台湾で年中マンゴーのアイスが食べられる店「Mango Cha Cha」

Category : 海外旅行
冬でもマンゴーアイスが食べられる店を探して僕がやってきたところは忠孝復興站。雙連から台北車站に戻り、そこから青色の5号線に乗って3駅目だ。大して遠くないところを探した。そもそも冬にマンゴーがあるお店は数少ないんだけれど。


2016MAR-TPECITY-61.jpg
地下鉄の4番出口を出ると目の前にSOGOがある。


2016MAR-TPECITY-62.jpg
駅を出て180度転換。右側にSOGO目の前にはドラッグストアのWatsonsだ。すぐ目の前の道を右側に曲がるとそのお店はある。


2016MAR-TPECITY-63.jpg
Mango Cha Chaというお店。年中マンゴーのアイスが食べられる店らしい。「どうせ台湾産じゃなくて輸入物だろ」という文句は置いておいて、とりあえずマンゴーが食べられればそれで僕の気が済むのだ。


2016MAR-TPECITY-64.jpg
店内に入るとマンゴーだらけだった。オレンジ一色で、くどいくらいの内装である。念のため、お店の人に「マンゴーありますか?」と聞くと、流ちょうな日本語で「ありますよ」と答えてくれた。台湾ではときどき日本語が通じるから嬉しい。

しかし店員のオバちゃん、いきなり「これ、元カレ」とか言ってロウでできたサンプルを指差す。「このオバちゃん頭おかしいんじゃないか?それか日本語間違えてるか」。とりあえず聞き間違いだと思い込んで案内に従った。「元カレ?」意味分かんねーし。オバちゃんは昔マンゴーと付き合っていてフラれた?まともに受け取ればそう言うことを言っている。なんだか気持ちが悪かった。


2016MAR-TPECITY-65.jpg
お店の中はこの通りガラリン。誰も客がいなかった。オフシーズンだからだろうか???外は結構温かいのに誰もアイスなんて食べていない。たまたまなのか台湾の冬はこんな風なのか。

オバちゃんの人に「お店空いてますけど、冬はこんなもんなんですか?」と聞くと、恐らくそこまでの日本語には対応できないらしく、(何て言われたのか覚えていないが)全く見当違いの回答をされたため、「あ、そうですか」と適当に相槌を打った。「元カレ」が言えてオレの日本語理解できねーのかよ。ますますオバちゃんへの不信感が募った。


2016MAR-TPECITY-66.jpg
このMango Cha Chaには日本語のメニューがある。一応日本人もこの店のターゲットになっているようである。言葉にストレスを感じないのが嬉しい反面、ここはローカルな雰囲気が味わえる店じゃないと思うと少し残念でもある。


2016MAR-TPECITY-67.jpg
オバちゃんの言う意味がやっと分かった。「元カレ」と聞こえたのは正しくて、この商品のことだったのだ。どうやらナンバーワンのデザートらしい。「元カレ」の意味が分かってホッとした。ロウでできたサンプルの商品名が「元カレ」だったのだ。


2016MAR-TPECITY-68.jpg
こちらが2位の「マンゴーチャチャ雪花氷」というヤツ「元カレ」よりもボリュームが少ない。


2016MAR-TPECITY-69.jpg
そして3位がこちらだ。「八月桂花香」。かなりのボリュームだ。

結局僕はどれも同じに見えたので、とりあえず一番安い200TWD(700円)の「マンゴーチャチャ雪花氷」をオーダーした。


2016MAR-TPECITY-70.jpg
出てきたのはこれ。

第一印象は「ハートのマシュマロがむっちゃかわいい」。こんな女子っぽいもの40近いオッサンが注文しているのだから笑える。だけどオレはマンゴーが好きなんだよ。悪いかよ。

ま、そんな可愛らしいマシュマロは置いておいて、マンゴーはと言うと、結構大きなものが皿の周りにのっかっている。そしてお味の方は、、、ん~やはりオフシーズンなのか…。そこまでマンゴーが美味しくなかった。意外と普通であった。かき氷の部分はふわふわなのだが味がないし、上のアイスもイマイチだ。マシュマロは歯ごたえがあるし、ん~やっぱりイマイチだった。

かと言っておススメじゃないわけではない。比較してませんから。他店と比べて初めて美味しさが分かるので、今度は違うお店に行って食べ比べしてこようと思います。

スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索