スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









まさかのワインテイスティング【デルタ航空ビジネスクラス搭乗記】

Category : デルタ航空
自分に最も縁遠いもの、それは多分「お酒」だと思う。宴会では一切飲まず、皆ビールで乾杯しているのに僕だけコーラだ。毎回そんな風なので僕にお酒を強要する人はいなくなった。

しかし一旦「飲めないヤツ」と言うレッテルを貼られると、非常に都合が良い。無理な付き合いもなくなるし、行きたくない2次回も飲めないからという理由で勝手にメンバーから外される。というかそもそも僕を2次回に誘う人はいない(自分から行きたいと思ったら行く)。自分にとって「飲めない」というのは非常に得な体質だと思っている。

じゃあ飲んだらどうなるかって、ほんの少しならばどうにもならない。顔が赤くなるくらいだ。ただ飲み始めると少しの量で体調が悪くなる。いつも「風邪を引いたときの症状が出る」と説明している。頭が痛くなり、鼻が詰まり、耳の中が腫れて音が聞こえにくくなる。そんな状態じゃ宴会が楽しめないから僕はあえて「飲まない」を貫いている。自分では素晴らしい心掛けだと思っている。

しかし飲みたいお酒がたまにある。それはワインだ。ただ、赤ワインは美味しいと感じない。断然白ワインが好きだ。それも軽いヤツ。ほんの少し甘いヤツだとなお良い。

今回の復路の便では何だか飲みたい衝動に駆られた。往路では飲む気にはなれないのだが、復路では何故か飲む気が起きる。あとは家に帰るだけという安心感がそう思わせるのだろう。


2015SEP-DL275-31.jpg
デルタワンのロゴが、ワンランク上のキャビンに座る男心をくすぐる。


2015SEP-DL275-32.jpg
ワインリストを眺める。フムフムと分かったような顔をして必死で読む。「フルボディってなんだ?」、「何だかフルーツの名前が沢山書いてあるけどホントにそんな味がするのか?」。ワインリストって書いてあることが全く意味不明で、読んでいて腹立たしくなってくる。

クルーに「白ワインが欲しいんですけど、僕はあんまりお酒が好きじゃなくて、軽くて甘いのなら飲めるんですけど…。」と聞くと、待ってましたと言わんばかりにグラスを2つ手に取って「テイスティングしてみる?」と僕に微笑みかけた。


2015SEP-DL275-33.jpg
いや、そこまでしなくてもと思ったが、こんな風に並べられたらどうしようもない。さあ、左のヤツから飲んでみよう。僕に差を感じるだけの能力があるか?と自分で思ったが、さすがに違うタイプのものを置いてあるので、ハッキリと味の違いが分かった。左右どちらだったか忘れてしまったが、圧倒的に僕が好きな味があった。迷わず「こっちを下さい」とクルーに言った。


2015SEP-DL275-34.jpg
僕が選んだワインはこちら。シャルドネーって書いてあるけどどういう意味?自分で調べて知ったかぶりをすればいいのに、あえてしないところ僕のいいところだ。


2015SEP-DL275-35.jpg
「少しでいいです。」と言ったのにこんなに注がれてしまった。これだけ飲んだら確実に風邪モードに入ってしまう。でも美味しいから結構飲んでしまった。心臓がバクバク動いて大変だった。飲むと食欲が湧くという人がいるが、僕は逆で何だか食欲が減退してしまう。これから豪華機内食というときに、こんなもん飲んじゃって一体どうしろというのか。

ま、帰りの便だしどうなってもいいや。僕はリラックスしながらチビチビとワインを飲んだ。

スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。