スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









追加料金なしでビジネスクラスに乗れたあの頃(中部-成田)

Category : 国内旅行
超過去ネタから。

2006年冬、ANA時刻表の中部発着のページに1便だけ744の文字が躍った。
ダッシュ400がセントレアに?
そう、前々回から話題にしている中部-成田である。

確か当時、中部-成田の朝一の便はB6での運航だったと思う。
(もしかしたら以前から744だったかも知れない。記憶が曖昧…。)
「B6ならビジネスは2-2-2の古いコンフィギだろうし乗る価値はあまりないな」
と思っていた僕は眼の色が変わった。
「早く乗りに行かないと!」
早速日帰りで成田に行く計画を立てた。

中部-成田に国際線機材が入る場合、
ファーストクラスはスーパーシート(当時)、ビジネスクラスは普通席の扱いとなる。
もちろんアッパーデッキのビジネスクラスも普通席扱いだ。

こんなオイシイ話はない。
ジャンボのアッパーデッキにあるビジネスクラスに追加料金なしで乗れるのだ。
僕は2005年に修行していたので2006年はプラチナ会員だった。
だから何の苦労もなくアッパーデッキのビジネスクラス席を予約することができた。


20060416_NRT-01.jpg
8番ゲートに駐機中のダッシュ400。
人間誰しもコブを撮りたくなる。


20060416_NRT-02.jpg
もの凄い違和感だ。
しかし747がここに佇む姿はもう幻だ。
今考えるとあの時乗っておいて良かったと思う。


20060416_NRT-03.jpg
アッパーデッキのビジネスクラスはガラガラだった。
そもそも現在737で飛んでいる路線に747が入るのだ。
どれだけ空席が出るか想像に難くない。


20060416_NRT-04.jpg
流行のスリムなシートからはかけ離れた時代を感じさせる豪華シート。

成田までの飛行時間は1時間もないが、
追加料金なしでこのビジネスクラス席に座れるのはかなりお得だ。
「本当のビジネスクラスには乗れないけど、ビジネスクラスがどんなものか体験してみたい。」
そんな人にはうってつけの路線である。

現在はANAの中部-成田は737による運航となったので、
このようなオイシイ体験はできなくなったが、
伊丹-成田線に国際線仕様のトリプルセブンが入っているので、
そちらで同じような体験ができるはずである。

一方、JALでは中部-成田の朝一の便には今でも国際線仕様のトリプルセブンが入っている。
こちらのビジネスクラスはクラスJの扱いとなるので、プラス1000円が必要となるが、
最も安くビジネスクラス席に座る方法の一つである。
是非ともお試し頂きたい。

(JALの中部-成田線の搭乗記はこちら↓)
● いとも簡単にファーストクラスに乗る方法


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。