スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









最大の難関、身体検査(我が飛行機人生シリーズ3)

Category : その他
普通の学力があれば筆記試験(SPI)は受かるし、情熱があれば面接は通る。

面接では「今日乗ってきた機種は何ですか?」と聞かれ、
「トリプルセブンです。」と答え、「型は何ですか?」とさらに問われ、
「200です。」と即答したら面接官全員に笑われた。
オタクがバレても面接は通るのだ。

適性検査だって、普通の運動神経、普通の頭があれば多分受かる。

適性検査は結構面白い。
画面上に大きな円が描かれ、その周りを小さな円が回っている。
手元には上下左右に動くジョイスティックがあり、画面に表示される十字のバーを動かす。
その十字のバーを、動いている小さな円に入れるのだ。
その後ろからは、足し算や引き算、簡単な計算問題が出題される。
要はマルチタスクがこなせるかという検査である。(検査は沢山あり、それだけではない。)
僕は舞い上がってしまい、十字は上手く入れられないし「わかりませーん!」を連発した。
それでも適性検査には合格した。

最大の難関はやはり身体検査だった。
練習のしようがない、熱意でもどうにもならない、黙って「まな板の上の鯉」になるしかない。

しかし僕はできることは可能な限りしようと思った。
少しでも眼がいい方が受かり易いに違いない。
そう考えた僕は、当時住んでいた福岡の天神地下街に行き、
ブルーベリーのサプリメントを買って飲んだ。
今考えれば馬鹿げた話だが、それくらい真剣になっていた。
受かりたい一心だった。

身体検査は予想以上に厳しかった。
脳波を取ったり、眼球の中を見られたり、経験したことのない検査を受けた。
他の試験とは違い、身体検査だけは完全に受け身だった。
しかしその分、気が楽だった。
何も頑張らなくてもよいのだから。
ここまで来れたならもう充分だとも思った。

手応えはなかった。
と言うよりも手応えを感じるすべがないと思った。

現実はそんなに甘くはなかった。
結果はANA、JALともに不合格。
あれほどまでに熱くなった僕の夢は、一瞬で消えた。

つづく。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。