到着後CAさんに猛アタックしたらピースしてくれた。【Vエアー搭乗記】

Category : LCC
セントレア到着は10時5分。四国を過ぎると降下が始まる。


2016MAR-ZV202-091.jpg
ややガスっていて見にくいが松坂市付近から伊勢湾に出る。西側からアプローチする機体の典型的なルートである。


2016MAR-ZV202-092.jpg
セントレアの冬場は北風が卓越風となるため、RWYは36が使われることが多い。一方、夏場は逆で南東からの季節風が強くなるためRWY18が使われることが多い。日本では冬は北風、夏は南風というのが典型であるため、多くの空港で冬は北向き、夏は南向きに知略陸するというオペレーションが取られることが多い。


2016MAR-ZV202-093.jpg
クルーズ船が航跡を残して人工島の縁に沿って快走する。あちらからはVエアーのA321がとても大きく映っていることだろう。


2016MAR-ZV202-094.jpg
スポイラを立てて減速。ほぼ24時間ぶりの日本である。


2016MAR-ZV202-095.jpg
滑走路中央のVORのあるところ。通称「檻の中」は、セントレアバスツアーの客か特別招待された写真家たちで埋まっていた。


2016MAR-ZV202-096.jpg
立派なシャークレットを自慢しながら一番端の沖止めスポットへと移動すると思いきや。


2016MAR-ZV202-097.jpg
ちゃんとベトナム航空の隣に置いてくれた。確実に沖止め→バスのコースだと思っていたので、少し得し気分になった。ブリッジから降りられるのが嬉しい。

実はこの時、僕は焦っていた。往路も復路でもクルーの写真を撮っていなかったからだ。特にVエアーは事前に「CAさんかわいいらしいっすよ」という情報を貰っていた。そんな噂があるのならかわいいCAさんを見つけて一枚でもいいから写真を撮らせてもらおうと思っていたのだ。

もう到着してしまった。後ろのCAさんに声を掛けようと思ったのだが、到着するやいなや機内清掃を始めてしまってとてもじゃないが話し掛けられる雰囲気ではない。僕は意を決して前方で挨拶をして乗客を見送るCAさんにアタックすることにした。幸いなことに前方を担当していたCAさんが乗っている4人のCAさんの中で一番かわいかった。


2016MAR-ZV202-098.jpg
「謝々」とまず声を掛けて、「ブログやってまして、、、撮らせてもらってもいいですか?」と聞くと、「もちろん、もちろん」と言って撮らせてくれた。頼んでもいないのにポーズまで取ってくれた。しかも満面の笑み。ユニフォームが若干スポーツ風(悪く言うとジャージ風)なので、ちょっとダサい感があるけれど、爽やかな雰囲気で良いではないか。


2016MAR-ZV202-099.jpg
ブリッジを渡って、乗ってきた機体を眺めると結構汚れていることに気付く。だからと言ってLCCはダメだとは言わないが、機体の掃除くらいしたらもっとイメージが良くなるのにと思うとやや残念な気もする。


2016MAR-ZV202-100.jpg
尾翼にはVベアーが描かれた可愛らしい機体である。

今回も短い滞在であったが、いつも空港から出ない僕が、台北を存分に楽しむことができた。週末を使って行く弾丸台湾旅行。セントレアからはLCCが3社も就航しているので、随分と行きやすくなったはずだ。往路と復路でエアラインを変えるというのも、LCCだからこそできるワザ。復路の現地出発時間が早朝なのがネックとなるが、それさえ気にしなければ随分と安く台湾旅行ができるはずである。安さゆえに何度も行けるというメリットも大きい。何せ近い台湾だからLCCを使ってリピータになってみるのもいい。航空券の価格は沖縄の方が断然高いので、僕は沖縄よりも台北を選ぶだろう。

おしまい。

スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索