国際航空宇宙展@ポートメッセなごや

Category : セントレア
既に終わってしまったが、
国際航空宇宙展ポートメッセなごや会場の様子をご覧頂きたい。

名駅からあおなみ線で終点の金城ふ頭まで乗る。
電車を降りて3分くらい歩くと、

JA2012_portmesse-01.jpg
どどーんと会場が登場する。


JA2012_portmesse-02.jpg
中に入るとこんな感じ。
人の入りは予想より少なく、行列があるわけでもなく、スムーズに入場できた。
朝一で行くと混雑していたのかも知れない。


JA2012_portmesse-03.jpg
会場は大きく分けて2つある。長方形の会場と円形の会場だ。
どちらかと言うと長方形の会場がメインである。
長方形の会場四隅は、順に入口に最も近いのがボーイング。
そのまま真っ直ぐ進むと川崎重工。
90度右に曲がって直進すると三菱重工。
さらに90度曲がって直進するとエアバス(EADS)だ。


JA2012_portmesse-04.jpg
おおっと、いきなりボーイング!!!
と思いきや、モデルプレーンが飾ってあるだけの何だか殺風景なブースだった。
787 Dreamlinerと書いてあるカーテンの向こうにシミュレータがあるに違いない。
平日のトレードデーと金曜日のパブリックデーにはお目見えしていたそうだが、
土日は見ることすらできず残念だった。


JA2012_portmesse-05.jpg
上から吊るされているのが無人偵察機ScanEagleだ。


JA2012_portmesse-06.jpg
軍用機のモデル達。


JA2012_portmesse-07.jpg
さぁ、会場内に進んでいこう。
長方形の会場入口から真っ直ぐ前を向いたところ。


JA2012_portmesse-08.jpg
あったあった、川崎重工のブースだ。
ドクターヘリで有名なBK-117が置かれていて迫力満点だ。


JA2012_portmesse-09.jpg
恐る恐る中に入ってみると、787の胴体セクション43の模型が飾られていた。


JA2012_portmesse-10.jpg
787胴体、787のスケールモデル、YCXのスケールモデルが飾られている。


JA2012_portmesse-11.jpg
こちらが注目のYCX。
「YCX」と言うよりも「C-2民転型」と言った方が馴染む気がする。
航空自衛隊向けに試験機2機が作られ、現在飛行試験が行われているXC-2の民間転用型だ。


JA2012_portmesse-12.jpg
こちらがそのXC-2。
航空自衛隊岐阜基地で飛行試験が行われている。
飛行試験が終わり量産フェーズに入ると「XC-2」の「X」が取れ「C-2」になるわけだ。
そしてその後に民間転用が計画されている。

MRJとは裏腹にあまり注目はされていないC-2であるが、
C-2は日本の航空史上最も大きな国産機であり、
川崎重工がプライムとなって進められた大きな大きなプロジェクトである。


JA2012_portmesse-13.jpg
90度右を向いて進んでいくとひときわ目立つブースが。新明和だ。


JA2012_portmesse-14.jpg
こちらはUS-2。海上から離発着する飛行艇である。
民転型も提案されインドなどから引き合いがあると言う。


JA2012_portmesse-15.jpg
個人的には、日の丸塗装の方が美しいと思う。


JA2012_portmesse-16.jpg
会場一番奥には、何だかやたらと混雑するブースがあった。
そう、三菱重工だ。


JA2012_portmesse-17.jpg
注目の的、MRJ。


JA2012_portmesse-18.jpg
キャビンのモックアップが展示され、世界に売って行くぞという意気込みが伝わってきた。


JA2012_portmesse-19.jpg
2-1で並ぶのがビジネスクラス?
2-2で並ぶのがエコノミークラスの座席である。


JA2012_portmesse-20.jpg
中には入れないので窓から中を覗いてみる。


JA2012_portmesse-21.jpg
円形の会場への通路近く、エアバス(EADS)のブースがあった。
A380、A350の透明で中が見えるモデルが飾られていた。
ボーイング同様、あまりやる気が感じられなかった。


JA2012_portmesse-22.jpg
A350のコックピットから中を覗いてみると、ちゃんと座席が付いているのが洒落ていた。


JA2012_portmesse-23.jpg
全くやる気を感じさせないプラット&ホイットニーのブース。


JA2012_portmesse-24.jpg
こちらも全くやる気を感じさせないロッキードマーチンのブース。


そして円形の展示会場にも行ってみる。

JA2012_portmesse-25.jpg
IHIのブースはエンジンのモデルが沢山飾ってあった。


JA2012_portmesse-26.jpg
はやぶさで注目のJAXA。ロケットがカッコいい!


JA2012_portmesse-27.jpg
こちらはセントレア。
クイズに答えてガラガラポンのくじを引いて何かもらえる企画をやっていたが大行列になっていたので諦めた。


JA2012_portmesse-28.jpg
名古屋空港。
手提げ袋を貰えたのが重宝した。


JA2012_portmesse-29.jpg
787コックピットの窓も展示されていた。
ここ、なんてメーカーのブースだ?


JA2012_portmesse-30.jpg
最後に宇宙食屋。
こんなお店があるのも楽しめる。


こちらのポートメッセなごや会場は、パブリックデーよりもトレードデーの方に重きを置いており、
我々ミーハーな航空マニアが行くと単に「模型カッコいいぜ!」で終わってしまう気がした。
「こんなことを質問してみよう」などと、それなりに目的意識を持って行かないと、
単なる小学校の遠足になってしまうと思った。

ただ、正直なところ海外メーカーには全く担当者がいないところも多く、
メーカー側としても「模型カッコいいぜ!」で終わらせようとする意図が見られたのは残念だ。
とは言うものの我々一般客の相手をしたところで商談には結びつかないので、それも分かる気がする。
そう考えるとパブリックデーはやはり「模型カッコいいぜ!」の日なのかも知れない。

セントレア会場とポートメッセなごや会場を1日で回ったわけだが、
僕は充分に楽しめた。
何が楽しかったって、セントレアのエプロンから写真が撮れたことだ。
おおっと、それじゃ国際航空宇宙展に行った意味が全くないじゃないか。
いいんだ。
そういう楽しみ方もあるってことだ。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索