スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









差額ゼロでビジネスクラス(中部-成田)

Category : 海外旅行
高い金を払ってアップグレードしたシンガポール旅行。
その1stレグは中部-成田だ。

その前に旅程のおさらい。

1.中部-成田
2.成田-バンコク
3.バンコク-シンガポール
4.シンガポール-成田
5.成田-中部


実はこの旅行、最後の「成田-中部」を除く全ての区間でビジネスクラスを利用している。
アップグレード券を使用したのは、
往路の「成田-バンコク」と復路の「シンガポール-成田」の2区間なのだが、
エコノミークラスのはずの「中部-成田」も、
「バンコク-シンガポール」もビジネスクラス利用なのだ。

中部-成田の朝一の便は当時B6だった。
このB6は国際線機材を使用しているため、前方がビジネスクラスになっていた。
しかしこのビジネスクラスはスーパーシートではなく普通席の設定である。
(つまりオールエコノミー。)
だから前方を指定するだけでビジネスクラスに座れたのだ。
(現在の中部-成田の朝一の便はB3でPクラスの設定があるため、このようなオイシイ話はない。)


CIMG8284.jpg
ANAとAirJapanの共用機材のB6。
まだ「全日空」というロゴが残る古い塗装。
ANAは中国への路線開設を加速させたある時から、
中国語で「一日中空(カラ)」を意味する「全日空」というロゴを改め、
「ANA」という略号ロゴだけを機首に描くようになった。


CIMG8288.jpg
セントレアを南から北に離陸、伊勢湾を左旋回して上昇する。


CIMG8292.jpg
これがエコノミーで売られている2-2-2のビジネスクラス席。
当時、2-1-2配置のCLUB ANA AsiaのB6は既に導入済だった。
なので、この機材は当時として一つ古いCLUB ANAである。


CIMG8295.jpg
房総半島。
まもなく成田だ。
成田はBラン、RWY34Rに着陸した。


CIMG8300.jpg
成田空港第1ターミナル。
成田空港では2006年6月に第1ターミナルの拡張を行い、
スターアライアンス系の航空会社が第1ターミナルに移った。
それから初めての成田出発。
前年の世界一周の時はまだ移転しておらず、第2ターミナルからの出発だったので、
今回の第1ターミナルからの出発を楽しみにしていた。
窓から見えるのは全てANAの翼、ANA専用のターミナルみたいでイケていた。


(これは2006年度の旅行記です。)


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【差額ゼロでビジネスクラス(中部-成田)】

高い金を払ってアップグレードしたシンガポール旅行。その1stレグは中部-成田だ。その前に旅程のおさらい。1.中部-成田2.成田-バンコク3.バンコク-シンガポール4.シンガポー
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。