スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









タイガーエア到着を見届ける【中部-台北搭乗前】

Category : LCC
そろそろ僕の乗る飛行機の到着する頃だ。


IT207MAR16-031.jpg
スカイデッキに出ると色とりどりの翼が国際線ターミナルを占拠していた。朝方のセントレアはまるでアジアの翼を集めたかのよう。手前から、フィリピン航空、大韓航空、キャセイ・パシフィック航空、チャイナエアライン、JAL、中国東方航空が3機、そして一番向こうに春秋航空である。


IT207MAR16-999.jpg
きたきた、タイガーエアがファイナルアプローチ中だ。昔はエアバンド(航空無線)を聞かないと次に何が降りてくるのか分からなかったが、最近ではスマホだけで分かる。無線では勘に頼るしかなかった位置まで確実に分かるので心の準備もしやすくなった。


IT207MAR16-032.jpg
来た来た。尾翼に虎の柄をあしらった可愛いヤツが降りてきた。エンジンのカウルが開いているのはスラストリバーサー(逆噴射)をしている証拠だ。ちなみにエンジンはCFM56ではなくV2500である。後ろのコーンが隠れているのが特徴である。


IT207MAR16-033.jpg
後部胴体にはTaiwanの文字が描かれている。タイガーエア台湾の本家は実はシンガポールだ。ジェットスタージャパンの本家がオーストラリアであるのと同じ感覚である。


IT207MAR16-034.jpg
霞むほど端の方までへ行ってしまったタイガーエア。春秋航空の向こうまで行ってしまうとはLCCもナメられたもんである。LCCはとにかく不便な端のスポットに停められるのがセオリーである。安いんだから長く歩いて下さいと言わんばかりに。


IT207MAR16-035.jpg
その後ろからANAのB6が出発する。スターウォーズの特別塗装機であるが、エアラインのカラーリングにこだわりのない僕は「だからどうしたの?」でおしまいだ。実は自分でも寂しい。写真撮影をメインにやっていた頃は特別塗装機にも興味があった。いつからか乗り派になり興味が薄れていった。


IT207MAR16-036.jpg
さて、急いで出国しようではないか。僕の出発時間は9時45分。この時点で8時41分。LCCは約1時間程のステイで再び出発するため、優雅に写真撮影をしているヒマなどないのだ。保安検査場が混雑していたら僕は乗り遅れてしまう。


IT207MAR16-037.jpg
タイガーエア台湾は一番上。IT207便である。同じ時刻にJALの台北行きが、5分後にチャイナエアの台北行きがある。台北行きが固まった時間帯にわざわざLCCのタイガーエアを選んだ人達は、何故タイガーエアを選んだのだろう。やはり安さに釣られたか?


IT207MAR16-038.jpg
保安検査場はこの程度の混雑具合。これならば10分もあれば通過できそである。ホッと胸をなで下ろし、僕は日本を出国した。

スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。