機内持ち込み荷物は2点、身の回り品とキャリーケースで10㎏まで【タイガーエア台湾】

Category : LCC

さて、ここで、手荷物をどれだけ機内に持ち込めるのか確認してみよう。チェックインカウンターにはこんな張り紙がしてある。


IT207MAR16-004.jpg
要約すると、「機内持ち込み手荷物は2個で合計が10kg以内」ということである。

ちょっと気になったので他社についても調べてみた。LCCは手荷物を預けるとお金が掛かるため、「なるべく機内持ち込みをしよう」というインセンティブが働く。どうしてもスーツケース等の大型手荷物を預けなければならない場合は別であるが、スーツケースに詰めるまでもいかない手荷物ならばなるべく預けずに済ませたい。そんなときエアラインによって持ち込める手荷物の条件が変われば、エアライン選びだって変わってくるはずだ。

基本的にどのエアラインも機内持ち込みできる荷物は2個までだ。身の回り品+キャリーケースである。キャリーケースのサイズはエアラインによって異なるが、大体36㎝×56㎝×23㎝のサイズであり、世の中で「機内持ち込みできます」と売られている最大のサイズである。身の回り品についてはそれより小さく、常識の範囲内での大きさということだろう。

他のエアラインであるが、

●ピーチ:10㎏
●ジェットスター:7kg
●バニラエア:10㎏
●エアアジア:7kg
●春秋航空:5kg
●Vエアー: 10㎏

といった具合である(全てエコノミークラス)。日本のLCCでは春秋航空が一番厳しい。とするとタイガーエア台湾の10㎏というのは、日本のLCC並の大判振る舞いである。

ここで欧米ではどうなのだろうと調べてみると、ライアンエア10㎏、サウスウエストはサイズ既定のみで重量制限はなかった。欧米の例を見ると、アジア圏の持ち込み条件は比較的厳しいと言えるが、その中でもタイガーエア台湾は甘い方であると言える。その点で非常に優秀なエアラインと言えるだろう。


IT207MAR16-005.jpg
僕の手荷物にはタイガーエアのロゴの入ったタグが付けられた。weight of bag の白い部分に4という数字が書かれている。いつ測られたのか全く分からなかった。もしかしたら見た目で判断されたのかもしれない。とにかく僕の荷物は4kgということになった。状況から考えるに、

機内持ち込み手荷物の重さはテキトー

であり、極端に重くない限りは持ち込めるのではないかと思っている。いちいち測っていたら超過している人から文句が出るし、預けろと言われても、一部を取り出して預けられる人はまれので、黙認されているというのが実情であろう。そもそも10kgというのが非常に重い荷物であることから、超える人は少ないだろうし…。


IT207MAR16-006.jpg
チェックインを終えてスカイデッキに上がろうと思ったら春秋航空のチェックインカウンターの前を通った。タイガーエアのカウンターとは比較にならないくらいの中国人たちが列をなしていた。台湾のLCCはもちろんだが、中国系のLCCにも興味がある。どこがどんな風に違うのか確かめる価値がありそうだ。

春秋航空を横目に見ながら、まずは往路のタイガーエア台湾と復路のVエアーで海外LCCを体験してこようではないか。

スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索