スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









悲運の超音速旅客機コンコルド【スミソニアン博物館別館にて】

Category : 博物館
前回から引き続き、最新の旅客機を紹介したい。(誤解のなきよう。博物館にある中で新しい旅客機という意味。)


2015SEP_UH-46.jpg
誰もが知る超音速機、コンコルドである。コンコルドは英仏が中心になって開発した人類史上初の超音速「旅客機」だ。マッハ2で飛行し、普通のジェット機が7~8時間掛けて大西洋を横断するところを、僅か3時間で横断してしまうという凄い乗り物である。


2015SEP_UH-47.jpg
尖った機首がコンコルドの特徴だ。丸みを帯びたデザインでは音速を超えることはできない。音速で飛ぶことにどのような障害があるのかというと、それは衝撃波である。飛行機が前進すると自分の前方に空気の壁ができる。音の速さで進む空気の壁である。飛行機が音速以下であればその壁は邪魔にはならないのであるが、音速を超えようとするとその空気の壁を突破しなければならなくなる。ここで大きなエネルギーが必要となる。

その空気の壁を突破するためにコンコルドは莫大な燃料を使用するわけであるが、そのコストと乗客が負担する料金が見合わずに、残念ながら航空輸送の概念を変える超音速旅客機にはなれなかった。細々と運航していたものの、2000年、パリで起こした墜落事故の後に全機が運航停止となり、復活せぬまま今に至っている。あの事故はコンコルドが悪いわけではなく、先発機が滑走路上に部品を落としたのが原因なのであるが、そろそろ退役かと言われていた矢先の出来事だったために、事故が退役を加速させてしまったことは否めない事実である。悲運ではあるものの、退役は時間の問題でもあったのだから、やがて来る退役が若干早まっただけなのかもしれないが…。


2015SEP_UH-48.jpg
近過ぎて全景が入らない。しかしコンコルドは予想以上に小さい飛行機である、というのが僕の印象である。胴体はとても細い。そして窓は異常に小さい。これで全席ファーストクラスというのだから驚きである。普通ならクレームもんである。普通の飛行機の半分の時間で到着する特急料金としてファーストクラス料金を払うのだと言えばまだ納得が行くが、こんな狭い機内で過ごしたところで、現代で言うファーストクラスの優雅な気分は味わえないはずだ。


2015SEP_UH-49.jpg
当時の夢の超音速旅客機が博物館でしか見られない歴史の産物と化した。ほとんど売れず、後継機は作られず、短命だったプロジェクトである。

その後、超音速機の開発は少なくなった。研究自体は行われているものの実用化に至る機体はまだ出てきてない。コンコルドの開発後、「高速移動」よりも「大量輸送」が流行ったという背景もあるが、超音速機は発生させる衝撃波で陸上を飛べなかったり、コスト高で採算が合わなかったりと、やはりそれなりの理由がありそうである。

多少スピードが遅くても安い亜音速機を選ぶ消費者心理は分かる気もする。例えば「名古屋-東京の所要時間は3分ですが、運賃は10万円です」と言われたらアナタは乗るだろうか。どこぞの初便マニアみたいに、乗ってみようと思う人はいるかもしれないが、普及はしないであろう。新幹線の10倍もの値段を払うからには、それなりの価値が必要である。1時間40分掛かってもいいから1万円で移動しようと思う人が多数を占める以上、「3分で10万円」の運賃は成り立たないのである。

技術はあるはずなのに実現しないものは世の中にたくさんある。それはどこか僕らのニーズに合わないものなのだろう。夢の超音速旅客機コンコルドは目立つ存在ではあったのだが主役にはなれなかった。とてもカッコ良くて足が速いんだけど、ずんぐりむっくりで鈍足な747の方がよっぽどモテた。もしかしたら天は二物を与えなかったのかも知れない。

スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。