世界一周のバリ旅行(プール付きヴィラ)

Category : 海外旅行
確か2001年、初めてバリに行って以来、バリが気に入って毎年必ず行っていた。
第一印象はとても大事で、僕のバリの第一印象はメチャクチャ良かった。
「こんなに素晴らしいところが地球にあるのか?!」と当時は思ったほどである。

6年くらいの間、毎年行っていただろうか?
その後パッタリ行かなくなってしまったのは、あるホテルで部屋の広さを巡ってトラブルになり、
何となくバリヘの気持ちが遠のいてしまったことによる。
その一件はまた別の機会に旅行記にすることにしよう。

当時、「チェックインバリ」というサイトが僕らの良きガイドとなっており、
そのサイトを使ってホテル選びをしていた。
色んなホテルの紹介が写真付きで載っていてとても参考になるサイトだった。


CIMG6011.jpg
チェックインバリを見ながら、そして雑誌を見ながら決めたのがBANJAR(バンジャール)というヴィラ。
プール付きのヴィラで、新しくて比較的安いところというのが僕らの条件だった。
また、前年にAHIMSA(アヒムサ)というヴィラに泊まりとても気に入ったので、
それに良く似たヴィラがあれば、というのが更なる絞り込みの条件だった。

当時、発展著しかったスミニャック、クロボカン辺りのヴィラが良いと思っていた。
スミニャック、クロボカン界隈はバリで一番洒落たエリアで、
当時、新しいホテルやヴィラの開業ラッシュが起きていた。
そんな中で僕らが選んだのがこのBANJARだ。
値段が比較的リーズナブルなのも決め手だった。
当時の値段で1泊215ドルだった。(今は値上がりしていると思われる。)

ヴィラの中はこんな感じ。


CIMG5942.jpg
真剣に泳げる広さはないものの、一応プライペートプールがあり、


CIMG5936.jpg
オープンキッチン、オープンリビングになっている。


CIMG6093.jpg
そして夜はとてもムーディーだ。


CIMG6015.jpg
しかし、寝室は若干安っぽい感じが否めない。


リビングのソファーに横になってうたた寝をするのが気持ち良かった。
ちょっと暑くなったらプールに浸かって涼をとり、熱が冷めたらまた昼寝。
目が冴えたら、持って行った本を読んだりしながら、部屋に篭もり切りの生活を送った。
部屋から出ないこと、若しくはホテル敷地から出ないこと、
これぞリゾートでの一番贅沢な過ごし方だと僕は思っている。

つづく。


(これは2005年の旅行記です。)


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【世界一周のバリ旅行(プール付きヴィラ)】

確か2001年、初めてバリに行って以来、バリが気に入って毎年必ず行っていた。第一印象はとても大事で、僕のバリの第一印象はメチャクチャ良かった。「こんなに素晴らしいところが地球にあるのか?!」と当時は思ったほどである。6年くらいの間、毎年行っていただろうか??...
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索