違いがわかる男の737

Category : セントレア
世界で最も売れている旅客機とあって、737ほど派生型が多い飛行機はない。
今ではほとんど見掛けることのない100型から、最新の900型まで、
ERタイプを同一とみなすと、9つの派生型が存在するのだ。

僕自身、目の前に737を出されたとしても100%確実に解答できる自信がない。
以前にも書いたが、僕は737を見かけたとき、機体の形そのものを見ているのではなく、
頭の中でデータベースを検索して答えているだけだ。
だから、脳内データベースにない航空会社の737を見たら判別にちょっとだけ時間が掛かる。

さて、セントレアは737王国である。
名古屋空港時代は札幌線、福岡線など需要の多い路線には主としてB6が投入されていたが、
小型化多頻度運航の流れに従い、そのほとんどが737に置き換えられた。

さて、では行こう。
違いがわかる男の737特集。

20120929-B3-02.jpg
ANAの700型。
胴体が短くてウィングレットがある。


20120813-CTS-01.jpg
ANAの800型。
胴体が長くてウィングレットがある。


20120929-B3-03.jpg
ANAの500型。
胴体が短くてウィングレットがない。


20120929-B3-04.jpg
JALの800型。
胴体が長くてウィングレットがある。


20120929-B3-05.jpg
JALの400型。
胴体が長くてウィングレットがない。

もちろん頭の中のデータベースから検索して答えを出している。
マニアだと言ったって所詮そんなもんだ。

ときどきウィングレットなしで800とか、ウィングレットありで400とか、
脳内データベースを戸惑わせるヤツがいて困る。
その時はコックピット風防の上の窓の有無を見たりする。

それが見分けられると何かいいことがあるのか。

多分、ない。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索