インフルエンザ感染ドキュメント<完全版>

Category : その他
インフルエンザの続き。実はあの日の記事を書いた後が結構激しかった。既に書いた月曜日までの状況に加えて、今日までの状況を書き加えるとこうなる。

木曜日:インフル感染疑い。
金曜日:終日症状なし。
土曜日:夕方から微熱、体のだるさ、のどの痛み。
日曜日:朝37.6度。薬を飲んだら熱が下がる。しかし夜37.2度。
月曜日:朝38.0度、病院にてインフルエンザA型と診断。夜37.6度。
---(前回ここまで)---
火曜日:朝38.1度。昼に一旦36度台。ピークが過ぎたと油断。夕方38.8度。
水曜日:未明が症状のピーク。朝38.2度。昼に36度台。その後平熱。
木曜日:朝起きたら激しい頭痛。しかし平熱。その後平常へ。

今回のインフルエンザの症状で特徴的だったのは、症状が本当のピークになる前に一旦平熱に下がってしまったこと。ピーク前に体温が下がると油断する。「あーこれで治るんだ」と安心しいてたところへの急襲。これは精神的にも辛いものがあった。山登りで、山頂だと思って昇ったところが山頂じゃなかったとしたらショックだろう。しかも一旦下山した後にそれが分かったとしたらもっとショックだ。

前回の記事では月曜日がピークだと書いたが、水曜の未明から朝までが本当のピークだった。発熱で体が弱っているところに、体が痛すぎて眠れず、心臓はバクバクして死にそうで、解熱剤は全く効かず、起きているのに夢を見ているような変な感覚が襲う。そんな状態で一夜を過ごすのは本当にしんどかった。

そして今日、下の子に感染が発覚。家族とは離れて過ごしていたのだが、家族に伝染してしまった。離れてとは言うが、トイレ、洗面、風呂は共同で使うほかない。家族への感染拡大を防ぐにも構造的に無理がある。

人に伝染すとその人の家族ごと感染させることになる。最近では5日間の通学・出勤停止措置が取られるようになったものの、守られているのか疑問を感じる場面もある。日本には「熱があっても出て来い」という精神論が根強い部分もある。しかしインフルエンザに感染したら、または感染した可能性があるのなら他人との接触は控える。皆でこのルールを守り感染拡大を防ぎたいものだ。

最後に、僕が倒れている間も3食を用意してくれ、私が倒れたら困ると予防のタミフルを飲みながら全ての家事と子供の世話をしてくれる妻には、ただただ感謝するばかりである。

スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索