アップグレード券でファーストクラス(序章)

Category : 海外旅行
またまた随分古い話になって申し訳ないのだが、僕の考えていたプラチナ計画は3ヵ年計画。
1年目は修行をし、
2年目はプラチナのボーナス分でマイルを沢山貯め、
3年目は貯まったマイルを使って旅行する。
というものだ。

2005年の修行で随分とマイルが貯まったので、翌年に使ってもよかったのだが、
長期的な視点で考えるとプラチナの間にさらにマイルを稼ぐのが有利である。
ボーナスマイルがSFCは50%アップだがプラチナならば100%アップだからだ。
そういうワケあって2年目の2006年度は、マイルを使わずに貯めることにした。

あと、プラチナはアップグレード券が沢山もらえた。(当時は券だった。)
なのでそれを使って是非ともビジネスクラスに乗りたいと考えていた。

そこで考えたのが、
「中部-成田-バンコク-シンガポール-成田-中部」
をエコノミーで買ってアップグレードするという計画である。
バンコクは単なる経由地で、目的地はシンガポールだ。

CIMG8487.jpg


しかし、世の中そんなにうまくはいくはずはなく、
アップグレード券を使える運賃は限られており、
高いエコノミークラス運賃でしかアップグレードできないルールになっていた。
確か当時は、普通運賃かエコ割スタンダードしかアップグレードできなかったはずだ。
それなら何も無理してアップグレード券を使う必要ないんだが、
使わなきや損と思ってしまうのが、僕のタチの悪さである。


ところで。
世の中には「埋没コスト(サンク・コスト)」という考え方がある。
企業などでプロジェクト等に既に投資した費用のことである。
ここで仮にプロジェクトが失敗に終わる可能性が大きくなってきたとしよう。
しかし、プロジェクトはまだ途上であり、最後までやり遂げるには追加の費用が掛かる。
さて、どうするか?
賢い経営者は過去に投資した費用は忘れてすぐに手を引く。
ダメな経営者は、既に投資した金額をもったいないと思い追加投資を行ってしまう。

僕の場合はアップグレード券がサンク・コスト。
(厳密にはお金では買っていないが金銭的な価値がある。)
本来サンク・コストは無視してあっさり手を引くのが賢い戦略なのだが、、
僕は「もったいない」と思ってしまい、追加の資金投入をしてしまったのである。

アップグレードできる運賃はエコノミーでも高い運賃のみ。
しかしそれを払ってしまったというわけだ。


だが、、、
この旅行では高い運賃を払ってでもアップグレードする価値はあったと思う。
なんてったってANAのファーストクラスに乗れたのだから。
(席だけだが。)


本編につづく。



いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【アップグレード券でファーストクラス(序章)】

またまた随分古い話になって申し訳ないのだが、僕の考えていたプラチナ計画は3ヵ年計画。1年目は修行をし、2年目はプラチナのボーナス分でマイルを沢山貯め、3年目は貯まったマイル
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索