スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









【緊迫感ゼロ】JAL機がエンジントラブルで緊急脱出を行った件について

Category : 航空事故
JALのB737-800が新千歳空港でエンジントラブルを起こし、緊急脱出を行う事態にまで発展した。現時点までの事故原因の推測は、激しい降雪の影響でエンジン内部に着氷し空気の流れが悪くなってオイルが異常加熱したというものである。(本記事を書いている時点のWEB情報による。正しい原因である保証はない。)

エンジンがトラブると結構な確率でキャビン内に煙が充満する。これはエンジンが絡んだインシデントの典型だとも言える。何故エンジンとキャビンが関係しているかって、それはエンジンから与圧・空調に使う空気を取り込んでいるからだ。もっと簡単に言えば、エンジンから吸い込んだ空気をエアコンに使っているということである。

取り込む空気のことを抽気(Bleed Air)と呼び、Bleed Air System(抽気系統)と呼ばれる立派な系統も作られている。航空機システムでいうところの与圧系統、空調系統の前段にいるのが抽気系統であると思ってもらえばいい。そういうわけで、エンジンが過熱したりすると、この抽気系統から煙を取り込んでキャビンに流してしまうわけである。

ボーイングの飛行機では787から、エンジン抽気を与圧・空調用には使わなくなった。抽気を取るにはとるのだが、エンジン内のインテーク防氷に使うのみだ。だから787では同様のエンジントラブルによるキャビン内への煙の充満という事故は起こり得ないのではないかと思っている。まぁそれは余談として、今回は737という従来型の抽気系統を持つ飛行機で起きた事故であるため、当然のごとく煙の混じったエンジン抽気がキャビン内に入り込んだ。

この事故では出発を諦めゲートに戻ろうとした際に緊急脱出を行った。もしかしたらスポットまでは走っていきそのままブリッジに着けて乗客を降ろすという決断もあったかもしれない。しかし機長は「これはマズい」と感じ、あの大雪の中に乗客を放り出した。なかなか難しい決断だったと思う。相当煙が充満したという人もいれば、匂いは酷かったが煙は見えなかったという人もいる。実際にどれだけ事態が深刻だったかは、当事者しかうかがい知ることはできないが、強烈な異臭に「スポットまで戻れない」と感じたパイロットがあの雪の中、緊急脱出を決断したことは事実である。

緊急脱出を行うほどの事故は滅多に起こらない。そういう意味で今回の事故は非常に稀な事故である。それ故に報じられるときのインパクトは結構大きい。脱出シュートを降りる乗客の姿は緊迫感を映し出し、マスコミにとっては格好のネタである。しかし今回の事故は飛行前に起きたということや、実際に火災が起こっていないこともあり、「実は大した事故じゃなかった」というのが「声には出さないけどみんなそう思っている事実」になっている気がする。

乗客の余裕の脱出が滑稽である。外からスマホで動画を撮っている人はまだマシなほうで、脱出用シュートを降りながら撮っている人もいた。いかに緊迫感のない脱出劇だったかがよく分かる。「キャー」とパニックになっている人がいたとあおるマスコミ報道もあるが、それはごく一部であり、映像を見る限り大部分の人が笑顔だ。薄着で逃げている人は少しかわいそうではあるものの生命の危機のようなものは全く感じ取れない。

既に記事にも上がらなくなった今日だが、面白いのは、最近はライブ感を持った映像が続々と出てくるようになったことだ。皆スマホで動画を撮影するようになり、マスコミのような仕組まれた映像は少なくなった。個人の動画は手ブレがひどく見にくいものの、事態をリアルに写すものがほとんどだ。マスコミは都合の悪いものは写さないが、個人はありのままを写す。だから緊迫感のない脱出劇だとすぐにバレる。

マスコミはこの事故を無理やりまともに報じ過ぎであり、「寒いところに放り出された」とか「20分も外で待たされた」とか「ろくな説明もなしに見舞金を渡された」とかそういうJALに対する不満のコメントを流しているが、気付いている人は気付いているように、実は大した事故ではなかったのである。JALは何も悪くなく、機長が適切な判断を行っただけの話だ。

「いいネタが撮れたと」か言って笑っているヤツらがいることをもっと報じて欲しいものだ。「JALの対応が悪い」とかそんなありきたりな内容は放送しなくてもいいから、「実は機内は冷静だった」とか「いかに個人が自己中心的に振る舞ったか」とか、たまには別の視点で報じて欲しいものである。

最後に。「脱出の恐怖」を引き出そうとするインタビューはナンセンス。今回は逆に「恐怖なんか感じました?(感じませんでしたよね?)」的な聞き方をしてもいいくらいだ。「航空事故=恐怖」なんて構図は既に崩壊しているのである。そこに気付けよ。

スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。