台北桃園空港から桃園市内へのバス路線【高鐵桃園站行き/桃園火車站行き】

Category : 海外旅行
一通り台北市内行きのバスを見てみたが、僕が向かう先は高鐵(高鉄)桃園站だ。高鉄とは台湾新幹線のこと。空港から最も近い新幹線の駅が高鐵桃園站である。今回宿泊するところが台北駅の近くなので、1819番のバスに乗ればダイレクトで着けるのだが、それでは面白みがないと思い、台湾新幹線に乗ってみることにしたのだ。


MAR16TPETMNLBUS-21.jpg
高鉄桃園行きは705番のバスである。時刻表は作られておらず5~15分おきに運行とだけ書いてある。時刻表を作るまでもない間隔で運航されているようである。


MAR16TPETMNLBUS-22.jpg
乗り場は12番。使用されるバスはデッキが高い高速バスタイプでなく、ローカルなバスと言った感じであった。


MAR16TPETMNLBUS-23.jpg
こちらがチケット。チケットを買わないことにはバスには乗れない。料金は運賃箱に入れるのではなく事前清算制である。片道30TWD(105円)だ。安いのが魅力的である。


MAR16TPETMNLBUS-24.jpg
僕が向かうのは高鉄桃園駅であるが、桃園火車站という駅もあり、こちらがいわゆる在来線の桃園駅である。高鉄桃園駅と桃園駅は全く場所が違うので注意が必要だ。新大阪と大阪が違うのとはまた違い、そもそも新幹線と在来線は交わっていない。桃園火車站に行ってしまうと新幹線には絶対に乗れず、高鉄桃園站に言ってしまうと在来線には絶対に乗れない。新幹線に乗りたいときは705番、在来線の桃園站に向かいたいときはこの706番のバス乗らないといけない。706番のバスは大体1時間に2本の運行である。


MAR16TPETMNLBUS-25.jpg
また、桃園市内に向かいたい場合は5059番のバスも使える。行先は今日飯店(Today Hotel)行きである。Today Hotelは在来線の桃園駅にも近いのでほぼ桃園火車站行きと思ってもらってよい。ただ、バス停が多いため終点まで行くには交通事情にもよるが1時間程度を要することを覚悟しておこう(他のWEB情報より)。


MAR16TPETMNLBUS-26.jpg
5059番のバスは7番から出発する。

桃園市内に向かうバスは以上である。705番が高鉄桃園駅行き、706番が在来線の桃園駅行き、そして5059番が桃園市内(今日飯店)行きである。

さて、やっと自分の乗るバスがやってきた。色々と写真を撮っていたりしていたため、何本もバスを逃してしまった。見ていて分かったことは立て続け2本のバスが来たりすること。そしてそのあとのバスがなかなか来なかったりする。そういう事情もあって時刻表がないのだということが分かった。ただし待つとしても15分20分程度であるため、前のバスを逃したとしてもそんなに苛立つことはない。


MAR16TPETMNLBUS-31.jpg
車内は路線バスの雰囲気である。

桃園市内は台湾でのトランジットのときにも使えるため、情報を集めておく必要があると考えた。実は僕自身、当初桃園市内に泊まろうと思っていたのだが、情報の乏しさにいら立ちを覚えたのだ。どんなバスがあってどんなホテルが便利なのかを自分で調べようと思った。今回はアクセス事情を書いたので次回はホテル事情を書く予定である。少しでも誰かの役に立てることを願っている。

スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索