し訳ない気持ちになった。忙しいところに一人アサインをしてくれたのだ。どおりで浮かない顔をしているわけだ。僕が場を和ませるつもりで「僕、福岡に住んでたことがあるので、福岡空港の中はよく分かってるんですよね。」と言っても全く会話が続かなかった。

3番ゲートが見えるとトランシーバーでカウンターに連絡。向こうが僕の姿を確認した時点で彼女はお役御免となった。「ありがとうございました」と僕が言うと、彼女は何だか困惑した顔をして去って行った。


2015JUL-NH450-01.jpg
僕の乗る中部行きは定刻で出発できそうである。彼女のおかげで保安検査場を再度通らずに済んだ。ありがたやありがたや。

今回、読者の方から「ANAとANA同士の最短の接続時間は20分であり、それを満たしていれば基本的にケアはない」旨のコメントを頂いた。だから今回の対応は特別であったことを知った。僕はやってはいけないことをしてしまったのだ。

だけど僕にも主張がある。前にも書いたが何故、ゲートまで同伴してもらわないといけないのか。僕はてっきり、地上係員に声を掛けたら横に通してくれるだけだと思った。じゃあ福岡空港で、再度X線検査をせずに乗り継ぎたい場合はどうしたらいいのだろう。いちいちX線を通っていてはスムーズな乗り継ぎができないではないか。

悪いことをしたなぁと思いつつも、非常に疑問が残る対応であった。



スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索