スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









JALとANA、株主優待はどちらがお得か。

Category : その他
今回はJALとANAの株主優待のお得度の比較をしてみたい。
まずはJALの株主優待制度を再掲。

JALkabuyuu-01A.png

続いてANAはと言うとこんな感じだ。

ANAkabuyuu-01.png

表から分かる通り、ANAは1単元でも年間2枚の株主優待券がもらえる。
一方のJALは1単元で年間1枚だけである。
この時点で「ANAの方がお得だ」と直感する。

ではグラフを見てみよう。
これは1単元あたりにもらえる株主優待券の枚数を表している。

JALkabuyuu-03.png

ANAは、先でも述べたように、1単元で2枚とJALの2倍の地点からスタートする。
単元数が少ないうちはANAはかなりお得だと言える。
しかしANAは、枚数の増え方の鈍化ペースが大きいため、
10単元辺りからお得度はJALとほぼ同じとなる。
それでも20単元まではANAがJALを下回ることはない。

次に投資金額ベースで見てみたい。
下のグラフは投資額10万円あたりでもらえる株主優待券の枚数を表す。
このベースとなっている金額は、
JALが売り出し価格の3790円、ANAは2012年9月14日(金)の終値181円である。
(尚、JALは3年間以上保有した時の枚数で計算。)

JALkabuyuu-04.png

単元数ではなく金額をベースにすると、より一層ANAの優位性が際立ってくる。
ANAは10万円に対し1枚を超えているのに対し、JALでは0.3枚に届かないレベルだ。
単元数が少ない領域では、ANAの方が3~4倍お得ということになる。

ただし、これは株価がベースとなっているので
株価の変動に合わせてグラフも上下することに注意が必要だ。
仮にANAの株価が現在の2倍の360円付近になれば、
JALとANAのお得度はグッと縮まってくるだろう。
あくまでも今現在のお得度を表したものだと思って頂きたい。
ANA株は現在非常に安くなっているが、
重要な投資指標であるPER(株価収益率)を見ると、JALの方が割安であるとも言われている。

ここで結論。

株主優待制度は、「JALよりANAの方がお得」

である。


本記事が、JALやANAの株式に投資する際の参考情報となれば幸いである。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。