スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









キャッチコピーは偉大だ【ANAエンターテイメントプログラム】

Category : 海外旅行
機内食が終わったら機内エンターテイメントプログラムの紹介に移ろう。以前のロンドン-羽田のビジネスクラス搭乗記で、僕はANAのエンターテイメントプログラムは最悪だと書いたが、それは画面だけを見ていたため、ハイライトが掴めなかったのではないかと思っている。

まずは機内誌風のエンタメプログラムの冊子を開いてみよう。


2015OCT-NH12-061.jpg
初めにあるのは映画の力説ページ。各シーズン2つ程度の映画がピックアップされ、魅力的な解説が載せられている。どうやら当月はジュラシックワールドが最もおススメの映画らしい。なるほどなるほどと言いながら解説を読む。


2015OCT-NH12-062.jpg
続いてイニシエーションラブ。こちらの解説も読んでみたが、「ラスト5分で一変する衝撃」記述がとても魅力的に映った。結局僕はこちらの「イニシエーションラブ」を選んだ。理由は何となく面白そうだったから。こういうのは直観で選ぶに限る。キャッチコピーを信じるのである。


2015OCT-NH12-063.jpg
確かにラスト5分で全てが変わった。画面にも書いてある通り「最後の5分 全てが覆る あなたは必ず 2回観る」。その宣伝文句の意味がとてもよく分かった。「なるほど、そう言うことね!」とラスト5分で衝撃が走った。この映画は面白かった。2回観たくなる気持ちがよく分かった。帰りの便でもう一度見ようではないか。

こういうキャッチコピーは非常に重要であり、僕もブログを書くとき、特にタイトルをつけるときに気にしている。検索されたときに分かりやすいようにと、「ANA~搭乗記」とベタなタイトルを付けることもあるし、SNSで流れてきたときに「ハッ」と目に留まるように、「女子をナメんなよ!」というように少々過激なタイトルを付けるときもある。それはその記事がどんな性格を持っているかで決まる。本当は毎回「ハッ」となるようなタイトルをつけたいと思ってはいるのだが、座席や機内食の解説をしたいときにはふさわしくないのであえてベタなタイトルにしているのである。

僕のブログごときにでもそんな思いがあるので、映画のキャッチコピーなんてものは、練りに練られた超マーケティング志向のものになっていることは容易に想像できる。その映画をよく知らなくてもたかだかキャッチコピー1つで映画を観たくなるのだから、キャッチコピーの力は実に偉大だ。

続いてミュージックプログラム。

と行きたいところだったが、次のミュージックプログラムでも書きたいことがあったので、テーマをビシっと分けるために今日はここまでとさせてもらいたい。
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。