スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









ANA岩国初便の記念品大解剖

Category : 国内旅行
岩国初便、記念品が半端なく良かった。
僕が乗ってきた(数少ない)初便の中で、最も良かったのではないかと思う。
せっかくなので記念品を解剖してみたいと思う。


20121213_IWK-61.jpg
まず最も大きな品物から。
「これなんだろう?」と思ったらお菓子だった。
箱には「バウムクーヘン/五色菓子」と書いてある。


20121213_IWK-62.jpg
開けてびっくり、ちゃんとしたお菓子セットだ。

早速箱から出してみよう。
何故岩国でバウムクーヘンなのか、これをを見てハッとした。

20121213_IWK-69.jpg
そう、バウムクーヘンを錦帯橋に見立てているのだ。
素晴らしい発想だと思った。
実によく考えたものである。


20121213_IWK-68.jpg
一方のパイ饅頭を開けてみると、こんな感じ。


20121213_IWK-67.jpg
原材料で味を想像できる人は凄いが、多分予想に反しない味だと思う。
ややパサパサしており、劇的に美味しいかと言われれば否、じゃあまずいかと言われても否。
中部地方にお住まいの方は手風琴のしらべなんかを想像していただけると分かりやすいかも知れない。
パイ生地にあんやクリームが入っているお菓子だ。
味は、こしあん、粒あん、白あん、クリーム、チョコレートの5つの味であった。


20121213_IWK-63.jpg
続いて記念切手シート。
記念切手は787の時にもらって以来だ。
なかなか金が掛かっている。


20121213_IWK-64.jpg
お決まりの搭乗記念証。
787の搭乗記念証と同じ形式のものだ。
初便ではこういった記念証が欲しいというニーズは根強くある。


20121213_IWK-65.jpg
ソラッピーと言う名のマスコットキャラクター。
確実に子供のオモチャになりそうだ。

これらの記念品を貰って、僕は「食べ物が一番嬉しいかも」と思った。
モノを貰っても結局溜まっていく一方なので、「消えてなくなるもの」が一番いいのだ。
初便の記念品でメインが食べ物と言うのはあまり例がなく、
しかも大きな箱に入ったお菓子セットなんてものは見たことがないので、最初とても驚いたが、
貰ってみて、こうやって記念品の話題だけで1本記事を書いていることを思うと、
「よほど嬉しかったんだろう」ということが客観的にも分かる。

食べ物でなければすぐに使える消耗品なんかがいい。
生活に密着している誰もが使うモノという言い方の方がいいかも知れない。

最近の初便の記念品で重宝したのは、ピーチで貰った小さなタオルだ。
多分誰も覚えていないだろうが、僕にとってハンカチは何枚あってもよいモノである。
岩国初便の日もハンカチとして使っていたし、普段もよく使っているのでもうボロボロになっている。

しかしそういうものの方が常に思い出すし、やがて捨てなければいけなくなるのでモノが増えなくていい。
写真を撮っておけばどんなものをもらったのかは思い出せるので、
「記念品=残るモノ」である必要性は全くないのだ。

僕は基本的に「モノより思い出」だ。
しかしモノは必ず付いてくる。
そうであるのなら「モノなら食べ物」だと感じた。

この先「記念品はどの初便が一番良かったですか?」と聞かれたら自信を持って答えよう。
「岩国初便です」と。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。