広告だらけで乱雑な機内【タイガーエア台湾搭乗記】

Category : LCC
搭乗完了。ここで落ち着いて機内を見渡してみよう。僕の座席は24A。後ろから7列目の座席である。


IT207MAR16-061.jpg
クルーが前を見て何も手伝おうとせず突っ立っていた。機材はA320だから3-3配置。一見何の変哲もない普通のA320に見える。

しかし何だか乱雑に見える機内である。


IT207MAR16-062.jpg
壁にはAEON(イオン)の広告が…。しかもイオン常滑。2015年12月4日にオープンしたセントレア対岸のイオンモールである。


IT207MAR16-063.jpg
隣にはまたイオンの広告。「日本最具代表性購物中心」と書いてある。「日本で最もイケてるショッピングモール」という意味だ。この広告がほぼ交互に貼ってあるのには驚いた。広告収入を得るのも立派なLCCの収益確保の道である。しかし、この広告、中部線だけにしか使えないんじゃないかと思うのだが…。もしかして中部線専用機材?それとも広告毎回張り替えている?ちょっと謎な広告である。


IT207MAR16-064.jpg
ヘッドカバーにはSEIBU RAILWAY(西武鉄道)の広告が。川越、秩父という地名はよく分かる。イオンと西武鉄道が本機のスポンサーのようだ(他機で異なるのかは不明)。


IT207MAR16-065.jpg
出発を待つタイガーエア。センターピアが随分と霞んで見えるではないか。タイガーエアも随分としいたげられたもんである。


IT207MAR16-066.jpg
望遠レンズで覗くと、フィリピンのA330と大韓の777が同時にプッシュバックを終えたところだった。そこにこちらを向いたタイの777がいる。タイ航空にもトーイングカーが付いているので、このあとスポットインするんだということが想像できる。空いたスポットに入れられるのだ。こちらはスポットに入れてもらえない分、気が楽だ。


IT207MAR16-067.jpg
虎柄のシャークレットは抜群の存在感。遠くにはホーチミン行きかハノイ行きのベトナム航空、バンコク行きのJAL、台北行きのチャイナエア、そして香港行きのキャセイの尾翼が見える。あちらは皆、フルサービスキャリア。ビジネスクラスではさぞかし快適だろう。

かと言ってこちらでダメかと言えばそんなこともない。こちらのメリットは圧倒的に価格が安いことだ。片道1万円強で台湾に行けてしまう(キャンペーン価格はもっと安い)。フルサービスキャリアではその値段ではほとんどどこにも行くことができない。そう考えるとこの虎柄も悪くないように思えるのだ。


IT207MAR16-068.jpg
プッシュバックを完了し、機首は真南を向いた。台北へ向けていざ出発である。

スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索