スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









A380搭乗記【パリ-ロンドン】(その2)

Category : 海外旅行
シップ前に着いた僕は搭乗口付近をウロウロ。
色んな角度から眺めてみた。
どの角度から撮るのがA380らしいか。


AF-A380-03.jpg
先端部をアップで。
何だかデコが広い。
日本人の僕にはコワモテ外国人みたいな顔をしているように見えた。
いわゆるイカつい顔というヤツだ。


AF-A380-04.jpg
一方真正面から見るとタマゴみたい。
横から見るのとは違いとても可愛い顔に見えた。
しかしデカい。
オール2階建てというのはこれ程にもデカいのかと思った。


出発まで時間があったので一旦ラウンジに行き、搭乗時間を待った。
ちょっと早く来すぎたようだ。

人が誰も写っていない機内の写真を撮りたかったので一番に並んだ。
僕の乗るビジネスクラスはアッパーデッキ。
直接2階へ乗り込む。


AF-A380-05.jpg
ボーディングブリッジが3つ付いているのは初めての経験で、なんだかとてもワクワクした。
ここから見る光景も目新しく、まるで宇宙船にでも乗り込むようだった。


AF-A380-06.jpg
機内に一番に入りまずは自分の座るコンパートメントの写真を撮った。
もちろん誰も写っていない。
気合を入れて先頭に並んだ甲斐があるってもんだ。


AF-A380-07.jpg
前から。


AF-A380-08.jpg
そして自席に座って真横から。


AF-A380-18.jpg
そしてアッパーデッキ右舷最前方は、何と言ってよいのか分からないが、
いわゆる寛ぎのスペースみたいになっている。
こういう空間があるとキャビンに開放感が生まれる。
が、このときは若干暗くて何だか殺風景だった。


AF-A380-09.jpg
よし、メインデッキにも行ってみよう。
飛行機の中にこんなに広い階段があるなんて!
なんだか今度は船みたいだ。
むむむっ、コックピットの扉が開いているではないか!
しかし入る勇気はなかった…。


AF-A380-10.jpg
こちらはファーストクラスのキャビン。
ファーストクラスは撮影禁止的な雰囲気が気がしたので、
一応クルーに「写真撮ってもいい?」と聞いてみた。
「シュア~」ととても好意的だった。

搭乗時にはオーバーヘッドストウェッジが空いているので、なかなかスッキリした絵が撮れない。
いやいや、そんなことを言っちやいけない。
誰もいないキャビンを撮れただけでも良しとしよう。


AF-A380-12.jpg
エコノミークラスのキャビンにも進出。
アッパーデッキには後ろの方に少しだけエコノミークラスの座席が設定されている。


AF-A380-14.jpg
既に人が乗り込んでしまっているが、こんな感じだ。


AF-A380-15.jpg
階段を降りてメインデッキに行く。
らせん階段が747クラシックみたいでグッときた。


AF-A380-16.jpg
メインデッキはこんな感じ。
メインデッキはファーストクラスの後ろから全てエコノミークラスだ。

写真を撮りまくっている僕に、クルーが話しかけてきたので事情を話した。
「A380に乗りたくて日本からわざわざやってきたんだ」と言うと感心してくれた。
日本人クルーにはないフレンドリーさ、いやフランクさがいい。

これで一通りキャビンの写真を撮り終えた。
さぁあとは席に戻って出発を待つだけだ。
一通り機内を撮り終えると僕はいつも安心する。
半ば義務的になってやっているからだろう。
毎回、「写真を撮らなかったらどれだけゆっくりフライトできるだろう」なんてことを思う。
まいっか、趣味でも目的があった方がヤル気出るし…。


(これは2010年の旅行記です。)


どうか押して下さい。やる気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。