スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









ハイアット・レジデンシャル・スイート福岡

Category : 国内旅行
今回宿泊したのはハイアット・レジデンシャル・スイートというホテル。
いや、ホテルというよりもコンドミニアムと言った方がよいかも知れない。
分かりやすく言えば、ハイアットの運営するレンタル・マンションと言った感じである。

IMG_0257.jpg
このように5棟の円形のタワーから成り立っている。

IMG_0258.jpg
周りも同じようなマンションが立ち並んでいるため、
知らなければなかなか気付かず、住宅街にひっそりと佇んでいる様子だ。

場所は地下鉄の西新駅から福岡タワー方面に歩いた百道地区にある。
百道地区は、修猷館高校、西南学園などの優秀な学校が並ぶ文教地区、
高層マンションが立ち並ぶ高級住宅街、
テレビ局や電機メーカーのオフィスが入るビジネス街、
そして福岡タワーや福岡ドームなどがあるレジャー地区、
という様々な顔を持つため、周りはよく整備され、洗練された街並みが広がっているのが特徴である。
福岡で最も美しい地区なのではないかと僕は思っている。

かく言う僕も学生時代、西新に1年間だけ住んでいたことがあり、
随分と景色が変わってしまってはいるが、当時から美しかったことを思い出す。

ここはハイアットと名は付くものの普通のホテルとは違い、サービスは基本的にセルフサービスで、
ドアマンがいるわけでもなく、ベルマンがいるわけでもなく、ルームサービスももちろんない。
部屋の掃除やタオルの取り換えは毎日やってくれるが、
ハウスキーピングに電話してタオルを持ってきてもらうようなサービスはなく、
欲しいものは全てフロントに出向いてもらってこなければいけない。
従ってサービス料は取らず、その分リーズナブルな料金を提供してくれている。

部屋はとても広く、一般のホテルで言うスイートルーム並の広さがある。
それらが「レジデンシャル・スイート」たる所以である。
コンドミニアムであることが分かっていればとても快適に過ごせるホテルだ。


さて部屋に入ろう。

IMG_0201.jpg
ドアはこんな感じで、さながら高級マンションである。


IMG_0181.jpg
今回、チョイスしたのはキッズルーム。
床にの一部にスポンジのタイルが敷かれ、子供用の椅子と机が用意されている。
部屋の面積はご覧の通りで、小さい子連れには嬉しい広々とした空間が用意されている。

一般的なホテルとは違い、靴を脱いで部屋に入ることができる。
小さい子連れには床が土足ではないところが嬉しい。
伸び伸びと裸足で走り回らせることができるからだ。

キッズルームという部屋が全部で何部屋あるのかは不明だが、
僕らが泊まったキッズルームは2階であった。
1階には部屋がないため、子供が音を立てても階下に迷惑が掛からないところが2階である理由な気がした。


IMG_0190.jpg
このように机や家具の角にはコーナークッションが貼られており、安全面に配慮してくれているのも嬉しい。


IMG_0191.jpg
走り回ってぶつかりそうな所には、しっかりクッションが貼られている。
ちなみにビデオデッキが備え付けられているが、もちろんDVDプレイヤーとの一体型である。

IMG_0187.jpg
窓側から見た様子。
若干ベッドが年代を感じさせるが、だからと言って何ら問題はない。
一段昇ったところがトイレと洗面で、
その手前の左がキッチン、右がウォークインクローゼットである。


IMG_0216.jpg
キッチンは狭いが、冷蔵庫や電気コンロ、流し台がある点がポイントが高い。
但し洗剤が置かれていないのがマイナスである。
また、少しでもいいからナイフや皿が用意されていると尚良かった。
もちろん有料でそれらのキッチンセットはレンタルできるが、
HPの案内を見る限り量が多いと感じたので今回は全て持参した。


IMG_0215.jpg
お風呂はもちろんセパレート式。
若干使い古された感はあるが清潔に保たれているので、こちらも問題はナシだ。
もちろんシャンプー、コンディショナー、ボディーソープとちゃんと3点が揃っている。


IMG_0180.jpg
洗面も普通のマンションと同じようなものが設置されている。
3人で宿泊したが、タオルは4人分が用意されていた。
さらに洗濯機があるのが嬉しい。
僕らは2泊3日なので使わなかったが長期滞在者には重宝するであろう。


今回旅行先に福岡を選んだのは、

1.我が子が初めて飛行機に乗るということで、比較的短い飛行時間であること
2.旅先での土地勘があること
3.靴を脱いで部屋に入れるホテルであること

この3つを満たす行き先であったからである。
特に3番目の「靴を脱いで部屋に入れるホテル」というのは意外に少ないので、
ホテル選びには苦労するところだ。
元々このホテルは知っていたので、
すぐに行き先は福岡に決定したのだが、知らなかったら結構苦労したと思う。

実際にフルサービスのホテルに泊まっても、基本的にはタオルや毛布を持ってきてもらうくらいで、
サービスを思う存分使うことは少ない。
超高級ホテルに泊まるのであれば、思いっきりサービスを楽しむのだが、
並のホテルに泊まるならば、いっそのことコンドミニアムで充分なのではないかと思ってしまった。


今回の宿泊費は1泊一室、1万6千円程度。
とてもリーズナブルである。
その値段でにこんなに広い部屋を使えるのだからかなりのお得感がある。

以前は天神の西鉄グランドホテルや博多のハイアット・リージェンシーなどを使っていたが、
小さな子供と泊まるならば、コンドミニアムタイプのホテルの方が都合が良いと感じた。

最後に交通の便であるが、
福岡都市高速の百道ランプが目と鼻の先であるので、車で移動する人にとっては非常に便利である。
福岡空港までも高速を使えば15分程で着いてしまう。
但し、ホテルの駐車場は1日1500円と少し高めの設定だ。
長く泊まると駐車料金がかさんでしまうのが痛いところだが、
便利さと引き換えに仕方がないことだと思おう。

一方、公共交通機関であるが、地下鉄の西新駅までも歩いて10分程度であるので、
雨に降られると若干遠いと感じるだろうが、許容範囲内であろう。
また、福岡はバス路線が充実しているので、バスを使うのも一つの手である。
ただ、車か公共交通機関かと言われれば、やはり車の方が便利であると感じた。


初めて泊まったハイアット・レジデンシャル・スイート。
僕は星5つを付けたい。



いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村


スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【ハイアット・レジデンシャル・スイート福岡】

今回宿泊したのはハイアット・レジデンシャル・スイートというホテル。いや、ホテルというよりもコンドミニアムと言った方がよいかも知れない。分かりやすく言えば、ハイアットの運営するレンタル・マンションと言った感じである。このように5棟の円形のタワーから成り立?...
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。