スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









台北駅2階にあるフードコートを見に行った【何でも揃う台北駅】

Category : 海外旅行
荘厳なる台北駅の2階はフードコートになっているらしい。一体どんな風になっているのか、何も食べなくても確かめないわけには行かない。


2016MAR-TPECITY-32.jpg
その前に台北駅の1階はこんな風にお土産屋さん街になっており、日本の駅構内に非常に良く似た雰囲気である。置いてあるものも日本の和菓子近いものがあったり、オシャレな洋菓子があったりして、「ここは日本か?」という気がしてしまったくらいだ。全く台北にいる気がしなかった。


2016MAR-TPECITY-31.jpg
下に降りると電車乗り場だ。僕の目指すのは下ではなく上。フードコートである。


2016MAR-TPECITY-35.jpg
フードコートとは言うものの、こんな風にデパートのレストラン街兼食料品売り場みたいになっており、全部が全部フードコートというわけではない。ところどころにこんな風にフードコードが出来ているだけである。


2016MAR-TPECITY-33.jpg
こちらはインド風のフードコート。1つのコーナーはこれくらいの規模で、それぞれのコーナーに特色ある店作りとなっている。そして異なる雰囲気のフードコートがいくつかある。


2016MAR-TPECITY-34.jpg
こちらはローカルフード系。


2016MAR-TPECITY-40.jpg
こちらはラーメン、「~飯」系のフードコートだ。


2016MAR-TPECITY-36.jpg
桃園高鐵駅にもあった一風堂が台北駅にもあった。


2016MAR-TPECITY-37.jpg
安くてボリュームのあるご飯が食べたいときは大戸屋だ。一風堂に大戸屋、日本勢もなかなか頑張っている。


2016MAR-TPECITY-38.jpg
大戸屋の唐揚げ定食。290TWD(1015円)は日本よりも若干高いくらいである。


2016MAR-TPECITY-39.jpg
その他2階にはこんな風に東急ハンズもある。

と言うわけで、台北駅の2階の様子を少しだけ紹介した。少し安く済ませたいならフードコート、ちゃんとしたところで食べたいならばレストランと選べるのが嬉しい。ジャンルも豊富で何でもある感じだ。お土産や食事に困ったら台北駅に行けばとりあえずは揃うと思う。若干ローカルな雰囲気も味わえて気分もアガる。さすが台湾最大の中央駅。文句なしの充実度だ。(ちなみに僕は牛肉麺を食べたため何も食べていません。)

スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。