タムロンがS100に負けた支笏湖

Category : 国内旅行
すぐに自ら割り込みを入れてしまうので、旅行記が全然進まない。
と言うかもうぐちゃぐちゃ。
でもまぁ気にせず行くか。
支笏湖の風景を写真メインで。


2012AUG-SHIKOTSU-10.jpg
ホテルの庭から外に出るとお店屋さんと広場がある。
この広場から階段を下りていくと支笏湖だ。
(広場から支笏湖はあまり見えない。)


2012AUG-SHIKOTSU-02.jpg
SHIKOTSUKO LAKEってのも変な話。
「しこつここ」。


2012AUG-SHIKOTSU-03.jpg
アヒルのボートを借りて水中散歩と行こう。


2012AUG-SHIKOTSU-04.jpg
30分1300円。ちょっと高い。


2012AUG-SHIKOTSU-05.jpg
わぉっ!アヒルさん。まつ毛がかわいい。


2012AUG-SHIKOTSU-06.jpg
最高にいい天気。
暑くもなく寒くもなく、夏の北海道ってなんて快適なんだろう。


2012AUG-SHIKOTSU-07.jpg
このボート、前方視界がかなり悪い。
なのでTCAS(衝突防止装置)が装備されている。
周囲にボートが近づくと「Traffic, Traffic」と警報を出してくれるのだ。
YS-11に搭載できなかったTCASが、アヒルのボートに付いているとは驚きだ!
(全部ウソです。)


2012AUG-SHIKOTSU-08.jpg
支笏湖は田沢湖に次いで日本で2番目に深い湖。(写真は浅瀬)
その深さゆえ、貯水量も琵琶湖に次いで日本第2位だそうである。
また、かなり透明度が高く、近年の水質調査においては全国一位に認定されている。


2012AUG-SHIKOTSU-09.jpg
カヌーとアヒルのボートがニアミス。
衝突を回避できるのはTCASのおかげである。


夕方、晩御飯の前に広場で遊んでいたら、なんだか湖が輝いて見える。

2012AUG-SHIKOTSU-11.jpg
木の間から見える景色がこれなので、下はもっと美しいのではないかと思い、
僕はダッシュで階段を駆け降りた。


2012AUG-SHIKOTSU-12.jpg
なんと、夕陽が沈みかけるところだった。
水面に反射する太陽の柱、息を飲むほど美しかった。


2012AUG-SHIKOTSU-13.jpg
ちょっと引いてみても印象的な風景。
こんな風景が見たかったのだ。


2012AUG-SHIKOTSU-14.jpg
それで、昼間のアヒルさんはと言うと、横一列に並んでお休みされていた。

支笏湖、なんか地味だが最高だ!!!

最後に今回のメインである写真の話。
下の夕景3枚はCANONのコンパクトデジカメS100で撮ったもの。
それより上の写真はすべてNIKON D3100にタムロンの18-270mmのズームレンズで撮ったもの。
どちらが写りがいいかって、どう考えても下の夕景の方がいいと思うのだが、いかがであろう?
CANONのS100が恐るべしなのか、タムロンのズームが単にダメなのか。
「一眼レフ持って旅行に行くのやめよかな」と真剣に悩む支笏湖の風景であった。

(アヒルと書きましたが、スワンボートなので白鳥です。)


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索