世界一周のバリ旅行(滞在)

Category : 海外旅行
ヴィラでは無料で自転車を借りることができる。

CIMG6005.jpg
近くをサイクリングしてみた。


CIMG5999.jpg
一面のライステラス、手付かずの自然が残る美しいバリの田舎の風景が広がっていた。
前回の旅行まで、バリでは整備された人工的な自然ばかり見ていたのでとても新鮮だった。

しかし。
道がまっすぐではなかったり三叉路があったりして道に迷いそうになる。
しかも幹線道路に出ると歩道が穴だらけで車道を走らなければいけないものだからメチャクチャ怖い。
身の危険を感じたので30分位で戻らざるを得ない状態になった。


CIMG6009.jpg
当時、ヴィラの周りには本当に何もなく、食べるものに困った。
ヴィラ内でバーベキューをオーダーすることもできるのだが、毎日やってられるわけがないので、
結局は外に食べに行かなければいけなかった。


CIMG6066.jpg
周りに何もない代わりに、ヴィラのRV車をククシー代わりに使えるのだが、
当然空いてなければ使えないわけで、その点で若干の不便さを感じた。
仮に車が空いていて「じやあ17時に」と言うと、逆にその時間に拘束されてしまうので、
贅沢を言っているようだが、それも嫌だった。
リゾートではあまり時間に拘束されたくないのである。
やはり泊まるところは、周りにそこそこの数のお店があるところがよいと思った。


その一方で、この手のヴィラのいいところは、毎朝朝食を作りに部屋に来てくれるところだ。
大型ホテルの生温いバイキングではなく、アツアツのインドネシア料理が食べられるのが嬉しい。
前日にリクエストしておくと、指定した時間にリクエストしたメニューで
部屋のキッチンを使って調理してくれる。
調理に多少時間がかかるので、僕らは朝食のチャイムを目覚まし代わりに使っていた。
代表的なナシゴレン、ミーゴレン、ブブールアヤム(おかゆ)、パンケーキなど、
どれもー回は食べておきたくなるメニューが並んでいた。


CIMG5949.jpg
ナシゴレンと、


CIMG5947.jpg
ミーゴレン。

朝からこのボリュームで、朝食と言うよりも完全にブランチである。
これがまた美味しいこと美味しいこと。


CIMG6118.jpg
この時期(日本の冬)はバリは雨季で毎日このようなスコールが降る。
今まで日本の夏にしかバリに行ったことがなかったので、スコールがとても新鮮だった。
本当にバケツをひっくり返したような雨が降る。
ただし降っている時間は30分もないくらいで、すぐに上がり夏の日差しが戻ってくる。

日本の冬に南国で過ごす幸せ。
なんと言ってもそれが一番贅沢なことだった。


(これは2005年の旅行記です。)


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【世界一周のバリ旅行(滞在)】

ヴィラでは無料で自転車を借りることができる。近くをサイクリングしてみた。一面のライステラス、手付かずの自然が残る美しいバリの田舎の風景が広がっていた。前回の旅行まで、バリでは整備された人工的な自然ばかり見ていたのでとても新鮮だった。しかし。道がまっすぐ...
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索