スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









世界一周のバリ旅行(福岡-シンガポール)

Category : 海外旅行
さて、世界一周に戻ります。
福岡からはシンガポール航空。

CIMG5864.jpg
No.2ドアにPBBを付けてくれると、とてもありがたい。
通路を塞がれて進めなくなることがないからだ。


CIMG5867.jpg
初めてのシンガポール航空のビジネスクラス。正直、意外と普通だった。
シートはライフラットタイプではなく、近距離向けの普通のシートだ。
それでもシートピッチがとても広く快適な機内だった。

ところで。
外資系のCAさんは日本人に比べてフランクである。
もちろん日本線ということで日本人CAさんも乗っているわけだが、
日系エアライン日本人CAさんのバカ丁寧な接客に慣れていると、
外資系エアライン日本人CAさんのややくだけた口調に違和感を覚えることもある。
なんとなく嫌な接客を受けたのだが、世界標準は後者なので、あまり気にしないことにしよう。


CIMG5873.jpg
食事の前に出てくるサテ(焼き鳥)。
これが結構美味しい。
バリ好きにはサテはたまらない。


CIMG5880.jpg
機内食は和食をチョイス。
京都菊の井がプロデュースした「花ごよみ」という名前の懐石料理である。
9つに分かれた小さなパーティションに少しずつ和の料理が並べられている。
結構期待していたのだが、味は至って普通。
「こんなものか」という感じだった。


CIMG5883.jpg
こちらは洋食。
実はこちらの方が美味しかった。
多分、舌がおこちゃまなのだ。


CIMG5885.jpg
そしてデザートは栗のアイス。
こちらも美味しかった。
やっぱり舌がおこちゃまなのだ。


CIMG5887.jpg
クリスマスからお正月に掛けて、変わることのない機内のリース。
この辺が合理的なところだ。


CIMG5891.jpg
冬のべったりとした雲の広がる日木を飛び立ち2~3時間経つと、
夏のもくもくとした雲が広がる亜熱帯に差し掛かる(この写真はあまりもくもくしていないが…)。
5時間も飛べばそこは常夏だ。
南国へ向かっているんだなあというのを実感して気分が高揚してくる。

ボーディングブリッジから冷たいスキマ風が吹き込む福岡から一転、
降りたらモワっと熱い空気が流れてくるんだろうと想像すると、ますます気分が高揚する。
僕は、南国に降り立った瞬間のあのまとわりつくような空気が大好きだ。
トイレに半袖シャツを持ち込み、身も心も夏モードに切り替えた。


CIMG5898.jpg
チャンギ空港に到着すると、A380の大きなモデルプレーンが置いてあった。
2005年当時A380はまだ就航しておらず、このモデルプレーンを見るだけで妙に興奮したのを覚えている。

そのA380の初便には僕は乗っていない。
A380の商業運航初便は、全席オークション販売だった。
スイートクラスの最高値は1000万超えだが、
エコノミークラスの最安値は5~6万円位だったと聞くから乗れば良かったと思っている。
と、今となって思うのであった。


(これは2005年の旅行記です。)


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【世界一周のバリ旅行(福岡-シンガポール)】

さて、世界一周に戻ります。福岡からはシンガポール航空。No.2ドアにPBBを付けてくれると、とてもありがたい。通路を塞がれて進めなくなることがないからだ。初めてのシンガポール航空のビジネスクラス。正直、意外と普通だった。シートはライフラットタイプではなく、近?...
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。